投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 予想:本命02キタサンブラック

●2017有馬記念の最終予想!

中山11R 有馬記念(GI) 芝内2500m 良、標準馬場想定
展開予想
 木曜枠順確定後すぐにアップロードした有馬記念の展開予想動画です。一応この時点では割とざっくりとした展開予想で、そこから最終的には少し修正しました。よろしくお願いします。


 一応この段階ではトーセンビクトリーが逃げるんじゃないかな(田辺の抽選会のコメント…前に壁を作れそう?それはわかんないっす、から)と思っていたんだがまああまり決めつけない方が良い。コメントは終始一貫して馬の後ろに入れてといっているがこれも助手の話なので。個人的には色々含めて今でも逃げる選択を取る可能性の方が高そうな感じはしている。仮にそうでなければキタサンの直後を狙うだろう。キタサンはそのトーセンや外のカレンミロティックの出方を予想しながら出して行く形で最終的に逃げの手も考慮に入れつつだと思う。Aプランは前半で遅すぎないように引っ張って外のどちらかを行かせて控えて単独の2~3番手、Bプランが逃げだろう。Bプランのベストはキタサンの直後にトーセン、番手外にカレンがついてくれれば壁としてかなり優位に進められると思う。ただ、最序盤でゆったり入り過ぎると最初に変な馬が多数逃げて包まれるリスク、またスタンド前で昨年のサトノダイヤモンドみたいに上がってくるケースもある。ハイペースにはしたくないが、61秒前後までなら全く問題ないので前半は自身でもそれなりに出して行く。そのキタサンのハナを叩くとすればカレンミロティックだが、カレンはこの馬だけのことを考えれば逃げるとパフォーマンスを落とす馬なので理想は逃げ馬を行かせての番手。シャケトラ、サトノクロニクルといったキタサンをマークしたい好位列の馬と、内枠のクイーンズリング・ヤマカツエースがどこまでキタサンの後ろに近い位置を取れるか。この辺りがポイント。ペースは恐らく61-59ぐらいの感じになるんじゃないかなと。土曜を見る限り昨年の有馬の前日よりも2段階ぐらい軽い感じなので、向こう正面で余程誰かがガツンと仕掛けていかない限りL2最速率は高いとみる。向こう正面でペースアップが無いとは思わないが、上がり切らずの2段階加速のイメージで。一応後半を具体的に言えば13.0-12.0-12.0-11.7-11.3-12.0ぐらいになるかなと想定しておく。


予想
◎02キタサンブラック

〇14スワーヴリチャード
[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、10位前後にあります)
△01ヤマカツエース
△07シャケトラ
×10シュヴァルグラン12サトノクラウン
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

<PR>

 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。先週の朝日杯も◎〇▲で3連単1点26万3000円的中とノリに乗っています!
 大西騎手は実際に何度もG1レースに騎乗しており、G1特有の騎手心理など騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、「有馬記念は見えています!天皇賞秋(3連単55,320円的中)より以上の衝撃情報が入っています!」とのこと↓↓

数か月前から有馬だけを狙っていた
隠し玉とは??↓↓ 

日本ダービー騎手大西直宏渾身
第62回有馬記念(G1)
絞りに絞った3連単1点
↑無料で今すぐ教えます↑


師走競馬も絶好調!
万券大量生産中
◇阪神6日朝日杯FS(G1)
◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲タワーオブロンドン
3連単1点! 26万3000円的中!

◇中京4日長良川特別
穴バリオラージュ(10番人気)
帯封! 17万1050円的中!

◇阪神1日チャレンジカップ(G3)
穴デニムアンドルビー(5番人気)
【1万2120円的中】

◇中京1日6R 500万下
穴ケルンウィナー(5番人気)
【2万0940円的中】

◇中京1日8R 500万下
穴ダンツエンペラー(6番人気)
【1万1880円的中】

シュヴァルグランG1連覇は可能?

スワーヴは右回りでも大丈夫?

キタサンブラックは勝って花道を飾る?

答えはすでに見えている‼
↓↓↓↓↓↓

pngワールド:有馬記念300-250

<PR>


◎キタサンブラック


 最後にこの馬に本命を打って終わりたい。まあもちろん競馬ファンとして色々思うところはあるけど、そこは切り離して素直に本命に出来た。枠が良すぎるので最序盤で誰かが仕掛けてくる可能性がある、それをやり過ごすためには最序盤は遅すぎない程度にはペースを作ってほしい。もちろん出遅れないでほしい、まあ多少出負けしても先行馬が内に多いので好位~中団まではリカバーできると思う。それならギアチェンジも優秀なので何とか対応してくれるだろうと。前走のJCの場合は落鉄はともかく60.4-59.2と昨年完勝した時よりも速いペースで、ややスローといっても12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0とL3最速でTS持続戦となった。ペースもある程度速い、TS持続に近い競馬で本仕掛けが早いとなると難しかった。この馬はどちらかというと2400前後では時計が少し掛かる馬場の方が高いパフォーマンスを見せていて、昨年の有馬記念でもタフな馬場で61.0-59.4と1.6でかなりのスローだが12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1と速いラップを踏まない5Fのポテンシャル戦、かつL3-2で再加速の流れになった。本仕掛けが遅い方が良いタイプで4角まではハイトップギアに入れずにペースをじわっと引き上げる。そこから直線入り辺りでもう一段の競馬ができるのが理想。今年の有馬の馬場だと年末にしては結構軽い方(高速馬場とかそういうわけではなく例年に比べればという話)で、L2でのもう一段の加速という競馬になりやすいと思う。ミルコみたいに向こう正面からガンガン勝負してくる馬がいると厄介だが、スワーヴはそういうタイプではないからミルコも途中で押し上げることはあってもペースを引き上げたいとは思ってないと思う。レースを支配しやすい状況になると思うし逃げても2列目でも良い、出負けしても最悪好位3列目まで取れれば。反動も少し気にしたが順調に追い切りを消化されている。ジャパンカップから強敵といえるのはシュヴァルグランぐらい、枠の並びと馬場適性はこちらに分がある。ポテンシャル特化になると厄介だが中山2500だとせいぜい5F戦、3~4角でのロスも少なく運べるので前半さえ支配できれば安定する、仕掛けのタイミングも上手く段階的に持って行ければ一番勝ちに近い馬だろう。信頼度も含めて本命に推したい。


〇スワーヴリチャード


 すごく悩んだ。対抗に据えたい馬が何頭かいたのは確かで、その中でこの馬を選んだ。不安は非常に明確にあって、右回りでは動き出しも甘い。もともとこの馬の2~3歳時を見ても阪神内回りでは反応に苦労していて手前を換えず、新馬でもL1で猛然と伸びてきたがエンジンの掛かりが悪かった。それが府中に変わったことで一気にトップスピードに点火できるギアチェンジを見せてきた。それ以降は皐月賞だけしか右回りを走っていないが皐月賞はそもそも超高速馬場で59.0-58.8と平均で流れていたのもある。左回りでは瞬時の加速は当然左手前で入ってきて右手前にスムーズに換えられることで引き出せていると思うので、有馬の2段階加速で動けるかどうかはちょっとまだ自信はない。ただし、魅力が2つあって一つはアル共でもある程度の流れからの2段階加速で12.1 - 11.8 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 12.1とL2最速で進路確保からグンと来ていた。ステイヤー的競馬で適性が高かったこと、血統的に見てもハーツの仔だし距離延長でゆったりが合うはず。そしてやっぱりミルコ・デムーロだから。この枠を引き当てて普通に考えれば買いたくないんだが、ミルコもそんなことは分かっているし、2500mで1周半する有馬記念の場合は展開的に全く淀みないということは考えにくいし、緩い地点を察知して脚をあまり使わずに早めに押し上げるのはミルコの専売特許。最近思うのは馬で買うんじゃなくやっぱり騎手で買わないといけない。不安があってもそれを意識して乗ってくれるミルコ、そして3歳馬の成長に賭けたい。左回りの反応の良さを右回りでも引き出せればかなり面白い存在だが、後はミルコに託す。ミルコでダメならしょうがない。


[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、10位前後にあります)

 穴はこの馬に絞った。その代わり現時点で単勝二桁人気の破壊力はある。まず一つ前提としてあるのはこの馬はやっぱりコーナーでの動きが良い馬で、2段階加速気味の競馬で要所の一足が武器だという認識。なので今回は強く狙いたいという前提があった。例えば2走前の場合は2000mで60.7-59.7と1秒程度のスローだが、13.0 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.0と後半は12秒前後をれんぞくするポテンシャル戦、その流れの中で中団内から我慢、3角手前に外目に誘導、3角ではまだ中団の位置なのだが、4角L2地点から直線前半で一気に外から捲って先頭に立っている。レースラップ的にも一応L2最速なわけで、ここで一気に動けているということはロンスパからのもう一段の脚が鋭いと考えるのが良いだろう。5走前も1800m戦で50.3-46.2と超々スロー、12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7と向こう正面で一気のペースアップ、3~4角で一旦緩んでからのL2再加速という流れで後方内目で我慢からコーナーワークで中団からスッと伸びてきてL2の地点では自身より前にいた勝ち馬を詰めてあまり差はなかったがL1で逆に離され気味。この辺からも要所の瞬間の脚が良いのとポテンシャルで分散されてもそれを引き出せるという感じ。敢えて言うならゴールドアクターに近いかなと。なので前半ゆったりからの後半の5F戦、かつL2最速というのは噛み合う可能性が高いと思う。前走の場合は番手で進めていたが掛かり気味というのもあったし3~4角で大外まで持って行きすぎたのもある。負け方としては悪くない、有馬記念に向けてのローテとしてみてもしっかりと準備できてそうなのは好感だ。ここまで人気が無いなら一発を狙いたい。


△ヤマカツエース


 ここから先はかなり悩んだというか、噛み合うかどうか、状態面がどうか、いろいろ際どいライン。その中でヤマカツエースを取ったのはやはり枠順が良い。個人的にはこの枠の並びでキタサンは最序盤内に切り込むまでに包まれないことを最優先すると思うので大阪杯のように外目に持って行ってから内に切り込むと思う(今年の天皇賞春やジャパンカップのパトロールなんかを見てもらえたらわかりやすいが、内のスペースを空けておいてコーナーで切り込む形)。なのでキタサンの直後までは難しいと思っているが、好位3列目~中団内あたりは無理なく狙えるはず。クイーンズリングより前を獲れるかがポイント。昨年の有馬記念との比較で見ると昨年も内枠だったが3~4角で外目に出して直線で内に切り込んでというパターンだった。その流れでミッキークイーン、シュヴァルグラン相手にしっかりと先着できているのは好感。それ以上を狙うチャンスがある。一方で今年秋の内容が物足りないのは確か。秋天は不良馬場で前後半で平均というのはこの馬としてはしんどかったし、近走は金鯱賞の2段階加速での完勝も含めてスローからのステイヤー的な競馬の方が合っている。JCも結局高速に近い中で60.2-59.1と結構流れたのもあるかもしれない。追い切りはいつも動くけど今回も良かった、力は足りるレベルなので内枠で噛み合い切れば勝負まで際どいところまでは来れると思う。


△シャケトラ


 福永さん頼みます。ってまあ本気で頑張ってほしいんだけど、シャケトラって左回りでは確かにイマイチかなというのはある。直線に入ってから左にもたれる感じがあって良さが出ない。これだけならそうでもないんだが、右回りだと余力さえあれば4角出口で必ず動けている。宝塚記念を最大限に評価しているんだけど、この時が60.6-59.1と1.5でかなりのスローに肉薄レベル。そこからの13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2とロンスパではあったが4角でキタサンの内からしっかりと動いて戦闘に立っていたし、日経新春杯でも4角出口で動く意識があったとはいえ確かに直線前半では一瞬ミッキーロケットを楽に交わしそうな反応は見せた。これまでの傾向からも日経賞も含めて基本は前後半で明確にスローの方が良いわけで、今の有馬記念の傾向なら前半そこまで上がらないだろうから2列目を取れれば面白い。またL2での加速でも恐らく右回りなら反応できるんじゃないかなと。ポテンシャルだけならサトノクラウンの方が上だと思っているけど、2段階加速でとなると前半のポジショニングや反応面も含めればこちらの方が面白い。後は福永がしっかりと前でキタサンブラックを意識して乗ってくれれば。下手に下げて中団で溜める可能性もゼロじゃないので信頼はしなかった。実は対抗で悩んだ馬だが連下までにしたのはミルコと福永の違いかな。


×シュヴァルグラン


 これも連下かどうかで悩んだけど、一番は今回はキタサンブラックから枠の並び的に遠いのと、その間に先行勢がずらりと並んでしまっている。その中で前走みたいに3列目の内ポケット、直線で進路をすぐにキタサンの後ろというのは難しい。それと恐らく3~4角で外を回す羽目になる。この馬は今となってはポテンシャルでは最上位相手に1枚見劣る馬で、JCで勝ち切れたのはそこそこ流れた中で前半を詰めることができたからだとみている。なので今回キタサンがスローに支配して後半のポテンシャル面のウエイト、更に言えばそこからもう一段スッと動けとなると?だろうと。JCなんかでもそうだがこの馬は基本的には本仕掛けが早い方が良いタイプ。JCの場合は60.2-59.1と結構流れたうえで12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0とL3最速である程度速いラップを直線前半から踏んでくれたのでL1で捕えられた。L3段階ではまだ詰めてなかったしL2で11.8と落ち込んでいるにもかかわらずここでもまだじわっと来ていただけ。エンジンの掛かりが遅いので減速ラップが早く来る方が良いし、有馬でありがちな2段階加速のL2最速のケースは噛み合いにくいと思う。前走は騎乗も馬場も展開も全てが噛み合ってのものだし、それ以上を中山2500で求めるのは難しいかも、昨年の有馬も悪くはないが中団外から勝ちに行けば甘くなるわけで、その辺りを考えても今回はこの辺りまでの評価にしておきたい。


×サトノクラウン


 端的にミルコじゃないからこの評価。サトノクラウンは問答無用で他より一番早く仕掛けてポテンシャルの違いで捻じ伏せることを求められる、敢えて言えばゴールドシップに近い(シップは全体のペースが速くても良い、という点で違いはあるが)。昨年の馬場なら動き出しを待ちたいムーアでも本命にしていいかなと思えるレベルなんだが、今年は土曜を見てもそれよりは2段軽い状況。となると全体がスロー、その流れで向う正面からの競馬となっても5F戦。ここで11秒前半~半ばまで踏んでしまえばあれだが、今回のメンバーを考えた時にそこまでやれるコンビがいるのかは微妙。本来はこの馬がそういう競馬を作っていきたいんだが、ムーアが主体的に中盤で動いていくというのはイメージしづらかった。そうなるともちろん向こう正面である程度ペースは上がってもコントロールされてしまう、4角出口でもう一段の加速になると多分ここで置かれるリスクが今の馬場では高くなる。それでも5Fのロンスパの流れの中で、そこまで極端にトップスピードを問われないとみて一応L1での差し込みは警戒、という感じ。



――――――――――――――――――――――――
【◆】キタサンは最後に勝って花道を飾れるのか?

【◆】シュヴァルグランの連勝はあるのか?

【◆】スワーヴリチャードは右回りでも買えるのか?

【◆】数ヶ月前から有馬だけを見ていた隠し玉とは?

――――――――――――――――――――――――

今年の有馬も完全見えている!

▼全ての結論はコチラで▼

――――――――――――――――――――――――
今年の【 有馬記念 】の結論は
絞りに絞った3連複・3連単1点で公開します!

今年の有馬も完全見えている!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

情報の衝撃度も!配当妙味も!

天皇賞・秋(5万5320円的中)と
同等か?或いはそれ以上!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『絞りに絞った1点』で有馬記念の結論を教えます!
pngワールド:有馬記念300-250

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 速報・結果:キタサンブラックと武豊、直線前半で勝負を決める出し抜き、大団円のラストラン!
有馬記念 2017 出走予定馬:クイーンズリング、エリ女を制した瞬間的な反応も今年は影を潜め…適性的にも微妙か
有馬記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、日経賞で強い競馬をした舞台…JC含め秋不満もしぶとさを活かす競馬ができるか
【有馬記念2017】予想!本命は好ローテのハーツクライ産駒
有馬記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、悲願の有馬記念制覇でラストランを飾れるか?総合力は現役最強、器用さで勝負したい
有馬記念 2017 枠順確定&展開予想動画:キタサンブラック、武豊まさに神の手で引き当てた1枠2番!
【有馬記念2017】枠順確定 引退レースのキタサンブラックは1枠2番
有馬記念 2017 1週前追い切り・調教評価:余裕をもって前肢を大きく動かし、ラストまで力強いフットワークで好時計・好ラップ!
有馬記念 2017 追い切り・調教評価:終い重点も機敏なフットワークでスッと加速し突き抜けた!
【有馬記念2017】プレ予想 サトノクラウン条件は良くなる
有馬記念 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、出し切れれば屈指のポテンシャルは宝塚で証明…向こう正面がカギ
有馬記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、善戦マンも陰りを見せ?超スローで警戒もここ2走は大いに不満
有馬記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、覚醒の時か?有馬は昨年完敗も成長を見せる舞台となるか
有馬記念 2017 敗因分析・結果:サトノクラウン…ムーアは馬群の中で何がしたかったのか…
有馬記念 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、一瞬の脚に有馬に強い血統は魅力も…エリ女が物足りない
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP