投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 レース回顧・結果:ありがとう、キタサンブラック…大団円はキタサン祭りで幕を閉じた!

毎週日曜の22:00からツイキャスで有馬記念などの重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 有馬記念(GI) 中山芝内2500m良
レース回顧・結果



2:33.6 61.6-59.5 S^2
6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3

 まあ、サトノクラウンがムーアになった段階である程度この展開も想定の端の方には考えていた。ペースが落ち着いて向こう正面で誰も動かない、キタサンもそれを考慮しつつ仕掛けを我慢、4角出口のギアチェンジ戦。想定はしていたんだけど、予想的には今年はサクラアンプルールの超絶不利やクイーンズリングを拾えていない点も含めて、もやもやはしているかな。2.1でかなりのスロー、前半はそこそこ、スタンド前から1~2角で減速して息を入れ、そこから向こう正面でじわっと加速するが12秒前半で馬場を考えればこれでも遅く、L3の4角で11.7、出口から直線前半でキタサンがもう一段のギアを入れて11.2、L1は甘くなったが後ろも脚を使ったというパターン。豊としては多分これがAプランだったのかなと思うし、結果的に見ても完璧に支配しきった。有馬記念回顧動画も直ぐに上げる予定です。


1着キタサンブラック


 2番枠からまずまずのスタートを切って迷いなく鼻を取り切る選択、3角でカレンミロティックも競ってはきたのでこの時点ではそこまで緩めずにスタンド前。スタンド前の地点ではまだ12秒前半でペースをある程度では作って入っていくが、1角の上り坂ぐらいで自然とペースを落とす形で中弛み、それでもここで取り付いてくる外からの差し馬もいなかったので息を入れられた。そのまま向こう正面で軽く促しながらペースを少し引き上げるがあくまで少し。それでもここで捲ってくるような馬もおらず、割と緩い流れで3角に入っていく。3~4角でももちろん先頭、4角でじわっと促しながら、外からシャケトラが来たところで仕掛けて出口で一気にグンと。直線L2地点だけで2馬身、L1出は外の差し込みもあったがほとんど影響なくの完勝だった。


 ため息が出るぐらい武豊だった。誰も動かなかったけど、誰も動けなかったという方が正しい。スタンド前までは遅くはない。61.6からペースダウンした13.3を引けば800通過は48.3だからハロン12ぐらいではあると。息を入れるとすればなかなか押し上げる選択を取りにくい登り坂コーナー地点での1角。そこでペースダウンして向こう正面入りでは下りでじわっとペースを上げる。ここで上げ過ぎず、かつ遅くて捲られない程度にしっかりと動かせていたのが勝敗を分けた一番のポイントだった。動くとしたらミルコぐらいかなと思ってみていたけど、やっぱりスワーヴリチャードもそこまで外から動いていくだけのポテンシャルを見せていないからミルコとしても豊が分かったうえでペースを作っている中で動くだけの自信が無かったんだと思う。仮にサトノクラウンに乗っていたら後方から外に進路を取って向こう正面で動いていたと思っているけど、スワーヴだと確かに難しい。そしてやはりキタサンブラック。ペースをコントロールして本仕掛けを遅らせると一瞬のギアチェンジが火を噴く。直線前半で鮮やかに出し抜いてきたのは流石で、シャケトラも4角の段階では結構いい感じだったが流石にここまで速いラップをこの馬場で踏まれるとついていけなかった。これがキタサンブラックと武豊、といわんばかりだったね。強かったというしかないし、このキタサンの支配を崩せる馬がサトノクラウンの超早仕掛けしかなかった。そのサトノがムーアの時点で自信はあったけど流石武豊ですわ。


2着クイーンズリング


 3番枠からやや出負け気味、そこからリカバーして好位にはつけていく。道中少し掛かり気味ではあったがスタンド前では落ち着いてシャケトラの後ろぐらいで進めていく。向こう正面でも少しペースは上がったがそれでもまだまだ緩い流れ、前にスペースを置きながら仕掛けを待つ。3~4角でも好位列で進めてヤマカツの外からシャケトラの後ろを狙って早めに仕掛けて3列目で直線。序盤で外に持って行くときに結構な不利を与えるがそれでも抜け出してくる。L1では首の上げ下げでシュヴァルグランを制して2着確保。


 後味は非常に悪い(サクラアンプルール来てたからなあ…)が、ルメールだけでなくミルコも同時に来てたので、有馬でこういうのはやめてほしい。ただ、これ降着事象にはならんのか。シュヴァルグランはこれ不利なければ間違いなく抜いてただろ…土曜の新馬もそうだけど、降着制度自体がなんかGIでは空気になっている気がするわ。まあそれはともかく馬券的にはやっぱり今年の出来では狙えんかったよ…ただもちろんだが展開見てみりゃ良い状態ならそりゃ怖いわってぐらいの競馬。エリ女を勝った時もL2最速でスッと加速できていたようにギアチェンジの性能が高い。こういう競馬ならもちろんミッキークイーンよりクイーンズリングだし、好位で良い位置を取れたのと3列目争いのところでサクラやトーセンを潰せたのもある程度影響したかとは思う。ギアチェンジを問われる競馬にキタサンが持ち込んだ段階で、今年はレベル的には微妙(シュヴァルもヤマカツもミッキーもレインボーも瞬間的な反応は苦手、スワーヴは右回り)だったわけで、この馬が来たことは何ら不思議はない。ただやっぱりエリ女の内容が良くなかったからなあ…。この辺の判断がホント難しいわ。


3着シュヴァルグラン

 10番枠から五分のスタート、そこから促していくがやはりJCほど良い位置は取れず、中団の外目でサトノクラウンの蓋をしながらスタンド前。終始サトノを外に出させないように蓋をする形で向こう正面。向こう正面でも中団の外目で進めながらトーセンビクトリーの直後を狙って動かず3角。3~4角ではt-戦が外から上がっていく後ろを狙って外から押し上げながらスワーヴリチャードと並んで直線。序盤で内外から挟まれて苦しい競馬、それでもそこから立て直してラストは2着争いで決定的な首の上げ下げまで持ち込んだが3着だった。


 これ2着繰り上げで良いだろう…と思うんだけどね。馬券は繰り上がろうが全然関係ないけど、これ明らかに不利が無ければ2着あったでしょ…。この辺りはもうちょっとちゃんとしてほしい。キタサンの大団円はいいんだけど、これに関しては降着制度をしっかりと働かせないと、本当に有名無実そのものといわざるを得ん。土日でルメールが絡んでいるのも…降着もだが厳しい制裁がいるんじゃないか。シュヴァルグランの評価としてはやっぱりこういう加速戦でとなると要所では甘い。加速性能が高くないのでキタサンが余力を持って直線入りでスッと離されてしまうとここで苦しくなるのはどうしたって出てくる。JCはロスなく立ち回れたうえでキタサンの直後を取ってL3最速だったわけだからね。あれが噛み合いすぎたのは間違いないし、今回の枠の並びでキタサンにこういう競馬をされてしまうとね。ただ昨年と違っていつもよりは軽めの馬場、L2で速いラップを踏んでのTS持続面が問われたので、その辺りはこの馬の適性としては噛み合っていたかな。この馬は高いレベルまで行くとポテンシャル戦よりもTS持続の方が良いんだと思う。


4着スワーヴリチャード


 14番枠から出負けして後方とこの大一番で苦しいスタートとなる。3~4角を後方外目で壁を作れず折り合いを意識しながらスタンド前。この時点ではまだキタサンも緩めていないので恐らく緩めば上がろうと思っていたかもだが折り合いで苦労していてシュヴァルグランの後ろで我慢する選択になる。1~2角で緩んでまたハミを噛む感じになっていたがスタンド前で掛かり気味だったのも動く勇気をミルコに与えなかったか。そのまま向こう正面で後方外で進め、緩い流れで3角。3~4角で外々から動いていって中団で直線。序盤でそこからジリジリとは伸びるが内にもたれてしまって不利を与える。そこから最後まで踏ん張ってはいたが手前を換えずに走り切っての4着だった。


 右回りで問題なのはやっぱりコーナー地点で右回りで脚を使って動かないといけないと。その余力が無い状況で直線を迎えるので府中では手前を切り替えた時に爆発するのが中山ではそうはいかない。今回の展開的に見ても3~4角でどうしても外から動いていく形になってしまう。ここで使ってしまって直線入りではフルスロットルに持って行くだけの力を引き出せなかったと思う。最序盤のスタートがまずかったこと、そこから折り合い面でも少し苦労していたところがあったのでその辺りも3角までのポジション取りが難しかった、ミルコの良さを引き出すのも難しかった状況かなと。まあ託したので悔いはないし、まだまだ右回りで自分の持ち味を削いでしまうし、ギアチェンジを引き出すまでのポジションを取れなかったのも痛かったかな。ただ不利があったとはいえシュヴァルグラン相手に頑張っての食らいつき、来年は楽しみ。左回りでの強さは確かだと思う、後はきっちりと左手前を使いこなせれば…。


5着ルージュバック


 11番枠から目立って出遅れて最後方からの競馬となる。そのまま内内を進めながら後方でスタンド前。馬群の内内で折り合いを重視しながら進めて最後方のまま。向こう正面でもまだ最後方最内で我慢、ペースが上がらない状況で3角でも内内、4角で真ん中のスペースを使って直線。序盤での伸びは地味だがL1で捌いてジリジリと伸びてくると最後は悪くない脚を使っての5着だった。


 L2最速で後方馬群の内目から捌きながらとなるとどうしても勢いをつけきりにくい。オールカマーと違って本仕掛けが直線入りだから、加速性能の甘さはどうしても出てしまったかな。ただシュヴァルグランが不利を受けたのもあるし、これといってトップスピード戦で高いパフォーマンスを見せていた馬もいなかったからL1でのTS持続で差し込めたかなという感覚。まああそこまで出遅れてしまうとタイトに、というのは分かるしオールカマーでも内でやれたからそういう意識もあったと。ただオールカマーでは結局ミラノさんが早めにエンジンをかけさせる競馬を展開してくれたから良かったのであって、やっぱりギアチェンジが問われてしまうと伸び始めが遅かったかな。


11着ミッキークイーン


 13番枠から五分には出たかな、という程度。そこからシュヴァルグランとサトノクラウンを両にらみで進めていく。スタンド前でももちろん動かずにジッとしながら。向こう正面でも特に動かずでシュヴァルグランを目標にしながら3角に入っていく。3~4角でもシュヴァルグランの後ろを進めながらだが4角で反応が悪く鞭が入って置かれて直線。そのまま最後方まで一旦下がってしまってL1でジリジリとばてた馬を交わしての惨敗だった。


 仕上げすぎて-10kgってのが影響している可能性はある。ただそれは除くとして、この展開ならそりゃ負けるやろっていう負け方。もちろんそれも覚悟のうえでシュヴァルグランが動いていく後ろを突くしかない、と思っていたなら仕方がない。だけど誰も動かない中で自分も動かずジッとしていたら4角出口で置かれて終戦ってのは火を見るよりも明らかだった。クイーンズリングが来てミッキークイーンが惨敗の理由は単純にここに尽きる。外枠を引いた、ポテンシャルではサトノクラウンに見劣る段階でなかなか外から動いていく選択は難しかったとは思うが、もうちょっと何かしらのアイデアが欲しかったかな。


13着サトノクラウンはこちら


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 敗因分析・結果:サトノクラウン…ムーアは馬群の中で何がしたかったのか…
有馬記念 2017 出走予定馬:クイーンズリング、エリ女を制した瞬間的な反応も今年は影を潜め…適性的にも微妙か
有馬記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、悲願の有馬記念制覇でラストランを飾れるか?総合力は現役最強、器用さで勝負したい
有馬記念 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、2歳時に見せた末脚は世代トップクラス…前走右回りで直線手前を換えていないのが引っ掛かる
有馬記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、善戦マンも陰りを見せ?超スローで警戒もここ2走は大いに不満
有馬記念 2017 追い切り・調教評価:終い重点も機敏なフットワークでスッと加速し突き抜けた!
有馬記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、覚醒の時か?有馬は昨年完敗も成長を見せる舞台となるか
有馬記念 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、一瞬の脚に有馬に強い血統は魅力も…エリ女が物足りない
【有馬記念2017】出走予定馬 サンデーとスピード血統がポイント
【有馬記念2017】追い切り情報 近2年上位独占の追い切りに該当する馬
有馬記念 2017 枠順確定&展開予想動画:キタサンブラック、武豊まさに神の手で引き当てた1枠2番!
有馬記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、日経賞で強い競馬をした舞台…JC含め秋不満もしぶとさを活かす競馬ができるか
有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ムーアとのコンビで逆襲なるか?今年の馬場は微妙に軽く…向こう正面で勝負しきれるか?
有馬記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ3走が物足りないが…最内枠でポジションを取ってスローロンスパなら怖い
有馬記念 2017 予想用ラップデータ:スローからのロンスパが基本…2段階加速で直線入りにもう一段加速というケースが多い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP