投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの朝日杯フューチュリティステークスなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net



2017 ターコイズステークス(GIII) 中山芝外1600m良
レース回顧・結果

1:34.2 47.7-46.5 S^1
12.5 - 11.6 - 11.8 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.8

 ペースは結局は1.2でS^1レベルのスローペース。ただ中盤は終始11秒台後半なので淡々と流れているような感じで錯覚したかもしれないし、その分だけ本仕掛けが遅れている感じでL2最速。個人的には映像だけで見た時にラビットランが外から上がって行ったコーナーで速くなって甘くなったかなと思ったんだがどうも違うと。となると色々考えないといけない面もある。いずれにせよ基礎スピードはそこまで問われず、要所でしっかりとギアチェンジを持った馬が上位に来ていた中で意外だったのはミスパンテールが動けたことかな。


1着ミスパンテール


 8番枠から五分には出てそこから軽く促しつつ入って中団馬群の中目ぐらいとなる。道中はそこからコントロールしながら進めて特に大きな動き無く3角。3~4角では1頭分外ぐらいで我慢をしながら前のフロンテアクイーンを当てにするような感じで4角でもジッと我慢して中団で直線。序盤で進路は無いんだが我慢してフロンテアの外から進路を待つ。L1の坂の上りでそこから追い出して進路確保ししっかりと伸びての完勝だった。


 このレースに関しては正直ミスパンテールがこういう競馬で結果を出すとは全く思っていなかったので当てられなかったと思う。ラビットランが甘くなったことと内で我慢した馬が上位だったことからL3最速かなと思ってみていたらL2の直線序盤が最速というギアチェンジ戦の中で置かれなかったのが驚きかな。前走の清水Sでも2F戦で伸び始めは遅くてL1で来ていたイメージだったので、馬群で包まれた状況からフロンテアクイーン相手にここまでやれるとは…というのはある。ハンデ53kgというのもあったかもしれないけど、これまでのこの馬とはちょっと色が違う競馬になったかな。距離適性的にマイルがベストなのかもしれないし、ラビットランとの比較で距離適性面も影響したかなあ。秋華賞を使った使ってないの差もあるのかもしれない。


2着フロンテアクイーン


 7番枠から五分のスタートから押して積極的に先行、最終的には2列目~好位の中目で進めていく形になる。道中は前にスペースを置きながら我慢して進め、3~4角でも手綱を動かさずに我慢しながら前にスペースを保った状態で直線に入ってくる。序盤でそこから進路確保で少し待たされるがL1の手前では確保、そこからスッと伸びて一気に先頭に立ちかけたがまさに刹那にミスパンテールに交わされての2着惜敗だった。


 抜け出すタイミングのところで進路確保ができなかったので待たされたがギアチェンジの性能が高いので加速地点で置かれないのがこの馬の強み。今回は勝つにはこれしかない、ぐらい展開的にも結構噛み合っていたと思うんだが最後はミスパンテールに差し切られた。あの形で差し切られてしまったし、ハンデ差も無かったわけなのでこれは完敗に近いかな。う~ん…重賞に手が届きそうで後一歩が足りん。今回はある程度総合的な競馬になったと思うんだけどね。ベストは1800だとは思っているし、多分府中なんだろうな。瞬時に反応できるしやはりある程度前を取ってしまった方が良いと思う。マイルだと前半が流れると少しパフォーマンスを落とすので、突き詰めればやっぱり1800向きかな。今回は緩めの流れ、仕掛けが遅いギアチェンジ戦、前目が噛み合ったのも大きいと思う


3着デンコウアンジュ


 14番枠からやや出負け、そこから促しつつもやはり中団よりは後ろというところ。道中も後方で進めるが比較的淡々とスローで進んでいるので動かず3角。3~4角でも後方外目だがラビットラン辺りが外から動いていくのを直後で待ちながら直線で外に持ち出す。序盤でそこから追いだされてスッと反応して2列目に近い位置。L1の坂の上りでしっかりと差し込んだがロスなく立ち回った上位2頭相手にわずかに及ばずの3着だった。


 デンコウアンジュはやっぱり仕掛けが遅くなった方が良いんだな、という感じ。流れとしては後方で中弛みが無いのでどうしても3~4角である程度自分で動いていく必要があった。6枠2頭が前で壁になっていて直線でその外に出してから加速の反応は良かったと思うしL1までしっかりと脚を使ってきた辺りは流石だけど、微妙に噛み合い切らなかったかなと。まあVMみたいに中盤で緩む形で鋭さをってキレイに嵌るのはなかなかないとは思うんだけどね。マイルでは基礎スピード不足で全体のペースが遅かったこと、仕掛けが遅くてL2で鋭さを問われたのは良かったと思う。まあこういう感じの競馬が続くかな、悪くはないんだけどもう一段上のパフォーマンスを引き出すには展開の紛れが欲しい。55kg背負って外回してこれだし、地力は見劣らん。


4着ラビットラン


 12番枠から五分には出たか?というぐらいで外からじわっと追走しつつ中団。道中も中団外で促しながら3角に入っていく。3~4角でも外々から押し上げながらロスの多い競馬になって直線。序盤で外のエテルナミノルとともにじわっと伸びて先頭列近くまで来るが、L1で甘くなったところに内外から来られての4着完敗だった。


 ん~…個人的にはこれでL3最速ならさもありなん、っていう負け方。なんだけど、これL2最速なんだよね。直線前半が最速で一応L2は4角出口も若干入っているとはいえコーナー地点でそこまで速いラップを踏んでいないわけでここで外を回すロス自体は個人的にはそこまで決定的ではなかったと思っている。実際瞬間的な切れ味が武器のデンコウアンジュでも外から来ているし。となると、外々回してコーナリングでのロスが敗因とは言い切れない。ハンデ55kgも重かったとは思うが、個人的には秋華賞から立て直すのに少し苦労したのかも?と考えるべきかな…。正直今回の上位のメンツならローズSだけやれれば1枚上の存在のはず。ペースも遅かったしここまで伸び切れないというのはレースラップから考えると少し意外だった。ん~まあもう少し様子を見たいけど、考えられる材料は馬場適性面で顕著に高速馬場の方が良い、秋華賞の反動といったところかな。展開的には決して悪くなかったと思うし力があれば勝負になったはず。この馬自身のパフォーマンスに少し物足りなさを感じる。騎乗は可もなく不可もなく。


5着エテルナミノル


 11番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中も外目から促しながらリカバーしようとするが3角までは後方2番手で進めていく。3角でゴーサイン、仕掛けていってラビットランの外に並びかけていく。4角で捲り切りたかったが当然ラビットが抵抗するので大外を回す形で好位まで押し上げて直線に入ってくる。序盤でラビットランといい勝負、一旦は2列目の一角を構成もやはりL1で甘くなったところに内外から差し込まれての5着完敗だった。


 出負けがなあ…後方から外々回して最後まで食らいつけてはいるし内容的に見て悪くはない。ただやっぱり結果を出しているときは基本前で受けているわけだし、2列目外で待ちながらの競馬ならこの展開でも違ったと思うけど、3角から4~5Fで分散しながら押し上げてしまうとどうしても難しかったかな。トップスピードの質を集中させて高めたいタイプだと思うし、今回みたいに後半で分散して入ってしまうとなかなか…という感じ。まあ重賞で通用するだけの目途は立てたから、後はスタートを五分に切ってくれれば。マイルは微妙に短いとは思っているので、やはりベストは1800~2000になるかな。東京1800、2000、新潟2000とかは結構合いそうなかんじはするんだけどね。多分トップスピード戦の方が良いタイプだし。中距離でも1周コースよりワンターンの方が良い。


8着ワンブレスアウェイ


 2番枠から出負けして後方に下がる。そこから押してリカバーしながらだが中団馬群の後ろで我慢せざるを得ない。3~4角では最後方列の内目とかなり下がり切ってしまって進路が無いまま内に突っ込み直線。序盤でミスパンテール当たりを当てにしながら中目を追走、L1で外に誘導しようとするが進路もなく詰まってL1なだれ込んでの8着完敗だった。


 出遅れた段階で苦しかったとは思うけど、促すところが狭くなったりするのはやっぱり戸崎やなって感じ。ここまで戸崎が重賞で結果が出ないと流石に来年は関東騎手の再編も必要になってくるんじゃないか。というかルメールとデムーロがどちらも関西ってのがね。関東ももうちょっと熾烈な争いが必要だと思う。まあ、それはともかくこの馬のパターンの場合やっぱり出遅れて緩い段階でポジションが悪いと手はないかなってのはある。前受けして瞬間的な反応を活かしたいタイプなのに差を詰めるところで使ってしまっては難しいね。使える脚の絶対量は少ないタイプだから、やっぱ出負けした時点で基本的には終戦ではあったと思う。悪くともフロンテアクイーンぐらいの位置にいないといけないんだよなあ。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
noimage
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
noimage
noimage
京都大賞典 2017 レース回顧・結果:スマートレイアー、武豊がインベタズドンで同一重賞勝利最多記録!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
セントライト記念 2017 レース回顧・結果:ミッキースワロー、坂の上りで自身推定10秒台、異常な高速馬場を味方に鋭く突き抜けた!
noimage
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
noimage
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP