投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山金杯2018 出走予定馬:ダイワキャグニー、府中ではトップレベルも…唯一の右回り弥生賞の負け方は不満が多い

日程:2018年1月6日()
第67回 中山金杯(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
中山金杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 府中の長い直線で鋭く反応…キャピタルステークスでは古馬らを相手に同世代のライバル・サトノアレスと激闘で勝利を収めたダイワキャグニーが中山金杯に出走予定だ。ただ、今回は結果を出せていない中山の2000mの舞台となる。弥生賞では番手からの競馬で結果を出せなかったが、右回りを克服して今年の中距離戦線を席巻したい。


 弥生賞の入り方は良かったと思うんだけど、結局全然伸びなかった。逆に府中だとスローの毎日王冠、流れたプリンシパルS、マイルでもキャピタルSで動けている。普通に考えれば顕著な左回り巧者だが右回りは1戦しかしていないわけで決めつけるのは難しい。それは抜きにしてもトップスピード戦の方が合っていると思うのでここは良い条件ではないと思う。力だけで見ればトップクラスの実力馬だが。


プリンシパルS(OP) 1着 12頭6枠8番
東京芝2000m良 1:58.3 59.0-59.3 M
12.8 - 11.2 - 11.4 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 12.5 - 12.4

 東京だが2000mのプリンシパルSから振り返りたい。ペースは平均で流れていて、後半もL3最速と仕掛けのタイミングが早い、府中にしては結構珍しい淀みのない基礎スピード戦。L3最速11.2で一応はTS持続かなというところだが、速い上がりは要求されていない。


 8番枠からまずまずのスタート、そこからは我慢しながら好位の外で進めていく感じ。道中も速い流れの中で最終的にはマイネルラプティスの後ろに下げて少し離れた好位で我慢。3角では2頭分外で前にスペースを置きながら仕掛けを待ち、4角でもじわっと仕掛けながら前とのスペースを徐々に詰めて直線。序盤での反応はイマイチだがここが最速地点、そこから中目に持ち出しL2でしぶとく伸びて先頭列、L1で抜け出し後は後続を寄せ付けずの完勝だった。


 3着ロードアルバータは1000万下を勝ちあがっているし、4着は適性的に微妙だがエトルディーニュ。これらを圧倒したのだからひとまず高いパフォーマンスだったといっていいと思う。高速馬場ではあったにせよ、府中の2000で1:58.3というのはなかなかお目に掛かれないし、かなり強かった。基礎スピードの高さ、そこからしっかりとL3で速いラップを食らいついてL2-1とばてずに突き抜けた。2F減速ラップの中で突き抜けられたのは意外だったかなと。


キャピタルS(OP) 1着 18頭2枠4番
東京芝1600m良 1:32.6 46.9-45.7 S^1
12.4 - 11.2 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.5

 このキャピタルSではマイルの厳しい流れでの一足を要求されたが、思った以上に強い競馬をしてきた。ペースは1.2でスロー、ラップ推移的に見ても3~4角の淀みが無いのでここでの立ち回りは問われたしここはプラスだったと思う。ただL3最速と仕掛けは早かったわけでその中でL1を11.5でまとめてきているのはかなりのインパクト。馬場自体は雨が残っていた割にはかなり時計が出ていたと思うが、それでも後半4Fで45.7というのはかなり高いレベルといっていい。


 4番枠からまずまずのスタートを切ってそこから促しながらハナを主張、そこからペースを緩めたいところで外からミュゼエイリアンが前に出たので控えて2列目のポケット。3~4角でもペースが落ち着かずに流れている中で2列目のポケットで前にスペースを置いた状況で直線。序盤でそこから進路確保で待たされるがL2の手前で外に出しここからL2でスッと先頭に立つ。そこから襲い掛かってくるサトノアレスに肉薄を許すがそれでも最後はしのぎ切って3着以下とは2馬身半以上の差をつけた。


 マイルの流れの中で主導権を握っての2列目ポケットというところまで行けた方がどちらかというと意外だったかなという感じ。また3~4角で淀みなく進んだ中でL3最速、この流れで同じく最内を完璧に立ち回ってきたサトノアレスの追撃を何とか封じ切れたのは好感。マイルで問われる基礎スピード面とTS持続面を見せていたので、幅を広げてきたんじゃないかなと。毎日王冠ではL2最速地点でも鋭く伸びて先頭に立っていたし、ギアチェンジの性能も見せていて府中で2000までならGIでも好走できるレベルにいると思う。


弥生賞(GII) 9着 12頭7枠9番
中山芝内2000m良 2:03.8(+0.6) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 ただし、唯一の右回り戦である弥生賞では思わぬほどの完敗を喫した。ペースは3.2で超スロー、ラップ推移的に見ると中盤まで13秒台、向こう正面以降は徐々に段階的に加速しながらのL2最速戦で11.4。そこまで速いラップを問われていないが3~4角まで含めて加速していく流れなのでコーナリングもある程度問われているが、それでも3F勝負に近い。


 9番枠からやや出負け、そこから外の馬を行かせて二の足でリカバーして2列目から最終的には番手につけてコントロール。最序盤でかなりスローにコントロールされたので1角以降は手綱を引いてコントロールしながら。向こう正面以降はじわっと加速、という流れでも番手でついていく。3~4角ではマイスタイルに並びかけようとするが4角出口で置かれて直線。序盤でそのまま伸びあぐねて2列目からも脱落。L1でも下がっての9着完敗だった。


 終始加速しながらの感じだったとも思うのだが、途中で右手前がしんどくなったのか4角を回り切るまでに左手前に換わってしまった。パトロールで見ればわかりやすいがそこから置かれているし、恐らく右手前で加速して脚を使うという形が得意ではないんだろうと思う。そこで脚を使ったことで本来なら直線で手前を換えたかったところを4角途中で換えてしまった。こう考えるとやはり右回りが苦手である可能性が高いのかなと。


2018中山金杯に向けての展望

 左回りの府中ばかり使って実際府中ばかりでの実績、唯一の右回りの実績である弥生賞では完敗。その敗因も加速していく過程で右手前でしんどくなってコーナー地点で手前を換えてスムーズさを失ってしまった。そう考えればやはり右手前がプラスになるとは考えにくい。2戦目である程度マシにはなるかもしれないが、それでも弥生賞はコーナーでそこまでしんどいラップを踏んでいたわけではない。仮にマイネルミラノがコーナリングの上手さを活かして3角以降で一気に仕掛けてきたときにここで脚を使ってしまうと4角辺りでしんどくなってしまう可能性は高いんじゃないかなと。もちろん実績的に見れば力は最上位だと思う。仮に平均で流れてもプリンシパルSで強い競馬ができているし、トップスピード戦ならここでは屈指だ。それでも右回りでかつミラノがおとなしくしているとも思えない。そんな流れの中で右回りで3~4角で脚を使って果たしてどうか?は懐疑的に見るべきだろう。能力を最大限に評価するとしてもここで信頼するのは危険。現時点では消すところも視野に入れていて、狙うとしても連下~3着ヒモまでの範囲まで。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都大賞典 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、これぐらいの距離が良さそう…京都記念を高く評価したい
AJCC2018 出走予定馬:レジェンドセラー、ポテンシャルは秘めるも出脚が鈍く…どこかで押し上げたい
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレンツェント、前走はコーナーで動けなかった感もアリ…再度58kgも淀で挽回となるか
京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
中京記念 2017 出走予定馬:グァンチャーレ、スローペースでの安定感は魅力…掛かり癖不安も内で我慢が利けば
中山金杯2018 出走予定馬:ウインブライト、切れ味は全く無いがポテンシャルは非凡…早めのスパートで粘り込みたい
東海ステークス2018 出走予定馬:ドラゴンバローズ、休み明けの前走が不甲斐なく…和田に戻ってまず良い位置を取りたい
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:セダブリランテス、2戦2勝、芝で結果を出して底を見せない不気味さもあるが…
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
中京記念 2017 出走予定馬:レッドレイヴン、函館1800で強烈な末脚…流れた中で良さが出ればマイルでも怖い
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:プラチナヴォイス、皐月賞は刺さり癖もマシ…未勝利のレコード勝ちの内容からもマイルへの短縮は不気味
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:シグルーン、カデナ撃破の実力馬も…ペースが上がって脆さが出ているのが不安
カペラステークス 2017 出走予定馬:ノボバカラ、JBCスプリントは包まれてコーナー減速…芝スタートでスピードを活かし押し切りたい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP