投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ホープフルステークス 2017 レース回顧・結果:タイムフライヤー、大外から力強く突き抜けてGI昇格後初代王者に!

2017 ホープフルステークス(GII) 中山芝内2000m良
レース回顧・結果

2:01.4 59.6-61.8 H^2
12.5 - 10.8 - 12.5 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.9 - 12.2

 時計的には平凡ではある。ヤングジョッキーズシリーズの500万下(超ハイ)とそう差は無いんだがこちらの方がもちろん余裕はある。とはいえ当日通してみても2歳未勝利1800で1:50.1、新馬で平均で1:36.6。恐らくタフな馬場状態ではあったがそれでも時計的にはここまで流れれば1秒は切ってほしかった、というのは正直な感想かなあという感じ。スローなら仕方ないけど淀みも小さく3~4角で前がペースダウンのところで後続は取り付いているからなあ。正直パワー型の基礎スピード戦としてみてそこまでのレベルにあるのかは微妙だと思う。いずれにせよこれでは前の馬にはかなり厳しいぺーすになっているし息も入らず3角まで入っていて今の馬場で中長距離でハロン12ではハイペースでそれよりも速いからね。ん~まあ勝ったタイムフライヤーは強かったけど展開的に無理をしなかった馬が上位だから、個人的にはクラシック戦線に向けてはグレイルやダノンプレミアムを上位に取りたいかなと感じた。次走の穴目は先行勢でオーバーペースになった馬かな。3~4角で後続が押し上げたのは映像的には見えるのだが、3~4角は前が大きく減速して12.6-12.8となっている。ペースが速かったことで実は上位勢で見れば本仕掛けが遅れたというパターンかな。回顧動画は東京大賞典もあるので明日になるかも。


1着タイムフライヤー


 7番枠からやや出負け、そこからは無理はせずに後方集団の中目につけていたが1角辺りでかなりブレーキ、少し掛かり気味で進めていく。向こう正面で前がやりあって要る流れで後方馬群の後ろで進めながら3角で促しつつ追走。4角で手が動いて武豊のジャンダルムを目標に追いかけながら直線。序盤で楽な手ごたえでそこから一気にジャンダルムに並びかけてL1で競り合いを制してのGI制覇となった。


 ポテンシャル面には関しては萩Sでかなり高いレベルにあったとは思うし、今回ここまで厳しい流れになったことで基礎スピードが武器の馬たちにとってもオーバーペースになったと思う。その流れで前半無理をせず入れたこと、3~4角で前が失速している流れで外から取り付けたのが結果的には良かった。スムーズに出し切って後は相手関係の問題だとは思っていたが、普通に楽に勝ち切れたなという感覚かな。この馬にとってみれば上がりが35.5であることからも示す通り、後半余力を持てていた(全体のFA12.14上がりFA11.83)わけでこれだけのハイペースでもあの位置から入って後半ポテンシャルも引き出してきたというのがこの馬の良さになると思う。ただし、少なくとも現時点でTS持続ではグレイルに見劣っていることと、未勝利勝ちのアドマイヤアルバ相手との比較で見てもトップスピード戦では最上位グループの中では下の方になると思っている。今回は年末のタフな中山で全体の競馬になったからいいけど、皐月賞はともかくダービーの上がり勝負に対応できるかどうかという点では少し不安があるので注意は必要かな。今回はこの馬場でペースでは前が厳しかったというのはあるし、高速馬場でとなるとこのペースで皐月賞レベルまで行くと前も59秒台を出せてしまう。少なくともダノンプレミアムはそういう競馬ができると思う。トップレベルでとなると2000は最終的にちょっと短いぐらいまであると思っていて、ダービー向きでそれも厳しい流れでというところかな。高い次元での物差し馬にはなると思うし、来年のクラシックはこのタイムフライヤーを破れるかどうか、という視点で見て行きたい。現時点では最上位グループには入るけど世代1,2には無いと思っている。


2着ジャンダルム


 15番枠からまずまずのスタートを切るが最序盤から意識的にブレーキして下げながら中団という形でルーカスを見ながら進めていく。向こう正面でもルーカスの後ろで落ち着けながら後方に近い位置まで下げて折り合って進めて3角入りでもルーカスの後ろだったが徐々に外に誘導して4角ではルーカスの外から勝負に行って中団の外から一気に取り付いて2列目外で直線。序盤で内のサンリヴァルに並びかけてくるが外から一気にタイムフライヤーにクビ程前に出られてしまう。L1でもジリジリと離されて1馬身ちょっとの2着と完敗だった。


 3~4角で外から勝ちに行く形にはなったが、個人的には90点ぐらいのほぼ完璧な競馬だったと思う。前に行くか、流れるという前提で後ろに下げるか。もちろん豊の中ではここで結果に拘らず後方からどういう競馬ができるのか?というのもテーマにあったとは思うんだが、流れたことであの位置で正解だった、というのは一つある。全体の流れを見ても前の馬には結構しんどい競馬になっているはずで、そこで無理をせず折り合い重視したことで上手く折り合って距離もこなせたし、何より勝負をするうえでミルコの後ろを取れた。タイムフライヤーも外から上がってきていたし進路もあったのであのタイミングしかなかったかなと思う。現時点で流れて基礎スピードを高いレベルで問われた中でのポテンシャル戦ではタイムに軍配が上がったとみるべきかな。バランスのとれた良い騎乗だったと思うが、流れた中でのものだし、スローからの決め手勝負でどこまでやれるかを見ないと距離に関しては何とも言い難い。少なくともポテンシャル面ではちょっと見劣っているから最上位レベルとまでは言えないと思うし。デイリー杯の感じなら緩い流れからの反応の良さを活かしたいと思うし少し時計がかかった方が良いとも思うので。個人的に豊のお手馬としてこの馬とグレイルならグレイルの方が少なくともクラシック戦線では強いと思う。前半行けそうな感じだったし、3歳春の内までは1600~2000がベストっぽい感じはする。


3着ステイフーリッシュ


 五分には出てそこから二の足はイマイチで無理はせずに後方からの競馬。そこからはジャンダルムの素城を意識しながら進めていく。向こう正面でも後方2列目ぐらいで進めていて前にジャンダルムは同じ、道中少し掛かり気味ではありコントロールしながら下げて3角。3~4角でもジャンダルムの後ろで進めてジャンダルムが3角でじわっと動いていく流れを馬なりでコントロールしながら我慢。4角でルーカス、ジャンダルムの両にらみから直線で外に持ち出そうとするが置かれてしまい、外のタイムフライヤーに一気に出られる。L1でそこからしぶとく伸びて2着争い僅差まで持ち込んだが及ばずの3着だった。


 思ったよりやれたな、というのが率直な感想で3着だが惜しい内容ではあった。もちろん前にとってはかなりペースが速かったと思うが、後方から進めたことで何とか脚を保って入れた。またレースの流れ的に映像で見ると3~4角では豊やミルコが動いているようだけどレースラップ的には大きく減速している形なので恐らくニュートラルな感じでルーカスやジャンダルムの走破ラップで見ても大きくペースは上がっていなかったと思う。なのでその後ろをついていったけど直線でスッと出し抜かれる感じになってしまったんじゃないかなと。L1ではそれでもしぶとく伸びてきていてポテンシャルは見せていた。基礎スピードを問われたことで本仕掛けが遅れているイメージで良いと思うし、その中で反応で見劣ったけど最後まで底を見せていないのだから素材としては評価したいと思う。もちろん前がしんどい展開には恵まれているが、上位3頭との比較で見ても出し切れればジャンダルムとは逆転できる。タイムフライヤーは強敵なので現時点では2番手グループの上位に入るかな。


4着サンリヴァル


 9番枠から内にもたれはしたがまずまずのスタート、楽に流れに乗って番手で進めていき、1角辺りでコントロールしながら入っていくが外からジュンヴァルロが競ってきたので先頭列3頭雁行状態の真ん中から2角過ぎで下げてジュンヴァルロの後ろから3角手前で外に出し番手。3~4角でも番手の位置ではあるがここでペースダウン、馬なりで並びかけて4角先頭で直線。序盤で内から出し抜きを狙うが流石にそとが手ごわくそれでも先頭列をキープ、L1の坂の上りで苦戦を強いられたがそれでもしぶとく4着は確保した。


 先行勢で唯一の上位確保、しかも内容的にも3~4角では待たされているし減速ラップを踏んでからの再加速となっている。基本的に先行勢で一番嫌なのが仕掛けどころの手前で減速する形になること。田辺も悩んだと思うが流石に速い流れの中であそこで交わして目標を無くしてしまうというリスクは取れなかったかなと。4角でさらに減速したので流石にそこでナチュラルに先頭に立つ形になっているが、3~4角でゆるめてしまうと流石に後続も勢いに乗ってしまっているので捲ってきちゃうからね。ここが微妙に噛み合わなかったし、もちろん全体のペースも速い。そう考えるとこちらの想像を2段階ぐらい超えて強い競馬ができたんじゃないかなと。ルーラーシップのイメージではなかったが、前半厳しい流れに持ち込んで基礎スピードで勝負できたのは高く評価できる。それとこの流れで息を入れてもL2の再加速でしっかり1秒近くの加速ができて先頭列をキープできていたからなあ。個人的には2000よりも長い距離の方が良いと思う。ダービーで離れた番手ぐらいで競馬をすれば面白いタイプの馬になるかな。レースレベル的には世代最強クラスはいなかったと思っているが、この競馬で4着は立派だと思うし長距離路線で結果を出してきそうなタイプ。芙蓉Sで結構器用に動けるし、総合力が高いタイプで楽しみやね。


5着ナスノシンフォニー


 17番枠から出遅れて外に逸走気味、そこから戻して内に切り込みながら最後方列で進めていく。1~2角でも最内を立ち回って最後方列に近い位置で3角だが窮屈で減速ラップに巻き込まれながら下がる。3~4角ではその後も中目を追走、進路を確保できないまま何とかステイフーリッシュの直後から外に持ち出す。序盤でそこから伸びてくるがジリジリ、L1までジリジリで悪くはないが5着までだった。


 加速していく過程で進路が無いので置かれてスペースができて直線入り。ここでは伸びが地味ではあったがL1の伸びは悪くなかったしサンリヴァルとの差は詰めた。ただし、府中ではスッと加速できていたのだが右回りではここで置かれていた。手前は上手く変えてきたし徐々に粗削りさがマシになっているが、それでもスタート後に一気に外に刺さってしまったり、こういった勝負所での鈍さを見せたりといった弱点は明確に残している。それでも最後まで伸びてきているように素材は確か。前半のあまりにもひどいポジショニングをどうにかできないと勝ち負けまでは難しいが、ミルコみたいにレース全体でポジションを上げていく、勝負所で外から行ける騎手なら変わっても良さそうな面もある。今回も3~4角でタイムフライヤーのような競馬ができていたらもうちょっと面白かったかも。位置が悪いが3角入りで内を意識して下がってきた馬と上がっていく馬の間で後手後手になっていたからね。今回は結果的に縦の位置自体はあそこでよかったと思うが勝負所での遅れが致命的にはなっていると思う。出し切ってどこまでやれたか、という点で見てもまだ伸びしろはあるかな。オークスで良い位置を取って3角に入れれば結構良いんじゃないかなと思っているんだけどね。桜花賞は難しいと思う。


6着ルーカス


 10番枠からまずまずのスタート、そこから控える形で好位で進めていくが少し掛かり気味で進め、内に入れたいところだがなかなかスペースが無く好位の外目で進める形。1~2角でも掛かっていて前に壁を作れずに力んだ走りにはなる。向こう正面でようやく前にシャルルマーニュを置いて壁、ここで中団に下げる形。3~4角でも中団外から仕掛けを待ちつつ外の豊が動いたのを見てシャルルの外に出してゴーサイン、4角でスッと動いて2列目外で直線。序盤で一気に外からジャンダルム、タイムフライヤーに来られてしまって下がる、L1までジリジリと下がって圏外となった。


 個人的には折り合い面で響いたかどうかというのはペースに依っての影響が大きいと思っている。今回みたいにここまで流れた中で好位の外で進めて壁を作れずに流れに結構乗ってしまったこと、向こう正面まで壁を作れなかったというのはある程度影響していると思う。ここまで折り合い的に苦労したのはテン乗りになったミルコというのもあるが、順調に追い切りを消化できず放馬しての影響というのもある程度考える必要もあるだろう。確かに早めの仕掛けにはなっているが、流れを考えると3~4角で外からじわっとというのは選択としては正しいし(外から一気に動いているように見えるが前が下がっているのもあるので)、実際上位は3~4角で外目から勢いをつけてきた後ろからの馬がほとんど。前半部分の方が問題が多かったと思う。まあ単純に状態面の不安もあったわけだし、前半あのペースで折り合いを欠いたと考えれば6着は妥当なところかな…。


13着フラットレー


 11番枠からやや出負けしてそこからじわっと促しつつ後方馬群の中で進めていく選択を取る。最終的には後方馬群の内目に入って進めていく。向こう正面でも後方馬群の内でルーカスを斜め前、外に見るような感じで3角ではその後ろを狙ってじわっと促していく。4角では中目のスペースを上手くついていくが鞭が入って手ごたえ微妙なまま直線。序盤でスペースはあるが鞍上も諦めてしまう。最後まで良いところのないまま惨敗だった。


 どうしても藤沢ルメールで人気先行だったけど、正直騎乗に関しては噛み合っていたと思う。確かに内目を進めていたがスペースを常に確保できていて実際3~4角では押し上げていた。ただこれは前が下がってきていたのが大きいし、外の馬はそこからもう一段の脚を使えたがこの馬は入りで完全に甘くなっている。こうなってしまうと単純に基礎スピード的にオーバーペースだったとみるべきだろうと。あの位置ならタイムフライヤーやナスノシンフォニー辺りはしっかりと脚を使えているのでタフな流れが噛み合わなかったとみるべきだろうと思う。単純に力が足りなかったかな。新馬戦もそこまででもないからね…。もうちょっと成長がいると思うが、ハーツの仔だし母系を見ても完成はもうちょっと後じゃないかな。その辺は期待できるし、焦らない方が良いかな。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:トライン、1戦1勝で未知数の塊も…新馬戦はまさに圧巻の一言
【ホープフルステークス2017】追い切り情報 好追い切り馬は
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:サンリヴァル、先行してスッと脚を使ってセンスは垣間見える…多頭数でペースと前半良い位置を取れるのかがポイント
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、血統的に距離は微妙もデイリー杯で見せたギアチェンジは非凡
【ホープフルステークス2017】出走予定馬 ロベルト系に注目
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:シャルルマーニュ、平均ペースからしぶとく粘り込む中山2000向きの穴馬候補でここなら通用しそう
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ナスノシンフォニー、初の王者に牝馬が挑む…素材の高さは間違いないが粗削りで完成しきれるか
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ステイフーリッシュ、新馬戦は直線鋭く抜け出す競馬も極端に遅いペースで…
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:フラットレー、期待を背負うも前走が物足りず…やや人気先行の感あり
中山11R ホープフルステークス 予想:本命08シャルルマーニュ
ホープフルステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりで終いだけも一気の加速と気配良し!
【ホープフルステークス2017】予想参考 キングマンボ系が好調
【ホープフルステークス2017】予想!ロベルト血統が中山で活きる
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジュンヴァルロ、平均ペースでもしぶとく…ゲートが少し甘く、行き切れるか枠の並びは重要
【ホープフルステークス2017】枠順確定 ルーカスも出走
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP