投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ターコイズステークス 2017 出走予定馬:スローで鋭く末脚を引き出すタイプ…基礎スピード、器用さに疑問で中山マイルは不安か

日程:2017年12月16日(土)
第3回 ターコイズステークス(GIII) 中山芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
ターコイズステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 3歳牝馬からはもう一頭の有力馬、チューリップ賞ではリスグラシューに先着しての2着を果たしたミスパンテールがターコイズステークスに出走予定だ。本番では結果を出すことができなかったが、立て直した前走の清水ステークスでは久々に鋭い末脚を発揮しての勝利。古馬を相手に再び重賞にチャレンジとなるが、持ち味の鋭さを武器にここを突破せよ。


 ラビットラン以上に前半の基礎スピード面に不安がある馬だし、トップスピードの質、持続力で見たとしてもラビットランの方が上かなと。3歳世代での評価としてはラビットランより序列は下になると思う。


清水S(16下) 1着 11頭4枠4番
京都芝外1600m良 1:35.0 49.4-45.6 S^4
12.7 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 11.6 - 11.1 - 11.1

 前走の清水Sは雨がまだ降る前の超高速馬場状態で行われ、ペースバランスは4秒近い超々スロー、ラップ推移的には4F戦気味ではあるんだがトップスピードに乗せているのは2F戦という感じで敢えて言えば2段階加速的な感じ。


 4番枠から五分のスタート、そこから無理せずに好位の真ん中で我慢しながら進めていく。そこから少し下げつつ中団に近い位置で3角。3~4角でもブレーキしながら中団の中目で我慢、4角で追い出されながら後方に近い位置で直線。序盤で追い出されてここではジリジリ、中団に取り付いてからL1でスパッと切れて伸びを見せ、最後はレーヌドブリエと首の上げ下げ僅差を何とか制した。


 L2の段階ではそこまで伸びず、L1で3馬身差を差し切っているのでまず10秒台は間違いない。10秒台半ばも視野に入れられる中でしっかりとトップスピードの質を高めてきての勝利。やはり基本的にはこの切れ味を引き出したいというところ。ただし、ギアチェンジに関してはそこまでの性能を感じなかったかな。L2の段階での伸びよりもL1の方が明確に伸びていた。少し窮屈だったのはあるが、本当に瞬時に動ける馬ならL2の段階で捌いて差を詰めてきていたと思うしね。また51kgという軽ハンデだったということも考えておきたい。


ローズS(GII) 10着 18頭2枠4番
阪神芝外1800m良 1:46.3(+0.8) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 ただし、2走前のローズSでは末脚不発だった。この時は全体のペースが速く平均、ラップ推移的にはL2最速で11.3とそこまで速いラップを要求されなかった。後半の末脚だけでなく前半の基礎スピード面が問われている。


 4番枠から五分のスタートを切ってそこから無理せず下げ過ぎずに中団馬群の中目で進めていく。道中も中団馬群の中で進めながら特に動きなく。3~4角で中団の中目で追走、中団中目のまま直線。序盤で追い出されるがイマイチ反応が薄く伸びを欠く。L1の手前で少し狭くなり、そこからの伸びも微妙でなだれ込むだけの10着完敗だった。


 直線でミリッサに内から接触を受けていたのでここでの不利は多少影響があったと思うが、それでもL1の伸びという点でもそこまでのものは無かった。前半のペースが速かったこともあって身上の末脚が少し削がれた感がある。この馬にとってはオーバーペースまでは行ってないと思うが、ベストのペースバランスではなかったかなと。それと1800が微妙に長かった可能性もある。


チューリップ賞(GIII) 2着 12頭6枠7番
阪神芝外1600m良 1:33.2(+0.3) 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 チューリップ賞では平均ペースの中で結果を出したともいえるんだが、少し事情が違う。まず全体のペースは平均だが前が少し離していたことが大きい。そして中盤の淀みは結構あった。そのうえでこの馬は後方で進めている。なのでバランス的に見てもこの馬は36.3-33.7と1800のローズSよりも前半は遅く後半が速い。この馬自身はかなりゆったりと前半入れているのが違うかな。


 7番枠からやや出負けという程度、そこから下がって後方で進めていく。道中も前が飛ばす中で無理はせずにリスグラシューを見ながらの後方待機。3~4角で外からリスグラシューが上がっていく中でその内からロスを少なくしつつ直線でリスグラシューの後ろから外に出す。中団からL1でしぶとく伸びてきてリスグラシューを交わして2着に浮上した。


 ここでは結局のところは前半の基礎スピード面を使わずに後半のトップスピードの質、持続力を引き出す形ができたと思っている。全体のペースは速いが前半無理をせずとも中弛みで取り付けたし、リスグラシューの後ろからしっかりと末脚を引き出すことができたのはそこが大きいだろう。ローズSとの比較で見ても距離は違うが前半はあまり無理をしない方が良いと思う。それとやはりトップスピード勝負向きで、速いラップを問われた方がパフォーマンスが高い。タフな馬場での基礎スピード戦では脚を使って惨敗しているのも前半が原因だろう。


2017ターコイズステークスに向けての展望

 中山マイルがどうなのか?というのがまず真っ先に。ただし、今年の場合は厄介でそんなにペースが上がってこない可能性もある。ただ、そうなったとして直線入りでのL2最速戦でとなるとギアチェンジ面が問われてくるが、その辺りの不安も少しあるかな。前走にしても2F戦で伸び始めが少し遅かったというのはあるし、このクラスでとなると結構要所で動ける馬は大井。例えばエテルナミノルなんかは鋭く前目から反応して一脚を使えるし、デンコウアンジュも加速性能は高い。ラビットランに対しては質量で少し見劣ると思うし仮にスローになったとしても敵は多いかな。ラビットランとの比較で見た時に良いなと思うのはタフな馬場の消耗戦となった秋華賞を使っていないこととハンデ差で2kg軽いという点かな。前走からの反動は無いと思うので、ハンデも含めてラビットランがパフォーマンスを落としてくれば、というところかな。ノリへの乗り替わりというのは中山マイルでは結構不気味だなとは思うが、あまり積極的に狙いたい馬ではなくて消す可能性もある一頭。


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓

http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中京記念 2017 出走予定馬:マイネルアウラート、昨年は殿負けも直線での不利…基礎スピードを活かして縦長で仕掛けを待ちたい
京都大賞典 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、真価を問われる一戦も…高速馬場の京都2400mでとなると難しいかも
スワンステークス 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、馬場不問、1200は追走に少し苦労していてこの距離は面白そう
中京記念 2017 出走予定馬:ダノンリバティ、高速馬場ならペースが速くても対応…今の中京の馬場は噛み合いそうで
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、新馬戦は厳しいロンスパから最後まで差をつける強い競馬…器用さを持っているかがカギ
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、兄も通ったダービーへの路…完成度を高め、ここで一気に台頭に要警戒だ
函館記念 2017 出走予定馬:ダンツプリウス、厳しい流れで基礎スピードが活きれば不気味…内枠引いての先行策で妙味あり
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレイトパール、ダートで無傷の5連勝となるか?総合力を見せつつ底を見せず…強敵相手にここが試金石
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:サロニカ、前走は恵まれたが…内容的に距離延長は噛み合いそうで穴目で狙いたい一頭
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:レッドミラベル、前走は平均ペースでポテンシャル開花…府中の2000がどうか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
オールカマー 2017 出走予定馬:ルージュバック、月曜開催の馬場なら最右翼…外から勢いに乗せて鋭く坂を駆け上がれれば
ローズステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤミヤビ、超豪華メンバーで真価を問う…ルメールとの再コンビで春の雪辱を誓う一戦
平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP