投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

「外れ馬券は経費」最高裁で確定 1億9千万円の追徴課税処分を取り消し

40

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/15(金) 16:33:18.62 ID:PT+FDajW0
所得税の申告で競馬の外れ馬券代を経費に算入できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は15日、「今回の外れ馬券の購入代金は経費にあたる」として国の上告を棄却した。
約1億9千万円の追徴課税処分を取り消した2審東京高裁判決が確定した。4裁判官全員一致の結論。

 1、2審判決によると、原告の北海道の男性は平成22年までの6年間に、インターネットで計約72億7千万円分の馬券を購入し、計約5億7千万円の利益を得た。
払戻金は「雑所得」に当たるとして、外れ馬券分を経費に算入して申告。
札幌国税局は払戻金を「一時所得」と認定し、外れ馬券分を経費と認めなかったため、男性が課税処分の取り消しを求めていた。

 外れ馬券をめぐっては、最高裁が27年3月、自動購入ソフトを使ってネットで大量の馬券を購入していた大阪の男性の刑事裁判で、馬券購入は「営利目的の継続的行為」で、払戻金は雑所得にあたると認定。
外れ馬券分を経費と認める判断を示していた。

 北海道の男性の場合は、ソフトを使わずにレースごとに結果を予想して馬券を購入しており、1審東京地裁は「経済的活動の実態があるとはいえない」として課税処分は適法とした。

 一方、2審は「男性は多額の利益を恒常的に上げていた」と判断。最高裁のケースと「購入方法に本質的な違いはない」とし、外れ馬券分を経費と認めて課税処分を取り消した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000558-san-soci

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ゴールドアクターが引退 種牡馬入りへ 種付料は50万円
武豊の新エージェントは「豊沢信夫」決定
【競馬】 岩手競馬で4頭目の禁止薬物検出
【関屋記念】1番人気3歳牝馬プリモシーンが古馬を圧倒!重賞2勝目
【マイルCS】ダノンキングリー横山典「思い描いていた通りの騎乗ができた」
【スワンS】3歳馬サングレーザーが叩き合い制し4連勝!重賞初制覇
【競馬】 第58回宝塚記念ファン投票 最終結果発表!
【悲報】フラットレー輸送中に蹄鉄がずれて調教が出来ない状態
【マーチS】センチュリオン 直線追い比べ制し重賞初制覇!
noimage
【エリザベス女王杯】リスグラシューが悲願のGI初制覇!モレイラJRA GI初V
デビューから2戦2勝 岡田総帥所有のエンが共同通信杯へ
モレイラ 今夏も札幌参戦へ
ビートたけし、命名馬キタノインパクトについて「ドーピングさえバレなければ…」
【次走報】レイデオロは来春は京都記念からドバイSC参戦
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP