投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、昨年は完璧に嵌っての勝利ではあるが、今年は好調…今回も嵌り待ちで

日程:2017年12月3日(日)
第18回 チャンピオンズカップ(GI) 中京ダ1800m
予想用・出走予定馬一覧
チャンピオンズカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 大トリは何と言ってもこの馬だ…直線での末脚炸裂、誰かがやり合う中でも最後までジッと我慢しバテ差しを狙うサウンドトゥルーがチャンピオンズカップに出走予定だ。今年もJBCクラシックを制してまだまだダート界を引っ張る存在、アウォーディーやコパノリッキーといったライバルとの再戦に新興勢力も揃ったが、連覇を狙って今年も直線まで末脚を研ぎ澄ませ。


 これはこれで味があっていい。決して自分で勝負を決められる馬ではないんだが、最後の最後まで流れの中に潜んで究極の一差しを繰り出す。ただ前走のJBCクラシックに関しては想像以上に正攻法の競馬で勝ち切ったし、今年は高いパフォーマンスをキープできているなという印象。連覇なるかだが、昨年以上に嵌めるというのは難しい気もするし、強く狙えるかどうか。


チャンピオンズカップ(GI) 1着 15頭5枠8番
中京ダ1800m良 1:50.1 48.8-49.5 M
12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0

 まずは昨年のチャンピオンズカップ勝ちから振り返る。正直かなり嵌ったなとは思っているが、それでもポテンシャルが高いからこそラストまでしぶとく伸びてきた。ペースは平均だが前半はそこまで流れていたというほどではない。L5最速タイの11.8が示す通り仕掛けが非常に早く、ノースヒルズのブライトライン・アウォーディーが外から仕掛けて行ったタイミングで一気に激流と化した。


 8番枠から五分には出たが二の足が遅く坂スタートで微妙なポジション取りになる。諦めて最後方近くの内内で進めて1~2角。向こう正面でもノンコノユメより後ろ、カフジテイクと一緒に最後方列で3角。3~4角で前がペースを一気に引き上げているので内内でも前にスペースを取れる状況で最内を完璧に立ち回る。そのまま押し上げて中団に近い位置で直線。序盤で好位列が壁なのだが前にスペースががっぽり空いていたので外まで持って行くのは楽。そこからL1で13.0と前が失速したところをMr.漁夫の利の名に恥じぬバテ差しを決め込んだ。


 これがこの馬の勝ちパターン。前が早めに仕掛けたり、全体のペースを引き上げたりして消耗していく中で直線までロスなく立ち回ってL1ズドン。これ以外だとやっぱり東京大賞典でタルマエがコパノを潰しに行ってのL1漁夫の利ズドン、日本テレビ盃でクリソライトがコパノリッキーを潰しに行っての漁夫の利ズドンだし、基本は有力馬同士のつぶし合いの中で間隙を突く、というのがサウンドトゥルーだろう。このチャンピオンズカップに関しては正直これ以上噛み合うことはあり得ないだろう、というぐらい噛み合っていてペースも遅くはないが速くはない、ポテンシャル特化でL1が13.0まで落ち込んだというのは基本は後半型のこの馬としては理想的だったし、その中でまえにスペースをガッツリと取れていて3~4角の下りで勢いに乗せやすい、直線でも外まで楽で前も落とす。ここまで噛み合えばサウンドトゥルーレベルなら差し切れないと困る。坂スタートでポジションを取れずに最短距離でリカバーした面はあるし、アウォーディーは勝ちに行くタイミングが丁度ブライトラインの動き出しと被って最悪なタイミングで外を回している。このパフォーマンスの比較だけで見ればアウォーディーの方が強かったと思っているかな。アウォーディーの場合ここまでの過程での不安はあるけど。


帝王賞(GI) 4着 16頭8枠15番
大井ダ2000m重 2:05.4(+1.0) 62.1-62.3 M
12.6 - 11.6 - 12.5 - 12.8 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.8

 帝王賞は4着と詰まって外まで誘導するまでにタイムラグが多く酷い競馬だったフェブラリーSを除けば近走で馬券を外した唯一の例となる。ペースは平均、ラップ推移的にも特に大きな淀みなく綺麗な平均ペースという感じ。大井なので直線のL2地点で再加速は起こっているが加速の度合いは大きくない。


 15番枠から五分のスタートから無理はせずに中団の外で進めていく。向こう正面では中団外外でじわっと促しつつ3角に入っていく。3~4角では中目を追走して好位列の一角で進めていくのだが徐々に置かれ始める。4角で鞭を打って内目を通しつつ直線。序盤で馬群の中から追いだされるがいまいち伸び切れない。ラストまでジリジリとは伸びてアウォーディーとの差はある程度詰めるがそれでも4着だった。


 内容的には本来もうちょっとやれそうな感じの流れだったと思うんだが、結局はこういう適度な流れはこの馬にとっては合わないのかもなあというのはある。全体的に流れているが速くはない。淀みが小さいので取り付けないし、かといって上がり切っているわけでもないので前は直線でも加速してくる。後半のポテンシャルを引き出すという点でも大井で急コーナー、前半で溜めを作れなかったし勢いも削がれながらで直線での伸びもそこまでに体力的にロスがあった。JBCでは強い競馬ができているのにここで伸びなかったのは前後半でシンプルな競馬になったのかな?という感じ。まあフェブラリーSからの休み明け初戦で状態面の可能性も十分あり得るし。


JBCクラシック(JpnI) 1着 13頭6枠8番
大井ダ2000m重 2:04.5 62.1-62.4 M
12.8 - 11.7 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.1 - 12.5 - 13.1 - 12.2 - 12.5

 ただ、前走のJBCクラシックでは驚くほどに強かった。ペースバランスは帝王賞とほとんど同じ。しかし、微妙にラップ推移的には違いが出ていて、L3の13.1とコーナーでの淀みが大きく、その結果L2の12.2の地点にかけて0.9と加速度の高い競馬になった。それと、ほぼ淡々と偏差の小さい競馬となった帝王賞と違ってこのJBCクラシックでは最遅が13.1、淀みは結構ある。つまり自力でなくても取り付けるタイミングが結構会ったということになる。


 8番枠から五分のスタートから無理せずに後方に下げる形になる。向こう正面でも後方で我慢する形で3角手前で勢いに乗せていく。3~4角で前がペースを落としたのとこちらが溜めを利かせて勢いに乗せていくという流れで一気に好位の外まで押し上げて直線。序盤ですぐに伸びてきて先頭列に近い位置、L1までしぶとく伸びて突き抜けた。


 帝王賞とJBCで状態面の違いがあった可能性はもちろん考慮に入れないといけない。ただそれはそれとして、この帝王賞とJBCで比較した時に違いが二つある。ひとつは自身の入り方、もう一つは展開である。自身の入り方というのは最序盤無理をしていないということ。実際3F通過で見ても帝王賞37.6とは1秒も違う38.6、ゆったり入っている。溜めを作って向こう正面から進出、しっかりと勢いをつけて後半に引き出せたと考える。もう一つは後半の緩みである。前が3~4角で13.1まで落としたことでここで一気に取り付けた。大井は急コーナー、コーナー地点で減速するケースが多いので3角までに勢いに乗せていく必要があるがペースが速いと向こう正面から動けないので3~4角で減速しやすいという感じはある。前半で溜めを利かせたので向こう正面でしっかりと動いていけたこと、そしてコーナーで取り付けたことが噛み合ったと考えている。基礎スピード戦でもやれる馬だけど前半で脚を使っていいタイプではないんだなというのは感じたかな。ポテンシャルは非凡だがそれをしっかりと引き出すためには前半で無理をしない、中盤で勢いに乗せていく。この過程が重要なんだろうと。


2017チャンピオンズカップに向けての展望

 とにかく嵌れば強いしこの馬というか人馬が厄介なのは、この立ち位置になっても嵌り待ちの立ち位置を崩さないという点。人気だから勝ちに行くとか、そういう競馬を大野とこの馬がしてくるイメージが無い。今回も坂スタートでスタートも遅れそうだし、後ろからの競馬になる。3~4角でアウォーディー辺りが動いていく中でタイトに立ち回って昨年の再現を狙ってくると思う。ただ、やはり昨年ほどきれいに噛み合い切るというのはなかなか難しい。今回はアウォーディーもその辺りを意識した競馬をしそうだし、昨年は流石にL5の段階で11.8と速いラップを踏んでは苦しかった。こちらはそこで最短距離を通せた。今年の出来という点でアウォーディーよりこちらの方が上だと思うのでその辺りをどう考えるかだが、左回りでコーナー緩やか、勝負に行って最後まで粘り込めた昨年の比較で見ると個人的にはアウォーディーの方が強いと思っている。勝ちに行くにしても昨年ほどのロスはなさそうなアウォーディー、こちらは流石に昨年ほど完璧に嵌らないだろう…という中で人気とのバランスで見てどちらを上位に判断するか。現時点では連下候補としておく。昨年の感じからカフジテイクも強敵だと思うしね。

■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
 ドバイバイターフ(GI)を制した
  ヴィブロスの馬主でもある
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫の
【チャンピオンズC・最終結論】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03  

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

ア共和国杯はスワーヴリチャード
から馬単2250円的中!

▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03
pngうまスクエア:チャンピオンズC300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、ハイペースを作り出し、後続の脚をしっかりと削ぎ切れるか?
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:カフジテイク、ルメールへの乗り替わりで末脚を引き出したい…昨年からも1800は面白そう
チャンピオンズカップ 2017 レース回顧・結果:ゴールドドリームが華麗に復活…直線での決め手の鋭さで一枚上!
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:メイショウスミトモ、距離延長でゆったりから爆発させた前走…ハイペースの1800で基礎スピードに不安
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、ムーアとのコンビで激変なるか?ゲートが超不安定、ダート坂スタートも懸念
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:グレンツェント、東海Sは強い競馬もスローから出し切る形…小器用さもなく条件は限定されそう
チャンピオンズカップ 2017 予想:本命11アウォーディー
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、JBCの負け方が不満…掴み所なく日本テレビ盃は強かったが
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ミツバ、掴み所のない難しい馬だが…3~4角で外から動いて良さが出るタイプ
【チャンピオンズカップ2017】予想!本命は好走血統を持つ伏兵
チャンピオンズカップ2017予想参考前日オッズ 1番人気はテイエムジンソク
【チャンピオンズカップ2017】プレ予想 流れ次第でチャンスありの能力馬
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ノンコノユメ、去勢後はパフォーマンスがやや低く…ラストのひと伸びが物足りず、相手も強化で
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、みやこSはグダグダで戸崎への鞍上強化は歓迎も…最序盤ついていけるかがカギ
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、行くのか?控えるのか…福永の意地を見たい一戦
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP