投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

東京大賞典 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、噛み合った時の破壊力は一級品…内枠で最序盤のポジションと仕掛けがカギに

日程:2017年12月29日(金)
第63回 東京大賞典(GI) 大井ダ2000m
予想用・出走予定馬・枠順
東京大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧

 ダートの中長距離王道路線で強烈な末脚を武器に結果を出し、今年もJBCクラシックを制覇するなどまだまだ活躍中のサウンドトゥルーが東京大賞典に出走予定だ。大井の2000mではJBCクラシックと東京大賞典で2勝と相性も良く、これを追い風に直線で鋭さを見せつけたい。前走のチャンピオンズカップで二桁着順に沈んだが、その汚名をここで返上できるか。


 結局は最低限の流れにはなってくれないと難しい。前走のチャンピオンズカップに関しては完全に負けパターンだったといえる。大井の2000なら向こう正面外から仕掛けていって直線勝負でもチャンスは十分あるが、JBCクラシックは結構噛み合った面もある。基本は漁夫の利を得てこその馬で、勝ち切れるだけの展開になるかどうかが焦点。


JBCクラシック(JpnI) 1着 13頭6枠8番
大井ダ2000m重 2:04.5 62.1-62.4 M
12.8 - 11.7 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.1 - 12.5 - 13.1 - 12.2 - 12.5

 2走前のJBCクラシックは綺麗に噛み合ったと思う。ペース自体は平均で流れているが、ポイントとなるのは向こう正面のL5地点で12.1と早くなっているという点、そしてもう一つが4角で13.1と非常に遅いラップとなり外から取り付いていくのが理想的だったという点。基礎スピードもポテンシャルも持っているこの馬としてはポジションを押し上げやすい流れになったと。


 8番枠からやや出負け、中団の後ろから離れた後方の位置でまずは入っていく。道中もロンスパで前がペースを引き上げる形、アポロケンタッキーの後ろから促しながら外々で3角に入っていく。3~4角でアポロケンタッキーの外から押し上げながら4角の淀みでずいぶん楽に好位列まで取り付いて直線。序盤でそこから一気に伸びて2列目、L1で前のケイティブレイブをしっかりと捕えて抜き去った。


 強い競馬ではあるが、最序盤の位置はあまり良くなかったし、向こう正面でも後方に近い位置で苦労していた。ただ3~4角で顕著に緩んだことと3角手前の向こう正面地点L5で加速していったのでその勢いのまま外々を回せた、また緩んだところなので外から取り付きやすかった。この辺りが噛み合ったかなという感じ。流石にL3で13.1まで緩んでしまうとケイティブレイブみたいに前で減速に合わせていた馬では難しかったと思う。


チャンピオンズカップ(GI) 11着 15頭8枠14番
中京ダ1800m良 1:50.7(+0.6) 48.9-48.5 M
12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.7 - 12.7 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.4

 前走のチャンピオンズカップが基本的にはこの馬の負けパターンとみていいと思う。ペースはコントロールされて平均、仕掛けどころもじわじわとだが3~4角で加速しているのでなかなかポジションを押し上げられないまま直線でもう一段加速される中で最後方で進路も確定できずでは難しかった


 14番枠から五分には出たがそこから行き脚がつかずに後方からの競馬となってしまうがこれはいつも通り。ただ、前が結構楽にコントロールして向こう正面でもペースが上がらない中で後方内に入り込んでの競馬。3~4角で前もペースを引き上げるがじわじわという程度、内目を立ち回りながら最後方列で直線。序盤で進路確保でも苦しくなって伸びあぐねてまだ最後方。L1で何とかしぶとく馬群を捌きながら伸びてくるが時すでに遅しの11着完敗だった。


 基本的には勢いに乗ってポテンシャルで最後まで伸びてくる、というのがこの馬の武器だし速い脚を問われて鋭く伸びるというタイプの馬ではないので、あの位置からではこうなるのも仕方がない。それに直線に入っても馬群を捌きながらで加速スペースを上手く取れなかったし、昨年噛み合ったときは内内を立ち回りながらも前にも外にもスペースがあってしかもL5の3角手前が最速。ここまで行けば嵌り切って勝ち切れるが、コントロールされる中でスペースが無いとこうなってしまうかな。


帝王賞(GI) 4着 16頭8枠15番
大井ダ2000m重 2:05.4(+1.0) 62.1-62.3 M
12.6 - 11.6 - 12.5 - 12.8 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.8

 同じ大井でも帝王賞では馬券圏外となった。まあアウォーディーとの差はそこまでなかったけど、それでもクリソライトにも完敗だからね。ペースは平均だがJBCクラシックと違うのは淀みが小さい。大井にしては比較的淡々とした流れを刻み切った感じ。


 15番枠からここではまずまずのスタート、そこから無理はせずに好位の外目で進めていく。道中も比較的淡々と進む流れの中で好位の外目で我慢しながら向こう正面で促していくが3角では好位列の後ろでロスを少なく乗ろうとする。3~4角でも好位列の後ろで内目を立ち回って直線で中目。スペースを確保しながら乗れていたがそれでもジリジリとした伸びで4番手。L1でアウォーディーと内外そう差はなかったがそれでも上位2頭からは離されての完敗4着だった。


 内容的に見て、2000でも中盤でペースが上がって、3~4角での緩みも小さく押し上げていけずに追走に汲々としていた感じ。同じ平均ペースでも向こう正面直線地点で12.1と速いラップで勢いに乗せてコーナーの急激な前の減速で取り付けた帝王賞と違って、向こう正面から3~4角まで一定のペースで走る形になったので展開的なアシストが無かったかなという感じはある。向こう正面最速のロンスパでも東京大賞典を勝った時みたいに向こう正面で11秒台と完全に上がりきってくれればいいかもだが、スイッチを入れられない状況で3角手前でも内内でロスなくとなったのが結果的にこの馬としては合ってなかったのかなと。


2017東京大賞典に向けての展望

 前走のチャンピオンズカップは誰が見ても展開不向きの流れだったので今回も人気の中心になりそうなんだが、個人的には今回だって嵌らなければ危ういという立ち位置は変わらないと思う。少なくとも勝ち切るには結構噛み合う必要があって、向こう正面で一気に速いラップに持ち込まれてここで勢いに乗ってコーナーに入りたい、それだけでなく出来れば3~4角で緩んでほしい。平均ペースまでならJBCのパターンがベスト。出脚は遅い方だが基礎スピード自体はこの距離ではかなり優秀な方なので、むしろある程度全体のペースが上がった方がこの馬としては競馬がしやすいとは思う。スローからのトップスピード戦でL2最速となってしまうとそこまでキレる馬ではないしL1は伸びてくるけどアウォーディー辺りと互角クラス。今回は結構いやらしいメンバーが揃っていて、2,3着はあるかもと思っているが力関係も変わりつつあるのも事実。帝王賞の感じから馬券圏外までというケースも視野に入れた方が良いかも。特に内枠に入ってしまったので、最序盤包まれる状況になりかねない。プラス外から飛ばしてくれる馬が多ければいいが、コパノはともかくケイティブレイブは福永だしそこまで意識的に上げていかないだろう。展開的にそこまでハイペースに持ち込みたい馬がいない中で、コパノやケイティが外から内に切り込んで早い段階で支配してスローダウンするとスペースを外への確保しにくくもなる。今回は信頼度もいつもより低くなるかなと。前走の負けで人気が落ちればヒモとしての妙味は当然あるんだが、現時点では消す可能性も考えつつ連下~3着ヒモ辺り。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

東京大賞典 2017 レース回顧・結果:コパノリッキー、GI級11勝と快挙で大団円、キタサンに続いて砂の王者も有終締め!
東京大賞典 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、帝王賞で見せた末脚は特筆すべきもの…前半無理せず勢いに乗せきった方が良い
東京大賞典 2017 出走予定馬:コパノリッキー、ラストランで史上最多のGI級11勝目でキタサンに続く大団円となるか?
【東京大賞典2017】予想!交流重賞なら末脚炸裂
【東京大賞典2017】出走馬 サンデー系は近年苦戦
東京大賞典 2017 予想:本命12ケイティブレイブ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP