投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、JBCの負け方が不満…掴み所なく日本テレビ盃は強かったが

日程:2017年12月3日(日)
第18回 チャンピオンズカップ(GI) 中京ダ1800m
予想用・出走予定馬一覧
チャンピオンズカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の東京大賞典の覇者、今年は日本テレビ盃で強敵を撃破した実力馬アポロケンタッキーがチャンピオンズカップに出走予定だ。前走のJBCクラシックでは東京大賞典を制した大井の2000でよもやの大敗を喫してしまった。1800mでもみやこステークスを制しているように距離は問題ないはず、今度こそケチのつけようのないGI勝利をもぎ取れるか。


 う~ん、掴み所のない馬その2だけど、ミツバの方がまだ不器用さがあってわかりやすい。このアポロケンタッキーに関しては正直東京大賞典とみやこS、日本テレビ盃と結果を出してきていてあまりリンクしていない感じがするからなあ。悪いときはどんな展開でもコロッと沈むし、本当に掴みづらい馬。


東京大賞典(GI) 1着 14頭7枠11番
大井ダ2000m重 2:05.8 64.8-61.0 S^4
12.8 - 12.3 - 12.8 - 13.7 - 13.2 - 12.5 - 12.2 - 12.4 - 11.6 - 12.3

 何と言っても東京大賞典なんだが、これが結構特殊な流れ。重馬場でペースが3.8とS^4レベル。ダート中長距離としてここまでスローというのはなかなか例外的でかなり遅い。そこからの2段階加速で、向こう正面でペースが上がり、3~4角で少しだけ減速、そこからのL2最速11.6。12.4-11.6とギアチェンジも問われているし何より質的に高いレベルのトップスピードを問われている。


 11番枠から出負けして後方からの競馬となるのだが外枠を利してじわっと楽に先行、前半から強烈なスローということもあってリカバーはかなり楽だった。向こう正面で少しペースは上がったがそれでも上がり切らず1段階目の加速という程度。アウォーディーの外から並びかける形で3角に入る。3~4角ではほぼ先頭列に並びかけて直線。序盤で一気に先頭に立つ。そのままL1までしぶとく伸びてアウォーディー、サウンドトゥルーの2強を従えての勝利だった。


 あまりしつこく言うつもりはないが、一応この後禁止薬物が検出されているのでそこは言っておく。それは抜きにして考えると、まず出負けをリカバーできたのは入りの3Fが37.9とこのクラスとしては非常に遅かったことが大きい。外枠なので放っておいてもある程度リカバーできたと思うし、促してすぐに2列目ポケットを獲れたが前半は通してドスロー。ここでのリカバーのロスが無かったのが大きい。それと、向こう正面でも上がり切らなかったことで結果的にギアチェンジを伴うトップスピード戦で高いパフォーマンスを見せたと判断していいのかなと。


JBCクラシック(JpnI) 8着 13頭7枠10番
大井ダ2000m重 2:06.7(+2.2) 62.1-62.4 M
12.8 - 11.7 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.1 - 12.5 - 13.1 - 12.2 - 12.5

 ところが前走のJBCクラシックでは同じ大井の2000でありながら惨敗している。ペースは確かに平均でそこそこ流れているが、L3-2は加速度の高い競馬になっているのでもうちょっとやれても良かったはず。


 10番枠から少し躓く感じだったがそれでもやや出負けという程度、そこから外に誘導して中団で進めていく。ただ向こう正面の段階で手が激しく動いて追走に苦労。3~4角でも中団外で動けず、直線でも良い脚は見せられずの完敗だった。


 気になったのは向こう正面の段階で明らかに反応が良くなかったということ。もちろん12.9-12.5-12.1と加速しているので動かしていく必要はあっただろうが、それにしても明らかに動けなかったのは不可解。となると前半のペースが速かったことが大きいのか?といっても2000としては割と普通の流れで決して早くはないし、距離?というのも向こう正面の段階ならまだまだ1200~1400しか走っていないわけで距離ではない。となると内目で馬群の中に入れたのが?というのも向こう正面で置かれたので前にスペースを置けた状況。東京大賞典と比較しても向こう正面で動けていた、動けていないの差が明確にあるわけなので、これだけ負けた理由が正直ちょっとよくわからない。


日本テレビ盃(JpnII) 1着 11頭8枠11番
船橋ダ1800m稍 1:52.9 49.2-50.3 H^1
12.1 - 11.3 - 12.5 - 13.3 - 13.4 - 12.9 - 12.4 - 12.5 - 12.5

 日本テレビ盃は1秒近いハイペースで結果を出してきた。もっとも、ハイとは言うが中盤少し息が入っていたのでここが上手く噛み合ったかもしれないが。それでもみやこSを勝った時はそこそこ流れていたし1800でも強い馬ではある。中弛みからのL3最速戦、大井とは違い左回りのスパイラルカーブの船橋でも強い勝ち方だった。


 11番枠から五分に出てそこからじわっと先行策、早い段階で3番手を確保して息を入れながら向こう正面では様子を見る。3角でペースが上がっていく中先頭列雁行状態の外で進めてケイティブレイブに並びかけて直線。序盤でスッと出し抜かれて一旦2列目なのだが、L1で前の2頭を交わして外から来るサウンドトゥルーの強襲を封じ切った。


 絶妙な結果で、前2頭を交わしてサウンドトゥルーの強襲を防ぐというタイミングできっちりと勝ち切ってきた。ただ3角地点で速いラップ、ここは緩やかなコーナーだが4角では当然スパイラルなのできつくなる。ここで振られながら直線入りで置かれていたのはある程度仕方ないしむしろロスがある中で前2頭を捻じ伏せてきたのはポテンシャル面の証明にもなったはず。基礎スピードもある程度問われたと思うが中盤の淀みがあったので、そこで息を入れられたのがこの馬にとっては良かった可能性もある。いずれにせよ、長距離に対応できるギアの上げ下げの上手さと、ある程度の基礎スピードとポテンシャルを併せ持っている…はずなんだがよくわからない。


2017チャンピオンズカップに向けての展望

 ミツバはまだカラーがあるのでわかりやすいが、この馬は分からないし掴めない。ただ、一つ言えるのはドバイでも流れた中では脚を削がれていたし、帝王賞もJBCクラシックも平均ではあった。器用なので距離はこなせるんだが2000まで行くと平均で流れてしまってはしんどいのかもしれない。かといって1800では昨年のチャンピオンズカップで中団外目から追走しながらも最後までジリジリとした脚を使うにとどまり、トータルで見てアウォーディーやカフジテイクとの差は小さくなかった。ポテンシャルもある程度高いレベルで持っているけど、結局出し切るロンスパの形ではそれより上位に何頭かいるのは確かだ。今回も外枠を引いてしまったし、仮にそういった流れになってしまうと突っ込んではくるけど圏内までとなると3~4角で上手く立ち回った同タイプの馬が上位に来るだろう。また、仮に勝った時のようなスローになってしまえばとも思うが、この馬はどうしてもゲートが安定しないので大外枠から前を取り切るというのは今回のメンツでは簡単ではないと思う。その辺を踏まえてもなかなか馬券的に手を出すというのは難しいし、そのうえで前走が状態面の懸念も考えざるを得ない負け方だったと。多分ほとんどの競馬ファンがこの馬のことを掴めていないと思うし、シリウスS比較で見ても本人との比較で見てもミツバの方が魅力があるかな。現時点では恐らく馬券的には手を出さないつもり。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

3連複ですけど的中しました!
■【最終入電12R】≪特選A級≫認定
京都12R「京阪杯(G3)」
◎ネロ
3連複29万5980円的中!
獲得金額207万1860円!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【チャンピオンズカップ2017】プレ予想 流れ次第でチャンスありの能力馬
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、今年はいまいちも小器用さ無く…末脚を出し切る形での復活に期待だ
チャンピオンズカップ 2017 追い切り・調教評価:全体で好時計、迫力あるフットワークで好ラップを刻み切る!
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、昨年は完璧に嵌っての勝利ではあるが、今年は好調…今回も嵌り待ちで
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ミツバ、掴み所のない難しい馬だが…3~4角で外から動いて良さが出るタイプ
【チャンピオンズカップ2017】予想参考 やはり注目はヴァイスリージェント系
チャンピオンズカップ 2017 予想:本命11アウォーディー
【チャンピオンズカップ2017】予想!本命は好走血統を持つ伏兵
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:カフジテイク、ルメールへの乗り替わりで末脚を引き出したい…昨年からも1800は面白そう
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、ハイペースを作り出し、後続の脚をしっかりと削ぎ切れるか?
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:メイショウスミトモ、距離延長でゆったりから爆発させた前走…ハイペースの1800で基礎スピードに不安
チャンピオンズカップ2017予想参考前日オッズ 1番人気はテイエムジンソク
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内内で鋭く動ける末脚が魅力…今のテイエムジンソクは天敵か
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:グレンツェント、東海Sは強い競馬もスローから出し切る形…小器用さもなく条件は限定されそう
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、みやこSはグダグダで戸崎への鞍上強化は歓迎も…最序盤ついていけるかがカギ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP