投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…

日程:2017年12月23日(土)
第12回 阪神カップ(GII) 阪神芝内1400m
予想用・出走予定馬一覧
阪神カップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 ホープフルステークスを勝ちながらも屈腱炎で2年近く休養…その後は短距離路線で開眼したシャイニングレイが阪神カップに出走予定だ。福島民報杯では完敗も安土城ステークス、CBC賞と芝の短距離路線で連勝し2つ目の重賞も手中に収めた。再び休養を経ての初戦となるのでもちろん状態面がカギとなるが、屈腱炎で回り道した分を今年でしっかりと取り戻したい。


 安土城Sでの激変には驚かされたしCBC賞の差し込みも見事。印象としてはCBC賞は雨の影響で時計がかかっていたこともあって届いたかなという感じで、正直1200は少し短いんじゃないかなと。ベストかどうかはちょっとわからない面はあるが現時点では1400は合うと思う。後は単純に休み明けでどうか。


安土城S(OP) 1着 16頭1枠1番
京都芝外1400m良 1:19.8 33.6-35.2 H^2
12.1 - 10.7 - 10.8 - 11.0 - 11.7 - 11.6 - 11.9

 2走前の安土城Sはかなりの高速状態ではあったにせよ厳しい流れの中での時計勝負、ここで先行して抜け出すという正直全く予想だにできなかった競馬で完勝してきた。ペースは1.6でかなりのハイ、ラップ推移的にも前は淀みなく進めている。少し離れていたとはいえこの馬自身でも34.2-34.7とややハイ寄りの流れで淀みなく進めての完勝(L4だけは確実にわかるのだが全体からこの馬自身の前後半3Fを引けば10.9になるので3角のL4地点で最速ぐらいの走りをしているはず)。基礎スピード的に見ても立派といっていい。


 1番枠から五分のスタート、そこからある程度促しながらでそこまで二の足が速いというわけではないが逃げ馬の後ろのスペースを上手く拾いながら2列目内まで持って行く。そこからは少しコントロールに苦労するようなところを見せていた。3~4角で3列目の最内を通してロスなく進めて2列目で直線。序盤でそこからしぶとく伸びて2番手に上がり半馬身差、L1でキッチリと捕えて突き抜けた。


 L4地点が後半4Fで見れば最速は間違いないし、3角の下りで最内をキープできたのは大きいとは思う。それでもこの流れを2~3列目の内で進めてしっかりと最後まで伸びているように基礎スピードの高さを証明してきたといえる。正直ホープフルS勝ちしか実績が無いわけで1400でいきなりスピード勝負に対応してくるというのは自分の競馬観からは判断できなかったわけだが、終わってしまえばやはり基礎スピード戦への対応というのは認めないといけない。上手く噛み合った面はあるが19秒台に入れてくるのは簡単ではないからね。ただし、初短距離で仕方なかったが前半出して行ったことでかなり折り合い面で苦労していた印象ではある。これは全体で流れていたので良かったが、あそこから前が急激にペースダウンしてきたときに対応できたかどうか?というのは課題かなと。


CBC賞(GIII) 1着 18頭4枠7番
中京芝1200m良 1:08.0 33.2-34.8 H^2
12.0 - 10.5 - 10.7 - 11.1 - 11.1 - 12.6

 前走のCBC賞では出負けしたのもあって後方からの競馬になったが結果的に最後にバテ差す脚を残せたともいえるか。ペースは1.6でかなりのハイ、ラップ推移的に見てもコーナー地点ではまだ速いラップを維持していてL1で大きく減速。直前で雨が結構降り出していて馬場差が読みにくいが、当日の馬場(前日の雨自体が残っていた)も標準ぐらいの感じではあったので、この走破時計自体は結構速い方だと思う。


 7番枠から出負けして後方からの競馬を選択せざるを得ない状況。道中も後方から外に持ち出して3角。3角では後方馬群の後ろで中目を追走、4角でも仕掛けを待ちながら直線で大外に持ち出し後方。序盤で後方馬群の大外から来るがまだ中団まで取り付けない。L1で一気に伸びてきて好位列を並ぶ間もなく切り裂き、抜け出していたセカンドテーブルを最後の最後で差し切った。


 L1がかなり落ち込んできたところでの差し込みだし、L2の速い地点でのキレがあったわけではないので本質はTS持続とみていいだろう。出負けしたことで後半特化の競馬になったが3~4角ではロスを少なくできてはいたし、勢いに乗せながら直線で馬場の良い大外に持ち出せたのもあったかな。とはいえ1200の基礎スピード戦で前半ついていけないながらも後半で捻じ伏せてきたのは一定の評価が必要だろう。時計的にも優秀だしね。


2017阪神カップに向けての展望

 まあ正直この2戦しか今回のレースで参考になるところはないと思うが、どちらも共通して言えるのは厳しい流れだったということ。前半から基礎スピードが問われる中で安土城Sでは逃げ馬のスペースを上手く使って押していきながら先行できたし、CBC賞では出遅れたが前がやり合ってハイペースの消耗戦、後方で出来るだけ内目を立ち回って3~4角から勢いづいて外に持って行ったにせよL1のバテ差しはまさに圧巻。ただし、不安も露呈させていて、前走の出負けももちろんだがやはり安土城Sで見せた折り合い面の不安だろう。五分に出て出して行ってスピードに乗ってからのコントロールは少し苦労していた感がある。阪神1400は上がり切るケースもあるのでそうなれば不安はないが、3角辺りでコントロールされてしまうと内にいては折り合い面で苦労して減速しながら窮屈になる可能性もある。また、レースの流れ全体が加速する形の中での要所の鋭さはまだ見せていない。伸び始め自体が遅い印象ではあるので、総合力が問われる競馬になった時には不器用さがネックになるかな。出遅れてしまうと折り合い面の課題もあるので押して押してリカバーというのも難しいと思う。そういった不安材料に休み明けで状態面の不安もあるので追い切り等を見ながら判断したいかな。全体で流れてしまえば位置取りそのものは気にならないけど、前目がコントロールする形なら内で包まれる位置より中団外目ぐらいである程度動く意識を持ちやすいところの方が良いと思う。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第62回 有馬記念(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『有馬記念(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・有馬記念
png暴露王:有馬記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山金杯2018 出走予定馬:カデナ、完全復活なるか?弥生賞は強かったが、それ以降が不甲斐なく…
鳴尾記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、不器用な素質馬を破竹のルメールがどう導くかに注目
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイセイスターリー、出脚良くなり…基礎スピードを活かす競馬で勝負したい
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
AJCC2018 出走予定馬:ブラックバゴ、位置取りがどうしても悪くポテンシャル非凡も中山2200は合わなそう
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
京成杯2018 出走予定馬:エイムアンドエンド、未勝利でしぶとく競り落とした内容は評価…中山で不気味さはあり
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:テイエムヒッタマゲ、九州産馬の星も昇竜Sは少し時計的に物足りず、ゲートを活かして粘れるか
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンビクトリーと武豊、馬体の充実でマイルを克服し重賞連勝なるか?
平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
小倉記念 2017 出走予定馬:ストロングタイタン、後半のポテンシャルは間違いなく…主導権を取って流れを引き寄せたい
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
オールカマー 2017 出走予定馬:モンドインテロ、札幌日経オープン連覇で力証明も重賞では壁が厚く…ワンパンチ足りないのが
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クイーンズリング、トップスピードの質は最上位…ここ2走の出負け癖が解消できるかが勝敗を分けそう…
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、王者として迎える今年初戦…焦点はきっちりと勝ち切れるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP