投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

朝日杯フューチュリティステークス 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、まさに圧倒…全てにおいて高いレベルで世代の頂点に君臨!

毎週日曜の22:00からツイキャスで朝日杯フューチュリティステークスなどの重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2017 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m良
レース回顧・結果

1:33.3 47.2-46.1 S^1
12.6 - 10.8 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 11.0 - 11.7

レース回顧動画はこちら


 焼き土下座レベルで川田舐めてた。流石に逃げるのは嫌そうだったけど、フロンティアとの位置関係が逆だったのは完全に間違いだったなあと。そして結果的にスローだった流れでL2で一番いい脚を使われているわけなのでこれはもう…って感じ。まあダノンのところで詳しく書くとして、ペースは1.1でS^1レベルのスロー、ラップ推移から中盤の淀みは少しあったし馬場も軽かったのでL2最速11.0。速いラップを問われたし、最低限の基礎スピードと後半の総合力を高いレベルで問われた。ただL3の段階でも11.3なのである程度出し切りやすい方だったはず。2,3着は個人的にはこの展開でL1の伸びがイマイチだったのが不満かな。


1着ダノンプレミアム

 1番枠から好発を切ってそこから外の様子を見ながら、それでも下げ過ぎないように2列目で抵抗しながら外のケイティクレバーが行き切ってくれたのでそこで無理せず楽に2列目ポケットで確定させる。道中も前にスペースを置いて待ちながら3角の中弛みでも我慢。4角でもまだ我慢しながら前にしっかりとスペースを取って2列目で直線。序盤でしっかりと進路確保して一気に先頭に立ちそこからの合図で抜け出す。L1の坂の上りでも後続を詰めさせる隙を作らず、独壇場の圧勝だった。


 人馬ともに強かったの一言。特に不安視していた最速地点での切れ味で誰もここで優位に立てなかった、離されたわけなのでこのペースであの位置であれだけやれれば圧倒といっていい。またL1でもこの馬自身は減速しているがここで後続を全く寄せ付けていない。圧倒といっていい。同日の元町Sが1:33.8で47.6-46.2、前半が速いし後半はほぼ互角、L1はまだ余力がこちらはあったという点で考えても現時点で同日準OPより1段上なのだから、これは高く評価するしかないわけです。少なくとも現時点で皐月賞まではこの馬で良いかなと思うし、ダービーでも今日の競馬ができるようなら問題なく勝負に絡めるんじゃないかなあ。まあ勿論世代全体が超ハイレベル、という可能性は残っているから最終的な判断は別だが、基本的に春の2冠はこの馬をベースにしていいと思う。ペースが速い中でもしっかりとギアを落とせるので距離の融通も利くだろうし、今日もこれでメンバー中最速の上がりが示しているように末脚の絶対量がかなり高いレベルにあることを証明できている。今日の競馬で全く隙が無くなってしまったなあ、という感じですな。もうしばらくずっと本命でも良いかなと思うぐらいには強かったと思う。サウジ戦からみてペースを落としたことでパフォーマンスを上げてきていると思うので、そう考えると今後も楽しみやね。流れても高いレベルでやれるしスローでもむしろ上げてきているわけなので。ゲートも上手くコントロールも利いているし全く注文がない…。有り体に言えば総合的に見て化け物レベル。世代限定戦のうちは崩れるイメージが想像できんなあ。


2着ステルヴィオ


 10番枠から五分のスタート、そこから様子を窺いつつ下げて後方、最終的には後方の外目ぐらいに持って行く。道中は促しながらの追走ぐらいで進めて後方馬群の中で3角。3~4角で中目から外に誘導しながら進めるが窮屈なところで直線。序盤でそこから抜け出すのに苦労しつつも中団、L1でそこからしぶとく伸びて何とか2着は確保した。


 まあ流石に相手が強かったのは間違いないが、この馬自身色々とあった流れではあると。特に個人的に感じたのは4角以降の流れで窮屈になっていて直線序盤で抜け出すところからL1の手前ぐらいで手前を既に換えていたという感じ。ここでスムーズさを欠いたのが伸び始めの遅さに影響した感はある。L1は結構来ていたので、サウジ戦同様TS持続は結構高いレベルのものを見せていると思うんだが、L2の最速地点でスムーズならもうちょっと差は詰まっていたかもなあ、とは思うところかな。悪くないスタートからスローの段階で下がったが、この馬の二の足だとあれはある程度仕方がないし、3~4角で外からという判断も良かったと思うが結局それでも少し窮屈な流れになってしまったからね。まあ強い競馬はできたと思うけど、それでもマイルでは逆転は難しいかな。最後の脚を見る限り距離に関してはもうちょっとあっても良いと思うんだけど、血統的にはそういうわけでもないので今後どういう成長曲線を描いていくか。少なくとも器用さではダノンプレミアムが圧倒的に上だし、素材的にも上回れていないので現時点では2番手グループになってしまう。


3着タワーオブロンドン


 3番枠から五分には出た、そこから促していきながらだが内の各馬の出方が読みにくい中で好位の中目に入り込んでアサクサゲンキが下がってきたことでかかり気味、合わせて抑えて好位馬群の内目で我慢の展開。3~4角でも好位の内目で引っ張りながらで折り合いに苦労しつつも上手くダノンプレミアムの直後は取って3列目で直線。序盤でそこからダノンの直後という進路を確保しているのだが反応で見劣って一気に抜け出されてしまう。L1でそこから2番手には上がるのだがそこからの伸びで見劣って最後は一気にステルヴィオに呑み込まれての3着だった。


 レースレベルの問題もあると思うけど、やっぱり感じたのは瞬間的なギアチェンジはちょっと足りないんだなと。京王杯2歳Sでも伸び始めは遅くてL2の途中ぐらいからの伸びだった。今回はL1で一旦抜け出してはいたけど最後の最後に結局はステルヴィオに差し込まれたわけで、素材的に見てもステルヴィオやケイアイノーテックにはちょっと見劣るかなと感じた。前走を見るとマイルでもと思ったんだけどなぁ。ただ結局はやっぱりゴーンウエスト系なので血統的には1200~1400の方が合うのかもしれんし現時点では何とも。少し評価を下げた方が良いかな。少なくともダノンプレミアムに現時点で勝てる要素が無い。ステルヴィオとの比較で見てもやっぱりTS持続で甘さを見せてしまったのは不満かな。


4着ケイアイノーテック


 5番枠からやや出負けして好位を取れず、タワーオブロンドンより後ろからのスタートとなってしまう。道中も中団の中目で進めてタワーオブロンドンの後ろを確保しながら3角に入る。3~4角でもタワーの後ろから外に誘導しながら中団で直線。序盤で外に出そうとして狭いところを突いて出し切る。L1で中団外からステルヴィオとともに伸びてくるのだがステルヴィオには伸び負けし、L1でタワーオブロンドンにも届かずの4着完敗だった。


 ん~タワーの直後で我慢しても良かったかもしれんけどね。直線で外に出すまでに苦労していたし、内で抜け出すところまで我慢してという競馬ができていたら着差も着差だし結果的には?というのはある。新馬ではスッと動けていたし、ここでも外に持っていたが進路が狭かったので捌くだけの時間がもったいなかったかもしれない。まあ詰まるリスクももちろんあったし結果から見ても仕方ない面もあるので難しいところだけどね。とりあえずタワーオブロンドンに対して最後は結構詰めていたのでこの辺りはパフォーマンス的にはデイリー杯からは上げてきていると思うし、阪神というよりある程度軽い馬場の方が合ってるんじゃないかな。個人的には印をつけるかどうかの当落線上で切ったのでヒヤヒヤした。まあこんながちがちの馬券でそういうレベルでもないんだけどね。


5着ダノンスマッシュ


 12番枠から出遅れて最後方列からの競馬となってしまう。そこからどうしても促していくのだが、結局リカバーすることはできずにコントロールしようと思って今度はかかる。その流れで後方の内内で進めて折合を意識し3角。3~4角では中弛み地点でブレーキしながら中団の最内まで取り付いて直線。序盤でフロンティアの内に潜り込んでしぶとく伸びてくる。L1でそのままの勢いを維持したかったが最後は外の2頭に見劣っての5着完敗だった。


 こういうところで出遅れるあたりが戸崎だったり福永だったり、今年噛み合ってねーなって言う機種なんだよなあ。流石にあの位置からになってしまうと難しい。スローからのトップスピード戦で一定の目途は立てたと思うしマイルでもやれるとは思うが、流石にL1での伸びで外の2頭に見劣っているのでTS持続はちょっと甘い。要所の反応もそこまでよくはなかったが後半3要素のバランスはまずまず。なので後はこれをある程度いい位置で引き出せるかどうかがポイントになるかな。今回は出遅れてしまったが、結果的には後半特化でちょっと足りないというのが分かったのも収穫。前半しっかりとゲートを決めて良い位置で進められればという感じかな。


8着フロンティア


 2番枠からまずまずのスタート、そこからは様子を見ながら最終的にダノンプレミアムより後ろとなって好位の内目ぐらい。3~4角でも3列目の内内で進めて前にスペースがある状況で結構理想的な入り方で直線。序盤で前のスペースを詰めたいところで反応が無く伸びない。最後まで良いところなくの完敗だった。


 ん~結構深刻な負け方で、やっぱり前半のペースが影響しているんじゃないかなと。最後もばてているわけではないけど、要所で反応が鈍かったし前半のペースがある程度流れてしまうと後半の鋭さが削がれてしまう感覚でいいと思う。デイリー杯の時にも感じたけどここまで顕著に甘くなると…今回も一応枠としてはスローだからね。これで甘くなってしまうようでは今後は難しいかもしれない。1800ぐらいに距離を延ばしてスローに持ち込んでというぐらいでないと。マイルでは今後は苦しい戦いを強いられそう。距離に関わらず3秒前後のドスローで前受出来ればとは思うけど…。良くない負け方だった。


9着ダブルシャープ


 14番枠から五分のスタート、そこからは様子を見ながら中団の外目から最終的にじわっと好位の外まで押し上げていく。3~4角でも好位の外から取り付きながらも4角出口で置かれて直線。序盤で延びずばてず、L1でも伸びずの完敗だった。


 最後は結局フロンティア辺りとはそこまで悪くない脚色だったので結局L3-2で置かれたところが決定的。こうなると軽い馬場でのトップスピード戦に適性が無かったと考えた方が良いんじゃないかなと。クローバー賞にしても札幌2歳Sにしてもポテンシャルに良さがあるので、この馬はもうちょっと距離があった方が良いと思うし、1周コースの方が合ってるんじゃないかな。こっちよりもホープフルSの方が面白かったと思う。



――――――――――――――――――――――――
【◆】キタサンは最後に勝って花道を飾れるのか?

【◆】シュヴァルグランの連勝はあるのか?

【◆】スワーヴリチャードは右回りでも買えるのか?

【◆】数ヶ月前から有馬だけを見ていた隠し玉とは?

――――――――――――――――――――――――

今年の有馬も完全見えている!

▼全ての結論はコチラで▼

――――――――――――――――――――――――
今年の【 有馬記念 】の結論は
絞りに絞った3連複・3連単1点で公開します!

今年の有馬も完全見えている!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

情報の衝撃度も!配当妙味も!

天皇賞・秋(5万5320円的中)と
同等か?或いはそれ以上!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『絞りに絞った1点』で有馬記念の結論を教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


========================
師走競馬も絶好調!
大量の万馬券をお届け中!
========================

4回中京4日目12R
17万1050円的中
4万5930円的中

----------------------
5回中山4日目2R
2万7710円的中
1万0020円的中

----------------------
4回中京1日目6R
2万0940円的中
----------------------
4回中京1日目8R
1万1880円的中
----------------------
5回阪神1日目11R
1万2120円的中
----------------------
5回中山3日目5R
1万0190円的中

========================
他にも今シーズンは
大万馬券が続出中!
========================
4回京都9日目11R
8万2060円的中
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中
----------------------
その他的中多数!


■■■有馬記念■■■

絞りに絞った1点は今すぐコチラから
pngワールド:有馬記念300-250


■■■■■■■■■■


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンスマッシュ、マイルへの延長がカギも、ゆったり入って良さが出た過程…プラスになるかも
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、前走レコード勝ちの基礎スピードを活かしたい…切れ味勝負には一抹の不安もある
朝日杯フューチュリティステークス2017予想参考前日オッズ
朝日杯FS 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、強敵撃破したクローバー賞は評価…高速馬場で決め手勝負になった時にどうか
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、適性の幅は広いがワンパンチ足りない印象で…
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想!今週はロードカナロア産駒に期待
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ケイアイノーテック、デイリー杯の反応の鈍さは不満も+22kgもあったか…絞れて阪神で逆襲なるか
【朝日杯フューチュリティステークス2017】出走予定馬 やはりディープ
朝日杯フューチュリティステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも鋭く力強いフットワークで抜群の気配!
【朝日杯フューチュリティステークス2017】枠順確定 ダノンプレミアム1枠1番
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:アサクサゲンキ、武豊の全GI制覇への足掛かりとなるか?…今年は流石に苦戦必至か
【朝日杯フューチュリティステークス2017】追い切り情報 ウッド追いの馬に注目
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想参考 今週もあの血統に注意
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ヒシコスマー、万両賞では後方一気も嵌った感あり…序盤も含め不器用さはネック
【朝日杯フューチュリティステークス2017】プレ予想 ダノンプレミアム阪神も合う
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP