投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ターコイズステークス 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、善戦の域を出ない実力馬…器用さはアリ、前目を取れれば怖さはあるが

日程:2017年12月16日(土)
第3回 ターコイズステークス(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
ターコイズステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 牝馬路線の善戦ウーマンといえばまさにこの馬、重賞でも好走すれば準OPでも勝ち切れないを地で行くフロンテアクイーンがターコイズステークスに出走予定だ。重賞でも強敵相手に善戦するが、なかなか勝ち切れないまま今回は格上挑戦となる。活きの良い3歳勢をはじめ強敵が参戦してくるが、この馬もここいらで一皮むけたいところ。


 個人的な感覚としてベストは1800だと思う。ただ、そういうタイプなのでマイルなら前半のペースが上がらない方が良いだろうと思うし、今回はその点では噛み合うかなと。後は単純に相手関係との比較になると思う。


秋風S(16下) 2着 14頭3枠3番
中山芝外1600m良 1:34.8(+クビ差) 48.6-46.2 S^2
13.2 - 11.8 - 11.7 - 11.9 - 12.0 - 11.6 - 11.4 - 11.2

 まずは2走前、中山マイルの秋風Sを見ておく。この時は相手がVM3着のジュールポレールだったので、強敵だった。ただ着差はクビ差と健闘したように見えるけど内容的にはジュールに完敗だったとみている。ペースは2.4で超スローに近いかなりのスロー。ラップ推移的にはL1最速なので直線ラストの坂の上り地点が最速になる。つまりレース全体の仕掛けが遅い。3~4角で外から勢いに乗って入れた方が有利な展開だったと見ている。


 3番枠からやや出負け、そこから無理はせずに中団の中目で様子を見ながら進めていく。前半はゆったりした流れの中で我慢しながら3角で徐々に外に誘導、4角では完全にそとへの進路を確保して直線。序盤でしっかりと進路を確保して伸びてくるが、L1手前でようやく進路確保したジュールポレールがL1でスッと抜け出し、これに対して差をじわっと詰めてくるものの2着までに終わった。


 L1が最速地点、坂の上りまでにしっかりと勢いに乗せる準備があったこちらに対して、ジュールポレールは坂の直前まで進路が狭くて勢いに乗せられないままL1で進路確保からそれでもスッと反応して加速ラップで伸びてきた。ギアチェンジ戦でかつ坂の上りで加速を問われるという、中山では特殊なケースになっている。器用さという点でジュールが一枚上だったし、この辺りが勝ち切れない要因なんだろうなと思う。トップスピード戦が得意なんだが質的にも持続力もギアチェンジも全てがバランスが良い、というだけで決定的な武器にはなっていない。善戦に陥る馬にありがちな感じ。


ユートピアS(16下) 2着 13頭1枠1番
東京芝1600m良 1:34.8(+0.1) 50.0-45.7 S^4
12.9 - 11.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.2 - 11.1 - 11.4

 前走のユートピアSも勝ち切れなかった。内容的に悪くはないんだが…。ペースは4.3で超々スロー、ラップ推移的に見てもL4の12.0から11秒台前半でまとめ切るわけで、そこまでのポジショニング、緩い地点からのギアチェンジの性能にトップスピードの質を高いレベルで問われた。


 1番枠から五分には出てそこから無理はせずにレッドアヴァンセの後ろで進めていく。道中も中団の内内で我慢を強いられ、3~4角でレッドの後ろから仕掛けを待たされて直線。序盤でも楽にギアチェンジで着いていくのだがL2でレッドアヴァンセが伸びたその内を突いてしぶとく食らいつく。最後までジリジリと伸び続けて2着を確保した。


 最後の最後ではレッドとの差も詰めてはいるんだが、ここでは結局最序盤のポジションの差が響いた。現役馬で見た時にイスラやエアスピネル、引退したがロゴタイプ辺りが総合力タイプとしては理想的な例になると思うんだが、この2頭がある程度高いレベルで戦えているのはやはり最序盤の基礎スピード面だったり、ポジショニングだったりでカバーしている面が大きいと思う。決定的な武器が無いわけで、器用さを活かすなら前受が理想。この馬のこのレースでの敗因は位置が悪くなってレッドより後ろになったことが大きい。イマイチ勝ち切れないのは前半のポジショニングが甘いというのもあると思う。イスラがなかなか勝ち切れなかったのもポジションが悪くて瞬時の反応を抜け出すところではなく捕えるところで使ってしまっていたからというのがある。この馬の準OPでの負け方もそういうところはあるかもしれない。緩い流れから前を向けない形で加速の流れに追走となっているわけで、ギアチェンジ面はある程度高いレベルに無いとできない芸当で器用さは武器にはなる。


長岡S(16下) 3着 15頭4枠6番
新潟芝外1600m良 1:34.1(+0.2) 48.2-45.7 S^2
13.1 - 11.4 - 11.5 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 10.8 - 11.4

 長岡Sは休み明けという側面もあったが少し物足りない結果だった。トップスピード戦での強敵といえるTS持続鬼のハクサンルドルフ相手に互角にやれたが、その尺度で測るならエテルナミノルは強敵になるからね。ペースは2.5で超スローに肉薄レベル。ラップ推移的にはL2最速戦でL1はそんなに落ち込んでいない。後半の総合力と前半のポジショニングが問われた。


 6番枠から五分に出てそこからじわっと促しつつ先行策、2列目を狙って最終的には単騎逃げ馬から離れて3列目の中目ぐらい。3~4角でも3列目の真ん中で仕掛けを待ちながら直線。序盤で少し振りを受けて外に誘導しながら捌く。L2では2列目から先頭列を狙うがバンゴールとの差は少し開く。L1で2着争いとなった内ハクサンルドルフに対して互角に戦ったが3着までだった。


 バンゴール相手には完敗、ハクサンルドルフ相手には位置取りの差もあったがそれでもL1の伸びは互角にやれていたと思う。結構TS持続そのものは高いと思うんだが、なかなかかみ合ってないなという感じ。決定的に何かが足りないってわけじゃないけど、ここでいうならやはりL2のキレが若干物足りないわけで、L1のバテ差しで差し込むほどの強烈なTS持続があるというほどでもない。全部が高いバランスであるがゆえに難しいが、決定的な武器が無いのが難儀なところだろう。


2017ターコイズステークスに向けての展望

 好走する条件としてスローの中で最序盤でどれだけいい位置を取れるか、というのが重要だと思う。ゲートは上手くはない、二の足も速くはないので中山マイルでとなると内枠は欲しい。内から馬群の中でスペースが無くても割とギアチェンジがある方なのでそこはそう心配ない。理想を言えば内枠からスッと出てペースが上がらない内に番手~2列目外を取ってしまうことだが、これまでのゲートからそこまではなかなか望みにくい。前が単騎、内内で我慢しながら3~4角で前を捕えに行く2列目の後ろで最内からロスなく立ち回って入れれば勝ち切るところまであっても驚けない。意外とTS持続で底を見せていないし、ヴィクトリアマイルでもラストの伸びは悪くなかった。器用さがハッキリとある馬なのである程度ポジションを取ってというのもあるが、一度どこかで前半我慢して早めに動いていく競馬も試してほしいなとは思っている。今回は中山マイルだし内で捌けるという利点を活かした方が良いと思うし、我慢したがる北村宏司なのでその点も合うとは思うので内枠を引ければだが最序盤の縦の位置は重要だ。その点でもマイルでスローでとなるとエテルナミノルの方が魅力がある。現時点ではやはり勝ち切れず、2~3着付けで考えている。重く打っても連下までとしたい。

■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【朝日杯FS・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03  

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCは愛馬シュヴァルグランから
馬単5250円・3連単1万3340円的中

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

今週の朝日杯FSも必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03
うまスクエア:朝日杯FS300_250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
関屋記念 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、しぶとさは一級品…連覇に向けて、前半無理のないペースで入れるか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:キングハート、末脚を活かす形で台頭、前走は外から圧巻の勝ち方でここも注目
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、未勝利勝ちは圧巻、新潟2歳Sは決め手でも見劣らず…素材は確かで楽しみな一頭
関屋記念 2017 出走予定馬:メートルダール、スローでの末脚の持続力は通用も…マイルで流れてついていけるか?
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ウキヨノカゼ、ここ2走は噛み合わず…厳しい流れでもやれる今なら不気味
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:レイデオロ、ダービー馬の第一歩…総合的に成長したか、真価を問う一戦だ
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、トップスピード戦では世代屈指も…転厩後の菊花賞が参考外としても色々不安が多い
ローズステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤミヤビ、超豪華メンバーで真価を問う…ルメールとの再コンビで春の雪辱を誓う一戦
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、出遅れ癖は痛いが、今の馬場でどこかで緩めばチャンスは浮上
函館記念 2017 出走予定馬:ステイインシアトルと武豊、同型に強敵…厳しい流れにどういう位置で入っていくか
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:シルクドリーマー、前目から上手く立ち回っての粘り込警戒も…上位とは少し差がある
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンビクトリーと武豊、馬体の充実でマイルを克服し重賞連勝なるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP