投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走の負け方は気になる…結果を出しているのはドスローばかりで

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 新潟2歳ステークスでは先行策から直線で鮮やかに抜け出しての重賞制覇、フロンティアが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。前走のデイリー杯2歳ステークスでは先行策も伸びあぐねて4着と物足りない結果に終わった。今回はもちろん相手も強敵揃い、その中でこれからのクラシック路線への道を開拓すべく長い直線を粘り込め。


 前走のデイリー杯ではっきりと不安要素を露呈させてしまった。例年の時期にしては少し時計が掛かっていたのでその辺りの影響もあるが、全体のペースが上がったことで末脚を削がれた感はある。この辺りを今回どう考えるだが、基本スローで結果を出してきているだけに…。また新潟2歳Sのレベル的にも今となっては微妙なところ。


新馬戦 1着 12頭2枠2番
中京芝1600m稍 1:38.2 51.1-47.1 S^4
13.0 - 12.2 - 13.0 - 12.9 - 12.7 - 12.1 - 11.1 - 11.2

 まずは新馬戦から振り返る。中京芝マイル戦で稍重、馬場もダートは不良だったし後半を見ると標準ほど遅くはないが恐らくやや高速ぐらいの馬場だったかなと。ペースは4秒の超々スロー、この時期の新馬戦としてはよくあることで、仕掛けどころも直線勝負の2F戦。前半のポジショニングと後半のギアチェンジの性能が勝敗を分けたと思う。


 2番枠から好発、そこからじわっと出して行ってハナ争いに絡んでいき、最終的にハナを取り切る。そこからはペースをドスローにコントロールして進めていく。3~4角でもまだ手綱を抑えるぐらいの感じで後続の仕掛けを待ち、4角で少し鞍上がパンと合図を送って直線。序盤でスッと出し抜く感じで進めるが外からアドマイヤアルバに食らいつかれる。L1でしぶとく踏ん張るところにアドマイヤに差を詰められ、半身差は保っての勝利だった。


 レースラップ的にはそんなに落としていないし、その中でアドマイヤに来られたのでひとまずは末脚勝負では少し見劣った感はある。もちろんそれを前半のポジショニングでカバーしたから勝ち切れたわけだが、末脚の絶対量が高かったわけではないのは一つある。それと何よりも前半がドスローだった。この辺りを踏まえると前半の基礎スピード面が今後の課題ではあったといえる。


新潟2歳S(GIII) 1着 15頭5枠8番
新潟芝外1600m良 1:34.6 49.3-45.3 S^4
13.1 - 11.2 - 12.3 - 12.7 - 12.3 - 11.4 - 10.4 - 11.2

 新潟2歳Sでは結局ドスローの流れだったので基礎スピード面を把握することはできなかった。4秒で超々スロー、ラップ推移的にも3F勝負で直線の競馬になっている。


 8番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促しながらハナを窺う。最終的には外からコーディエライトがじわっと主張してきたので控える形で2列目に下げる。そこからはやや掛かり気味もドスローなので仕方なく、番手の外で3角に入る。3~4角でも番手で仕掛けを待ちながらコーディエライトを目標に直線。序盤でそこからじわっと伸びてきてL2の最速地点でしっかりと並びかける。L1でコーディエライトが甘くなったところでしっかりと前に出て3/4馬身差の勝利だった。


 このレベルではTS持続で勝ち切ったともいえる。一応新馬戦も2F戦の中で自身でもL1はそんなに落としていないわけで、どちらかというと対アドマイヤアルバで見てキレ負けの部類だと思う。このレースでは目標を前において進めたこともあるだろうがしっかりと最速地点で伸びてきたしラストまでまとめてきた。とはいえ、コーディエライトが阪神JFで結果を出せなかったのはあるし、何よりこの馬自身が基礎スピード面で未知数という点は変わってないと。


デイリー杯2歳S(GII) 4着 9頭2枠2番
京都芝外1600m良 1:36.9(+0.6) 48.7-47.6 S^1
12.6 - 11.0 - 12.1 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 11.6 - 11.3

 ただ前走のデイリー杯では結果が出なかった。ペースは1.1程度でスローなのだが、これまでと比べるとある程度流れている。その中で仕掛けが遅くなっての2F戦となった。中弛みがあったので前半無理しなかった方が楽な展開だがそれでも前半そこまで速かったわけではないので物足りない。


 2番枠から五分のスタート、そこからは控える形で少し離れた2列目の内目で入っていくが少し掛かりながらで序盤はコントロール。道中前のスペースをカツジに入られてしまって3列目。3~4角でも3番手で内目を立ち回りながら直線に入ってくる。しかし序盤から伸びがイマイチでむしろ前との差が広がる。L1でもジリジリと伸びずばてず、ケイアイノーテックにも差し込まれての4着完敗だった。


 ここまで完敗を喫するような展開ではなかったと思うんだが、一応前述のとおりでこれでもペースはここ2走よりは速かったし、何よりも馬場が少し重かった。良とはいえ秋の京都開催は悪天候に見舞われ続けたので、開催中のダメージが大きかった。その中で切れ味を削がれた?という可能性もある。ただ中京の新馬戦は少し渋っていたし、ペースに関してはまだ今の段階では決めつけられないが当然このペースで伸びなかったのは事実なので不安は増した。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 今の段階ではまだ基礎スピード面が敗因だったと決めつけることはできないが、少なくとも結果を出した2走が極端なドスローだったことを考えるとリスクは大きい。また末脚の絶対量で見て、少なくとも質的にはアドマイヤアルバに見劣っているし、コーディエライトとの比較でも何とも言えない。デイリー杯の敗因が時計が掛かる馬場が合ってなかったのであれば今の阪神ならという面はあるが、現状は前半では基礎スピード面が明確に不安、後半ではトップスピードの質で足りない可能性は高い。ペースが上がれば少なくともダノンプレミアムに対しては不利になりそうで、仮に後半勝負ならステルヴィオやタワーオブロンドン、更に言えばダノンスマッシュ辺りにも見劣る可能性は十分にある。ポジショニングが良いというのも結局最序盤のゲート、二の足の問題で、ペースが上がってそこでしっかりと脚を使えるかは別問題。血統的には母系でドリームパスポートやラウンドワールド辺りと比較しても割と中長距離色は強い方だと思うし、父ダイワメジャーでも意外と距離自体はあった方が良いかもしれない。それに、前走デイリー杯は物足りないといってもL1で最速ラップなのでこの馬自身はキレ負けの可能性もあると。脚を出し切っての敗戦ではなく意外とTS持続力だけはある程度のレベルでまだ未知数かな。高速馬場のマイルでとなると前半、後半で見て強気にはなれないが、内枠を引いて好位内内でペースがスローからのL3最速戦、とか噛み合ってくればの怖さはあるけど、現時点では素材的に一枚見劣る気がするし基礎スピードの不安は大きい。消すかもしれない中で拾うなら前述のとおり条件が揃いそうなとき。全体で流れるようなら今の段階では軽視した方が良いかな。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

■【1押し】
中山10R「美浦ステークス」
◎テオドール
3連単1万8170円
獲得金額59万9610円!!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想参考 今週もあの血統に注意
【朝日杯フューチュリティステークス2017】枠順確定 ダノンプレミアム1枠1番
【朝日杯フューチュリティステークス2017】出走予定馬 やはりディープ
【朝日杯フューチュリティステークス2017】プレ予想 タワーオブロンドン距離適性は?
朝日杯フューチュリティステークス 2017 予想:本命10ステルヴィオ
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ヒシコスマー、万両賞では後方一気も嵌った感あり…序盤も含め不器用さはネック
【朝日杯フューチュリティステークス2017】追い切り情報 ウッド追いの馬に注目
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ダノンスマッシュ、マイルへの延長がカギも、ゆったり入って良さが出た過程…プラスになるかも
朝日杯フューチュリティステークス 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、まさに圧倒…全てにおいて高いレベルで世代の頂点に君臨!
朝日杯FS 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、強敵撃破したクローバー賞は評価…高速馬場で決め手勝負になった時にどうか
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、前走ラストの伸びは秀逸…初マイルでもペースに拘らないのは強み
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ケイティクレバー、前走でテンの速さは証明も…マイルで軽い馬場だとキレ負け懸念
朝日杯フューチュリティステークス2017予想参考前日オッズ
朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:アサクサゲンキ、武豊の全GI制覇への足掛かりとなるか?…今年は流石に苦戦必至か
【朝日杯フューチュリティステークス2017】予想!今週はロードカナロア産駒に期待
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP