投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

阪神カップ 2017 出走予定馬:ダンスディレクターと武豊、ラストの切れ味は平坦京都でこそかも…L1に坂がある阪神でも引き出せるか?

日程:2017年12月23日(土)
第12回 阪神カップ(GII) 阪神芝内1400m
予想用・出走予定馬一覧
阪神カップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 7歳馬ながらも1200~1400m重賞戦線で第一線の活躍、今年もシルクロードステークスを制した実力馬ダンスディレクターが武豊とのコンビ復活で阪神カップに出走予定だ。強烈な末脚はこの路線ではトップレベルながらもGIには手が届かない状況が続いている。来年には8歳馬となる古豪だが、暮れの大一番でGI馬らを撃破し力を証明したい。


 今年の軽い馬場はこの馬にとっては結構プラスに働くんじゃないかなと。軽い馬場でトップスピードを究極レベルまで高めた方が良いタイプの馬だと思うし、年末の阪神1400だとタフな展開でそうなりにくい。それでも結果をある程度出してきた馬だが今年は軽い馬場なのでこの馬の持ち味であるトップスピードを引き出す余力も生まれるかも。面白い存在だと思う。ただ本質的にはラストは平坦の方があっている印象はあるし、坂があっても中京みたいに余力があるL2地点ならいいんだろうが、その辺りをどう考えるか。


シルクロードS(GIII) 1着 13頭5枠7番
京都芝内1200m良 1:07.8 33.9-33.9 M
11.9 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.1 - 11.5

 まずは3走前のシルクロードS勝ちから。ペースは平均、L3で少し減速してのL2再加速だが平均ペースで後半はトップスピードの質、持続力を高いレベルで問われている。


 7番枠から五分に出てそこから無理はしないがある程度促しつつも後方に、という感じ。道中も後方馬群の中目で進めながらブレーキ気味。3~4角でも我慢しながら中目を立ち回って直線で外。序盤でスッとは反応できずだがL1でグンと伸びてきて突き抜けた。


 L1の段階では2馬身半~3馬身ぐらいはあったかなというところで、11.5で捕えているのでこの馬としてはL1で11秒前後、10秒台には入っていないと思うが速い脚をラストに繰り出してきた。ここでの切れ味は確かだったし、1200路線の強敵セカンドテーブルはあっさり差し切っていて後の宮記念馬セイウンコウセイも捕えきっている。平均ペースではあるが自身では後傾のバランスで鋭く脚を引き出してきた。ただし瞬時に反応できるタイプではなくどちらかというとトップスピードに上手く乗せてやる必要はあると思う。ここでは内目で包まれながらL2の再加速地点ではそこまで伸びてこなかったが、L1ではエンジンがかかったという感じだしスローなので切れ味を引き出せたので届いたかなと。


スプリンターズS(GI) 8着 16頭8枠16番
中山芝内1200m良 1:07.9(+0.3) 33.9-33.7 M
11.9 - 10.8 - 11.2 - 10.9 - 11.1 - 11.7

 前走のスプリンターズSでは完敗の8着だった。ペースはここでも平均、L3最速のTS持続戦なので4角でのロスは結構響いたかなとは思うがそれでもレッドファルクスはしっかりと差し切っているわけで、そこと比べると見劣る。


 16番枠からまずまずのスタートを切ったが大外枠でもあり少し難しい立ち位置、最終的には中団の外で進めていくが内には入れない。3~4角でも大外をぶん回す形でレッドより外を回して直線。序盤でそこからの伸びは悪くないがL1の坂の上りで甘くなってレッドファルクスと差をつけられての完敗だった。


 L3の段階で脚を使っているのでそこはしんどかったと思うが、それでもL1の坂の上りでやはり甘くなっているというのは事実としてはあると思う。ペースは平均なので余力を持っていたと思うし、トップスピードの質・持続力の高さを求められた一戦なので決して悪い流れではなかった。ロスもあったがレッドファルクスとの比較で見れば4角では1頭分の違い。まあ大外枠でこの流れで終始外々はしんどかったし、可哀想な面もあるが上り坂でのL1のバテ差しは疑問があるかも。


阪神カップ(GII) 4着 15頭3枠5番
阪神芝内1400m稍 1:22.0(+0.1) 34.9-35.4 M
12.5 - 11.1 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 12.5

 阪神1400では昨年の阪神カップを見ておきたい。ペースは平均の範囲、ラップ推移的には中盤少し緩んでのL2最速戦、L1は消耗している。タフな馬場ではあったし、コントロールされているなかで結構流れに乗って行ったなという印象。


 5番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促し先行策、最終的には2列目で進めていく。3~4角で2列目の中目で進めて直線で外に出す。序盤で追い出されての反応は地味で徐々に伸び始める。しかしL1の坂でイマイチ伸び切れずに外差しの2頭に屈しての4着完敗だった。


 ここでもL2の手前ぐらいでじわっと伸びだしそうでL1での伸びがイマイチ、というのは感じたところ。これは一昨年の阪神カップでもそうでL2の地点では結構いい手ごたえで勝つか?という脚色からL1でロサギガンティアに踏ん張られてしまっている。減速地点で上り坂を迎えるのは合っていない印象ではあるかな。ただここ2年を見ても阪神1400の平均ペースそのものは適性的に高いと思うし末脚を引き出すところまでは行けている。仮に軽い馬場になってトップスピードの質をL2で要求されてそこからの惰性で坂を上り切れればもう少し違うかもしれない。


2017阪神カップに向けての展望

 ひとまず京都適性が高いこととL1での伸びが京都では違う、という点でも直線平坦でトップスピードに乗ってしまえば非常に長く維持できるんじゃないかというのはある。一方で坂の上り地点で減速するときの伸びはイマイチで、昨年の阪神カップや今年のスプリンターズSでも甘くなってしまっていたし、セントウルSでも伸び切れなかった。昨年の秋に一時期スランプになったのを除けば基本的には安定していて、阪神1400である程度流れてもしっかりと脚を使えるのは確か。ただし、やはり末脚の破壊力という観点で見れば京都で直線平坦というのは一つあるかも。後は相手関係と馬場との比較で見て行きたい。昨年は前半少し脚を使ってしまったかなというのはあるし、対応はできるが基本は自身後傾バランスでトップスピードに乗せてからが魅力の馬。今の阪神の馬場で平均ペースまでで落ち着けば自身ではかなり速いラップを踏めると思うのでそうなれば面白い。昨年は相手もイスラやフィエロだったしシュウジもオーバーペースでなければハイレベルの実力馬。能力的には十分通用するが3歳世代のレベルが高いという点と、やはり阪神でL1の坂の上りが待ち構えている、という点を考慮に入れて評価したい。今の時点では連下~3着ヒモあたりで悩んでいるというところかな。完全に消すのは怖い。

 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。先週の朝日杯も◎〇▲で3連単1点26万3000円的中とノリに乗っています!
 大西騎手は実際に何度もG1レースに騎乗しており、G1特有の騎手心理など騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、「有馬記念は見えています!天皇賞秋(3連単55,320円的中)より以上の衝撃情報が入っています!」とのこと↓↓

数か月前から有馬だけを狙っていた
隠し玉とは??↓↓ 

日本ダービー騎手大西直宏渾身
第62回有馬記念(G1)

師走競馬も絶好調!
万券大量生産中
◇阪神6日朝日杯FS(G1)
◎ダノンプレミアム
〇ステルヴィオ
▲タワーオブロンドン
3連単1点! 26万3000円的中!

◇中京4日長良川特別
穴バリオラージュ(10番人気)
帯封! 17万1050円的中!

◇阪神1日チャレンジカップ(G3)
穴デニムアンドルビー(5番人気)
【1万2120円的中】

◇中京1日6R 500万下
穴ケルンウィナー(5番人気)
【2万0940円的中】

◇中京1日8R 500万下
穴ダンツエンペラー(6番人気)
【1万1880円的中】

シュヴァルグランG1連覇は可能?

スワーヴは右回りでも大丈夫?

キタサンブラックは勝って花道を飾る?

答えはすでに見えている‼
↓↓↓↓↓↓

pngワールド:有馬記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ナンヨープランタン、前走底知れぬ末脚は魅力も…ペースが上がって対応できるかは微妙
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞で府中適性を示し…距離延長でゆったりと運べそうなのは好材料
セントライト記念 2017 出走予定馬:クリンチャー、ダービーは包まれてドスローではどうにも…とにかくレースを主体的に作れ!
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ペイシャフェリス、六甲Sはこれまでにない早仕掛けでの押し切り…1800不安も器用で侮れない1頭
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ビービーガウディ、前半ペースが上がってどうかも、2走前モズカッチャンに際どく食らいついた実力は評価
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
東海ステークス2018 出走予定馬:モルトベーネ、内で我慢が利く馬で、スローで前目内目に潜んで浮上を狙いたい
京阪杯 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、末脚は魅力もゲートは下手…リカバーできる展開になるかどうかがポイント
富士ステークス 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ラストは甘いが瞬時の反応はトップクラスの器用な馬
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ポールヴァンドル、器用に立ち回って一瞬の脚を上手く引き出したい
京都金杯2018 出走予定馬:レッドアンシェル、先行力に磨きをかけ上昇…適度なペースなら好勝負
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ロサギガンティア、昨年もラストは甘く…一足をどこで使えるかがポイントになりそう
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:サンライズノヴァ、前走グリーンチャンネルCで古馬をなで斬り…東京マイル適性高く、真価を問う舞台
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
オールカマー 2017 出走予定馬:カフジプリンス、前走上手く先行、これで何とか活路も…とにかくギアチェンジが下手
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP