投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中山金杯2018 出走予定馬:ウインブライト、切れ味は全く無いがポテンシャルは非凡…早めのスパートで粘り込みたい

日程:2018年1月6日()
第67回 中山金杯(GIII) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
中山金杯2018の予想用・出走予定馬一覧

 3歳クラシック戦線ではスプリングステークスを制し、秋には福島記念を先行策からしぶとく粘って重賞2勝目を果たしたウインブライトが中山金杯に出走予定だ。なかなかクラシック本線では結果が出なかったが、それでも秋にようやく力の証明を成し遂げた。府中の上がり勝負よりは中山の方が良いはず、2018年こそ名前の通り輝かしい一年とすることができるか。


 結局はポテンシャル戦の方が良いというのは間違いないと思う。福島記念のレベルが微妙かなと思うところもあるし、今回はなかなか骨っぽい相手も多い。その中で前走のような先行策が打てるかどうか。良い位置から長く脚を使ってこれれば面白い存在だ。


福島記念(GIII) 1着 15頭2枠3番
福島芝内2000m良 2:00.2 61.6-58.6 S^3
12.5 - 11.9 - 11.7 - 12.8 - 12.7 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 12.5

 まずは前走の福島記念を見ておきたい。この時のペースは3秒で超スロー、ラップ推移的に見るとL5の向こう正面の段階で速いラップを刻む超絶早仕掛け、いわゆる『ミラノの競馬』である。出し切った方が良いタイプが強いパターンになった。


 3番枠からゲートは五分という程度だがそこから促して二の足は悪くなく結構楽に2列目のポケットを確保する。そこからはスローということもあって少し折り合い面で苦労していた感はあるが前に壁を置いて我慢し1角の下りで掛かるのをコントロール、2角辺りで外に持ち出す。向こう正面でマイネルミラノが行ったのでペースあップの流れを2列目の外から3角に入っていく。緩やかな3角地点で4頭分外から馬なりで取り付く。4角で2番手に押し上げながら直線。序盤でしぶとく伸びて先頭に立つと、流石にL1はしんどくなってヒストリカル、スズカデヴィアスに決定的な伸びを見せられるが何とか踏ん張って勝利をものにした。


 結構強い競馬といっていい。3~4角では4頭分ぐらいのロスがあったし、向こう正面最速とはいえ3~4角でも11秒半ばを連続して入っているのでここでのロスは結構響いているはず。コーナー地点で速いラップを連続しながら最後まで踏ん張れるポテンシャル面の高さを見せてきたなという感じ。この辺りは正統派のステイゴールド産駒らしい感じで、スプリングSで見せていた素質の高さをここでようやく見せられた。前半ゆったりからの5Fのロンスパなので比較的ステイヤー色が問われた中で結果を出せたのも良い材料だが、相手関係は結構楽だったと思うので今回のメンツでここまで強気の競馬で勝てるかどうか。


皐月賞(GI) 8着 18頭8枠17番
中山芝内2000m良 1:58.3(+0.5) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 元々の期待が高かった馬なので個人的には皐月賞8着というのは残念なんだが、今振り返ると決して悪くはない。超高速馬場でペースは平均ペース。ラップ推移的には中盤少し緩んで、3~4角で外からファンディーナが動いたところでペースが上がって仕掛けのタイミングは速かった。


 17番枠からやや出負けして後方からの競馬、クリンチャーの後ろぐらいで進めながら1角でコントロールしてダンビュライトの後ろぐらいで落ち着く。向こう正面でもダンビュライトの後ろで折り合わせようとするが少し掛かり気味で我慢しながら外々で3角。3角からじわっと仕掛けてダンビュライトの外に並びかけていく、4角最速地点でかなり外を回す羽目になってここで少し置かれて好位列で直線。序盤でそこからジリジリと伸び切れず、L1でもばててはいないが伸び切れずの8着完敗だった。


 まあもちろんクラシックで期待していた馬なのでこの8着で個人的には結構ショックはあったんだけど(ファンディーナにもっと期待していたからそっちが大きすぎてあれだけど)、今見た時にそんなに悪くはない。全体のペースが速い中で大外枠から出負けからリカバー気味で掛かりながら、3~4角でダンビュライトの外から勝ちに行く形で内を我慢した馬が上位なので少なくともこの時点ではレイデオロやスワーヴリチャードとはそんなに差はなかったと思うし、距離自体も延びた方が良いだろうというのもあるので。スワーヴリチャードなんかはここでロスを小さく進めながらも甘かったし、それでも距離延長で結果を出してきた馬が多いというのは個人的には今後の希望にはなると思う。というかダンビュライトはこういう競馬で世代屈指に強いと思うんだよなあ…。なんだかんだ言って結構速いラップを4角以降で問われていた中でそこで大外から押し上げなきゃいけなかったのが辛かった感じはある。


毎日王冠(GII) 10着 12頭8枠11番
東京芝1800m良 1:45.6(+0.6) 47.8-45.6 S^2 
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 毎日王冠もダービーもだが、極端に速いラップを要求されるとダメ、というのは感じるところかな。ペースは2.2でかなりのスロー、ラップ推移的に見ても3~4角では12秒台で直線に入って半ばのL2で最速10.7と極端に速いラップを要求されてしまっていると。明らかにキレ負けを喫していた。


 11番枠から好発を切っての先行策、そこから無理せずにじわっと控えて好位で進めていく。道中は2列目の後ろから最終的に上手くダイワキャグニーの後ろで2列目の中で入る。3~4角でも2rつ目の中で前にスペースを置きながら4角でも内目で我慢して出口で外と理想的な運び方からスッと手前を換えて直線。序盤で追い出されるがイマイチ伸びず、上り坂の付近の最速地点で明らかに置かれる。そこからL1では離されずに食らいついてはいたが10着完敗だった。


 明らかに坂の地点で速いラップを問われたときに苦しそうだった。10.7と極端に速いラップを問われていたし、この馬としてもそこまで速い地点ではそもそもこれまでの実績的にも動けていなかったので質的に足りなかったんだと思う。力自体は福島記念で強い勝ち方ができているわけで足りるとまではいわないがここまで惨敗するはずはない。これまでのこの馬のパフォーマンスから考えてもトップスピード戦で適性的に足りなかったとみる方が自然だろう。


2018中山金杯に向けての展望

 ひとまずいえるのはトップスピード戦がダメでポテンシャル戦での性能の高さは結構良いものを持っている。どちらかというとステイヤー色が強いかなと思っていて皐月賞でも結構流れてそこで脚を使った面とコーナーで速い脚を問われて速度的に苦しくなったかな?という感覚。その点でも本質的には時計がかかる馬場の方が良いんだろうと。紛れのないポテンシャル戦だった福島記念で強かったし、今回も同様に同じマイネル・ウイン軍団からマイネルミラノのアシストがあると思うので、ミラノの仕掛けにミラノの後ろぐらいで進めて3~4角で福島記念ほど外を回さない状況ならば当然面白い。またここ2走はゲートも良くなってきているのでこの辺りも良い材料か。まともならカデナは結構厄介だと思うけど、春の出来にあるかどうかはカデナはちょっと読めない。またセダブリランテスは後半勝負にシフトするとまだ微妙だと思うし、ダイワキャグニーはこの馬とは逆でトップスピード戦には強いが右回りでのポテンシャル戦への適性は微妙な面もある。有力馬にそこそこ不安があるし、ミラノが動いていく流れについていってポテンシャルで捻じ伏せるという競馬ができればチャンスは再度あるだろうと。後は急に高速馬場になってL2最速11秒前後とかそういった感じにならなければ。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

新潟記念 2017 出走予定馬:マイネルフロスト、ここ3走は色々な展開で善戦…総合力を活かす積極的なレースメイクに期待
小倉2歳ステークス 2017 出走予定馬:アサクサゲンキと武豊、前走の勝ちっぷりは圧巻で厳しい流れの方が合うか
中京記念 2017 出走予定馬:グランシルク、ワンパンチ足りない現状も…坂の上りで鋭さを引き出せれば
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、新馬戦は厳しいロンスパから最後まで差をつける強い競馬…器用さを持っているかがカギ
エルムステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、内での立ち回り器用、ハイペース適性も高く…ゲート課題も内枠が欲しい
CBC賞 2017 出走予定馬:アリンナ、前走圧巻も不良馬場…軽い馬場での時計勝負で分が悪い印象で雨が欲しい
フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待
新潟大賞典 2017 出走予定馬:メートルダール、昨年クラシック本番不参加も…今年は中距離路線で結果を出したい
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドキャンノ、朝日杯で距離を克服…200m延長で強敵相手も不気味さアリ
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け
京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、馬場・ペース不問、ゲートに難も完成度自体は高い一頭
小倉記念 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島2走、タフな流れでジリジリと差し込んでくる…器用さはないが嵌れば怖い
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、府中で見せる破壊力ある末脚は魅力…前走不満も直線の長い舞台でエンジン全開なるか
小倉9R 小郡特別 予想:本命06アイファーヴリル
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP