投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山金杯2018 出走予定馬:セダブリランテス、1周コースの2000は適性的に噛み合いそう…適性を活かして粘り込みとなるか

日程:2018年1月6日()
第67回 中山金杯(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
中山金杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 2017年のラジオNIKKEI賞を制して重賞初制覇、更にアルゼンチン共和国杯でも3着に健闘と力を示したセダブリランテスが中山金杯に出走予定だ。前走は2500mへの距離延長もなんのその、スワーヴリチャードには完敗したが強豪相手に3着と馬券圏内を確保した。一年の計は金杯にあり、今年はここを足掛かりにして一気にGI戦線を窺うことができるか。


 個人的にはやはりタフな流れの方が合っていると思う。後半勝負に偏っても使える脚自体はそんなに長くないだろうし、質もあまり高いレベルに無いと思う。ディープブリランテの仔はイメージ的には基礎スピードもポテンシャルもそこそこ持っているがTS持続が甘い馬が多い。結果的に見ても3走前の早苗賞は低調なメンバー構成の中で目立っていなかった。中山2000は良い条件だと思うが、前走で少し底を見せたかなと思う。後はこの面子で55kgでどういう競馬になるか。


ラジオNIKKEI賞(GIII) 1着 12頭8枠11番
福島芝2000m良 1:46.6 47.5-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 まずはラジニケ賞勝ちから振り返る。ペースは平均で中盤の淀みもそこまで大きくない。後半4Fは11秒台でまとめてきていてL2最速11.6。あまり速いラップを要求されずで基礎スピードとポテンシャルのバランスが問われたと。


 11番枠から五分のスタートを切って二の足で楽に2列目の外につけていくという感じ。1~2角でコントロールしながら。向こう正面でも2列目の外で進めて前2頭を見ながら3角に入っていく。3角の緩やかな地点で前2頭がじわっと加速、ここでそれを追いかけながら3頭分外。4角で先頭列に並びかけるような感じで進めてウインガニオンを目標に2番手で直線。序盤でそこからしぶとく伸びてウインガニオンに並びかける。L1でもしぶとく伸び続けて外のロードリベラルを寄せ付けずの勝利だった。


 基礎スピードとポテンシャルを両面で高いレベルで持っていたなという感じ。サトノクロニクルを楽に撃破できているが恐らくこれは前半の基礎スピード面で優位に立てたことが大きいと思う。2着のウインガニオンも新潟記念で4着と古馬相手に好走しているし、同日古馬500万下の1800m戦とは明らかにレベルの違いは見せてきている。この一戦は評価できると思うが、基礎スピードと後半のポテンシャル面のバランスの良さを評価すべきかな。


アルゼンチン共和国杯(GII) 3着 16頭1枠1番
東京芝2500m良 2:30.6(+0.6) 60.4-59.2 S^1
7.4 - 11.3 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 12.1

 前走のアル共の場合は2500への延長で頑張ったけど結局この距離になると末脚の絶対量の違いを痛感したかなという感じ。悪くはないんだけど、敢えて言えばこういう展開で同タイプと思われるソールインパクトにすら決め手負けをしたという感じ。ペースは1.2でややスローだが東京2500としてはそこそこ流れた方。後半は5F勝負でそこからのL2最速なのでもう一段の脚を問われている。少なくともそれを楽々引き出してきたスワーヴリチャードとは決定的な差があったと。


 1番枠から好発を切ってそこから羅気にハナ争い、そこから抑えるような感じで2列目ポケットに持ち込んで1角に入っていく形。カレンが途中で入ってきたが結局向こう正面で前2頭が離す形になるので離れた好位の内内で3角。3~4角で前にスペースがある状態をキープしつつ最内を立ち回って2列目で直線。序盤で外に誘導するのが少し遅れたが進路確保してからの脚で見劣りジリジリとしか伸びず。L1ではしぶとく粘って3着は確保したがソールインパクトに要所の脚で見劣っての3着完敗だった。


 まあ直線での捌きは微妙に下手だったと思うがそれまでは上手くバランスの良い競馬ができていたと思う。それでも2500でこのペースだと各馬が余力を持って入れるし後半じわっと加速した中でL2でもう一段の脚を問われたときにここで脚を引き出せなかったということになる。瞬間的に切れる馬ではない可能性もあるし何ともだが、少なくともスワーヴリチャードにはL2で決定的な脚色の違いを見せられているのでこの距離では第2グループでも足りない、というのは感じたかな。アルバート比較だと頑張っているけど、正直この時のアルバートは58.5kgの影響かカレンミロティックやトウシンモンステラ辺りを辛うじて上回ってくるレベルのパフォーマンスしか見せられなかった。正直あまりそこは参考にしたくないし、基礎スピード・ポテンシャルともに結構持っているけどトップスピードを長く維持できないソールインパクトに見劣ったのは個人的には結構痛いかなと思う。あまり高く評価するのは良くないかも。


早苗賞(5下) 1着 11頭5枠5番
新潟芝外1800m良 1:47.9 48.9-46.3 S^3
12.7 - 11.7 - 12.0 - 12.5 - 12.7 - 12.4 - 11.4 - 10.5 - 12.0

 早苗賞はあの当時としては良かったと思うが、ここまで来たときにパフォーマンスとして高かったかといわれると微妙かなと。ペースは2.6で超スロー、そこからの3F戦で最速10.5は速いけどL1は相当落としている。少なくともスローから出し切れる競馬の中で上がり33.6というのは新潟外としては平凡。


 5番枠から五分のスタート、そこからじわっと取り付いて2列目で進めていく。そこから単騎逃げ馬から離れた位置、こちらもポジションを下げて3列目での競馬となる。3~4角でも3列目の真ん中で進めて4角でも進路が無い状況から3列目で直線。ただ序盤で前ががっぽり空いたのでそこを突いてスッと反応、L2の最速地点ではきっちりと伸びて抜け出す。L1では甘くなったがそれでも後続も伸び切れずの完勝だった。


 結果的にペースが上がった中で結果が出てきたが、適性的にトップスピード戦が合っているかといわれるとこの一戦では微妙なんじゃないかと。2着ドンリッジは勝負になっていないし、上位の面々を見てもかなり貧弱だろうと。まあ中山金杯の適性的にはあまり関係ないと思うが、個人的にはこの馬は中距離で前後半のバランスを問われる、トップスピード戦にならない方が良いんだろうと思っている。要所での動きは良かったしギアチェンジ自体はあると思うがそれもレベル的に微妙ではあったので判断が難しい。


2018中山金杯に向けての展望

 確かに開け4歳世代はレベルが高いというのは今は完全に定着していると思うが、2つほど共通点があって、一つは牡馬クラシック路線を最低でもそこそこには走ってきた馬(レイデオロ、スワーヴ、ペルシアン、ウインブライト)もう一つはマイル路線で走ってきた馬(サングレーザー、アエロリット、レッドアンシェル)。ラジニケ賞自体も悪くはないし、2着ウインガニオンも新潟記念で好走したが、新潟記念のレベル自体は比較的低い方。アル共の好走で更に評価を上げる形になったと思うが、好走といっても結構恵まれた中でソールインパクトに完敗、というのは事実としてはある。ラジニケ賞は前半のペースがそこそこ速くて平均の中で前目で基礎スピードを活かした形なので、2500は長かった、2000への短縮はプラスだと思う。ただし、スローに振れてしまうと後半のポテンシャルでは強敵が多い。また高いレベルで戦ってきているという点ではダイワキャグニーは手強い存在(馬場適性の幅ではこちらに分があると思うが)。中山金杯は顕著にスローになることも多いレースなので、そうなった時に速い脚を問われて甘くなるというリスクは小さくないかなと。内内で上手く立ち回って結果を出してきているし、ラジニケ賞は3頭分外からしっかりと捻じ伏せている。その辺りの立ち回りの幅は広いし信頼度はそこそこ高いと思うが、少なくとも1秒前後のスローまでで流れてほしいなという認識。中山2000適性は高いと思うが、このメンバー構成で1番人気となるとそこは過剰評価かなという感じ。能力的にはそこまで高いレベルには無いと思っている。特に今回はミラノがいるので、ルージュバックみたいに出し切った時の破壊力が高い馬にやられるリスクは大きくなるかな。とりあえず連下~3着ヒモで考えておく。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都新聞杯 2017 出走予定馬:プラチナムバレット、器用で弱点らしい弱点はないが、勝ちに行くと甘くなるところがあって
小倉10R 天草特別 予想:本命06タガノアンピール
愛知杯2018 出走予定馬:ワンブレスアウェイ、前目から要所でもう一段上のギアを入れてくる強敵…ゲートを上手く出られるか
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ルーカス、追い切りでの放馬でも回避せず…状態面の不安もあるが力で捻じ伏せられるか?
京都金杯2018 出走予定馬:キョウヘイ、力の要る馬場でのバテ差しはインパクトあり、高速馬場でなければ注意
目黒記念 2017 出走予定馬:マイネルサージュ、前走はペースが速く淀みない流れで苦戦…息を入れて要所のギアチェンジで出し抜きたい
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
レパードステークス 2017 出走予定馬:タガノディグオ、兵庫CSの様に外から長く脚を使うパターンが理想…急コーナーの新潟が合うか?
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:イッテツ、積極策に徹してどこまで…ゲート、二の足とも並で主導権を取れるか?
セントウルステークス 2017 出走予定馬:メラグラーナ、強烈な末脚は魅力も追込みが利きにくいレースで枠とスタートがカギ
日経新春杯2018 出走予定馬:パフォーマプロミス、ポテンシャルが高い馬で前を取れるのも強み…ペースが上がると未知数だが
札幌記念 2017 出走予定馬:エアスピネル、ルメールとの新コンビが功を奏すか?厳しい流れの中で良さが出る馬
阪神カップ 2017 出走予定馬:モズアスコット、4連勝の勢い…厳しい流れでもスッと反応できる魅力でここも面白い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP