投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

カペラステークス 2017 出走予定馬:ノボバカラ、JBCスプリントは包まれてコーナー減速…芝スタートでスピードを活かし押し切りたい

日程:2017年12月10日(日)
第10回 カペラステークス(GIII) 中山ダ1200m
予想用・出走予定馬一覧
カペラステークス2017の予想用・出走予定馬一覧


 昨年のカペラステークスを制している1200路線の実力馬ノボバカラが今年も連覇をかけてカペラステークスに出走予定だ。今年は1600mのマイルチャンピオンシップ南部杯でも2着と結果を出してきて充実の予感だが前走のJBCスプリントでは伸びあぐねて12着と大敗を喫した。昨年勝った舞台で身上のスピードを取り戻し、巻き返しなるか。


 単調な基礎スピード戦ではシンプルに一番強いと思っている。昨年のプロキオンS、カペラSは相手関係を見てもかなりハイレベルで、ニシケンモノノフを撃破しているし昨年プロキオンで楽に破った相手が今年のプロキオンSで1,2着だからね。ハイペースで淀みが無ければこの馬だろう。


カペラS(GIII) 1着 16頭1枠1番
中山ダ1200m良 1:10.2 33.3-36.9 H^4
11.8 - 10.4 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 13.0

 まずはベストバウトのカペラSから。ペースは3.6と超々ハイ、ラップ推移的に見ても明らかに基礎スピード特化戦。中山1200らしい厳しい流れの中で後のJBCスプリント王者ニシケンモノノフを撃破した。


 1番枠からまずまずのスタート、そこから楽に二の足でスピードに乗ってハナを取り切る。そこからはペースを淡々と刻んで基礎スピード戦に持ち込み、3~4角でも緩めずに進めて直線入りでは1馬身半。そこから2馬身差リードを広げてセーフティ、L1ではニシケンモノノフが差を詰めてくるも問題とせずの完勝だった。


 前半でペースを引き上げてしまって後続の脚を潰す形が基本的にはこの馬の好走パターン。基礎スピード面が非常に高いレベルにあるし、昨年のプロキオンSなんかでも1400で完全に上げ切ってカフジテイクの脚を削いでいたしそこでもニシケンモノノフが2着。これぐらいの距離でペースを引き上げきるのが理想で、スピードに乗せやすいのと超ハイペース適性からも芝スタート適性が非常に高いと思う。


JBCスプリント(JpnI) 12着 16頭3枠5番
大井ダ1200m重 1:13.4(+2.0) 34.6-36.8 H^3
12.3 - 10.8 - 11.5 - 12.3 - 11.8 - 12.7

 ただ前走のJBCスプリントでは完敗を喫した。このレースでは2.2と超ハイではあるのだが大井らしく3~4角で緩んでしまってそこからのL2再加速で11.8と速いラップを踏んだ。基礎スピード特化に持ち込みにくいコースなので内枠で包まれてしまうと適性が合わなかったと思う。


 5番枠から五分には出たが押して押しての追走も主導権を取るところまで行けずに好位の中目で包まれる形になってしまう。3~4角では好位列の真ん中で進めていたが4角で置かれて動けず直線。序盤の再加速の地点で下がってしまって万事休す、後は下がってしまった。


 逃げられなくても番手外とか2列目外とかなら良かったと思うがコーナーまでに包まれてしまって減速に巻き込まれてそこから直線入りでスッと加速というようなギアチェンジを問われていいタイプの馬ではなかったのかなという感じ。
 

2017カペラステークスに向けての展望

 南部杯でも逃げて好走してきたし、前走は結局包まれたうえでコーナーでの減速があったことが大きいと思う。なので別に負けたからといって悲観するほどのことではないかなと。芝スタートだとゲートはともかく二の足はかなり速い。逃げられなくても番手外でペースを作れればそう心配しなくていいかな。昨年のカペラS、プロキオンSでは基礎スピード戦で高いパフォーマンスを見せていたニシケンモノノフを相手に完勝してきているし、今回のメンバー構成で上がり切っての強敵というのはそんなにいない。このメンバー構成なら勝負になってくれないと困るかな。高速ダートだとサイタスリーレッドやブルドッグボス辺りは手強いと思うが良で消耗しやすい状況なら素直に本命で良いんじゃないかなと思っている。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

■【黒ダート】
中京11R「チャンピオンズC(GⅠ)」
◎ゴールドドリーム
馬連4140円的中!
獲得金額37万2600円!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ブランボヌール、昨年札幌で好走も…前走不満で時計勝負に課題
東海ステークス2018 出走予定馬:アスカノロマン、中京で高いパフォーマンスも…今は昔、近走の内容を冷徹に判断したい
フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待
エルムステークス 2017 出走予定馬:クリノスターオー、最後は踏ん張るもコーナーでは置かれる癖…いい位置を取れるかが重要
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:プレストウィック、要所で動けるが極端な展開は好まない…流れてもロンスパでも戦えるのは混戦では強み
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、NHKマイルC2着の実績評価も…前走が物足りず
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:アースライズ、長期休養明け初戦を楽に勝ち、再度重賞戦線で結果を残せるか
北九州記念 2017 出走予定馬:バクシンテイオー、昨年の覇者も今年は56kgに強敵がずらり…上手く立ち回りたい
小倉記念 2017 出走予定馬:サンマルティン、極限まで脚を残しての切れ味勝負向きの感あり…ただ今年の高速馬場は歓迎
中京記念 2017 出走予定馬:マイネルアウラート、昨年は殿負けも直線での不利…基礎スピードを活かして縦長で仕掛けを待ちたい
京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ナンヨープランタン、前走底知れぬ末脚は魅力も…ペースが上がって対応できるかは微妙
シリウスステークス 2017 出走予定馬:ミツバ、ポテンシャルの高さは間違いない…3角までにいいポジションを取れるかがポイント
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP