投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

有馬記念 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、瞬時の切れ味は一級品も…右回りで手前をなかなか換えないのはリスク

日程:2017年12月24日(日)
第62回 有馬記念(GI) 芝内2500m
予想用・出走予定馬一覧
有馬記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 ダービー馬レイデオロは回避も3歳馬からはダービー2着馬スワーヴリチャードが有馬記念に出走予定だ。強烈な刺客となりそうで、2500mのアルゼンチン共和国杯でアルバートらを圧倒しての勝利、瞬間的な加速の性能はかなりのものだが右回りでは手前をなかなか換えてくれないというリスクもある。GI制覇請負人のミルコ・デムーロとのコンビで課題を克服しキタサンのラストランを喰えるか。


 ダービーや共同通信杯、前走のアル共でも良いがとにかく府中での加速性能の高さが非凡であると。ただし、右回りでは皐月賞の感じからもやはり手前を換えていないというのは不安材料で間違いない。要所での反応が売りなのだがそこでしっかりと手前を換えて加速に持って行けるか。


アルゼンチン共和国杯(GII) 1着 16頭2枠4番
東京芝2500m良 2:30.7 60.4-59.2 S^1
7.4 - 11.3 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 12.1

 まずは前走のアルゼンチン共和国杯から。このレースは最序盤だけは遅いが中盤以降は12秒前後を連続する形なので結構流れている方。そこからの5F戦からL2でもう一段なので2段階加速に近い。やや単騎気味に前が飛ばしていたので実質はもう少し緩いかも、という感じ。


 8番枠からまずまずのスタート、そこからある程度促してからコントロールして上手く2列目の内に入っていく。最終的には3列目の内になってそこからは内で我慢しながらの競馬。3~4角で3列目の内からじわっと追走して直線。序盤で前にスペースがある状況で楽に差を詰めL2の地点でグンと伸びて突き抜ける。最後は流すぐらいの余裕があっての完勝だった。


 枠も良かったがスタート良くしっかりと好位の内内を取れたのは良かったし、3~4角でも前にスペースを置いた状況から差を詰めていく、更に2列目のセダブリランテスが直線で外に行ってくれたのでそのスペースも確保できた。噛み合ったとはいえ加速していく地点でするすると伸びてくるこの馬のギアチェンジの性能、またポテンシャル面もL5からのロンスパで問われた中で強さを見せたのは大いに評価できる。この器用さを活かしたいのと、ロンスパの中でもそれを引き出せるのでステイヤー的な競馬もできたのかなと。


日本ダービー(GI) 2着 18頭2枠4番
東京芝2400m良 2:27.0(+0.1) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 2走前の日本ダービーではより極端なドスローからの3F勝負とトップスピード戦に特化した一戦となった。ペースは4.1で超々スロー、ラップ推移的にはL2最速でトップスピード戦という側面と同時にL4の4角地点で12.7と非常に遅いラップ。そこから一気に11.5まで加速するギアチェンジ面、L3-2でも11.5-10.9と加速度が高いのでこの2Fで加速性能を問われている。


 4番枠からやや出負けしたが枠の並びと最序盤から遅かったというのもあって内枠から行為の3列目を確保。道中もダンビュライトの後ろでジッと我慢せざるを得ない展開だが3角手前でダンビュライトの外に持ち出す。3~4角では3列目に押し上げ徐々に外、進路を確保して3列目で直線。序盤で追い出されてからしっかりと反応してL2の地点では一旦レイデオロに並びかけるかというキレを見せる。しかしL1では甘くなってレイデオロに完敗の2着だった。


 3角手前からの進路のイメージは完璧で、3~4角で緩い流れだった中で外からしっかりと前を向いてきた。それプラスこの馬自身のギアの切り替えの上手さもあって早い段階で伸び始めてL2の最速地点ではレイデオロに脅威といえるレベルの脚色を見せていたと思う。ただL1ではレイデオロに対してむしろじわっと差をつけられた感じなのでTS持続はちょっと物足りない。瞬間的なギアの切り替えは良かったかな。またダービーでは左手前でコーナーを回ってすぐに右手前に換えて、半ばでまた左手前に換えてとしっかりと手前を換えている。


皐月賞(GI) 6着 18頭1枠2番
中山芝内2000m良 1:58.2(+0.4) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 3走前の皐月賞では6着と掲示板を外している。右回りの中山コースでの完敗ではあるが、ペースが平均でそれなりには流れていたし、仕掛けも早くL3の時点で最速タイだったので必ずしも右回りだけは敗因でもないかもしれない。


 2番枠から好発、そこから無理せずじわっと進めながら好位の内内で進めていく。最終的にはそこから控えて中団の内目で入っていく。向こう正面では少し緩んでいてここで中団馬群の中でややブレーキ気味、コントロールしながら3角に入っていく。3~4角ではファンディーナが動いたことでペースが上がり、その流れの中で中団外々マラ進めながら直線。序盤でやはり右手前のまま入ってきて伸びあぐねる。ラストまで手前を換えずに伸びあぐねた。


 このレースではコーナーでは当然右手前で回ることになるので4Fをずっと右手前で走っていることになる。しかも仕掛けが比較的早くL3の11.4最速タイ地点は丸々4角になるわけで、そこで外からとロスの多い状況でありながらも手前を換えなかった。L1で伸びあぐねていたのはその辺りの可能性もある。ただ、それだけではなく単純にレース全体のペースが速かったことで脚を削がれたという見方もできるし、距離延長でゆったり入れればというのはアル共やダービーの内容からも感じるところ。


2017有馬記念に向けての展望

 アル共がある程度のペースから3~4角で1段階目、L2でもう一段という2段階加速の競馬の中で鋭く脚を使ってきたように、割とポテンシャル面も見せてきたのは良い材料。なので右回りを除けば有馬記念の適性は高いと思うし、特にL2でもう一段速い脚を要求される競馬で鋭く加速できるのはこのレベルでも武器になると思う。後は右回りでどうか。皐月賞ではコーナーの地点で既に速い脚を要求されていたのに右手前で走り続けたことでしんどくなるのが早くなったかなというのはあるし、ダービーでも瞬間的な伸びは良かったがL1は甘くなった。とはいえレイデオロがジャパンカップでキタサンブラックを楽に差し切っていることを考えても神戸新聞杯のパフォーマンスを考えてもダービー2着のL1の踏ん張り自体もそんなに悪くないと思う。手前をしっかりと換えて最後まで踏ん張れていることを考えれば右回りはやはり不安材料になるかな。要所の反応は良いが、未勝利勝ちを見ても右回りでは手前をなかなか換えずにL1でようやく換えたという感じ。仮に3~4角で速いラップを踏んで右手前での負担を増やされると直線で甘くなるかも?というのは不安としてはある。逆に2段階加速程度で直線での勝負になってくれれば怖いかな。現時点で右回りが不安材料なのは間違いないと思うが要所の反応が活かせる展開ならチャンスで、先週までの馬場を考えればこの馬に風が吹いているかなとも。リスクはあるが枠順次第で面白い。内枠で直線まで我慢できる展開が理想だろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 有馬記念(GI)・3連複10点勝負

   キタサンを脅かす穴馬で
  万馬券も狙えるプロの馬券!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中
11/26 ジャパンC 1万3340円的中
11/25 京都7R 1万4530円的中
11/19 福島11R 2万1810円的中
11/18 福島7R 4万6040円的中

有馬記念の渾身予想を見る方法
pngホースメン会議:有馬記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

有馬記念 2017 枠順確定&展開予想動画:キタサンブラック、武豊まさに神の手で引き当てた1枠2番!
【有馬記念2017】出走予定馬 サンデーとスピード血統がポイント
有馬記念 2017 追い切り・調教評価:終い重点も機敏なフットワークでスッと加速し突き抜けた!
有馬記念 2017 予想用まとめ…出走予定馬展望を単勝オッズ順にまとめ
有馬記念 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半からある程度流れて基礎スピードを活かしたい…中山の2500は微妙かも
有馬記念 2017 出走予定馬:カレンミロティック、かつては春の天皇賞であわやの場面も…近走不甲斐なく激変までは?
【有馬記念2017】プレ予想 サトノクラウン条件は良くなる
有馬記念 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、出し切れれば屈指のポテンシャルは宝塚で証明…向こう正面がカギ
有馬記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、覚醒の時か?有馬は昨年完敗も成長を見せる舞台となるか
有馬記念 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、一瞬の脚に有馬に強い血統は魅力も…エリ女が物足りない
有馬記念 2017 レース回顧・結果:ありがとう、キタサンブラック…大団円はキタサン祭りで幕を閉じた!
【有馬記念2017】プレ予想 スワーヴリチャード古馬相手にも通用
有馬記念 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走で素材は証明も…不器用さがあり中山2500で段階的な加速の競馬になると?
【有馬記念2017】追い切り情報 近2年上位独占の追い切りに該当する馬
【有馬記念2017】プレ予想 キタサンブラック秋3戦目が不安
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP