投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介

日程:2017年12月2日(土)
第68回 チャレンジカップ(GIII) 阪神芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
チャレンジカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 西宮ステークスではスロー逃げを決め込んで上がり32.8と鮮やかに逃げ切ったジョルジュサンクがチャレンジカップに出走予定だ。前走の福島記念では返し馬での放馬で除外となってしまったが仕切り直して再度重賞に朝鮮。阪神内回りでは3歳時にすみれステークスを制していて適性は問題なし。混戦模様の中で先行力を武器に再度の粘り込を狙う。


 もうちょっとやれるかなあと思っていたんだがなかなか噛み合ってこなかったなという感じ。それでも今年の夏にようやく軌道に乗った感があるのと、あまりペースが上がらない方が良いというのはある。今回は同型が結構厄介だし、ミラノが速めに仕掛けてくる可能性が高いのでその辺りの兼ね合いがポイントになる。


西宮S(16下) 1着 8頭2枠2番
阪神芝外1800m良 1:46.5 49.7-44.5 S^5
12.9 - 11.8 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 10.8 - 10.5 - 11.5

 西宮S勝ちから振り返るが、超高速馬場でとにもかくにも極端すぎるドスローなので何とも言い難い。5.2でS^5ランクのスローは流石に古馬としては異常に遅い。ただ、その分流石に仕掛けの意識はある程度早く、L2最速ではあるもののL3の段階で10秒台に入っている。とはいえ極端なトップスピード勝負だし、最序盤は基礎スピードは全く問われず、ポジショニング優先。


 2番枠から五分のスタート、そこから押して押しての先行策で、最終的には前にいたマイネルネーベルのハナを叩いて主張しきる。そこからはペースを極端に落としてドスローで進めて3角。3~4角でも1頭分外で進めながら4角の下りで一気に加速するような形で直線に入ってくる。序盤で更にもう一段加速して出し抜きを狙うがミエノサクシードはこれに食らいつく。それでもL1でしっかりと封じ切っての完勝だった。


 超高速馬場でここまで楽に主導権を取れれば流石に…というのはあるんだが、それでもこの馬の場合そこまでスパッと切れるイメージではなかったので、下りで勢いをつけられたにせよ10.5というラップを自分で踏んでトップスピード戦で結果を出せたのは意外だった。トップスピード戦としてみればミエノサクシードは結構な強敵だし、エトルディーニュに末脚の絶対量で互角以上にやれたことを考えれば結構やるな、という感じの競馬。ただし、あそこまで良い位置を獲れたのは8頭立てで行かせてもらえたという側面が強い。


TVh賞 5着 10頭7枠7番
札幌芝1800m良 1:46.6(+0.5) 46.0-48.7 H^3
12.6 - 10.9 - 11.3 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.6

 ただ3走前のTVh賞は完敗を喫している。この時は単騎逃げ馬がかなり引っ張ってペースは超ハイ。ただ離れた番手でも47秒台では進めていたので恐らく実質で見ても遅く見て平均~ややハイぐらいでは流れていたはず。割と単調な基礎スピードとポテンシャルの勝負になっているかな。


 7番枠からやや出負けから押してリカバー、二の足はまずまずで結構楽に2列目まで取り付いて進めていく。ただ結局前が単騎で進めていくので1~2角で減速する形で好位に下げる。道中も好位列で進めて3角。3~4角では離れた3列目で一つ外から前2頭を追いかけながら直線。ただ序盤で甘くなってラストまで前を詰められず、後ろからも伸びてこられての5着完敗だった。


 1800では流れてしまうと難しいかなという感じはあったかな。ここでは前半から中盤まで淀みなく進んでいて、前が単騎で進めていることを考慮に入れても離れた番手で恐らくややハイ~平均、ラップ推移からも前は徐々に落としているだけで息はいれていないので取り付いたタイミングも3~4角ということを考えれば恐らく2列目以降で見ても中盤以降息を入れられていないんじゃないかなと。基礎スピードを問われてしまって良さが出なかった感じ。


洞爺湖特別(10下) 1着 10頭8枠10番
函館芝2000m良 2:00.0 60.6-59.4 S^1
12.5 - 11.0 - 12.5 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 1000万下を勝った時の洞爺湖特別は2000でゆったりとした流れからの後半勝負でしっかりと2列目から捻じ伏せてきた。ペースは1.2のスローでラップ推移的にも3F勝負、L2で速い脚を使っているという感じ。レース全体の仕掛けのタイミングは少し遅かった。


 10番枠から五分には出てそこから二の足でスッと先行、2列目外までは楽に持って行く。ゆったりとした流れで少し離れた2列目で進めながら3角手前からじわっと手が動いて前に取り付いていく。4角では仕掛ける逃げ馬ルグランフリソンに対して楽な手ごたえで進めて2列目外。序盤で追い出されてジリジリ、L1で粘り込むルグランフリソンを何とか捕えたがフォワードカフェには少し差を詰められての勝利だった。


 3~4角で外から楽に動いていけていたし、要所での脚はなかなか良かったがL1はちょっと甘くなった。また端的に言ってしまえばどの要素でも突き抜けたパフォーマンスではなく、総合力で勝ち切った感じ。ゲートは上手くはないが二の足が速いのでポジションを取れたしそこからコントロールできるのでペースを作りやすいなというのと、3~4角で加速していきたいときにしっかりと動けた。この辺りは武器にはなるかな。


2017チャレンジカップに向けての展望

 まだ重賞ではどうかな?とも思うが、このメンバーなら実力的には力自体は通用はしそう。ただし、今回はマイネルミラノがいるので恐らく仕掛けが早くなる可能性が高い。ミラノより前を取るチャンスはあるだろうが、ミラノが3角で動いてくれば必然的に4F戦ぐらいにはなるので、そのままL1で粘りとおせるかどうか?は結構微妙だと思う。西宮Sは極端なトップスピード戦でコーナーで速いラップを踏んだことで経済コースを立ち回った分のおつりがあったと思うが、TVh賞を見る感じではL1の甘さはこのクラスではちょっと難しいかなという感じ。今回は開幕週ではあるし阪神2000なので比較的前半はゆったりとした流れになりやすい。ミラノも丹内だと前半はそこまで飛ばさないと思うし、その分仕掛けを強めてくるとなるとそこは噛み合わない可能性もすみれSなんかは平均で進めつつ息を入れてのL3最速で勝ち切っているが、ブラックスピネルも距離が長かったことを考えるとその他上位勢から考えても恐らく低調なメンバー構成だったとみるべきだろう。展開的に妙味がありそうで早仕掛けの餌食になりそうだし、馬券的には手を出さない方が良いかも…と感じている。狙うとしても3着ヒモまでとしたいかな…。3~4角でできるだけ内目を立ち回って脚を残しておきたい。


PR【ダートは毎年荒れる!】チャンピオンズC、サウンドトゥルーは勝てない!?

チャンピオンズC(G1)
過去優勝馬の単勝オッズです。
2016年 6人気1,590円
2015年 12人気6,640円
2014年 2人気590円

近年のチャンピオンズCは荒れてます。
その分、単勝でも三連単でも配当はかなりでかく、大逆転を狙えるレース!
しっかり情報分析していきたい!
他人の買い目で簡単に当たるようなレースではない。

みなさんの予想に+αできるような情報があると予想の質、幅が広がって的中率があがります。
そこで指数が便利なんですが、指数の中でも「11月25日三連単的中率58.3%をだしたコラボ指数」で、チャンピオンズC含む今週の重賞を予想するのが効率よく勝てる方法だと思います。
的中率が高すぎる。

↓【コラボ指数】を見るにはコチラ↓
https://www.collabo-n.com



【3連単的中実績】

■チャンピオンズC(G1)中京11R
2016年 不的中(三連単85,980円)
2015年 不的中(三連単318,430円)
2014年 不的中(三連単70,890円)

■ステイヤーズS(G2)中山11R
2016年 的中(三連単2,710円)指数上位3頭で決着
2015年 的中(三連単23,390円)指数上位6頭で決着
2014年 的中(三連単13,910円)指数上位5頭で決着

■チャレンジC(G3)阪神11R
2016年 不的中(三連単470,230円)
2015年 不的中(三連単27,650円)
2014年 的中(三連単167,840円)

【結論】
■チャンピオンズC(G1)
的中率が高い情報源の予想を使っても3連単的中は難しいのだから、他のサイトはなおさら難しいだろう。
当たらない理由。それは馬券に穴馬が2頭絡むレースが多いから。

でもコラボ指数ならまだ望みがあって、2、3着は的中しています。
しかも去年は10人気の穴馬も的中させているんです。

毎年予想精度が上がってきている証拠なので、今年のデータはかなり期待できます。

■ステイヤーズS(G2)
見ての通りです。

■チャレンジC(G3)
近年、大穴が1頭入っています。
コラボ指数では1、2着は毎年的中しています。

以上の結果から、チャンピオンズCの三連単は「コラボ指数の上位6頭+穴馬1頭」で当たる。

この穴馬はレース前までの追い切り、騎手乗り換え、枠順他条件から選定していくしかない。
コラボ指数に自分の予想を+αして、数十万馬券の期待がある三連単を獲りたい!

↓【コラボ指数】を見るにはコチラ↓
https://www.collabo-n.com

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:マイスタイル、自分の競馬を貫けるか?出し抜きが武器で下りで勢いづく阪神外回りがカギ
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインブライト、前走見せたポテンシャルは牡馬最上位勢に楔を打ち込めるレベル
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:プラチナヴォイス、皐月賞は刺さり癖もマシ…未勝利のレコード勝ちの内容からもマイルへの短縮は不気味
京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
京阪杯 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、末脚は魅力もゲートは下手…リカバーできる展開になるかどうかがポイント
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ディアドラ、春の実績馬不在のここは譲れない一戦…成長を見せて淀に向かえるか?
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:セダブリランテス、2戦2勝、芝で結果を出して底を見せない不気味さもあるが…
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:アズールムーン、二の足は速いがゲートは微妙…行き切ってスピードを活かせるか
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、現役屈指のステイヤー…初参戦もこの舞台で真価を発揮しそう
平安ステークス 2017 出走予定馬:アスカノロマン、昨年圧勝も近走がやや不満…京都は合うので上手く3~4角内を取れれば
シンザン記念2018 出走予定馬:ツヅミモン、前走4角の手ごたえ程には突き抜けず…センスは評価も強敵相手にいきなり?
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:グレンツェント、馬場・展開不問の安定感、58kg課題と休み明けで勝ち切れるか
フォワ賞 2017 出走予定馬:サトノダイヤモンド、前哨戦でも強気に脚を出し切る競馬を期待したい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP