投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

阪神カップ 2017 出走予定馬:サングレーザー、連勝ストップもGIで強さ…しかし使い詰めに高速1400がどう出るか?

日程:2017年12月23日(土)
第12回 阪神カップ(GII) 阪神芝内1400m
予想用・出走予定馬一覧
阪神カップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 4連勝の勢いはなくなったが、代わりにマイルチャンピオンシップ3着という確固たる実績を身に着けたサングレーザーが阪神カップに出走予定だ。前走マイルチャンピオンシップでは中団からしぶとく伸びて3着とマイル路線の頂点で目途を立てる結果を残した。1400はスワンステークスを制した距離、世代交代を告げるためにもここで古馬に引導を渡したい。


 仲秋Sで勝った相手のビップライブリーも京阪杯で結果を出してきたし、3歳世代のレベルの高さというのはもう間違いのないところ。マイルCSも強い競馬だったし、阪神1400も適性的に問題は無い。後は1200寄りのスピードタイプに対してどう戦えるか。この辺りは仲秋Sを含めてもまだ完璧ではない。最後に使い詰めてのマイルCSがメイチだと考えると反動が出易いローテにはなる。


スワンS(GII) 1着 18頭2枠3番
京都芝外1400m重 1:22.4 34.9-35.8 H^1
12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.2

 まずは2走前のスワンSから。この時は重馬場でタフな馬場状態。ペースバランス的には1秒程度でややハイ、ラップ推移は淀みなく進んでいるのでパワー型の基礎スピード勝負となった。


 3番枠からやや出負け、そこから無理はせずに後方の内目で進めていく形をとる。道中も中団の内目で我慢して3角。3~4角でも内目で我慢、動かないまま直線で内を狙っていく。序盤で内からスッと抜け出してきて先頭列に近いところ、L1でヒルノデイバローとともに抜け出して最後に競り落としての勝利だった。


 内容的には出負けから内目を立ち回って3~4角で上手く噛み合ったなというのは確かにあるし、そのうえでラストまでしぶとく伸びてポテンシャルでヒルノデイバローを撃破できた。ただ冷静に考えてこの時の馬場は重かったわけで、質的な基礎スピードを問われたわけではないし、このペースで前が落ちてしまったというのも大きいと思うので、純粋な1400mの競馬というよりはマイルに近い競馬になっているんじゃないかなと。軽い馬場での1400mで入りがこういう感じで出負けしてポジションが悪くなるとどうなんだろう?というのはある。


マイルCS(GI) 3着 18頭2枠4番
京都芝外1600m稍 1:33.9(+0.1) 46.7-47.1 M
12.2 - 10.8 - 11.6 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 12.1

 前走のマイルCSでは程度の差はあるがある程度タフな馬場で基礎スピードとポテンシャルのバランスを問われた戦になった。ペースは綺麗な平均、L3最速でポテンシャル戦となっている。


 4番枠から五分のスタート、そこからは無理せずにじわっと追走して中団馬群の内目ぐらいでの競馬となる。道中はエアスピネルをある程度意識しながら進めて3角。3~4角でもエアスピネルの後ろで進めて中団馬群から外に持ち出し直線。序盤でエアスピネルの外からだがジリジリと離されるも2列目には食らいつく。L1でそこからしぶとく伸びてきてエアスピネルとの差は詰めるが内で上手く我慢していたペルシアンナイトに突き抜けられての3着だった。


 自身の後ろにいたペルシアンに直線で差し込まれてしまったが、こちらも上手く外に持ち出したと思う。それでもペルシアンナイトやエアスピネル相手に互角に近いところでやれているし、マイルでのパフォーマンスの高さは本物かなと。むしろスワンSよりも距離を延ばして序盤の入りが楽になった感じはあるし、マイルぐらいが実は合っているんじゃないかな。そしていずれも時計がかかる馬場で最後までしぶとく伸びてきたというところを評価したいのでポテンシャル面。逆に軽い馬場で前半の基礎スピードを高いレベルまで求められた時に追走で脚を削がれないことはあっても最序盤の位置取りで届かないというケースはあり得る。


仲秋S(16下) 1着 12頭7枠10番
阪神芝内1400m稍 1:21.3 34.5-35.0 M
12.4 - 10.6 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 11.8
 
 1400m戦ではもう一つ仲秋Sで結果を出しているし、相手も2着がビップライブリーでお互いその後も活躍している。ペースは平均で流れてのL2最速戦。一見平均ペースで基礎スピードを問われたようにも感じるんだが、阪神1400としては中盤が11.8-11.8と顕著に緩んでいてそこからのL2最速11.4。また稍重馬場でもあったので意外と前半の基礎スピードはそこまで問われていないと感じる。実際時計的にも1:21.3と決して速くない。


 10番枠から五分には出たが二の足でやはり苦労して後方に下がる感じになる。最終的にも後方2番手ぐらいで進めていくが3角辺りからペースダウンで前が落としてくる、中間地点ぐらいからじわっと進出して後方内から外に誘導、大外で直線に持って行く。序盤でそこから最速地点でスッと伸びて中団、L1でまとめて差し切っての勝利だった。


 ラストまで一番いい脚を使ってきたのでトップスピードの質、持続力の両面で高いレベルにあったと。ただし、前半のペースはそこそこ速いといってもやはり中弛みがあったのは大きいし、後方からでもしっかりと取り付けるだけのポイントがあった。この馬の位置では3Fで35.8と結構緩い入りになっているわけで、末脚を引き出すことができたのはスピードタイプが息を入れたことで時計勝負にならなかったという見方もできると。


2017阪神カップに向けての展望

 正直に言うと、例年通りの馬場ならある程度信頼して良いかなと思っていた。ただし、今年に限るとかなり軽くて恐らく先週の馬場だと良なら20秒台は間違いない、下手すると19秒台まで流れれば視野に入ってくるぐらい軽い。そうなるとこの馬としては最序盤の遅さがネックになる可能性が高くなる。札幌の1500m戦では緩い地点からしっかりと動けていてギアチェンジ面はある程度秘めている、トップスピードの質、持続力も高いしマイルではタフな馬場での平均でもポテンシャル面が問われてやれた。この感覚だとどちらかというとマイル~1800の方が合うかもしれないと。1400で結果を出してきたけどスワンSはタフな重馬場で出負け、ポジショニングの拙さがそこまで影響しなかった。また仲秋Sでも中弛みで取り付くタイミングがあり時計小デブなかった。34-11.5-34.5ぐらいでで淀みなく淡々と高い基礎スピードが問われたときの不安は実はあると思う。加えてやはりまりうCSまで一気に駆け抜けた状態面のおつりがあるかどうかだろう。この辺りも踏まえると、今回は意外と消し時かなと。ゲートがカギだし、今回は基礎スピードタイプの馬が多く、マイルCSの感じなら個人的にはレーヌミノルも厄介になる。状態面に関しては追い切りで判断したいが、現時点では消すことも視野に入れていいかも。


――――――――――――――――――――――――
【◆】キタサンは最後に勝って花道を飾れるのか?

【◆】シュヴァルグランの連勝はあるのか?

【◆】スワーヴリチャードは右回りでも買えるのか?

【◆】数ヶ月前から有馬だけを見ていた隠し玉とは?

――――――――――――――――――――――――

今年の有馬も完全見えている!

▼全ての結論はコチラで▼

――――――――――――――――――――――――
今年の【 有馬記念 】の結論は
絞りに絞った3連複・3連単1点で公開します!

今年の有馬も完全見えている!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

情報の衝撃度も!配当妙味も!

天皇賞・秋(5万5320円的中)と
同等か?或いはそれ以上!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『絞りに絞った1点』で有馬記念の結論を教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


========================
師走競馬も絶好調!
大量の万馬券をお届け中!
========================

4回中京4日目12R
17万1050円的中
4万5930円的中

----------------------
5回中山4日目2R
2万7710円的中
1万0020円的中

----------------------
4回中京1日目6R
2万0940円的中
----------------------
4回中京1日目8R
1万1880円的中
----------------------
5回阪神1日目11R
1万2120円的中
----------------------
5回中山3日目5R
1万0190円的中

========================
他にも今シーズンは
大万馬券が続出中!
========================
4回京都9日目11R
8万2060円的中
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中
----------------------
その他的中多数!


■■■有馬記念■■■

絞りに絞った1点は今すぐコチラから
pngワールド:有馬記念300-250


■■■■■■■■■■


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

エプソムカップ 2017 出走予定馬:ベルーフ、前走は道悪もあっただろうが崩れすぎ…出し切れれば怖いがゲート拙く高速府中だと不安が多い
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:プロディガルサン、東京新聞杯はドスロー過ぎだが、鋭い末脚を引き出せるペース、枠なら
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、北海道競馬からの刺客…前走が強く、距離延長は面白そうなタイプ
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、直線では手応え以上にしぶといが…コーナーで動けない面があり
シリウスステークス 2017 出走予定馬:ミツバ、ポテンシャルの高さは間違いない…3角までにいいポジションを取れるかがポイント
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、前半すぐに支配できるかがポイント…中盤以降の強気の競馬は脅威
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、ポテンシャルは世代でも最強レベルだが…やはり府中で切れ味勝負がどうか
CBC賞 2017 出走予定馬:メイソンジュニア、3歳短距離路線で底を見せない魅力…総合力の高さで古馬相手に力試しだ
阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…
函館記念 2017 出走予定馬:ツクバアズマオー、コーナーでの立ち回りの上手さが魅力で函館は歓迎だ
クイーンステークス 2017 出走予定馬:パールコード、ゲートセンスは確かで怖さはあるが1800は少し短いかも
中京記念 2017 出走予定馬:ウインガニオン、連勝の勢いは本物か?オーバーペースにならずに逃げられるかどうか
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:レッドファルクス、1400mへの延長もむしろ好材料か?ゆったり入って末脚を出し切りたい
中山金杯 2018 予想用ラップデータ:前半スローになりやすく、L2最速率高し…序盤のポジション取りは重要か
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP