投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ノンコノユメ、去勢後はパフォーマンスがやや低く…ラストのひと伸びが物足りず、相手も強化で

日程:2017年12月3日(日)
第18回 チャンピオンズカップ(GI) 中京ダ1800m
予想用・出走予定馬一覧
チャンピオンズカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 3歳時にはジャパンダートダービーを制し将来を嘱望されたノンコノユメもチャンピオンズカップに出走予定だ。ただGIの舞台では古馬になって以降後一歩届かないという結果が続き、更に去勢をしてからは物足りなさが増してしまった。前走武蔵野ステークスで4着はようやく復調の兆しか、まだ夢の途中だけにここいらで一発逆転と行きたいところだ。


 やっぱり去勢してからはパフォーマンスそのものが落ちている感はあるかな。フェブラリーSなんかは結構良い展開だったと思うんだがあれで伸び切れなかったのが物足りないし、前走の武蔵野Sも58kgで悪くはないんだがワンパンチ足りなかった。ただそれでも復調の兆しは見せたと思うし、叩いて中京1800のここなら差し込み警戒しないと…というところかな。


チャンピオンズカップ(GI) 2着 16頭1枠1番
中京ダ1800m良 1:50.6(+0.2) 48.0-50.2 H^2
12.5 - 10.7 - 12.3 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.9

 一昨年のチャンピオンズカップから振り返ってみたい。この時は伏兵サンビスタに完敗を喫した形になる。ペースは2.2でかなりのハイペース、ラップ推移的にも早い流れからL5が最速になっているので消耗していて厳しい競馬になったなかでの差し込み。


 1番枠からゲートはまずまず、最内枠でなかなか前には行けず、促しつつも後方で進めていく。道中も淡々とした流れで追走に苦労して終始手が動いて3角。3~4角で最内を立ち回りながらロスのないところを進めて中団に何とか押し上げる。そこから直線序盤でも前にしっかりとスペースがある状況がずっと続いて、ジリジリ差を詰めるがサンビスタに一気に抜け出される。L1ではサウンドトゥルーの強襲を何とかしのいでの2着という内容だった。


 まだ3歳時だったのでこれで十分ともいえるが、内容的に見て3~4角で完璧にロスなく乗れたのはL4が速いラップということを考えればかなり上手く乗られたと思うし、直線でも終始前にスペースがある状況は恵まれた。それでもサウンドトゥルーに最後は差し込まれて際どかったし、この時点でもサウンドトゥルーとの比較では少し見劣っていたかもしれない。コーナーでなかなか動けないイメージがある馬だがこうやって向こう正面の段階で12.2と速いラップを踏んでいればそこまで気にならなかったかな。続くフェブラリーSでも2着とこの時点では力を示していたと思う。


チャンピオンズカップ(GI) 6着 15頭5枠9番
中京ダ1800m良 1:50.5(+0.4) 48.8-49.5 M
12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0

 そこから1年進めて昨年のチャンピオンズカップ。この時点ではセン馬となっていたが、1年前には僅差だったサウンドトゥルーとの比較で明暗分かれている。ペースは平均の範囲内だがL5最速というのは一昨年と同じ。それでもいまいち伸び切れなかった。


 9番枠からやや出負けという程度、そこからは促していって中団ぐらいにはつけていく。向こう正面でも中団やや後ろで追走に少し苦労しつつ中目で3角。3~4角でも終始追われて後方の中目で進める宇賀ここで置かれて最後方近くで直線となる。そこからの伸びはそれなりではあったがそれでも外差しの勢いに見劣り最後まで良さが見られずのなだれ込みだった。


 カフジテイクが外から最後まで良い脚を使っているので少なくともポテンシャル面ではカフジテイクの方が上だったということになる。それはカフジが強いというのもあるので何ともだが、サウンドトゥルーとの比較でも通した場所の差はあったとしてもここまで開いてしまっているので、パフォーマンスを一昨年から比べて落としているのかなと。まあ一昨年は完璧にハイペースだった、昨年の場合は平均からの後半ポテンシャル戦というところで少し違いはあると思うし、コーナーで置かれていたのは昨年の方が目立った。この辺りも影響したとは思う。去勢してからはL1の伸びが鈍っている感じはするし、やはり状態面の不安が多い。


武蔵野S(GIII) 4着 16頭4枠8番
東京ダ1600m良 1:35.9(+0.4) 47.3-48.2 H^1
12.3 - 11.2 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.6 - 11.9

 この武蔵野Sでは完敗を喫したが、それでもペースが落ち着いてL2最速11.6と速いラップを問われギアチェンジ面も要求された中でそれなりに伸びてきたという点では収穫。前目で決まったレースだし、その中で上手く中弛みで取り付けたにせよ後ろから伸びてきたのは一定の評価が必要だろうと。


 8番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。ただ結局ペースが落ち着いていたのでそこまで縦長にならず後方外目から3角。3角以降はペースが急激に落ちていくという中で上手く外外から押して押して追走して直線となる。序盤でそこからの反応はやはり地味だがL2の最速地点で伸び始めてジリジリと中団まで来る。L1でそこからもう一段上の脚を使いたかったがここからはジリジリ。最後まで差は詰めたものの良い頃の伸びは無かった。


 まあL1でも前が11.9でまとめているので差すのは難しいと思うが思ったよりL2での伸びが良くてL1でのバテ差し地点がいまいちだったなとは思う。3~4角で押し上げたタイミングはベストだったと思うし、あれでも押して押してで少し苦労していてコーナーで置かれがちなところを見せていたが、前がペースダウンしてくれたので取り付けたと思う。ただかといってフェブラリーSみたいに超ハイで流れての中弛みで取り付いていまいち良さが出ていないので何とも。


2017チャンピオンズカップに向けての展望

 少なくとも去勢後はこの馬最大の持ち味だと思っているポテンシャル面が影を潜めている感はある。しっかりと勢いに乗ってくればL1は必ずいい脚を使う、というイメージなんだけどそれが近走は無い。パフォーマンスを落としていると思うので、前走で幾らか上昇気配といったところでこのメンバー構成で強気に狙うというのはちょっと難しい。またチャンピオンズカップで見ても昨年はそんなに悪い流れではない中でポテンシャルタイプ相手に完敗で、個人的にはカフジテイクより上位の評価を取りたくはない、というのは前提としてある。そのうえで他との比較をしていくんだが、そうなると当然パフォーマンスを落としているとはいえ左回りで中京、出し切りやすいアウォーディーやサウンドトゥルーはもちろん強敵だ。前目の馬がどうペースを作っていくか次第の面はあるが、ハイペース適性自体は問題ないので今のこの馬なら全体で流れてくれた方が良いかも。それでもフェブラリーがいまいちだったし…という感じでなかなか。善戦は十分あり得そうなんだけど3着までで馬券圏内として扱えるかどうかは際どいライン。一応狙うとしても3着ヒモまでとしておきたい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
チャンピオンズC(GI) 確信の3連単

  前哨戦JBCクラシックも
2万7570円的中のプロ集団が公開!!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

11/19 福島11R 2万1810円的中
11/18 福島7R 4万6040円的中
11/12 福島9R 2万9790円的中
11/3 JBCクラシック 2万7570円的中
11/5 京都9R  5万3510円的中
11/4 福島8R 1万0550円的中

チャンピオンズCを見る方法!
pngホースメン会議:チェンピオンズC300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【チャンピオンズカップ2017】予想参考 やはり注目はヴァイスリージェント系
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:メイショウスミトモ、距離延長でゆったりから爆発させた前走…ハイペースの1800で基礎スピードに不安
【チャンピオンズカップ2017】枠順確定 活躍枠に入ったのはノンコノユメ
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ミツバ、掴み所のない難しい馬だが…3~4角で外から動いて良さが出るタイプ
チャンピオンズカップ 2017 速報・結果:ゴールドドリームが強烈な末脚を引き出してまとめて差し切った!
【チャンピオンズカップ2017】プレ予想 末脚ならサウンドトゥルー
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、昨年は完璧に嵌っての勝利ではあるが、今年は好調…今回も嵌り待ちで
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、みやこSはグダグダで戸崎への鞍上強化は歓迎も…最序盤ついていけるかがカギ
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:キングズガード、みやこSはラストまで伸びてきて収穫アリ…流れての一差しに警戒必要か
【チャンピオンズカップ2017】出走予定馬 重要血統はサンデーともう1つ
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、今年はいまいちも小器用さ無く…末脚を出し切る形での復活に期待だ
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、ハイペースを作り出し、後続の脚をしっかりと削ぎ切れるか?
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:グレンツェント、東海Sは強い競馬もスローから出し切る形…小器用さもなく条件は限定されそう
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:コパノリッキー、ゲートの不安定さがあり最内枠は不安材料…苦手レースだが克服できるか?
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ロンドンタウン、コリアカップは逃げてハイペースを作っての完勝…今は充実期かも
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP