投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジュンヴァルロ、平均ペースでもしぶとく…ゲートが少し甘く、行き切れるか枠の並びは重要

日程:2017年12月28(木)
第34回 ホープフルステークス(GI) 中山芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
ホープフルステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 1周コースの京都内回り2000m戦で新馬戦、黄菊賞と連勝を飾ったジュンヴァルロがホープフルステークスに出走予定だ。ここ2走はともに逃げてレースを作っての勝利は高く評価できる。今回は初の中山競馬場、直線の上り坂、関東への遠征も含めて課題は多いが2000mへの適性は間違いない。レースを支配して暮れの大一番を制したい。


 レースを作れるだけではなく、ペースをしっかりとある程度に引き上げられる、息を入れて再加速に繋げられるといったところまでしっかりとやれているのは大きい。中山で流石に最終日となると週の初めの雨の影響もあって微妙に馬場が気になるが、現時点では楽しみの方が大きいかも。ただ、一歩目はあまり速くなく押して行き切るタイプなので内枠すぎると不安はある。


新馬戦 1着 11頭8枠10番
京都芝内2000m良 2:01.3 60.5-60.8 M
12.5 - 10.9 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.6 - 12.7 - 12.2 - 11.6 - 11.7

 この馬も新馬戦から順に見ていこう。雨が残っていたはずだが開幕週でもあり時計自体は通して出ていた。ペースは平均、ラップ推移的見ると中盤での緩みがあっての2F戦という形なので、流れているので仕掛けが遅い、というパターンになるかな。


 10番枠からやや出負け、そこから押してリカバーしてそのままの勢いでハナを取り切る。そこから1~2角でペースをコントロールしてというところで少し掛かり気味で入って単騎の競馬となる。向こう正面でもコントロールの意識で2番手に取り付かれて3角の上りでもまだ緩やかなペース。3~4角でも仕掛けを待ちながら、4角出口で仕掛けて出し抜き気味に直線。序盤で一気にぶっちぎって4馬身ぐらいの差。L1でそこから食い込んできたドミナートゥスに詰められるが問題ない範囲で完勝だった。


 この馬が終始レースラップを刻んでいるわけなので、単純に言えばL2-1で0.1の減速でとどめている、ほとんど落としていないということになる。前半は出負け気味から出して行ったので最序盤から中盤でコントロールしたいところで少し掛かり気味になっていた。その代わり新馬の段階で平均ペースの流れでしっかりと最後まで脚を使うことができているように基礎スピード面をこの時点で結構高いレベルで見せてきている、また要所のギアチェンジを見せてきた。基本的に逃げてスッと加速ラップで引き離せる馬というのは自分だけでレースができるという点で逃げ適性が高い、とは思っている。もちろんレベル的に比べるわけじゃなく、キタサンブラックもレースをコントロールして自分で動きたいときに前に目標がいなくても自分で動いてスッと抜け出せる。そういった適性は見せていると思う。瞬間的な速度は微妙だが後半のポテンシャル面でまだ底を見せていないというのは良い材料だ。折り合い面はともかくとして距離延長でも面白いタイプだと思っている。


黄菊賞(5下) 1着 13頭7枠11番
京都芝内2000m良 2:01.8 61.0-60.8 M
12.6 - 11.5 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 13.2 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.0

 黄菊賞では結構強敵が相手だったが自分のスタイルを貫いた。パンパンの良馬場ではあったが台風開催の後だったし、当日の他のレースの時計からみても標準ぐらいで高速状態ではなかった。なので時計的には落としているけど内容的には上げてきている。それと、このレースでは新馬戦の2F戦と違ってL3の4角地点が最速となるポテンシャル戦という側面もある。L4の地点でも12.2で、上がり4Fで見れば47.5なのでそこそこ速い。前半の基礎スピード面、後半のポテンシャルという面で結構高いレベルのものが問われた、時計的に遅かったのはL5の13.2が大きいかなという感じ。


 11番枠から五分のスタート、先行争い激化の中で3頭雁行状態でも1~2で一気に行き切る。前半はそこそこ速い流れで入ってそこから単独になった譲許でコントロール。向こう正面では少し掛かり気味で実際かなりペースダウン、後続に取り付かれて3角。3角の下りから今度はじわっと引き上げて4角でじわっと促しながら引き上げて最速地点、後続に脚を使わせて出口で激しく追って直線。ここからは減速区間だがそれでも他も脚を使って甘くなり先頭をキープ。L1で外差しドンアルゴスの脚が目立ったが、それでも2着争いからは体一つほど残しての完勝だった。


 前半で主張しきって向こう正面でコントロールしながら3~4角で早めに仕掛けて外を回した馬に対してここで脚を分散させる、それで最後まで踏ん張るという違うパターンの競馬を見せてきたと。高いポテンシャルを示せたし、何より出して行って前半そこそこ速いペースを作っても最後まで踏ん張れたという点だろう。この辺りは新馬戦同様良い材料。ポテンシャル面でも良いものを見せたので、個人的にはより2400辺りで良さが出るかな?という気持ちにさせた。


2017ホープフルSに向けての展望

 現時点で現実的に評価ができるのは基礎スピード面の高さとポテンシャル、ギアチェンジ。逆に見せていないのはトップスピードの質でこれはどこまであるか分からない。不安材料はゲート。二の足自体は結構速い方だと思っているが、一歩目は少なくとも優位に立てるレベルには無い。なので下手に内枠に入ってしまって包まれるよりは中目~外目で外から思い切っていく形で主導権を取る方が良いかもしれない。タフな馬場に関しては前走で標準に近い馬場でやれているし、ニューアプローチ×ロックなのでノーザン同士の配合、かつ父ガリレオ系なわけでそこはそんなに心配していない。基礎スピードがある程度高いレベルにあるが、ここ2走はどちらも道中で息を入れているというのは確か。下り坂からペースが上がりやすい向こう正面で上手くコントロールできるのか?というのも一つポイントになる。ただこの時期の中山で内回りの2000m、総合的に見てゲート以外に今のところ大きな不安はないし、2着に破ったケイティクレバーも京都2歳Sでそこそこはやれている。2018クラシック戦線で最上位にはいないと思うが、正直今年の微妙なメンバー構成なら結構チャンスはあるんじゃないかなと。馬券的には基本は連下で拾いたい一頭で、枠の並び的に噛み合いそうなら重い印を打っても良いかも、という感じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
ホープフルS(GI)・鉄板3点勝負

 プロが「絞って30倍も狙える」
   と分析した穴馬が出走!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中
11/26 ジャパンC 1万3340円的中
11/25 京都7R 1万4530円的中

ホープフルSの3点を見る方法
pngホースメン会議:ホープフルS300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【ホープフルステークス2017】枠順確定 ルーカスも出走
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:フラットレー、期待を背負うも前走が物足りず…やや人気先行の感あり
ホープフルステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりで終いだけも一気の加速と気配良し!
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ステイフーリッシュ、新馬戦は直線鋭く抜け出す競馬も極端に遅いペースで…
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:サンリヴァル、先行してスッと脚を使ってセンスは垣間見える…多頭数でペースと前半良い位置を取れるのかがポイント
【ホープフルステークス2017】予想!ロベルト血統が中山で活きる
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:トライン、1戦1勝で未知数の塊も…新馬戦はまさに圧巻の一言
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、血統的に距離は微妙もデイリー杯で見せたギアチェンジは非凡
【ホープフルステークス2017】予想参考 キングマンボ系が好調
ホープフルステークス 2017 レース回顧・結果:タイムフライヤー、大外から力強く突き抜けてGI昇格後初代王者に!
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:シャルルマーニュ、平均ペースからしぶとく粘り込む中山2000向きの穴馬候補でここなら通用しそう
中山11R ホープフルステークス 予想:本命08シャルルマーニュ
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:タイムフライヤー、適性の幅が広く前走でゲートも克服…中心の一角を担える実力馬
【ホープフルステークス2017】追い切り情報 好追い切り馬は
【ホープフルステークス2017】出走予定馬 ロベルト系に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP