投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、行くのか?控えるのか…福永の意地を見たい一戦

日程:2017年12月3日(日)
第18回 チャンピオンズカップ(GI) 中京ダ1800m
予想用・出走予定馬一覧
チャンピオンズカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 福永とのコンビで開花を果たし、今年は帝王賞の舞台で実力馬らを圧倒する強烈な差し切り勝ちを収めたケイティブレイブがチャンピオンズカップに出走予定だ。ただし、目野調教師はあくまでも逃げを所望、その中で今回は強力な同型テイエムジンソク、コパノリッキーが参戦と難しい情勢。最終的に福永がどういう競馬を選択するかが今回の焦点、大舞台で人馬一体となれるか。


 正直今の福永の心中は穏やかではないだろう。シュヴァルグランにジャパンカップを勝たれてしまったし、自身もリーディングでは上位、年間100勝も達成してはいるが中央重賞での存在感は皆無に等しい。求められるのはGIの舞台でどう乗るか。注文はあるだろうが、個人的には自分が思うように乗ってほしい…難しいとは思うけどね。馬は結果的に出遅れてスローバランスで入った帝王賞が圧倒的、前走のJBCがある程度流れて好位で我慢した形で伸びあぐねている、ハイペースの平安Sでは悪くはないが逃げて甘くなった。1800より2000の方が良いかなと思うが日本テレビ盃も強かったし力はつけてきている。好位~中団ぐらいでポテンシャルを引き出す方が良いとは思うが…。


帝王賞(JpnI) 1着 16頭2枠3番
大井ダ2000m重 2:04.4 62.1-62.3 M
12.6 - 11.6 - 12.5 - 12.8 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.8

 まずはこの馬といえばやはり帝王賞から。これまでは前々での競馬が基本、逃げての競馬で勝ったり負けたり、という感じの中でこれはファンとしては晴天の霹靂といったところ。ペースは平均で道中もそう大きく淀みなく、後半も大きな緩急はないがL3-2でそれなりに再加速、という競馬。特に大きく淀みない、大井としては単調な競馬だったと思う。


 3番枠から出遅れて最後方からの競馬と想定外の競馬、そこからある程度リカバーはしたが中団の後ろぐらいで無理はしない。向こう正面でも有力馬がほとんど前にいるという状況の中でじわっと取り付いていってそれでも後方の外外で3角という形。3角では好位列が中央の実力馬で凝縮する中で内目から徐々に押し上げて4角で外に持ち出す。直線序盤でスッと伸びてきて一気に2列目、L1でしぶとく伸び切って各馬を圧倒、衝撃の勝利となった。


 普通に前々から勝ち負けとかならそう驚きもないんだが、出遅れて淡々と取り付くところもない中で後方で我慢して3~4角から捕えに動いてL1まで伸びてきたとなると流石に驚く。上がり3Fが36.5と猛烈に速く、レースの各馬の上がりと比較しても次点がクリソライトの37.9ということからも明らかに違う脚を使ってきたというのは説明しなくてもお分かりだろうと。これまでのこの馬の競馬が正しいのかどうかは別にして、この競馬ではこれまでからは考えられないほど強烈な末脚、ポテンシャルを引き出してきた。出遅れが嵌ったとかそういう類ではない、ポテンシャルと基礎スピードを持っていないとこのラップで差し込むのは簡単ではない。前半のペースでも削がれなかったし、あの位置で無理せず運んで強烈な末脚を引き出せたからこその完勝だと思うし、個人的にはこちらの競馬にシフトした方が良いんだろうと。


日本テレビ盃(JpnII) 2着 11頭8枠10番
船橋ダ1800m稍 1:53.0(+0.1) 49.2-50.3 H^1
12.1 - 11.3 - 12.5 - 13.3 - 13.4 - 12.9 - 12.4 - 12.5 - 12.5

 前目で基礎スピードを活かす形になった日本テレビ盃も強かったが、ペースは上げ切らずに中弛みが健著に怒って息が入ってそこからの後半勝負、3F勝負ではある。船橋らしく3角からの競馬になった。


 10番枠からここではまずまずのスタートを切って外枠から楽に先行、内のモーニンが主張しきったのでそれを行かせて番手でレースを支配する形。道中でペースを落としながら息を入れるがこれでも縦長の状況をキープできている。3角付近で中央上位4頭が固まっている中で先頭列の真ん中でモーニンにプレッシャーをかけ、楽な手ごたえで4角で先頭に立って直線。序盤でそこから抜け出したかったが意外とモーニンが抵抗するし、外からアポロケンタッキーにもこられてしまう。更に3頭がやり合う中でお待たせしましたとばかりにサウンドトゥルーがまとめて差し切りを狙い、これにも差されて3着までだった。


 途中で息を入れていたのでそこで末脚を引き出すことはできたかなと思うんだが、3F勝負で各馬余力がある中では伸び切れなかったなという感じ。1800で前半はそこそこ速かったとは思うし、そこで脚を使ったのが中弛みでそこまで息を入れられなかったのかも。帝王賞が圧巻過ぎたのでそれと比べると物足りない面はあるが前哨戦で58kgという条件だったことも考えておく必要はある。


JBCクラシック(JpnI) 2着 13頭8枠12番
大井ダ2000m重 2:04.7(+0.2) 62.1-62.4 M
12.8 - 11.7 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.1 - 12.5 - 13.1 - 12.2 - 12.5

 帝王賞と同じ大井の2000mで行われたJBCクラシックは奇しくも似たような感じの競馬にはなっている。重馬場で勝ち時計も0.1しか違わない、ペースバランスもほぼ同じで平均。ただし違うのは終始淡々トラップの緩急が小さかった帝王賞に対してこちらのJBCクラシックでは3~4角でかなり緩んでいて13.1から直線にかけて12.2とギアチェンジ面を問われている。


 12番枠から好発を切ってそこから先行争いに加わって行こうとするが、内の各馬が速いので無理をせずに好位の外でという形を取った。道中も好位の外で進めて行って3角手前ぐらいからじわっと促していって勝負に行く。3~4角では前がペースダウンしていく流れで好位の外から楽に取り付いていって4角、4角で2列目から並びかける形で直線。序盤ですぐに先頭列に並びかけていたが外からサウンドトゥルーに来られてしまう。L1で先頭に一瞬たったがすぐに外からサウンドトゥルーに差し切られ、最後はミツバとの競り合いで2着は死守したという内容だった。


 福永的には恐らく逃げたくはなかったと思うし、その中で内の何かが行ってくれればなあというところに好位外になったという感じかな。それはそれでよかったと思うけど、結局あの位置でも3~4角で楽に取り付けてしまって仕掛けを待つ形になっている。L2でもう一段の競馬にも対応はできたんだけど、結局これだとエンジンをかけ切れてなかったのかなあという感じはする。あまり小足に加速させていくよりは帝王賞みたいに思い切って動かしていって勢いに乗せた方が良いタイプのような感じはしているかな。日本テレビ盃同様この一戦も悪くはないんだけど、やはり帝王賞の幻影が付きまとうだけに。


2017チャンピオンズカップに向けての展望

 正直逃げに関してはある程度限界というものが見えていたと思うので、帝王賞で結果を出した以上スタンスを変える方が良いとは思うんだが、調教師は頑なに逃げを意識している。福永の心情的には多分後ろから行ってみたいという感じはJBCからも感じるところだけど、個人的にはやはり中団~後方出足を残して3~4角でその分一気に仕掛けて行った方が良いと、ポテンシャルを引き出すことを意識した方が良いと思う。その辺り陣営のコメントを見たいところ。今回はコパノリッキーやテイエムジンソクという厄介な基礎スピードを持った逃げ番手馬がいるわけなので、無理していくメリットもないと思うし…。1800自体は日本テレビ盃で強かったけど、息を入れる形で結果が出たし単調な流れとなった平安Sでは悪くないにせよ最後は甘くなった。スピードで押し切るタイプではない、1800もちょっとだけ短いかも、という感じはしている。相手関係を見てもサウンドトゥルーやコパノリッキー、インカンテーションがトップレベルを守っているので、そこに楔を打ち付けられているなら互角以上にやれる地力はついてきているはず。後は帝王賞を信じて乗ってほしいかな。基本的に1800は若干短い、また今回は基礎スピードがある程度問われそう。その中での評価でとなると下げたいし、前に行くようなら消しても良いと思っている。無理をせず、脚を残して初めて不気味さが出てくると思うので、コメント次第かな。消すところから連下までの範囲内で考えている。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
 ドバイバイターフ(GI)を制した
  ヴィブロスの馬主でもある
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫の
【チャンピオンズC・最終結論】

  ▼こちらで無料公開!▼

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

ア共和国杯はスワーヴリチャード
から馬単2250円的中!

▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【チャンピオンズカップ2017】予想参考 やはり注目はヴァイスリージェント系
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:モルトベーネ、内内で鋭く動ける末脚が魅力…今のテイエムジンソクは天敵か
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、ムーアとのコンビで激変なるか?ゲートが超不安定、ダート坂スタートも懸念
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、JBCの負け方が不満…掴み所なく日本テレビ盃は強かったが
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:キングズガード、みやこSはラストまで伸びてきて収穫アリ…流れての一差しに警戒必要か
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:グレンツェント、東海Sは強い競馬もスローから出し切る形…小器用さもなく条件は限定されそう
【チャンピオンズカップ2017】プレ予想 末脚ならサウンドトゥルー
【チャンピオンズカップ2017】出走予定馬 重要血統はサンデーともう1つ
【チャンピオンズカップ2017】プレ予想 流れ次第でチャンスありの能力馬
チャンピオンズカップ 2017 レース回顧・結果:ゴールドドリームが華麗に復活…直線での決め手の鋭さで一枚上!
チャンピオンズカップ 2017 速報・結果:ゴールドドリームが強烈な末脚を引き出してまとめて差し切った!
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:メイショウスミトモ、距離延長でゆったりから爆発させた前走…ハイペースの1800で基礎スピードに不安
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:カフジテイク、ルメールへの乗り替わりで末脚を引き出したい…昨年からも1800は面白そう
チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬:コパノリッキー、ゲートの不安定さがあり最内枠は不安材料…苦手レースだが克服できるか?
【チャンピオンズカップ2017】追い切り情報 好追い切り馬は
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP