投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ナスノシンフォニー、初の王者に牝馬が挑む…素材の高さは間違いないが粗削りで完成しきれるか

日程:2017年12月28(木)
第34回 ホープフルステークス(GI) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
ホープフルステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 牝馬ながら百日草特別で2着と好走、不気味な存在となりそうなナスノシンフォニーもホープフルステークスに出走予定だ。新馬戦も1周コースの福島1800mで外から捲って捻じ伏せ、前走の百日草特別では2000mで強さを発揮した。中山2000mでも不気味な存在となりそうだがもちろんペースがカギ。並み居る強敵牡馬を撃破し、牝馬が初代王者という快挙を成し遂げたい。


 まあ流石にここ2走が余りにも緩い流れに依るところなので、ハーツクライ産駒という点で考えてもちょっと不安はある。ただハーツは牡馬の場合は完成度が遅く基礎スピード面に不安がある馬が多いが、牝馬は割と流れても大丈夫な馬が多い印象。噛み合えばチャンスはあるメンツ。


新馬戦 1着 14頭6枠10番
福島芝1800m良 1:52.8 53.1-46.8 S^6
13.1 - 12.7 - 13.3 - 14.0 - 12.9 - 12.0 - 12.0 - 11.3 - 11.5

 福島の1周コースの1800で行われた新馬戦だが、2段階加速的な競馬になっている。ペースは極端に遅い、そこから向こう正面で徐々に加速、3角地点では12秒前後からL2最速11.3で2段階加速だが2段階目の加速度も高くギアチェンジもある程度問われた。ただこの馬の場合は3~4角で外から動いて上がっていっているのでギアチェンジよりもポテンシャル面の方だと思うが。


 10番枠から出負けして後方から、二の足も遅くかなり促しながら追走に苦労して後方からのスタートとなる。1~2角でもドスローの流れで押して押して大外追走、徐々にエンジンがかかって3角手前では中団の外まで取り付く。ここで前もペースを引き上げて行くので3角で一気に手が動いて中団外々だがなかなか動けない。4角でそこから勢いに乗ってしまいスパイラルできつい4角地点で外に振られながらも押し上げて2列目で直線。序盤での伸びは地味で3馬身ほど、そこからL1では届かないかというところからズドンときた。


 まあこれでもかっていうぐらいエンジンの掛かりが遅い。L2最速地点では詰められなかったがL1の11.5の地点で3馬身差を一気に詰めていることを考えれば、自身走破ではL1最速の可能性が高い。11秒前後の脚をL1で使っているのだが、L2の地点では鋭さは無かったのでレースラップに近いところだと思う。コーナーであれだけ促しながらエンジンの掛かりが悪かった。ただ、ハーツクライの仔は新馬戦から叩いてパフォーマンスを上げていく馬が多いし、完成度の低さは露呈させたが逆に素材の高さを見せてきたと。3着馬が未勝利を勝っているがレースレベルは平凡、この時の福島は高速状態だったのでそこは割り引くが、4F戦ではあったしL1まで加速して入ってきたというのは将来性の高さを証明したと。


百日草特別(5下) 2着 8頭1枠1番
東京芝2000m良 2:01.0(+0.1) 61.6-59.3 S^2
13.2 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 12.4 - 12.7 - 12.5 - 11.4 - 11.1 - 11.6

 前走の百日草特別は結構意外な感じでパフォーマンスを上げてきた。見てのとおりで中盤の中弛みがあってそこからのギアチェンジ伴うトップスピード戦。質的にも要求されたし、何よりも緩い地点からトップスピードに乗せるギアチェンジの上手さが問われた。


 1番枠からやや出負け、二の足でもっさりしているのは一緒だが、それでも思ったよりは突いていけて中団の内内。道中もある程度促しているが結構楽についていって3角。3~4角で中弛みの展開、3列目から直線で内に切り込む。序盤で追いだされて思ったよりも早い段階で反応して2列目、ただ少し右に寄れながらになっていてラストまでしぶとく伸びてくるがゴーフォザサミットに差し込まれて2着までだった。


 パトロールを見ると直線に入って手前を換えてから府中の長い直線で終始ずっと右手前のまま走り切っている。それでも最後まで伸びてきているし、これで反応の良さが出てきているので左回りでギアチェンジを行かせたというのは同じハーツ産駒のスワーヴリチャードと近いメカニズムなのかなと。要所でここまで反応できたのは意外。またレースレベル的にも結構高くて、葉牡丹賞でスローの上がり勝負で3着と善戦した5着スターフィールドに対して0.7も離している。この時は結構高速馬場だったが、それでも極端ではないし3F勝負とはいえこれだけのラップ推移で終始いい脚を見せていたのは評価したい。


2017ホープフルステークスに向けての展望

 府中と福島では別の生き物かなというような感じ。府中では直線に入ってさあ加速だ、というところで内に潜り込んですぐに加速できた。一方で福島では3コーナー辺りから終始おっつけ押っつけ。ハーツ産駒の場合新馬戦では不器用さを露呈する馬も多く、そこから3歳春~秋にかけて完成する馬が多いのでそのせいもある。一方でリスグラシューやスワーヴリチャードみたいに右左で器用さが顕著に違う、という馬も結構多いので何とも言い難い。この辺を踏まえると右回りでコーナーの動きを問われることが多い、というのは不安材料。基礎スピード面の不安はあるが、後半に余力を持って入れればポテンシャルもトップスピード戦でのパフォーマンスも見せているのは強み。ただし、この時点では完成度はまだ低いし、府中と違って中山の2000。後方からの差し込みは警戒したいが、連下~3着ヒモあたりで考えている。素材の高さは魅力で粗削りだがこの時点でどこまで完成してくるか。前走も追い切りで激変していたが、更にもう一段上の仕上げができるようなら追い切り次第で重い印も。

■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【ホープフルS・最終結論】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03
pngうまスクエア:ホープフルS100_60
 
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:シャルルマーニュ、平均ペースからしぶとく粘り込む中山2000向きの穴馬候補でここなら通用しそう
【ホープフルステークス2017】予想参考 キングマンボ系が好調
中山11R ホープフルステークス 予想:本命08シャルルマーニュ
【ホープフルステークス2017】予想!ロベルト血統が中山で活きる
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:タイムフライヤー、適性の幅が広く前走でゲートも克服…中心の一角を担える実力馬
【ホープフルステークス2017】追い切り情報 好追い切り馬は
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:フラットレー、期待を背負うも前走が物足りず…やや人気先行の感あり
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:トライン、1戦1勝で未知数の塊も…新馬戦はまさに圧巻の一言
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジュンヴァルロ、平均ペースでもしぶとく…ゲートが少し甘く、行き切れるか枠の並びは重要
ホープフルステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりで終いだけも一気の加速と気配良し!
ホープフルステークス 2017 レース回顧・結果:タイムフライヤー、大外から力強く突き抜けてGI昇格後初代王者に!
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ステイフーリッシュ、新馬戦は直線鋭く抜け出す競馬も極端に遅いペースで…
【ホープフルステークス2017】枠順確定 ルーカスも出走
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:サンリヴァル、先行してスッと脚を使ってセンスは垣間見える…多頭数でペースと前半良い位置を取れるのかがポイント
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、血統的に距離は微妙もデイリー杯で見せたギアチェンジは非凡
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP