投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、前走ラストの伸びは秀逸…初マイルでもペースに拘らないのは強み

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 ききょうステークス、京王杯2歳ステークスと連勝、メンバー中唯一の3勝馬タワーオブロンドンが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。藤沢和雄×クリストフ・ルメールという本気のコンビでもちろん狙うは2歳王者の座。圧巻だった前走のパフォーマンスからも人気は確定だろうが、後は初のマイルの距離を克服できるか。


 地味にマイルがどうか?というのがポイントにはなる。前走の京王杯2歳ステークスのパフォーマンスは圧巻といって良いが、相手関係という点でもサウジ組が手ごわいのはあるし、クローバー賞では勝ちに行った分はあるにせよダブルシャープに敗れている。馬券的には結構扱いが難しい馬になりそう。


京王杯2歳S(GII) 1着 11頭1枠1番
東京芝1400m良 1:21.9 36.0-33.8 S^3
12.6 - 11.4 - 12.0 - 12.1 - 11.2 - 11.1 - 11.5

 まずは京王杯2歳Sから振り返る。この時はある程度高速状態で、その中で2.2と超スローからのトップスピード戦。3F勝負となったが末脚の違いで突き抜けた形。


 1番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずに下げて中団の内で我慢というところ。3~4角でも中団の内目で我慢しながら徐々に外に誘導して上手く外に出して直線。序盤でそこから追いだされるのだがここでの反応はそこまでよくは無くてカシアスとそう変わらない。L2で外に出し切ってからジリジリと伸び始めて2列目、L1でしぶとく伸びて突き抜けた。


 ここでも感じたのはやはりL1の伸び。逆に緩い流れからスッと加速というようなギアチェンジ面はそこまでの性能を感じなかった。アサクサゲンキ辺りの方が要所の反応は良かったと思う。トップスピードに乗ってからの持続力の性能はトップレベルだなと。ただ、カシアスもアサクサゲンキも重賞馬とは言えどちらもハイペースの1200での勝ち馬。ドスローの1400となった時にこのレースのレベルがどうだったのか?というのは一つのポイントではあると。当日を見ても結構早い上がり自体は出易い状況、ペースもここまで遅いとなればこれぐらいは出ても驚けないというのはある。それでも去年のモンドキャンノよりは上かなあとは思っているが。


ききょうS(OP) 1着 11頭8枠11番
阪神芝内1400m良 1:21.7 34.5-36.5 H^2
12.2 - 10.6 - 10.7 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.0

 ききょうSでは1400m戦の流れでしっかりと結果を出してきた。ペースは2秒で超ハイに肉薄レベル。ラップ推移的に見ても淀みなく進んでコーナーで前がしんどくなって減速、突き抜けたこの馬がL1で加速ラップを踏んだという形なので、この馬はまだ余力があったというところだ。


 11番枠からやや出負け、そこから追走していくがペースも速いのでなかなか前には行けず後方2番手で入っていく。3~4角で前がしんどくなってペースが落ちてくる中で外目から馬なりで誘導しながら中団で直線。序盤でも軽く促すだけで2番手まで一気に上がってくる。L1で並ぶ間もなく突き抜けての完勝だ。


 ここでは相当高いレベルの基礎スピードを問われていて、この馬でも35.0-35.2と平均で入っている。時計的には驚くほどではないが優秀、上位が万両賞でそれなりにやれていることを考えても1400の基礎スピード戦でも最上位を争えるという証明にはなっていると思う。仮にペースが速くなったとしても少なくとも追走で脚を無くすというほどではない。もちろん前半のポジショニングで苦労はするだろうが。


クローバー賞(OP) 2着 11頭8枠10番
札幌芝1500m良 1:30.9(+0.1) 36.8-36.0 S^1
6.9 - 11.9 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.9

 ただ、3走前のクローバー賞ではダブルシャープに敗れた。もちろん内容的には勝ちに行く形で厳しい展開ではあったにせよ、ラストでの伸びで明確に差があったというのは確かだろう。ややスローからのポテンシャル戦でトップスピードを問われなかったというのは一つある。


 10番枠からやや出負け、促しつつ二の足でリカバーして後方という感じ。道中も淡々とした流れの中で促しながら追走も後方のままで3角に入っていく。3~4角では外々から動かざるを得ない展開で、中団から4角で一気に取り付いて2列目の外で直線に入ってくる。序盤でそこから一気にダブルシャープに並びかけて一旦前に出るんだが、L1でダブルが差し返して1馬身弱差の完敗だった。


 もちろん3~4角で外から動いていったのはロスとしては大きいし、特に4角出口では相当外を回していた。L1でこちらが甘くなってダブルが差し返してきたというのもある程度納得の展開ではあったと。ただ逆に言えばそのレベルではあり、ポテンシャルで突き抜けられるレベルではなかったというのも確かだろう。前走の京王杯2歳Sでも感じたが、この馬はトップスピード戦の方が合っていると思うし、あまり馬場で末脚を削がれない方が良いタイプだと思う。これでも十分とは思うが。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 評価が難しいところだが、端的に言えば信頼度は結構高いけど素材としては他に上がいる、という感覚。トップスピードの質的には圧倒できるほどではなくて、持ち味はTS持続。この辺りは阪神マイルでは合いそうだし、仮に流れたとしてもききょうSであれだけの競馬ができれば上位に食い込めると思う。とはいっても、ききょうSは時計的には優秀でも破格ではない。圧倒的だったサウジ戦のダノンプレミアムと比較すると見劣るのは事実で、淡々と流れてしまえばダノンに分があるだろう。ステルヴィオとの比較で見ても流れてしまうと厄介かもしれない。前走の京王杯2歳Sでもう少し早く伸びて来ていたらスローならこの馬かなといい切れるんだが、出し切った方が良いタイプで瞬間的な切れ味というところは何とも言い難い。それでもゲートはクリアしてきたし、基礎スピードは高い馬なのでポンと出てある程度の位置を確保できればやはり軽視はできない。ただ、サウジ戦のステルヴィオはL1で前がそんなに落としていない中で顕著に伸びてきていて、TS持続の素材的な面で言ってもステルヴィオの方が上かもしれないと思っているし、この辺りの比較で見ると難しい。スローならばダノンプレミアムではなくこちらを上位にしたいと思うが…いずれにせよ上位は3頭で悩んでいて、タワーとステルヴィオのどちらを上位に取るか…というのが一つポイントになっている。本命を打つには個人的にはステルヴィオの方かなと思いつつまだ悩んでいるというところ。重い印候補だし、連下は打たんといかんなと。

――――――――――――――――――――――――

\祝!現金171万円払い戻し獲得/
先週は6番人気の◎から衝撃の17万馬券的中!


朝日杯FSはこの超穴馬を狙え!!
――――――――――――――――――――――――

昨年は12番人気のボンセルヴィーソが3着で
《3連単22万1200円!》

一昨年は11番人気シャドウアプローチ3着で
1・2番人気と決まっても
《3連単3万8560円!》

その前年は14番人気アルマワイオリが2着で
《3連単13万3570円!》

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年も当社が掴んでいる超穴馬が絡めば
3連単は想定【5万円】以上!

あのダービージョッキーも密かに狙う
朝日杯FSの【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

========================
今シーズンも絶好調!
大量の万馬券をお届け中!
========================

【先週】日曜中京12R
17万1050円的中!
4万5930円的中!

----------------------
4回京都9日目11R
8万2060円的中!
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中!
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中!
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中!
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中!
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中!
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中!
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中!
----------------------
その他的中多数!

朝日杯FSの超穴馬はコチラから


■■■【必見】■■■

現金171万円獲得のリアル的中馬券公開中!
pngワールド:朝日杯FS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ステルヴィオ、サウジ戦はあれでもまだ出し切れてない…底知れない末脚はトップレベル
【朝日杯フューチュリティステークス2017】プレ予想 ダノンプレミアム阪神も合う
朝日杯フューチュリティステークス2017予想参考前日オッズ
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、適性の幅は広いがワンパンチ足りない印象で…
朝日杯フューチュリティステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも鋭く力強いフットワークで抜群の気配!
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ケイアイノーテック、デイリー杯の反応の鈍さは不満も+22kgもあったか…絞れて阪神で逆襲なるか
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンスマッシュ、マイルへの延長がカギも、ゆったり入って良さが出た過程…プラスになるかも
朝日杯フューチュリティステークス 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、まさに圧倒…全てにおいて高いレベルで世代の頂点に君臨!
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走の負け方は気になる…結果を出しているのはドスローばかりで
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ケイティクレバー、前走でテンの速さは証明も…マイルで軽い馬場だとキレ負け懸念
【朝日杯フューチュリティステークス2017】枠順確定 ダノンプレミアム1枠1番
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想参考 今週もあの血統に注意
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、前走レコード勝ちの基礎スピードを活かしたい…切れ味勝負には一抹の不安もある
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想!今週はロードカナロア産駒に期待
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ヒシコスマー、万両賞では後方一気も嵌った感あり…序盤も含め不器用さはネック
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP