投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待

日程2018年1月7日()
第34回 フェアリーステークス(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
フェアリーステークス2018の予想用・出走予定馬一覧

 既に7戦を消化し登録メンバー中でも一番のキャリア、アルテミスステークスでも2着に粘って存在感を見せているサヤカチャンがフェアリーステークスに出走予定だ。前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは14着に沈んでしまったが今回は相手関係も楽になる。持ち味のスピードを活かしての粘り込みを活かして中山マイルで本領発揮、重賞制覇となるか。


 アルテミスSを評価するならやっぱり前半の基礎スピード面だと思。逆に阪神JFで崩れたのは前半で強気の競馬に持って行けなかった分が後半勝負の割合を強くしてしまったということになると。アルテミスSの場合仕掛けどころ自体はそこそこ早かったので距離の対応力はもうちょっとありそうな感じはするんだが、トップスピード戦ではない方が良いかなとも思うし中山マイルというのは合うと思うんだけどね。後は相手関係。


アルテミスS(GIII) 2着 15頭4枠6番
東京芝1600m良 1:35.0(+0.1) 47.5-47.4 M
12.4 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2

 まずはアルテミスSだろう。この時は個人的にこの馬ではなくトロワゼトワルの方かなと思っていたんだけど、結果的にこちらが総合的に上だったというところか。この時は途中で雨が降ってきていて良馬場でも影響があったはず。ペースは平均、中弛み気味だがL3最速なので仕掛けどころは早い。基礎スピードとここまで来るとポテンシャル面を要求されているだろう。


 6番枠から好発、そこから楽に主導権を握りコントロールしながらハナを取り切る。道中もこれで折り合いを気にするぐらいの感じで3角。3~4角でもコントロール、コーナーに入ったことでペースを落とせた感じ、そのまま4角まで楽な手ごたえでコントロールして先頭をキープ。序盤でスッと反応して出し抜き気味に伸びていく。L2で外からラッキーライラックに一気に来られて交わされ、L1でもしぶとく踏ん張っての2着だった。


 これは結構強かったはず。まあもちろん良でも雨の影響があった馬場だったが、後半の反応自体は結構良かった。ペースも平均でこの馬場で楽にハナを取り切ってコントロールしながらしっかりと動けていたしL3の地点は良い脚だった。ただL2ではラップ推移的にはそう落としていないのに差が詰まっていたという点でラッキーライラックとはその馬場、そのペースで使える切れ味そのものが違った感じはある。ある程度タフな馬場の中で馬場が読みにくかったと思うが、恐らく結果的に前半のペースを上手く引き上げたことで後続の脚を削げたパターンだろうと。


阪神JF(GI) 14着 18頭1枠1番
阪神芝外1600m良 1:35.8(+1.5) 47.7-46.6 S^1
12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

 前走の阪神JFは完敗だった。この時は年末の阪神としてはかなりの高速馬場状態。ペースで見ても入りの800mは47.7とアルテミスSよりちょっと遅い程度だが、後半は46.6と1秒近く差があるように、割と馬場の割には遅いペースだった。L2最速11.0と直線前半での切れ味が問われたという内容。


 1番枠からまずまずのスタート、そこから控えての2列目というところから最終的には折り合いを意識してブレーキしながら3列目に下げて3角。3~4角で前がペースをコントロールする流れで折り合いを意識したまま。4角でもペースが大きく上がらず直線勝負の展開で3列目。序盤でそこから追いだされるがキレ負けという感じで伸びてこない。L1で少し接触もあったのでそこからは流すような感じだったが惨敗だった。


 まあ流石に極端な解釈だが、アルテミスSと比較して上がり3F自体は実はほとんど変わりがない。つまり他の各馬が早い上がりを使ってきたので呑み込まれた形になるし、アルテミスSで後ろから競馬したのも痛かった。恐らく折り合い面を意識しすぎた結果の戦略だが、結局持ち味の基礎スピードを活かせずスローにコントロールされたことで後半のキレ負けを喫する舞台となったと。まあ馬体増の影響もあったと思うが、上手く運べなかったかな。


2018フェアリーステークスに向けての展望

 リーチザクラウンの仔はイメージ的には割とタキオンに近い感じはある。もちろんリーチ自体はスペ産駒、タキオンは一切関係ない馬だけど、今の段階では母系のシアトルスルーの感じが強いという点で近い印象。基礎スピード面を問われた中で良さが出る馬が多いし、力の要る馬場で良さが出てくるというのもボールドルーラー系っぽいアメリカンなスピード血統って感じ。母系はアンバーシャダイにトウショウボーイといった日本らしい配合。この馬のイメージもどちらかというとその血統的なイメージに近い。上がり3Fで見ても33秒台を出すことは一度もなく、現時点で末脚勝負でもトップスピード戦では分が悪い。一方で、アルテミスSでは意外とL1の減速地点での食らいつきはよく瞬間的なキレ負けはあったが反応とポテンシャルは意外と高いレベルにあるかもしれない。まあまだ何ともだが、リーチ自体がズブズブのダービー2着だったし、アンバーシャダイも含めてステイヤー色は出ている。またりんどう賞では基礎スピード的には微妙なところからマイルで優位性を作れた感じからも本質的にはマイルより長くても良いかも。ただしそれを現時点で妨げているのは折り合い面かな。マイルの2走で言えるのは騎手や陣営がどうしても前半コントロールから入りたがるぐらい前向きな気性。アルテミスSでも息を入れて脚を使えているし、上手く進められればオークス戦線まで含めて面白い。中山マイルならそこまで速いラップを要求されにくいと思うので競馬はしやすいと思うが、折り合いを意識しすぎて後ろから、トップスピード戦までなると危うい。中山マイルで外枠を引くと、逃げるにはある程度出して行く必要がある、壁を作れないリスクが大きいので実際どうかよりも陣営の心理的にマイナスに作用しやすい。内枠で逃げやすい、或いは2列目ぐらいで壁を作れるという条件なら押さえておきたいかな。陣営は現時点では積極策を示唆しているしその辺りは好感。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【東西金杯・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03
pngうまスクエア:金杯100_60

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

セントライト記念 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、コーナーで鋭く脚を使える魅力…出負け癖をノリで解消できれば
中山金杯2018 出走予定馬:セダブリランテス、1周コースの2000は適性的に噛み合いそう…適性を活かして粘り込みとなるか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:バーディーイーグル、むらさき賞は単調な流れでしぶとくバテ差し…厳しい流れでは警戒が必要
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドキャンノ、朝日杯で距離を克服…200m延長で強敵相手も不気味さアリ
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ボンセルヴィーソ、マルターズアポジーとの再序盤の勝負は見もの…支配して息を入れたい
京都新聞杯 2017 出走予定馬:プラチナムバレット、器用で弱点らしい弱点はないが、勝ちに行くと甘くなるところがあって
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:パッセ、初の函館で洋芝はカギも前走の時計は優秀だ
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、直線では手応え以上にしぶといが…コーナーで動けない面があり
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、トップスピード戦では世代屈指も…転厩後の菊花賞が参考外としても色々不安が多い
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:シゲルコング、昨年末川崎マイルで見せた粘り腰をここで見せられるか?ペースを引き上げ自分の競馬に徹したい
愛知杯2018 出走予定馬:マキシマムドパリ、ここ2走はキレ負け…56kgカギももう少し意識的に仕掛けたい
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、朝日杯3着の実力馬、中京1400mでスピード勝負への対応力がどうか
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、力は見劣るが積極策からリードを保ち切れるか
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイセイスターリー、出脚良くなり…基礎スピードを活かす競馬で勝負したい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP