投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

中日新聞杯 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、GIではワンパンチ足りず…相手弱化で警戒必要も高速2000に対応できるか?

日程:2017年12月9日(土)
第53回 中日新聞杯(GIII) 中京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
中日新聞杯2017の予想用・出走予定馬一覧

 実績は最上位、今年は日経新春杯で重賞初制覇を果たしGI戦線でも善戦してきたミッキーロケットが中日新聞杯に出走予定だ。とはいえGIではワンパンチ以上足りないのも事実で日経新春杯以降は勝ちから見放されている。今回は中京のハンデGIIIに参戦、条件が合うかは微妙だが力を見せて来年GI制覇への再スタートとしたい。


 力自体はここでは1枚上だとは思うんだが、強い競馬ができているのは大体タフな馬場でそこまでトップスピードを問われないケース。日経新春杯でも流れた中でのものだった。前半スローからの後半勝負で外から勝ちに行って勝ち切れるのか?という不安はあるかな。あんまり器用に立ち回れる馬でもないと思うので。


日経新春杯(GII) 1着 14頭4枠5番
京都芝外2400m稍 2:25.7 60.2-60.9 M
12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1

 日経新春杯から振り返る。結構前なのと、最近のこの馬が地味なので忘れがちになるがここの勝利自体は高く評価しないといけない…というかシュヴァルグランとの比較で見た時にモンドインテロ相手にここまで圧倒できているんだからもっとやれてくれないと困るんだが…。ペースはややハイに肉薄する平均。ラップ推移的には単調な流れ、L3で前が緩めたところでL3-2のギアチェンジ度合いはこの馬場・ペースとしては意外と問われた格好。タフな馬場で基礎スピードを問われているし、そのうえでの一足を引き出せたかどうかが前の馬にはポイントとなっている。


 5番枠からまずまずのスタート、そこから割と楽に前目を取る形で最終的には控えて好位列で進めていく。道中は前からは少し離れた行為で進め、3角まで特に差を詰めず。3角では離れた2列目で仕掛けを待ちながらL3の減速で馬なりで取り付いて先頭に近い位置で直線。序盤で追い出しを待っているうちに外から勢いをつけてきたシャケトラに一気に並ばれて一旦前を譲る。しかしそこからしぶとく踏ん張って盛り返して最後は競り落とした。


 個人的に長距離路線ではモンドインテロを物差しにしていて、距離・展開の違いはあるんだがステイヤーズSのアルバートとの比較としてみても十分互角以上だったなと思う。実際シャケトラも宝塚記念での好走やもちろん日経賞の勝利もあるし、このパフォーマンスを見ても2kg重い状況のミッキーロケットがシャケトラを競り落としたというのはやはり強かったと判断すべきだと。敢えて言うならタフな馬場の2400で全体の競馬で良さが出てきたという感じはあるし、前半のパワー型の基礎スピード面、後半のポテンシャル面の総合で見るべきかな。その点でもこのペースで楽に進められるなら距離自体はもうちょっとあった方が良いかもしれないぐらい。


宝塚記念(GI) 6着 11頭1枠1番
阪神芝内2200m稍 2:12.3(+0.9) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 宝塚記念ではシャケトラとの比較で逆転された。ペース自体は1.5とかなりのスローに肉薄、ラップ推移的にも超ロンスパなんだが、最序盤が速かった中で先行したのが響いた可能性はある。


 1番枠からまずまずのスタートを切ってそこから押して押しての先行策、最序盤が速い内に内からスッと先行争いに加わって最終的には好位の内で収まる。前半脚を使ってポジションを取ったが結局4F目の13.1で後続に取り付かれ、団子状態でロンスパの流れに入っていく。3~4角でも好位の内目で我慢しながら4角で追い出されて外に誘導。序盤では伸びあぐねて中団列のまま、L1でもイマイチ伸び切れずなだれ込むだけの6着完敗だった。


 最序盤に脚を使ってしまったわりにポジションで優位性を獲れないままロンスパだったというのはある。ただシャケトラも前半は脚を使ってのポテンシャル勝負、という中で良さが出なかったということを考えても後半要素でシャケトラに見劣っているとみるべきかなと。ポテンシャル面ではシャケトラに分があった。日経新春杯をどう解釈するかだが、2400でタフな馬場での平均、パワー型の基礎スピードで全体の競馬に持ち込んだことでシャケトラの後半のポテンシャルを削いだと考えれば日経賞の勝ちっぷりと宝塚のロンスパでの順位もある程度咀嚼できる。


京都大賞典(GII) 4着 15頭3枠5番
京都芝外2400m良 2:23.3(+0.3) 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 天皇賞秋は極悪馬場なので最後にちょっと触れるとしてこの京都大賞典を見ておきたい。日経新春杯と同じ舞台ではあるが良馬場で超高速馬場とかなり軽い状況。60秒を切るペースでも1.3のスローバランスという流れ、4F戦でL1まで11.5と落とさず。4F戦ではあるのだがある程度のトップスピードの質と持続力のバランスが問われている。


 5番枠からまずまずのスタートを切って内の各馬を内外から挟むような感じ、意図的ではないだろうが上手く内のスペースを確保して好位を進めていく。道中これでもスロー、という流れの中で好位の中目で我慢しながら3角に入っていく。3~4角では1頭分外という程度で内目で我慢する形、4角でも3列目でそこから徐々に外に誘導しながら中目で直線。序盤でまえにスペースがある状況で追われるが伸びは地味でスマートレイアーにキレ負けする。L1でもジリジリとは伸びてくるが上位とは差はあった。


 シュヴァルグランとの比較でみても外から勝ちにいかれて最後に伸び負けしている以上完敗なので、この時点でGIレベルでの後半勝負では通用しそうにないなとは感じた。ここでは超高速馬場だったことで前半ある程度流れに乗って行っても後続が長くトップスピードを維持できてしまったのであまり優位につながらなかった。個人的には前半も良い位置を獲れたし3~4角でも早めに流れた中で内目で我慢できてと結構いい感じの競馬になったと思っていただけに、L1の伸びの足りなさというのは悲観的に映ってしまったかな。少なくとも前半ペースが上がって各馬が追走がしんどい状況にならないとトップレベルでは難しい気がする。


2017中日新聞杯に向けての展望

 個人的には結構微妙な条件かな。相手関係的にはこれまでの強敵と比べると2枚ほど落ちると思うが、それでも楽観視はできない。まず中京2000は坂スタートなので最序盤は落ち着きやすい。スローからのロンスパになるとポテンシャルは流石にここでは最上位になるかなとも思うが3~4角でのロスがあればなかなか簡単ではない。というか京都大賞典でレコンダイトとの比較でL1で微妙だったことから考えても高速馬場というのもあまり良い材料ではないだろう。前半のポジショニングは結構上手い方なので、内目の枠からしっかりと2列目~3列目の外目を取れれば当然手ごわい相手になる。適度なスローから3~4角でじわっと引き上げながらの競馬が理想か。それでも2000は短いと思うし、しかも超高速馬場なのでより質的なものを前後半で問われるだろうと。現状でトップスピードの質はスズカの方が上、ポテンシャルもマウントロブソンは強敵。距離や馬場適性も踏まえてとなるとこの馬をそこまで信頼できないと思う。また天皇賞では不良馬場ではあったにせよ崩れる形になっているし、あれも64.2-64.1と平均ペースで前を取ったというのはあるかもだが、反動は懸念材料。全体的に見ても今回はあまり食指が動かない。押さえる可能性はあるけど重い印は打ちたくないな、という感じかな。京都記念で見せたポテンシャルは高いレベルにあると思うけど、あれも重い馬場だったしね。


PR【阪神JF(G1)の3連単的中は簡単すぎてつまらない!】 今年の阪神JF(G1)も簡単に3連単取れそうです。 その理由は、 的中した2016年と2014年のデータと同じなんですよ。 2016年は人気通りの決着で3連単配当4,250円。 2014年は5人気ショウナンアデラ(鞍上:蝦名騎手)が優勝し22,780円。 さらに今年はどちらかというと、2014年の傾向データの方が似ています! 予想時間は1分あれば十分です。だった1分で万馬券的中。 時給というべき、分給1万円以上です。 こんなおいしいレースないですよ! それを証明してくれるのが「コラボ指数」 指数値が小さい方が走る馬を示しています。 今年の阪神JF(G1)はコラボ指数30以下で馬券を組み立てればいいだけです。 小学生でもできます! ボーナス前のプチボーナスG1レースとでも言うべきでしょうか! その指数を見るには下のURLからアドレス送信でサイトに無料登録するだけ。 レース当日の昼に「北条のブログ」で指数値が無料公開されますので見てみてください。 https://www.collabo-n.com この阪神JF以外の指数も土日に公開されています。全レースですね。 ご存知かもしれませんが、指数なので使い方は未知数です。 そのまま予想に乗ってもいいですし、自分の予想を加えてもOKです。 先週はコラボ指数だけで3連単的中率40%を軽く超えてますので、2回に1回当たるというよりは当たってしまいます! そんなコラボ指数を使って2ヶ月目の僕が証明するのもおかしいですが、利益は順調にプラスです。 【先々週は合計利益11万超えました】↓クリックで拡大 うまコラボ 先週は土曜日の時点で11万4300円プラスでした。 こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、 一から競馬予想をして毎週新聞に5千円くらい使ってる方、どれだけ勝ってるんですか? 僕は新聞買いません。コラボ指数だけで毎月堅く30万は勝ってます。 サラリーマンなので、毎月50~60万は競馬と合わせて手元にはいります。 そして今月はボーナスだってあります。 こんな人生あるんですね。 みんながみんなコラボ指数を使ったらオッズに影響でるかもしれませんが、そんなことはいづれくるもの。 最終的に勝てる競馬を続けられれば人生ハッピーです!競馬最高! 【コラボ指数】↓ https://www.collabo-n.com
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ディアドラ、春の実績馬不在のここは譲れない一戦…成長を見せて淀に向かえるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
AJCC2018 出走予定馬:ショウナンバッハ、なかなか圏内まで突っ込めないがパフォーマンスは上昇…ノってる戸崎であと一伸びとなるか?
七夕賞 2017 出走予定馬:バーディーイーグル、エプソムC5着と善戦も上手く立ち回った…2000と福島で前走以上を狙えるか?
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:ムスコローソ、名牝ダイナカールを母系に…マイルへの延長でも末脚を炸裂させたい
札幌記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、札幌洋芝の状態次第も…ベストは極端なスローペースで
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、動き出しは鈍いが…下り坂の阪神外回りで末脚を出し切りたい
愛知杯2018 出走予定馬:ゲッカコウ、ディセンバーSは強い2着…ロンスパ適性高く噛み合えば怖い存在
中山金杯2018 出走予定馬:カデナ、完全復活なるか?弥生賞は強かったが、それ以降が不甲斐なく…
目黒記念 2017 出走予定馬:クリプトグラム、1年ぶりの実戦が焦点も…昨年は強い競馬で堂々勝利と侮れない実力馬
富士ステークス 2017 出走予定馬:エアスピネル、武豊に戻って安田の雪辱を晴らしたい…スローでもやれるが流れた方が良さが出やすい
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アスカノロマン、前走はかなりのハイでラスト甘く…適度なペースで支配できるか
シリウスステークス 2017 出走予定馬:ミツバ、ポテンシャルの高さは間違いない…3角までにいいポジションを取れるかがポイント
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ラインミーティア、夏のスプリント王者が秋の大一番でも末脚発揮となるか
関屋記念 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、しぶとさは一級品…連覇に向けて、前半無理のないペースで入れるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP