投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、2歳時に見せた末脚は世代トップクラス…前走右回りで直線手前を換えていないのが引っ掛かる

日程:2017年12月24日(日)
第62回 有馬記念(GI) 芝内2500m
予想用・出走予定馬一覧
有馬記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳時はスワーヴリチャードを差し切る鋭い末脚で東京スポーツ杯2歳ステークスを制すなど重賞2勝のブレスジャーニーが有馬記念に出走予定だ。菊花賞は不良馬場に泣かされたものの、前走のチャレンジカップでは3着と一定の目途を立てる結果となった。とはいえ今回は流石に強敵がずらり、初めての中山でもありその鋭い末脚を引き出せるかどうか。


 チャレンジカップではポテンシャルが問われた中で一定の目途を立ててきたが、それでも同期のサトノクロニクルに破れているしレベル的にも微妙なライン。なので有馬でいきなりとなると正直難しいだろうと。ただ、トップスピードの質、持続力に関して言えば2歳の段階で世代トップレベルなのはスワーヴリチャードを物差しにすれば確かなわけなので、後は最序盤の段階でどこまで詰められるか、超スローの流れなど展開が向けば一考の余地はある。


東京スポーツ杯2歳S(GIII) 1着 10頭6枠6番
東京芝1800m稍 1:48.3 48.2-47.7 M
13.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 12.0 - 11.2 - 11.9

 まずは3走前の東京スポーツ杯2歳Sから。この時は稍重でそこそこ時計がかかっていた。恐らく標準ぐらいだろう。平均ペースではあったが前2頭とそれ以外で離れていたというのはあるので後ろの馬とすれば中弛みで取り付く形になったし結構顕著にスローだったと思う。後ろの馬にとってはそこからのトップスピード持続戦というイメージ。


 6番枠から五分には出たかな、という感じでそこから無理せず後方に下げて進めていく。道中も前がある程度ペースを引き上げていく中で無理せず後方で進めて3角。3~4角でも後方で進めているのだが、外からスワーヴリチャードやムーヴザワールドが壁になって包まれた状況で直線。序盤で外からスワーヴが抜け出してからその直後の進路を取る。L2で差を詰め始めてL1でまとめて差し切った。


 ここではスワーヴが外から先に動いたので待たされる形になったし苦しいかなと思ったが、L2の地点でスッと伸びてきてL1でしっかりとTS持続で差し切ったというのは評価としては大きい。単純に末脚の絶対量で一番だったわけだし、最速地点でも減速地点でも1枚上の脚を使えたのは大きい。少なくともこの時点ではスワーヴリチャードと末脚比べで優位に立っていたと。ただもちろんだがスワーヴは距離延長の過程でポジションを取れるようになったので、この距離でどうかというのはもちろんあるが。


菊花賞(GI) 12着 18頭1枠1番
京都芝外3000m不 3:21.0(+2.1) 64.1-68.8-66.0 H^2
13.2 - 12.6 - 12.0 - 13.1 - 13.2 - 13.5 - 14.5 - 14.3 - 13.5 - 13.0 - 13.1 - 12.9 - 13.4 - 12.7 - 13.9

 2走前の菊花賞に関しては正直可哀想だったと思う。骨折明け初戦だしそこまでの調整過程でも順調ではなかったということを考えるとこの不良馬場での消耗戦というのはかなり難しい競馬だったと思う。ペースはこれでも2秒近いかなりのハイ、中盤で息が入ってはいるが後半はハロン平均でも13秒台となってしまうぐらい。単純に極悪馬場で3000mを走り切るだけの前半のパワー型基礎スピード、後半のポテンシャルが無いと難しかった。


 1番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。そのまま後方2番手で進めて3~4角を立ち回りスタンド前でも動かず。向こう正面で前がある程度凝縮、後方2番手からばてた馬を交わすような感じで3角に入っていく。3~4角でも後方外目で進めているが集団からは取り残されて直線。序盤でも伸びは無いんだが最後まで大きくばてなかったので失速した馬たちを拾う格好で12着まで押し上げた。


 まあ、休み明けでぶっつけでここまで消耗するような競馬では苦しかったのは間違いない。またド不良で歴史に残るレベルで時計がかかっていて、ハロン13をキープするような競馬ではこの馬の持ち味であるトップスピードの質、持続力を引き出すことはできるはずもなかったしある程度仕方のない一戦。


チャレンジC(GIII) 3着 12頭5枠6番
阪神芝内2000m良 1:58.7(+0.1) 59.9-58.7 S^1
12.7 - 11.4 - 12.4 - 12.0 - 11.4 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 12.1

 前走のチャレンジカップでは高速馬場の中での6Fのロンスパポテンシャル特化戦。軽い馬場なので最速11.4とそれなりだがそれでもトップスピードの質は要求されなかった。後半特化でもポテンシャル戦、という中で一定の目途は立ててきたと思う。


 6番枠からやや出負け、そこから無理のない範囲で進めて中団は取って1~2角で内目を確保。道中も中団の内目で我慢しながらデニムが外からある程度動いていく中でその内から進めて3角。3~4角ではデニムの動きを見ながらその後ろを選択、4角でその直後から追いだして直線。序盤で右手前のまましぶとく伸びてくるが、L1で甘くなって最後は辛うじて3着を死守した。


 多分最後まで右手前のままで一度も直線では換えなかったかな。その分しんどくなってからのひと踏ん張りが利かなかったかなという感じはする。トップスピード勝負でなくポテンシャルでの勝負になっているのでその辺りの適性ではちょっと見劣ったかもしれないが、それでも一定の目途は立てた。ただ今年のチャレンジカップはレベル自体は結構微妙だと思うし、モンドインテロ相手に互角レベルだと強調できるほどではないかな。


2017有馬記念に向けての展望

 スワーヴリチャードばかり取りざたされるが、この馬も府中実績しかないわけだし実際前走でも手前を換えずに直線を走り切っているのでここまで高いレベルまで来るとどうか?というのはある。東スポ杯ではL1で手前をしっかりと換えてもう一伸びで来ていたわけだしね。それと、やはり段階的な加速になって分散されるケースだろう。右回りということを除けばL2最速の度合いがきつくなる方がトップスピードの質で高いレベルにあるこの馬としては良い材料だと思う。ただ向こう正面からのロンスパである程度削がれてのもう一段の加速、となった時に鋭さを削がれないかどうか。これは前走のポテンシャル戦で一定の目途といってもやはりラストで少し伸びあぐねていたのは気になる。相手がかなり揃っているわけで、現時点でポテンシャルはあまり要求されない方が良いだろう。2段階加速ではなく向こう正面でもあまり上がってこない方が良い、そういう点では一昨年のゴールドアクターが勝った時のような展開になればワンチャンスはあっても良いと思う。東スポ杯時はそこそこ時計も掛かっていたし、その中でも鋭く長く脚を使ってきていた。距離に関しては2400までは問題ないと思っているし、中山の場合は2500だと1周半なので距離だけで純粋には測れないがこなせる範囲だと思う。後はロンスパにならず、持ち味の鋭いトップスピードを引き出したい。スローで上がり勝負…という前提ならスワーヴ相手にしっかりと差し込める末脚は魅力で結構良いところまで行けるかもとは思っているし、前走は悪くはない。全く狙えないとは思わないかな。現時点では3着ヒモも考慮に入れたいが、スローでないと難しいと思うし決め打って最序盤のポジションどりに拘ってほしい。キタサンの後ろは難しいだろうが、スワーヴの後ろぐらいを狙って3秒ぐらいのドスローなら浮上警戒。

 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。先週の朝日杯も◎〇▲で3連単1点26万3000円的中とノリに乗っています!
 大西騎手は実際に何度もG1レースに騎乗しており、G1特有の騎手心理など騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、「有馬記念は見えています!天皇賞秋(3連単55,320円的中)より以上の衝撃情報が入っています!」とのこと↓↓

数か月前から有馬だけを狙っていた
隠し玉とは??↓↓ 

日本ダービー騎手大西直宏渾身
第62回有馬記念(G1)

師走競馬も絶好調!
万券大量生産中
◇阪神6日朝日杯FS(G1)
◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲タワーオブロンドン
3連単1点! 26万3000円的中!

◇中京4日長良川特別
穴バリオラージュ(10番人気)
帯封! 17万1050円的中!

◇阪神1日チャレンジカップ(G3)
穴デニムアンドルビー(5番人気)
【1万2120円的中】

◇中京1日6R 500万下
穴ケルンウィナー(5番人気)
【2万0940円的中】

◇中京1日8R 500万下
穴ダンツエンペラー(6番人気)
【1万1880円的中】

シュヴァルグランG1連覇は可能?

スワーヴは右回りでも大丈夫?

キタサンブラックは勝って花道を飾る?

答えはすでに見えている‼
↓↓↓↓↓↓

pngワールド:有馬記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、悲願の有馬記念制覇でラストランを飾れるか?総合力は現役最強、器用さで勝負したい
有馬記念 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、瞬時の切れ味は一級品も…右回りで手前をなかなか換えないのはリスク
有馬記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、日経賞で強い競馬をした舞台…JC含め秋不満もしぶとさを活かす競馬ができるか
有馬記念 2017 予想用ラップデータ:スローからのロンスパが基本…2段階加速で直線入りにもう一段加速というケースが多い
有馬記念2017前々日オッズ 1番人気はキタサンブラック
有馬記念2017予想参考前日オッズ キタサンブラックが抜けた人気
有馬記念 2017 出走予定馬:ルージュバック、トップスピードに乗って出し切れれば一流も…不器用で中山内回り?
有馬記念 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、出し切れれば屈指のポテンシャルは宝塚で証明…向こう正面がカギ
【有馬記念2017】追い切り情報 近2年上位独占の追い切りに該当する馬
【有馬記念2017】プレ予想 キタサンブラック秋3戦目が不安
有馬記念 2017 レース回顧・結果:ありがとう、キタサンブラック…大団円はキタサン祭りで幕を閉じた!
有馬記念 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半からある程度流れて基礎スピードを活かしたい…中山の2500は微妙かも
有馬記念 2017 速報・結果:キタサンブラックと武豊、直線前半で勝負を決める出し抜き、大団円のラストラン!
有馬記念 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、一瞬の脚に有馬に強い血統は魅力も…エリ女が物足りない
有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ムーアとのコンビで逆襲なるか?今年の馬場は微妙に軽く…向こう正面で勝負しきれるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP