投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:フラットレー、期待を背負うも前走が物足りず…やや人気先行の感あり

日程:2017年12月28(木)
第34回 ホープフルステークス(GI) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
ホープフルステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 もはや定番となりつつあるルメールと藤沢和雄調教師のコンビ、フラットレーがホープフルステークスに出走予定だ。新馬戦では期待通りの横綱競馬で完勝したが、前走のアイビーステークスでは不良馬場で期待を裏切る5着と結果を残せなかった。相手は更に強化されるが、新馬戦で見せたポテンシャルを引き出し何とか結果に繋げたい。


 前走不良馬場でのものではあるが、それでも物足りないかなというのはある。前走時は富士Sと同日なのでまだそこまで極端には悪化していなかったと思うし、レースレベル的にも微妙だと思うので。現時点では様子見したい。


新馬戦 1着 11頭7枠9番
札幌芝1800m稍 1:52.3 49.4-49.4 M
12.8 - 11.5 - 12.3 - 12.8 - 13.5 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 11.9

 新馬戦から順を追ってみていく。まずは札幌の新馬戦から。稍重でややタフな馬場状態、ペースは平均だが中盤で13.5とかなり中弛みが大きなレース、また全体で流れていた意識が働いたことで仕掛けどころも遅くなってL1最速という形。後方から緩みで取り付いた方が流れとしては噛み合っていたかな。


 9番枠からやや出負け、二の足は悪くなくてある程度取り付いていって中団の外目で進めていく。2角過ぎでは前に壁を置いて折り合いを意識、前が緩めてきたタイミングで少し掛かり気味にはなる。3~4角で外目からじわっと進出で前の壁となっているアドマイヤツルギの後ろをぴったり、4角で外に出してからはスーッと上がって一気に2列目。序盤でそのまま先頭に並びかけ、L1でしっかりと突き抜けての完勝だった。


 3~4角の段階ではまだ12秒台だったし、ここで外々というのもロス自体は当然あるがトップスピード戦ではないのでそこまで大きなものではないとみている。L1でしっかりと抜け出して底を見せないポテンシャル、という内容だったと。ただし、上位のほとんどがポテンシャル戦では全く結果が出ていないことから、このレースで問われたポテンシャル面としてはそこまで評価ができない。底を見せていないとはいえラストでもう一段加速しているといい切れるほどの伸びでもない(自身の上がり3Fが35.9、平均11.97)。L2で3馬身弱ぐらいから一気に先頭なので、この地点のレースラップが12.3ということを考えると恐らくL2最速の可能性が高い。底は見せていないとしてもこのレースのレベル自体が低い方なのであまり評価はしづらいなと。良い点は中弛みがあったとはいえこの時点で平均ペースに対応できた点。2000への距離延長自体も中弛みでの取り付き、L1も11.9でまとめてきている点から長く脚を使ってはいるのでプラスに働く可能性は高いと思う。絶対的なパフォーマンスとしては物足りないけど中山2000への適性はある程度期待できそうかな。


アイビーS(OP) 5着 7頭2枠2番
東京芝1800m不 1:51.8(+0.4) 49.5-49.0 M
13.3 - 11.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 11.8 - 11.6 - 12.7

 前走のアイビーSは不良馬場だったというのは一つ特殊な条件ではあったが、それでもレースレベルを考えると物足りない結果に終わったのも事実。ペースは平均、ラップ推移的にはここも中弛みが顕著にあるので後ろから取り付くタイミングはあった。本仕掛けはL2最速といってもL3の地点では11.8と速いし、ある程度出し切りやすい状況だったはず。


 2番枠からまずまずのスタート、そこから下げて中団の外目で進めていく。道中はタニノフランケルの直後で進めて馬場の良い外目をチョイスして3角。3~4角でもタニノの後ろをジッとマーク、そのままじわっと取り付いて4番手の位置で直線。序盤でタニノの後ろからじわっと外に持ち出しスムーズなのだが反応がイマイチでジリジリとしか伸びい。L2の地点では外のキボウノダイチ相手には抵抗できていたがL1で甘くなって前との差も詰められず、キボウノダイチに差し込まれての5着完敗だった。


 最内を通して勝ったコスモイグナーツとは当然通した位置の差はあるんだが、少なくとも2,3,4着馬は自身と同じように外を回しているので馬場差は言い訳できなくなる。またこの3,4着馬がジュンヴァルロに黄菊賞で完敗している。不良馬場そのものがダメ、といってもこの時点ではそこまで極端ではなく速いラップもそこそこは踏んでいる(富士S当日)。札幌の新馬戦も程度の差はあれ時計がかかる後半で雨の影響があった。個人的には不良で負けたという言い訳は通さない方が良いんじゃないかなと。単純に後半のポテンシャル面で見劣った感じがある。なので逆転を考えれば前半ある程度前につけないと難しいかなと感じた。


2017ホープフルステークスに向けての展望

 前走のアイビーSでゲートを改善させてきたのは一つ良い材料。ただし、ポテンシャルに関しては前走で底を見せた感はある。少なくともこのレベルで戦うには別の要素でパフォーマンスを上げてこないと難しいかなと。ゲートが良くなったのでそのまま前目で先行策から有力馬に対してポジション差を作ってどこまで…という感じだと思う。基礎スピードに関しては一応ここ2走で中弛みが顕著だったにせよ前後半平均の流れに対応はしている。後半勝負では詰めが甘い可能性が高くなった以上、リスクを取って前半攻めたいところかな。血統的にはハーツ産駒と前半に無理してよいのかは微妙だが、半姉にバウンスシャッセがいて半兄ホーカーテンペストは中山マイルのタフな流れから2400までこなせたように、母系は割と距離への融通、厳しい流れへの対応力は高い方だと思う。そういったところに活路はあるが、正直現時点で素材的にはちょっと足りないと思っているので今回の11番枠、外から正攻法で勝ちに行く形になると個人的には微妙かなと。


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第34回 ホープフルS(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『ホープフルS(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・ホープフルS
png暴露王:ホープフルS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【ホープフルステークス2017】予想!ロベルト血統が中山で活きる
ホープフルステークス 2017 レース回顧・結果:タイムフライヤー、大外から力強く突き抜けてGI昇格後初代王者に!
【ホープフルステークス2017】追い切り情報 好追い切り馬は
【ホープフルステークス2017】枠順確定 ルーカスも出走
ホープフルステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりで終いだけも一気の加速と気配良し!
【ホープフルステークス2017】予想参考 キングマンボ系が好調
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:トライン、1戦1勝で未知数の塊も…新馬戦はまさに圧巻の一言
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、血統的に距離は微妙もデイリー杯で見せたギアチェンジは非凡
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ナスノシンフォニー、初の王者に牝馬が挑む…素材の高さは間違いないが粗削りで完成しきれるか
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ステイフーリッシュ、新馬戦は直線鋭く抜け出す競馬も極端に遅いペースで…
中山11R ホープフルステークス 予想:本命08シャルルマーニュ
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:シャルルマーニュ、平均ペースからしぶとく粘り込む中山2000向きの穴馬候補でここなら通用しそう
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:サンリヴァル、先行してスッと脚を使ってセンスは垣間見える…多頭数でペースと前半良い位置を取れるのかがポイント
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:タイムフライヤー、適性の幅が広く前走でゲートも克服…中心の一角を担える実力馬
【ホープフルステークス2017】出走予定馬 ロベルト系に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP