投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:シャルルマーニュ、平均ペースからしぶとく粘り込む中山2000向きの穴馬候補でここなら通用しそう

日程:2017年12月28(木)
第34回 ホープフルステークス(GI) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
ホープフルステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 キャリアの浅い馬が多い中で5戦と豊富、東京スポーツ杯でも3着と重賞実績もあるシャルルマーニュがホープフルステークスに出走予定だ。とはいえ最上位にいるワグネリアン相手に完敗を喫しているのも事実で、GIの舞台でどの程度通用するか。中山といえばネオユニヴァース系、父ヴィクトワールピサも制した皐月賞と同じコースで覚醒となるか。


 穴になるかどうかはちょっとわからんが、この馬も結構面白いと思う。これまでの過程が前半に楽ができていて長く脚を使うパターンで好走。その流れで前走の東スポ杯が0.5差と離されてはいるんだが、正直ペースが速かったと思う。今のタフな馬場で1周コースの2000で積極的に好位ぐらいで競馬ができれば結構面白いんじゃないかなと。


アイビーS(OP) 2着 7頭6枠6番
東京芝1800m不 1:51.4(+ハナ差) 49.5-49.0 M
13.3 - 11.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 11.8 - 11.6 - 12.7

 アイビーSから振り返りたい。この時は内外離れた状況でわずかに競り落とせなかったが、少なくとも内外の馬場差が無い2着以下の中では着差通りの強さだったと思う。ペースは平均、不良馬場だがそこまで極悪にはなっていない状況で、L2最速11.6の流れの中でどちらかというとL1までしぶとく食らいついて僅差に持ち込んだというところかな。


 6番枠から好発を切ってそこからじわっと促しつつコスモイグナーツを行かせて馬場の良い外で進める。道中は少し掛かり気味な面もあったが3番手以下を離してコントロールしながらの競馬。3~4角でも外々を回して持ったまま、内から出し抜きを狙うコスモイグナーツを追いかけながら直線。序盤でそこから軽く促されてL2で追い出されてここでしぶとく伸びてタニノフランケル辺りは問題とせず。L1でしぶとく内のコスモイグナーツに並びかけて最後はかなり際どい首の上げ下げとなったが僅かに及ばなかった。


 この時の内外の馬場差というのがなかなか難しいので、コスモとの比較はともかくタニノフランケルに対してはラストに少しだけ差を詰められた程度で直線で優位性をほとんど与えなかったし、この流れで楽にコントロールして入っていけている、中盤息も入っているわけでしかも最後まである程度の脚を維持できていた。距離延長は良いと思うなと率直に感じた一戦。レースレベル的には高いとは思っていないんだが、適性的にトップスピードがあまり問われない1周コースのこの時期の中山2000で上げてくる可能性が高いとみている。


東京スポーツ杯2歳S(GIII) 3着 7頭5枠5番
東京芝1800m良 1:47.1(+0.5) 46.5-48.1 H^2
12.4 - 10.9 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0

 前走の東スポ杯では少し離れた位置で先行策を取ったが結果的に世代トップレベルがいた、という感じの3着。ペースはかなりのハイに突入しているが前3頭で単騎気味。この馬の位置で大体47秒フラットぐらいの入りで4番手以降とは5馬身は離していたかな。この馬の位置だと平均ぐらいになっているが淀みも小さく厳しい流れだったのは確かで高速馬場での基礎スピード面を高いレベルで問われている。


 5番枠からまずまずのスタート、コスモイグナーツがハナを主張したのでそれを行かせて3番手という感じで進めていく。4番手以降をかなり離して進め、3~4角で息が入る中でも楽な手ごたえで仕掛けを待っていたがここで後続に取り付かれて直線。序盤でそこから追いだされるがあっさりとワグネリアンに交わされてしまう。それでもそこからがしぶとく最後はルーカスに出られたものの踏ん張って3着を確保した。


 まあ勝ち馬が強すぎたのでそことの比較は難しいが、各馬が出し切る競馬になっている中でこれだけ際どく粘れたというのは大きいと思う。1800での基礎スピード戦でも結構高いレベルのところまで見せられたと思う。少なくともルーカスに大してこの馬場、展開で僅差まで粘れていたのはホープフルSを考えると頼もしい材料かなと。


2017ホープフルステークスに向けての展望

 新馬を勝った時も小倉1800で前半無理なく先行してそこからしっかりと抜け出す競馬ができているし、アイビーSも不良で分かりにくいが前半はそこそこ、中盤緩めての再加速で動けている。スパッと切れるイメージは無いんだが基礎スピード面の高さとペースコントロールができる、結構ポテンシャルも高いレベルであると思うので中山2000は個体で見ても合うと思う。血統的に見て父ヴィクトワールピサは言うまでもなくネオ系。母系が面白くて、母父サクラバクシンオーに母母父ミルリーフ、更に母母父セクレタリアトと3代でナスルーラ系重ねになっている。個人的なイメージとして、ナスルーラ系は結構ギアチェンジ面に影響を与える馬が多い印象で、馬場や距離は結構こなしてくるし結構パワー型の馬も多い。母父バクシンオーで嫌う時代でないのはキタサンブラックで証明できているし、この馬もキタサンブラックの3歳時ほどの瞬間的なギアチェンジは見せていないけど、こういう総合的に良さが出ている馬は距離延長は合う。基礎スピードはここでは最上位レベルにいると思うので、前がガンガンやり合えば少し離れた2列目ぐらいで競馬ができればちょうど面白い。ルーカスとの比較で見れば追い切りの過程や中山2000で平均ペースまで持ち込めれば十分逆転可能だと思っているし、現状計算が立つ穴馬としてはこの馬ぐらいしかいないというのもある。後はほとんど未知数の部分にかけないといけないと。連下では拾いたいし場合によっては結構重い印も検討しているが…こういうタイプは戸崎じゃなく豊が良かったかな…。まして今年の戸崎をGIで買うというのもなかなか…。馬は凄く面白いんだけどね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第34回 ホープフルS(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ホープフルSを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年からGIに昇格され、2歳GIは阪神牝馬S・朝日杯FSに続く3つ目のGIとなる。今年からGI昇格となっただけに関西の素質馬が揃って参戦するので、同条件でもある皐月賞にも直結する重要な一戦となる。

昨年の優勝馬レイデオロ(ダービー1着)、一昨年2着馬ロードクエスト(NHKマイルC2着)など、来年のクラシック路線やマイル路線での活躍馬を多く輩出している出世レースでもあり、今年からGIに昇格することで、更にレベルアップする一戦になるだろう。

中山芝2000Mはコーナーを4回周る小回りコースで最後の直線は310Mと短いが、途中で約2.2Mを駆け上がる急坂があり、器用さとパワーを要求されるコース。小回りコースのため、先行有利ではあるが、展開次第では差し・追い込み馬の好走も目立つ。枠番では外内の有利不利はなく、脚質では逃げ・先行馬が有利となっている。

3戦無敗で東スポ杯2歳Sを制したワグネリアンは来年3/4弥生賞(中山芝2000M)から皐月賞へ向かう予定で、早くから来年のクラシックを見据えている。東スポ杯2歳Sでワグネリアンの2着したルーカスはMミルコで参戦。デイリー杯2歳Sの覇者ジャンダルムは武豊へ乗り替り、その他2戦無敗サンリヴァル、タイムフライヤー(4戦2勝)、ジュンヴァルロ(2戦2勝)などが出走するが、世代最強の呼び声高いワグネリアン不在で混戦模様。来年のクラシック路線へ参考になる重要な一戦だけに注目度も高い。

この秋、競馬セブンの2歳重賞では京都2歳S(G3)、東スポ杯2歳S(G3)、デイリー杯2歳S(G2)、京王杯2歳S(G2)、サウジアラビアRC(G3)、朝日杯FSなどなど的中ラッシュをお届け。GI昇格初年度のホープフルSも確信の◎から好配当馬券を狙いますのでご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ホープフルS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第34回 ホープフルS(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ホープフルSを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:ホープフルS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【ホープフルステークス2017】追い切り情報 好追い切り馬は
【ホープフルステークス2017】予想参考 キングマンボ系が好調
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:フラットレー、期待を背負うも前走が物足りず…やや人気先行の感あり
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、血統的に距離は微妙もデイリー杯で見せたギアチェンジは非凡
中山11R ホープフルステークス 予想:本命08シャルルマーニュ
【ホープフルステークス2017】枠順確定 ルーカスも出走
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ナスノシンフォニー、初の王者に牝馬が挑む…素材の高さは間違いないが粗削りで完成しきれるか
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジュンヴァルロ、平均ペースでもしぶとく…ゲートが少し甘く、行き切れるか枠の並びは重要
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:タイムフライヤー、適性の幅が広く前走でゲートも克服…中心の一角を担える実力馬
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:サンリヴァル、先行してスッと脚を使ってセンスは垣間見える…多頭数でペースと前半良い位置を取れるのかがポイント
ホープフルステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりで終いだけも一気の加速と気配良し!
【ホープフルステークス2017】予想!ロベルト血統が中山で活きる
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:トライン、1戦1勝で未知数の塊も…新馬戦はまさに圧巻の一言
ホープフルステークス 2017 レース回顧・結果:タイムフライヤー、大外から力強く突き抜けてGI昇格後初代王者に!
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ステイフーリッシュ、新馬戦は直線鋭く抜け出す競馬も極端に遅いペースで…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP