投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!

毎週日曜の22:00からツイキャスでチャンピオンズカップなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 チャレンジカップ(GIII) 阪神芝内2000m良
レース回顧・結果

1:58.6 59.9-58.7 S^1
12.7 - 11.4 - 12.4 - 12.0 - 11.4 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 12.1

 阪神2000に変わったことで内回りになったのだが、レースの流れとしてはスローロンスパという競馬になった。なのでまずステイヤー色が強い競馬になったとみていい。L3とL6で最速タイの11.4、1000-1000で見ると1.2程度のスロー(FAで11.98-11.74 差は2.4)なんだが仕掛けられたL6が勝負所の第一段階とみて4-6Fで考えればFAで12.13-11.68と顕著に後半勝負になっている。こういうケースは基本的には長距離型に優位に運びやすい(前半が楽、後半出し切れる)展開だとみているので基礎スピードタイプは苦戦したかもしれない。逆にここで最後まで伸びてきた馬はある程度長い距離への適性を示せているといえる。


1着サトノクロニクル


 3番枠から五分のスタート、そこから押して先行策、楽にではないが上手く進めて2列目に入っていく。道中はマイネルミラノの後ろで進めて動く馬の後ろと理想的に入る。向こう正面で一気に流れていく中で少し離れた2列目の内に入り込む。3~4角でも2列目のポケットからマイネルミラノの後ろを取って直線で外と完璧な進路どり。そのまま直線でしぶとく抜け出しかかるがデニムに襲われる。しかしL1でしぶとく踏ん張ってデムーロ兄弟のたたき合いを兄が制しての勝利。


 ミルコの良いところが前面に出たのと、この馬のポテンシャルがこれで引き出せたなと。コーナーで置かれるところの多い馬なんだが、これが向こう正面の段階でペースがある程度上がっていたので自身でスピードに乗った状態でコーナーに入れたと思う。またミラノは直線までは当てになる、というミルコの考えがもろに騎乗に出ていて、ミラノの後ろから直線で外までスムーズに持って行けたようにミラノの競馬を最大限に活かしてきた。それと、この馬はL1までしぶとく粘ってというのはこれまでも見せてきていたけど、どうしても要所で置かれる。これを勢いをつけきって3~4角に入れたことと、前のミラノの後ろでスペースを確保して外までのスムーズな誘導、更にL3最速で直線では減速していた前のラップ、というところも噛み合って克服して、直線序盤での伸びが良かったなという感じ。ただデニムにはここで詰められていてL1で踏ん張っている形なのでやはり本質はポテンシャルタイプだと思う。ミルコはこういうタイプは本当に合うよなあ。コーナーで緩い流れで我慢させられると難しいけど、今回は向こう正面から上がってくれてスピードに乗って入れたのが良かったんじゃないかなと。


2着デニムアンドルビー


 8番枠から五分には出ていたが二の足が遅く諦めて最後方近くから入っていく。向こう正面で一気にペースが上がった中で後方で進めながらモンドインテロの外から上がって行って3角。3~4角では後方外から中団まで押し上げてそのまま一気に仕掛けて4角で好位列に取り付いて直線。序盤で3列目から一気に伸びてサトノクロニクルに並びかけてくる。L1で一旦先頭に立ちかけたがそこからサトノの踏ん張りが良く最後は2着を死守というところまで。


 思ったより馬場が軽かったので想像以上にスローバランスになったのが一つ。それと6Fの超ロンスパになったのでポテンシャル戦になったのも良かった材料かな。まあトップスピード戦でもL3最速とかで仕掛けが早ければ強いけどね・早い段階でロンスパになったことで出し切れたのが大きいと思うし、この競馬を見ても思うがやっぱり本質はステイヤーだと思うんだよなあ。今回はもう少し時計が掛かって60-59.5ぐらいとみていたので、前半で少し脚を使って苦労すると思ったけど高速馬場で入りがゆったりだったのは良かったかな。この馬とは微妙に相性が悪い。


3着ブレスジャーニー


 6番枠からやや出負けして後方からの競馬になる。ただそこからはある程度無理なく中団内内に入って進めていく。道中は少し掛かり気味ではあるが、中団で我慢して前にスペースを置けるぐらいでコントロールできている。3~4角でも各馬が外から上がっていくという中で中団の中目で追走、4角で外に持ち出してデニムの後ろから直線で外に出し切る。序盤で手前を換えずに伸びてきて一気に並びかけそう。ただL1でもう一段の伸びが無く最後はモンドインテロに並ばれて僅差の3着に終わった。


 ある程度強い競馬ができたというのは確かで、これで一安心ではある。ただ、直線に入ってからは終始右手前だったので、右回りでの問題というのは一つあるかも。デニムに並びかけに行くところでは内に刺さり気味ではあったし、直線ラストは甘くなっても手前を換えなかったからね。この辺りが変わってくれば面白いんだけど、といっててスワーヴリチャードとキャラが被るなと。U字のトップスピード戦向きかなと思っていたが、1周コースのロンスパでやれたのは大きいし、前述した部分の改善があれば2400までは問題ないと思う、ベストかは別にして。今回はレースレベル的には恵まれているとは思うのでこれが良い競馬とまでは言えないけど、菊花賞の惨敗があって転厩後結果が出ていなかっただけにこれで一安心かなあ。今後が楽しみ。


4着モンドインテロ


 5番枠からまずまずのスタート、そこから無理せずじわっと進めて中団の内内に入って進めていく。道中はブレスジャーニーの後ろで進めて後方、先にデニムに外から動かれてしまって3角。3~4角ではブレスの外からデニムの後ろを狙って進出、コーナーワークで置かれながらでブレスと並んで直線。序盤でそこから追いだされてブレスと互角の脚。L1でも差のない併走状態で食らいつくが僅差で4着に甘んじた。


 とりあえず中距離らしい競馬にならず、スローロンスパで進めてきたので後半のポテンシャル面を引き出すというのはある程度良い流れだったかな。ただ3~4角で結局外々、デニムを後ろから、ブレスの外からという競馬になってしまうと流石にちょっとという感じかな。チャンスはあったと思うが結局スローの中で最序盤の位置取りがまずくなったのが最終的に痛かったかな。スタート自体は良かっただけにもうちょっと上手く好位を獲れていればという面はある。ブレスより後ろになってしまったのはね。アルバートやシュヴァルグランクラスからは1枚見劣るけどポテンシャルはそこそこ高いレベルにあるからね。展開自体は噛み合っていたので最序盤が噛み合えば勝負になったと思うから少し勿体なかったかな。


5着スーパーマックス


 4番枠からまずまずのスタート、そこから楽に2列目のポケットに入って進めていって最終的には好位列、前にスペースを置きながら。向こう正面で一気にペースアップした中でキープしていた前のスペースをサトノクロニクルに入られて3角。逆に3~4角で目標ができたのでそのサトノの後ろを必死に追走、4角でサトノが外に出して行くという流れで好位の内目で直線。序盤でサトノがいなくなってできたスペースが空いたのでそこを必死に追う。最後はしぶとく伸びて5着をもぎ取った。


 地方馬なので中央の古馬混合重賞で5着というのはなかなかの快挙。ただ噛み合い切っていて3~4角でサトノクロニクルが当てになったし直線で外に出してくれたのでそのスペースをもろにつけたのは良かった。また小倉日経OPではイマイチでこの競馬でパフォーマンスを上げてとなるとこの馬も距離は長い方が良いのかも?というのはあるね。この面子で離されたとはいえ5着、2400辺りで見てみたいね。


11着ジョルジュサンク


 11番枠から出負けして後方から、序盤の内にリカバーして好位の外に入っていく。道中もそれ以上のリカバーは無く好位の外で3角に入ってしまう。3~4角で速い流れになっている中で外から勝ちに行く形になり、4角までは食らいついて2列目外で直線も序盤で早々に後退、失速した。


 前受したい馬でペースが上がってから外外押し上げてってのは一番マズイパターンで、一瞬は良い脚を使えるから最速地点のL3、4角地点ではまだ脚を使っていたんだけど、そこで使い果たしてしまった感じになる。コーナーで最短距離を通せていた西宮Sなら速いラップを踏んでもマシだったし直線でもう一段速いラップを踏んでいた。これが向こう正面からのロンスパで3~4角で外々でってなると違ってくる。この馬は2000~2400ぐらいが合っているとは思うが、前半猛ちょっと引き上げた方が良かったかもしれんね。全体を平均ぐらいに持ち込んで競馬でポジションを取って仕掛けを待ちたい。今回はそれができず後半特化で外から勝ちに行ったからここまで崩れたパターンだろう。


PR【阪神JF(G1)の3連単的中は簡単すぎてつまらない!】 今年の阪神JF(G1)も簡単に3連単取れそうです。 その理由は、 的中した2016年と2014年のデータと同じなんですよ。 2016年は人気通りの決着で3連単配当4,250円。 2014年は5人気ショウナンアデラ(鞍上:蝦名騎手)が優勝し22,780円。 さらに今年はどちらかというと、2014年の傾向データの方が似ています! 予想時間は1分あれば十分です。だった1分で万馬券的中。 時給というべき、分給1万円以上です。 こんなおいしいレースないですよ! それを証明してくれるのが「コラボ指数」 指数値が小さい方が走る馬を示しています。 今年の阪神JF(G1)はコラボ指数30以下で馬券を組み立てればいいだけです。 小学生でもできます! ボーナス前のプチボーナスG1レースとでも言うべきでしょうか! その指数を見るには下のURLからアドレス送信でサイトに無料登録するだけ。 レース当日の昼に「北条のブログ」で指数値が無料公開されますので見てみてください。 https://www.collabo-n.com この阪神JF以外の指数も土日に公開されています。全レースですね。 ご存知かもしれませんが、指数なので使い方は未知数です。 そのまま予想に乗ってもいいですし、自分の予想を加えてもOKです。 先週はコラボ指数だけで3連単的中率40%を軽く超えてますので、2回に1回当たるというよりは当たってしまいます! そんなコラボ指数を使って2ヶ月目の僕が証明するのもおかしいですが、利益は順調にプラスです。 【先々週は合計利益11万超えました】↓クリックで拡大 うまコラボ 先週は土曜日の時点で11万4300円プラスでした。 こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、 一から競馬予想をして毎週新聞に5千円くらい使ってる方、どれだけ勝ってるんですか? 僕は新聞買いません。コラボ指数だけで毎月堅く30万は勝ってます。 サラリーマンなので、毎月50~60万は競馬と合わせて手元にはいります。 そして今月はボーナスだってあります。 こんな人生あるんですね。 みんながみんなコラボ指数を使ったらオッズに影響でるかもしれませんが、そんなことはいづれくるもの。 最終的に勝てる競馬を続けられれば人生ハッピーです!競馬最高! 【コラボ指数】↓ https://www.collabo-n.com
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
新潟大賞典 2017 レース回顧・結果:サンデーウィザード、終始促しての積極策が功奏…直線叩き合いを制し重賞初制覇!
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!
noimage
中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
平安ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイトパール、試金石の舞台で輝きを示す…ハイペース上等、押し上げ前を潰しての圧勝!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
ラジオNIKKEI賞 2017 レース回顧・結果:セダブリランテス、前走とは違う横綱競馬、好時計で先が楽しみとなる完勝!
noimage
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
フローラステークス 2017 レース回顧・結果:モズカッチャン、中団内目から外に持ち出しラストにしぶとく差し切って波乱の主役に!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP