投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ヒシコスマー、万両賞では後方一気も嵌った感あり…序盤も含め不器用さはネック

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 ド不良馬場の新馬戦、前走の万両賞と1400m戦で2勝を挙げたヒシコスマーが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。ただ2走前のデイリー杯2歳ステークスではマイル戦で完敗を喫してしまっているだけに、今回もこの距離が当然ポイントとなる。それでも万両賞の勝ちっぷりは鮮やか、あの末脚を引き出しGIの舞台で一気に覚醒となるか。


 マイルは長いかな、というのが率直な感想。前走も阪神1400らしい厳しい流れの中で基礎スピード面が問われたので後半のトップスピード面を問われずに済んだという感じで、この距離でとなるとトップスピードが問われるしちょっと難しい。雨でも降れば?というところで土曜の雨がどの程度影響するか次第。


万両賞(5下) 1着 9頭8枠9番
阪神芝内1400m良 1:21.6 34.3-35.3 H^1
12.3 - 10.7 - 11.3 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.8

 まずは前走の万両賞から。阪神1400らしい1秒のハイペースだがL4で12.0と遅いラップを早めに刻んでやや中弛み気味。こうなると前半無理をしない方が流れ的には楽だったと思う。後半はポテンシャル面を問われているし、速いラップを要求されていない。基礎スピードとポテンシャルを問われ、前半寄りの一戦かな。


 9番枠から五分には出ていたが二の足が遅く最後方に下がる形になる。道中も集団から離れた最後方で進めながら3角。3角辺りで前がペースを落としてきたのでここで中目からじわっと取り付いていく。4角でも好位列が雁行状態になる中で中団の外目から仕掛けを待ちながらも楽に取り付いて直線。序盤で中団から追いだされてジリジリと伸びて先頭列に近いところ。L1でしぶとく抜け出しての完勝だった。


 動かしてからはしっかりと最後まで良い脚を維持できていてポテンシャル面の高さはある程度見せた。基礎スピードが問われた中で前半はついていけなかったというところも見せたがL4で中弛みが生じて以降は速いラップを踏まなかったし取り付くタイミングとしても噛み合っていたかなと。少し嵌った勝ち方をしていると思う。走破時計的にはなかなか速いんだがこの時は年末にしては軽い馬場だったし、前後半である程度厳しい流れになったこともあって単純な末脚勝負にならなかったのも大きいかなと。後半要素のポテンシャルも良かったので距離に関してはまだ何とも言い難いが、少なくともマイルのトップスピード戦に対応できるかはこの一戦では判断できない。


デイリー杯2歳S(GII) 8着 9頭6枠6番
京都芝外1600m良 1:38.8(+2.5) 48.7-47.6 S^1
12.6 - 11.0 - 12.1 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 11.6 - 11.3

 ただしマイルのデイリー杯では惨敗を喫している。良馬場だが台風開催の影響も大きく時計がそこそこ掛かっていた状況下、ペースバランスは1.1のスローでラップ推移的に中弛みがありつつ仕掛けが遅くのL1最速2F戦。


 6番枠からやや出負けしたかなという程度、そこから後方で進めていたが前にいたメガリージョンが故障で下がってきたのでそれを交わしてというところで外の馬と少し接触、ここで掛かり気味になる。3~4角でも我慢しながら最後方で直線なのだが序盤の段階で追われずに置かれてしまう感じ。そのまま諦めて流すだけの競馬となった。


 まあ、直線で追われていないというのはあるのでここまで惨敗した理由としてはそこが大きい。ただし、やはり不満が多いのも事実。まずペース自体はさほど速くないのだがゲートイマイチ、二の足も遅くという感じでポジションを取れなかった。そして3~4角で馬群の中で進めていたがここで窮屈な感じを受けたし、あまりコーナーで窮屈なところで走らされるのが得意ではないのかもしれないなと。ペースかなとも思ったが前走の万両賞がそこまで悪くないわけで、直線入りの段階で既に一杯だったことを考えればコーナーでの運び方に問題があった可能性が高いかな。いずれにせよ前半部分も含めて不器用なのがこの馬の弱点だと思う。


新馬戦 1着 16頭5枠10番
東京芝1400m不 1:27.2 37.0-37.2M
12.9 - 11.6 - 12.5 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.8

 新馬戦はド不良馬場の中で接戦を制してきた。ただし、このレースは上位が未勝利を勝ち上がれていないわけで、全体のレースレベルは低かったとみていいと思う。ペースは平均、コーナーで息が入って直線加速のL2最速戦。


 10番枠から五分のスタート、そこから序盤はかなりおっつけられながら後方で進めて内目を取って3角。3角でペースが緩んだのでその地点で外からじわっと押し上げていく。そのまま外々を押し上げて大外馬場の良いところまで持って行く。序盤でそこからしぶとく伸びてL2で2列目から抜け出し前のイカヅチを何とかL1で競り落とした。


 低レベルなのでこれで道悪で期待を持つというのはちょっと違うかなと思う。ただ、それでもこの一戦と万両賞で感じるのはある程度の流れを後方で進めてポテンシャルで捻じ伏せるというところにあるので、どちらかというと単調な流れの方が合っている。それとL1は悪くないので距離そのものはある程度こなせるんじゃないかなとも。ただ、やはり緩い流れからのトップスピード戦とかそういったところへの適性に大いに不安があると。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 決めつけられない面はあるが、少なくともデイリー杯2歳Sの内容から緩い流れとコーナーでの窮屈なところでの立ち回りには不安が付きまとう。そして不器用なのにゲートも二の足も遅いので後方気味の競馬とならざるを得ない、という感じ。今の段階でトップスピード面を期待するのは難しいし、デイリー杯では12秒台の流れからの11秒台へのギアチェンジが引き出せなかった。前走の万両賞も外からの伸びで映像的には良く見せたが、中弛みで先行馬が早い段階で下がってきた、再加速が小さかったのも大きい。実際自身の上がり3Fが34.7というところからもわかるように全体の競馬だった、という前提である。今の阪神マイルでとなると流石に前が平均ペースで刻んだとしても後ろからなら33秒台半ばは必要になってくるが、これに対して全く目途を立てられていない以上は後方一手では苦しい。意外と印がついているなという印象だが、正直ここでは1枚見劣るかなと。現時点では印を回さない可能性の方が高い。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

 第69回 朝日杯FS(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【先月も全週の重賞で万券】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『朝日杯FS(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
 【先月も全週の重賞で万券】
完全無料・朝日杯FS
png暴露王:朝日杯FS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、前走ラストの伸びは秀逸…初マイルでもペースに拘らないのは強み
朝日杯フューチュリティステークス 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも鋭く力強いフットワークで抜群の気配!
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想参考 今週もあの血統に注意
【朝日杯フューチュリティステークス2017】追い切り情報 ウッド追いの馬に注目
【朝日杯フューチュリティステークス2017】プレ予想 タワーオブロンドン距離適性は?
【朝日杯フューチュリティステークス2017】プレ予想 ダノンプレミアム阪神も合う
【朝日杯フューチュリティステークス2017】出走予定馬 やはりディープ
朝日杯フューチュリティステークス 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、まさに圧倒…全てにおいて高いレベルで世代の頂点に君臨!
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走の負け方は気になる…結果を出しているのはドスローばかりで
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、前走レコード勝ちの基礎スピードを活かしたい…切れ味勝負には一抹の不安もある
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:アサクサゲンキ、武豊の全GI制覇への足掛かりとなるか?…今年は流石に苦戦必至か
朝日杯フューチュリティステークス 2017 予想:本命10ステルヴィオ
朝日杯フューチュリティステークス2017予想参考前日オッズ
【朝日杯フューチュリティステークス2017】枠順確定 ダノンプレミアム1枠1番
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ケイティクレバー、前走でテンの速さは証明も…マイルで軽い馬場だとキレ負け懸念
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP