投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、善戦マンも陰りを見せ?超スローで警戒もここ2走は大いに不満

日程:2017年12月24日(日)
第62回 有馬記念(GI) 芝内2500m
予想用・出走予定馬一覧
有馬記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年のジャパンカップ、一昨年の有馬記念では2着と抜群の安定感を誇るシルバーコレクターのサウンズオブアースが今年も有馬記念に出走予定だ。ただ、今年はドバイ遠征の影響もあったか、思うような活躍ができていない。善戦マンらしさも失われてしまった感があるが、何とかこの大舞台でせめて善戦マンらしさだけでも復活してもらいたいところ。


 流石にここ2走の内容が悪すぎるのでなかなか…という感じかな。良い頃のこの馬ならチャンスは十分ありそうな馬場状態と想定される展開なんだが…。流石に重い印は打ちづらい。


ジャパンカップ(GI) 2着 17頭6枠12番
東京芝2400m良 2:26.2(+0.4) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 まずは昨年のジャパンカップ2着を振り返っておきたい。2.8で超スロー、ラップ推移的にはコーナーでじわっと段階的に加速しつつL4で11.9、4角出口から直線前半にあたるL3地点で11.2と速いラップ、TS持続特化といって良い競馬の中で直線鋭さを見せてきたのがこの馬だった。


 12番枠からまずまずのスタートを切ってそこから結構楽に好位を確保、最終的にはラストインパクトの後ろぐらいで中団の外で進めていく。キタサンがドスローを単騎で進めていく流れの中でなかなか各馬動くことができないまま3角。3~4角でキタサンがじわっと引き上げる中で流石に好位の外ぐらいまで取り付いて進出を窺う。4角でラストの後ろぐらいから追いだされて好位外で直線。序盤でそこからしぶとく伸びているがまだ3列目、L2の地点でようやく2列目に並びかけ、L1でそこから抜け出してくるがキタサンとの差は詰まらず、最後はシュヴァルグランの強襲を受けての2着死守だった。


 最後ミルコがふっと気を抜いた面も甘さとしてはあったかもしれないが、いずれにせよこの馬の場合そこまでTS持続が高いわけではないというのはある。といってもここで2着に食い込むぐらいのレベルにはあるが、やはりスローの段階で中団外とある程度いい位置を取れたのは大きかったと思う。この馬は少し難しいところがあって、決定的にTS持続もポテンシャルもあるわけではないが、ペースが上がると結構甘くなる。これは一昨年のJCでもそうだった。昨年のJCの場合はここまで極端にスローだったなかでの中団、というのは大きいかもしれない。


京都大賞典(GII) 13着 15頭2枠2番
京都芝外2400m良 2:24.6(+1.6) 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 ただし、今年の秋2走は物足りないの一言。正直に言えばドバイシーマクラシックはタフな馬場でのロンスパポテンシャル特化戦という感じだったのである程度仕方ない、札幌記念は悪くない。ここまではそこまで気にならないのだがここ2走が…。京都大賞典は確かに流れてはいるがそれでも1.3でスローはスロー、4F戦だが中間的な脚は問われているしそこまで失速するほど悪い条件ではなかったと思う。勝ち負けを期待できるような騎乗ではなかったけど、ここまで崩れるとなると話は違ってくるかな。


 2番枠から五分には出ていたが少し窮屈になって外に誘導、そこからは好位の外目で進めていく。道中も特に折り合い面で苦労することなく好位の外から3角に入っていく。3~4角で中間的な脚を要求される競馬になったが、ここで中団馬群のやや外目で進めつつ直線。序盤で外に出すのだがここでの反応が無く鞭が入るも伸びない。最後は少し窮屈になっていた面もあるにせよ良さがまったく出ずの惨敗だった。


 ノリなのでダメだと思えば流す、というのはあるにせよ正直4角の段階で怪しい手ごたえだったので不満はあるかな。この馬の場合ラストで甘くなるのはそんなに気にならない(というよりそういう適性)んだが、要所で速さ負けをするということはいい状態の時には起こらないタイプなので、コーナーで余力がある段階で怪しかったというのが物足りない。前半のペースが顕著にスローではなかったし、3~4角で外々回してというのはこの馬としては良い競馬ではないので良い頃でも勝ち負けは難しかったと思うが、それにしても良さが見られなかった。


ジャパンカップ(GI) 12着 17頭3枠5番
東京芝2400m良 2:25.2(+1.5) 60.2-59.1 S^1
13.0 - 11.2 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0

 そして前走のジャパンカップでも上昇は見られなかった。ペースは確かに1.1で昨年の好走時よりも速い。といってもスローで、ラップ推移的にもL3最速戦。後ろからの競馬になったので難しかったにせよ、もうちょっとインパクトを与える末脚は見せてほしかった。


 5番枠から五分には出ていたがある程度促しつつも結局後方からの競馬になってしまった。道中も縦長の流れの中で後方の内内で我慢しながら3角に入っていく。3~4角でも後方内内で追走しながらだがなかなか伸び切れずに直線。序盤で後方から少し内目を通しつつもジリジリとした伸びで良さが出ない。L2でも進路はあったのだがスペースを詰められず、L1では失速している。


 確かに全体のペース自体はそこそこは流れているんだが、それでもここまで脚を使えないとなると不満が多い。もともと休み明けからそこそこ走ってくる馬だし、京都大賞典はJCのステップとしてある程度仕方ないにせよ、そこから2カ月近くあって十分調整もできたJCであそこまで負けるとなると悲観的になるしかないかな。一瞬でも良い脚があればよかったんだが。


2017有馬記念に向けての展望

 ここまでの2走が明らかに物足りない、という事実を差っ引けば条件は良い。まず基本的に顕著にスローの方が良い馬で、有馬記念2着、JC2着はともに顕著にスロー。一昨年有馬は62.4-58.9で3.5の超々スローに肉薄レベルからの段階的な加速でしっかりと伸びた。昨年JCは前述のとおり。今年のメンバー構成を見ると、キタサンに対して競って行ける馬そのものが少ないし、何よりキタサンを突いたところで控えられたら一緒なのでそうそう突きに行く馬もいないだろう。豊自身が今年のJCみたいに逃げてペースを作りたいと思うなら別だが、前走で3着に敗れているわけで無理はせず意識的に前半はスローに振る可能性が高い。また向こう正面でのロンスパという可能性もあるし、実際L5では少し上がるだろうがサトノクラウンもムーアだと向こう正面でいきなり先頭列まで押し上げて突いていくような攻め方は難しいだろうから、ここで上げ切ることができる馬も少ないと思う。となると2段階加速でのL2最速トップスピード戦、という可能性が良馬場なら高くなるのでこれはこの馬にとっては一昨年の有馬に近くなる。ギアチェンジの性能とトップスピードの質がトップレベルでは高い馬だと思っているので、上手く噛み合えば今年想定している展開ならチャンスはある。後は状態面だけだろう。正直ここ2走はなかなか厳しいが、敢えて言えばどちらも60秒前後と入りはそこそこ流れていたということ。62秒前後でゆったりという流れになれば…或いは。それでも重い印はまず打てない。昨年JCでもキタサンに完敗なわけで、流石にそれ以上は難しいし、同タイプなら右回りの不安はあるにせよポジションをそこそこ取れるミルコのスワーヴリチャードが強敵だろう。現時点では消す可能性もそこそこあって、狙うとしても3着までかな。

 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。先週の朝日杯も◎〇▲で3連単1点26万3000円的中とノリに乗っています!
 大西騎手は実際に何度もG1レースに騎乗しており、G1特有の騎手心理など騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、「有馬記念は見えています!天皇賞秋(3連単55,320円的中)より以上の衝撃情報が入っています!」とのこと↓↓

数か月前から有馬だけを狙っていた
隠し玉とは??↓↓ 

日本ダービー騎手大西直宏渾身
第62回有馬記念(G1)
絞りに絞った3連単1点
↑無料で今すぐ教えます↑


師走競馬も絶好調!
万券大量生産中
◇阪神6日朝日杯FS(G1)
◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲タワーオブロンドン
3連単1点! 26万3000円的中!

◇中京4日長良川特別
穴バリオラージュ(10番人気)
帯封! 17万1050円的中!

◇阪神1日チャレンジカップ(G3)
穴デニムアンドルビー(5番人気)
【1万2120円的中】

◇中京1日6R 500万下
穴ケルンウィナー(5番人気)
【2万0940円的中】

◇中京1日8R 500万下
穴ダンツエンペラー(6番人気)
【1万1880円的中】

シュヴァルグランG1連覇は可能?

スワーヴは右回りでも大丈夫?

キタサンブラックは勝って花道を飾る?

答えはすでに見えている‼
↓↓↓↓↓↓

pngワールド:有馬記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、2歳時に見せた末脚は世代トップクラス…前走右回りで直線手前を換えていないのが引っ掛かる
有馬記念 2017 予想用ラップデータ:スローからのロンスパが基本…2段階加速で直線入りにもう一段加速というケースが多い
有馬記念 2017 枠順確定&展開予想動画:キタサンブラック、武豊まさに神の手で引き当てた1枠2番!
有馬記念 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、瞬時の切れ味は一級品も…右回りで手前をなかなか換えないのはリスク
【有馬記念2017】予想参考 中山コースの注目はハーツクライ産駒
有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ムーアとのコンビで逆襲なるか?今年の馬場は微妙に軽く…向こう正面で勝負しきれるか?
有馬記念 2017 予想:本命02キタサンブラック
【有馬記念2017】予想!本命は好ローテのハーツクライ産駒
有馬記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、悲願の有馬記念制覇でラストランを飾れるか?総合力は現役最強、器用さで勝負したい
有馬記念 2017 1週前追い切り・調教評価:余裕をもって前肢を大きく動かし、ラストまで力強いフットワークで好時計・好ラップ!
【有馬記念2017】プレ予想 スワーヴリチャード古馬相手にも通用
有馬記念 2017 出走予定全馬:『北』サンブラック大団円か、春秋グランプリ連覇か、3歳の勢いか…それとも?
【有馬記念2017】プレ予想 サトノクラウン条件は良くなる
【有馬記念2017】枠順確定 引退レースのキタサンブラックは1枠2番
有馬記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、日経賞で強い競馬をした舞台…JC含め秋不満もしぶとさを活かす競馬ができるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP