投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ムーアとのコンビで逆襲なるか?今年の馬場は微妙に軽く…向こう正面で勝負しきれるか?

日程:2017年12月24日(日)
第62回 有馬記念(GI) 芝内2500m
予想用・出走予定馬一覧
有馬記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は宝塚記念で念願の日本のGIを制したサトノクラウンが有馬記念に出走予定だ。前走のジャパンカップでは10着に敗れたが、良馬場の府中は厳しい条件でもあった。意外にも有馬記念にはこれが初参戦となるのだが、持ち味のポテンシャルは暮れの中山2500でこそ活きてきそうだ。後はライアン・ムーアに乗り替わってこの馬のポテンシャルを余すことなく引き出せるか。


 とにかくL2にもう一段の加速、というような競馬に持ち込ませないことが重要。宝塚記念を見ても6F勝負で突き抜けたぐらいなので、本音を言えば2角の下りで一気に押し上げてしまえと思うんだけどね。向こう正面からの動きだと5F戦に落ち着くし、今の馬場でとなると多分12秒前後に引き上げたところでL2だと11秒前半の脚をキタサン辺りは使ってくると思う。勝負所での動きの意識が非常に重要だし、ポテンシャル特化戦に持ち込めれば敵はいないというぐらいのつもりで乗ってほしい。その点でサトノクラウンを信頼しているミルコから、全く知らないならともかく2歳時のトップスピード戦での実績のイメージを持っているムーアがそこまで腹を括って動けるか?という不安はある。今回は鞍上と噛み合わない可能性が高いと思っている。


宝塚記念(GI) 1着 11頭8枠11番
阪神芝内2200m稍 2:11.4 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 なんといっても宝塚記念の完勝ぶりを振り返るしかない。この時は稍重で少し渋ってはいたがそこまで時計が掛かっていたわけではなく標準ぐらいには出ていた。ペースは1.5でかなりのスローに肉薄、ラップ推移的には6Fの超ロンスパでポテンシャル特化戦だ。


 11番枠からやや出負けかなという程度、そこから前半はキタサンブラックを少し意識しながらも中団ぐらいで様子を見る。1~2角で緩んでキタサンが掛かっているのを見てここで抑えずにキタサンに並びかけていってキタサンにペースを引き上げさせる、そして自身はそこから下げてコントロールする。3~4角では好位の外目だがキタサンより1頭分内で我慢、4角でもキタサンが抜け出すのを待って直線で外と完璧な運び方。そこから序盤で一気にキタサンを並ぶ間もなく交わして堂々先頭、L1までもちろん高いポテンシャルで脚色を維持しての完勝だった。


 キタサンを上手くけしかけることができた、そしてその後ろでジッとして3~4角では1頭分内を通してと結構理想的な競馬ができたと思う。また最序盤は35.2と速かったがここでは無理せず中団、1~2角の緩みで取り付いていく形で全体はスローになったのでそこも噛み合ったかなと。ポテンシャルに関しては現役屈指で、このレースだけでなく京都記念連覇を達成した時も時計がかかる中での後半ロンスパ気味でL1で突き抜けるという競馬。ロンスパになれば現役最強とみていいと思う。


天皇賞秋(GI) 2着 18頭1枠2番
東京芝2000m不 2:08.3(+クビ差) 64.2-64.1 M
13.2 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.7 - 14.0

 天皇賞秋では不良も不良、ここ近年でも稀なレベルで時計がかかった。ペースは平均程度、中盤少し息が入ってのL3最速なので割と単調というほどの流れではないんだが、L1は14.0と極端に減速していることが示す通りで最後の消耗度合いは激しいレースだった。その中でこの馬としてはそれでも敗因は違うところにあったと思う。


 2番枠からまずまずのスタート、そこから序盤は無理せず中団で入っていくのだが、出遅れたキタサンブラックにマークされる形でこれまでとは逆の競馬となる。道中はそこまで速くない流れで中団の内内で我慢しながらも中弛み地点でじわっとポジションを上げて好位で3角。3~4角では2列目から先頭列まで押し上げて内目で進める形、仕掛けを待ちながらグレーターロンドンの外で直線。ただコーナーワークと早仕掛けで先にキタサンブラックに出し抜かれて加速地点で置かれる。L2の地点で上手くキタサンが外に持ち出したのでその内を突く形になって最後まで伸びているのだが届かず、接戦の末の2着だった。


 豊が色々ファインプレーをしすぎたので難しかったと思うが、勝敗を分けたのは2つほどあると思う。1つはやはりL2地点で外に持ち出されてそれを待ってから内に切り替えて追い出すという形。これは減速地点になるのでどうしても惰性を削ぐ要因にはなったと思う。もう一つは4角出口でのポジションがこれまでと逆だったこと。キタサンが後ろにいたことでミルコといえども仕掛けの意識が遅れてしまった。その間隙を豊がついたことで直線入りで一気に出し抜かれてL2で外に持ち出すだけのリードを取れてしまった。この辺りがやはりタフな馬場でも影響したと思う。とりわけL3地点では加速が要求されていたし、タフな馬場でも加速するという地点での甘さというのはどうしても現役最強クラスの戦いでは露呈してしまうのかなと。ただもちろんだがポテンシャル戦になっていて速いラップを要求されなければ強いのは間違いない。


ジャパンカップ(GI) 10着 17頭6枠12番
東京芝2400m良 2:25.2(+1.5) 60.2-59.1 S^1
13.0 - 11.2 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0

 ただ前走のジャパンカップでは10着に沈んだ。ペースはややスロー、ラップ推移的には割と淡々と刻んでいるのだがそこからL3最速11.3とそこそこ速いラップを踏んでいる。ある程度のペースでは刻んでいたし4F戦なので極端にトップスピードの質を問われたわけではないが、それでも分散されてポテンシャルや前半の基礎スピード面との複合的な感じになったと思う。


 12番枠からやや出負けして無理せず後方からの競馬を選択する。道中も後方外目で進めながらだが割とキタサンブラックが淡々とあまり息を入れない流れに持ち込んだので余り押し上げられないまま3角。3~4角で流石にそとからじわっと押し上げていく競馬を選択、4角では好位の外まで進めて前を向いて直線。ただ最速地点の序盤で置かれて伸び切れない、L2以降も甘くなっての完敗だった。


 このレースに関して言えばやはりこのペース、そして4F戦でももう一段の速い脚を要求されてL3で苦しくなったという印象。11秒後半までなら長く脚を使える馬だが、軽い馬場で前半のペースもそこそこ速くラップの淀みが無くてなかなか取り付けなかった、3~4角でもロスがあって外から動く、そしてL3で速いラップを踏まされる。絶妙に前後半でしんどい競馬を終始させられた感じだと思う。陣営はキレ負けしないって豪語していたけど、こういう流れでももう一段の脚を使えるのがキタサンブラックなわけで、少なくともキタサンに対してはレースを作られての完敗だった。端的に言えば府中の良馬場ならキタサンと武豊はサトノクラウンを潰す競馬を主体的にできる。もちろんその結果足元をすくわれてはいるんだが、弱点がハッキリとあるのがこの馬の弱みであり魅力でもある。


2017有馬記念に向けての展望

 展開上のポイントはただ一つ、完全なポテンシャル特化戦に持ち込めるか、それともキタサンに支配されてL2の加速で置かれるかに尽きると思う。今回のメンツで前半から実質的にハイペースというのはまず考えにくい。誰が逃げようとレースの中心はキタサンブラックなわけだしキタサンは秋天で見せたように仮に後ろからになっても問題ない、それは極端としても好位でも構わない。そういう馬に対して突く意味がない以上なかなかペースを引き上げて行くのは難しいだろう。基礎スピード面で前半しんどい競馬では甘くなるサトノクラウンだが、そこに関しては問題ないと思う。スローは良いとしてやはり中盤である。向こう正面からのロンスパといってもせいぜい5F戦。宝塚記念で見せたようにサトノクラウンの場合は6Fぐらいのロンスパでもばてずに外々回して完勝できるポテンシャルが最大の武器。向こう正面をフルに使って押し上げていっても良いレベル。仮にここで動ききれずに3~4角で更に加速していく形になると恐らく苦戦は必至だろうと思っている。なのでムーアの評価は別にして、ミルコの様に腹を決めて動けるような騎手でないとなかなか今回の条件では狙いづらい、と思っている。タイプ的に有馬記念が合うのは間違いないんだが、それを引き出せるかどうかはそれを知っている鞍上かどうか?というのが大きい。個人的にはムーアに向こう正面で仕掛けていくという選択肢は持ち合わせていないんじゃないかな。なので現時点では消すところまで視野に入れている。雨が降ってタフな馬場になれば個人的には一気に浮上させたいが、良馬場で内枠で包まれて動けない位置になるのは避けたい。


――――――――――――――――――――――――
【◆】キタサンは最後に勝って花道を飾れるのか?

【◆】シュヴァルグランの連勝はあるのか?

【◆】スワーヴリチャードは右回りでも買えるのか?

【◆】数ヶ月前から有馬だけを見ていた隠し玉とは?

――――――――――――――――――――――――

今年の有馬も完全見えている!

▼全ての結論はコチラで▼

――――――――――――――――――――――――
今年の【 有馬記念 】の結論は
絞りに絞った3連複・3連単1点で公開します!

今年の有馬も完全見えている!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

情報の衝撃度も!配当妙味も!

天皇賞・秋(5万5320円的中)と
同等か?或いはそれ以上!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『絞りに絞った1点』で有馬記念の結論を教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


========================
師走競馬も絶好調!
大量の万馬券をお届け中!
========================

4回中京4日目12R
17万1050円的中
4万5930円的中

----------------------
5回中山4日目2R
2万7710円的中
1万0020円的中

----------------------
4回中京1日目6R
2万0940円的中
----------------------
4回中京1日目8R
1万1880円的中
----------------------
5回阪神1日目11R
1万2120円的中
----------------------
5回中山3日目5R
1万0190円的中

========================
他にも今シーズンは
大万馬券が続出中!
========================
4回京都9日目11R
8万2060円的中
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中
----------------------
その他的中多数!


■■■有馬記念■■■

絞りに絞った1点は今すぐコチラから
pngワールド:有馬記念300-250


■■■■■■■■■■


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 予想用まとめ…出走予定馬展望を単勝オッズ順にまとめ
有馬記念2017予想参考前日オッズ キタサンブラックが抜けた人気
有馬記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、覚醒の時か?有馬は昨年完敗も成長を見せる舞台となるか
有馬記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、日経賞で強い競馬をした舞台…JC含め秋不満もしぶとさを活かす競馬ができるか
有馬記念 2017 出走予定全馬:『北』サンブラック大団円か、春秋グランプリ連覇か、3歳の勢いか…それとも?
有馬記念 2017 予想:本命02キタサンブラック
【有馬記念2017】出走予定馬 サンデーとスピード血統がポイント
有馬記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、悲願の有馬記念制覇でラストランを飾れるか?総合力は現役最強、器用さで勝負したい
有馬記念 2017 予想用ラップデータ:スローからのロンスパが基本…2段階加速で直線入りにもう一段加速というケースが多い
【有馬記念2017】追い切り情報 近2年上位独占の追い切りに該当する馬
有馬記念 2017 出走予定馬:クイーンズリング、エリ女を制した瞬間的な反応も今年は影を潜め…適性的にも微妙か
有馬記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ3走が物足りないが…最内枠でポジションを取ってスローロンスパなら怖い
【有馬記念2017】プレ予想 サトノクラウン条件は良くなる
有馬記念 2017 枠順確定&展開予想動画:キタサンブラック、武豊まさに神の手で引き当てた1枠2番!
有馬記念 2017 1週前追い切り・調教評価:余裕をもって前肢を大きく動かし、ラストまで力強いフットワークで好時計・好ラップ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP