投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、覚醒の時か?有馬は昨年完敗も成長を見せる舞台となるか

日程:2017年12月24日(日)
第62回 有馬記念(GI) 芝内2500m
予想用・出走予定馬一覧
有馬記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 有馬記念の出走予定馬全頭展望シリーズ…大トリを飾るのはサブちゃんではなく、前走のジャパンカップで悲願のGI制覇、横浜ベイスターズ不動の守護神・大魔神佐々木がオーナーのシュヴァルグランだ。GIでは善戦どまりだったがボウマンとのコンビでようやく戴冠したのが大舞台のジャパンカップだった。サブちゃんVS大魔神最終章は暮れの中山クリスマス決戦、キタサン祭の猛攻をシャットアウトして今年を締めくくれ。


 ジャパンカップは見事なGI制覇だったと思うが、これ以上噛み合うことは流石にないだろうなあ、というぐらいに噛み合っていたとは思う。そのうえで直前は悪くなかったけど1週前追い切りの雰囲気がちょっと重かった。ジャパンカップが最大目標だったとすると有馬でどうか、更にジャパンカップほど噛み合うとはちょっと思えないかな。強いとは思うんだが、それでも今回は少し評価を下げたいところ。


ジャパンカップ(GI) 1着 17頭1枠1番
東京芝2400m良 2:23.7 60.2-59.1 S^1
13.0 - 11.2 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0

 まずは前走のジャパンカップからだろう。ペースは1.1でややスローだが昨年3着時の時よりは速く、L3最速でペースはそこそこ流れたが仕掛けは去年と変わらない、というような感じ。その中で去年よりも内枠で上手く良い位置を確保しキタサンをマークできたのは非常に大きかった。


 1番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理せず楽に好位の内内を確保する。向こう正面では前にギニョールがいてその間に上手くスペースを置いての3列目内。3~4角でも3列目の内内で我慢していたが、前にいたギニョールの外に持ち出して上手くキタサンの直後を取って直線。序盤ではまだキタサンブラックが手ごわく差ははつまらないがL2でジリジリと差を詰め1馬身ちょっとまで詰めてくる。L1で抜け出し外のレイデオロの追撃も楽に振り切っての完勝だった。


 キタサンとの比較で見た時に、昨年と違うのは何と言ってもポジション。昨年は外枠でもあって3秒近い超スローの流れで中団外々となった。ただ今年はペースはそこそこ流れたがそれでも内枠を利してしっかりとポジションを取って競馬ができた。流石に3列目で内内で立ち回って直線までにキタサンの後ろを取ってとなればTS持続は高いレベルにあるだけに捕えきれても驚けないなという感じ。キタサンブラックが上手くレースを支配する流れでこれまではなかなか脚を使わされて詰められないケースが多かったが、それを噛み合わせることができた。レイデオロは外を回しての伸びだし、キタサンはペースの割に仕掛けが少し早かった+落鉄の影響もあったかもというところ。その比較で見てボウマンは完璧に乗ったと思う。


京都大賞典(GII) 3着 15頭2枠3番
京都芝外2400m良 2:23.1(+0.1) 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 2走前の京都大賞典はそもそもがJCに向けての叩き台なので、そこを考慮に入れる必要はある。それに京都外回りでこれだけやれれば上等だとは思っている。ペースは1.3でスロー、ラップ推移的にも4F戦で3角下りから加速、トップスピードはあまり問われないポテンシャル寄りの4F戦。


 3番枠からまずまずのスタートを切っていたが挟まれて下げる形になって後方からの競馬となってしまう。向こう正面の段階である程度外からリカバーしていくがペースもそんなに遅くは無いのでなかなか取り付けず、3角手前でようやく中団の外。そこからスーッと坂の下りで動いていって好位の外まで押し上げて直線。序盤でそこからジリジリと伸びあぐねるが、それでも最後までしぶとく脚を使って3着。


 トーセンバジルが香港ヴァーズでも好走したし、スマートレイアーは内を完璧に立ち回った。ゲートは良かったのだが挟まれて下がってしまうという不運もあったし、向こう正面で押し上げたのは流石にああしないと届かない、というミルコの判断。中弛みも若干はあったけどそれでもあそこまでロスのある競馬はしんどかったと思う。この3着は決して悪くない。ただし、やはり春の阪神大賞典、天皇賞2着時、昨年の有馬なんかを見てもポテンシャル戦で外から正攻法では圧倒できるレベルではないと思う。最上位レベルからは若干見劣るかなと。


有馬記念(GI) 6着 16頭7枠14番
中山芝内2500m良 2:33.1(+0.5) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 昨年の有馬記念ではポテンシャル戦で外からの正攻法で意外と伸びなかった。ペースは1.6でかなりのスローに突入、ラップ推移的にも5F戦の流れで一応L3-2再加速もそこまで極端でもない。


 14番枠から五分のスタートを切ってそこから中団外目、徐々に下げながら後方外目で進めてスタンド前では特に動かず。向こう正面で外からじわっと動いて3角では中団に近い位置から好位の外まで近づく、4角ではサトノダイヤモンドの外から進めるがここで若干置かれて3列目で直線。序盤でジリジリと伸びあぐね、最後もなだれ込むだけの6着完敗だった。


 サトノダイヤモンドの外からの競馬になった段階で厳しかったと思うが、逆に言えばそういう形ではやっぱり最上位相手には苦戦している。最後までばてないだけのポテンシャルは持っているんだが、ここで言うならL3-2の加速の4角出口~直線入り地点でやはりサトノの外から置かれている形になるし、5Fのポテンシャル戦の中で外からという形では苦しい。阪神大賞典では先に仕掛けてサトノに外を回させる形に持ち込んだけどL1で甘かった。ポテンシャルに関してはやっぱりちょっと足りないと思う。なのである意味ジャパンカップで好走したのも前半部分を大きく詰められたことが大きいだろうと。


2017有馬記念に向けての展望

 少なくとも今年の春の段階までではサトノダイヤモンド・キタサンブラックに対して一段下の馬ではあった。キタサンブラックがレースを作る流れに入って行けず、好位から外目を動いていく形ではキタサンブラックには常に跳ね返され続けてきた。またサトノに対しては外から差される形、こちらが外から動いても甘くなるだけという状況だったわけで、少なくとも後半のポテンシャルに関してはサトノクラウンやダイヤモンドの方が上、総合的に見てキタサンの方が上だと思う。ジャパンカップに関しては後半要素ではなくむしろ前半要素を大いに詰めてきたと思う。全体のペースがそれなりには流れた中で内枠を利して3列目と早い段階で良い位置を取れた。そこから後半のTS持続で最後にキタサンを差し切れたというのはやはりこのペースでL3最速、というのが恵まれた面はあると思う。有馬記念の場合はやはり近年はそこまでペースが上がりにくいし、特に今年は馬場も例年よりは軽めなので2段階加速になってL2最速の可能性は高くなると思う。そうなるとこの馬としてはJCでのL3最速TS持続で良さが出てきたわけなので要所で置かれるリスクが大きくなる。また2段階加速ではなく完全なロンスパになったとしても10番枠で外目からの競馬では簡単ではないかな。今回は内を取れれば良いがサトノクロニクルにシャケトラという先行馬もいる。仮にキタサンの後ろを取ったとしてもキタサンが仕掛けを待ってくれば今度は包まれて動けないリスクが出てくる。正直前走のJCに関してはキタサンが早い段階で勝負に行ってくれたのも良かったと思うが、有馬だと4角出口での仕掛けでL2最速になりやすい。昨年の有馬記念のパフォーマンスを見ても、果たしてここで信用できるかどうか?というレベルでも難しいラインだと思う。秋の充実度は確かなので成長は考慮したい、昨年よりは強いと思っているがそれでも中山2500でこのメンバー構成、10番枠、総合的に考えても連下までになるかな。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【有馬記念・最終結論!】
 
愛馬シュヴァルグランでGI2
連勝を狙う佐々木主浩の本音!

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03  
pngうまスクエア:有馬記念100_60

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念2017前々日オッズ 1番人気はキタサンブラック
【有馬記念2017】出走予定馬 サンデーとスピード血統がポイント
有馬記念 2017 敗因分析・結果:サトノクラウン…ムーアは馬群の中で何がしたかったのか…
有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走で素材は証明も…不器用さがあり中山2500で段階的な加速の競馬になると?
【有馬記念2017】予想参考 中山コースの注目はハーツクライ産駒
有馬記念 2017 予想用まとめ…出走予定馬展望を単勝オッズ順にまとめ
【有馬記念2017】枠順確定 引退レースのキタサンブラックは1枠2番
有馬記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、善戦マンも陰りを見せ?超スローで警戒もここ2走は大いに不満
【有馬記念2017】予想!本命は好ローテのハーツクライ産駒
有馬記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ3走が物足りないが…最内枠でポジションを取ってスローロンスパなら怖い
有馬記念 2017 出走予定馬:ルージュバック、トップスピードに乗って出し切れれば一流も…不器用で中山内回り?
有馬記念 2017 出走予定馬:クイーンズリング、エリ女を制した瞬間的な反応も今年は影を潜め…適性的にも微妙か
有馬記念 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半からある程度流れて基礎スピードを活かしたい…中山の2500は微妙かも
【有馬記念2017】プレ予想 スワーヴリチャード古馬相手にも通用
有馬記念 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、一瞬の脚に有馬に強い血統は魅力も…エリ女が物足りない
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP