投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京阪杯 2017 レース回顧・結果:ネロが力の要る馬場を利して久々に逃げられて波乱の主役!

2017 京阪杯(GIII) 京都芝内1200m良
レース回顧・結果

1:08.8 34.3-34.5 M
12.3 - 10.7 - 11.3 - 11.0 - 11.2 - 12.3

 時計が掛かっている中でペースをコントロールする意識が結構働いたなという感じ。ただL3の4角地点が最速になっていてL1は失速気味で前が残っているように4角での立ち回りがそこそこ問われているとは思う。それと、やはりタフな馬場ではあったので時計が掛かっていたし、そういう条件で前後半のバランス…前半はパワー型の基礎スピード、後半のTS持続というバランスが問われたかなと。


1着ネロ


 4番枠からまずまずのスタート、ソルヴェイグがそんなにいかないので押して押してハナを主張し取り切る競馬、久々に自分のリズムで進めて3角。ここで少し息を入れて4角で軽く促しながらで出口出鞭を打って直線。序盤で外から一瞬フィドゥーシアがきて危うくなるが、そこからしぶとく踏ん張って何とか盛り返して後続の差し込を捻じ伏せた。


 う~ん…近走が悪くてなかなか難しかった。ただソルヴェイグが何かを行かせたい、という中でフィドゥーシアという答えが出ちゃったけどネロが行くケースもあったか。58kgで今の状態で行けないと判断したのはちょっと浅はかだったかも。2,3着が悪くないから上手く噛み合っていればだけど噛み合わないから不調なわけで予想的には今年は出来が悪い。来年は適性だけでなく力関係の把握・比較をブログの中で、或いは外ででもやっていくかも。記事にならないとできないから色々方向性を模索中。ひとまずネロに関してはタフな馬場で単独で逃げられればというところで状態面が戻っていれば不思議はない。本来ならもうちょっと飛ばしても良かったとは思うけどちょっと舐め過ぎたか。


2着ビップライブリー


 6番枠から五分のスタート、そこから押して先行策、ヒルノデイバローとのポジション争いになったが3角までに上手くヒルノの前に入って内目を確保する。3~4角でも好位の内目で我慢しながら直線。序盤で追い出されての伸びは地味だがそれでも2列目、L1でしぶとく伸びて2着は確保。


 まあこの馬に関しては力関係の分析からこれまでの評価から上げた、という対抗なのでこれは良かったかな。競馬としてはタフな馬場の中でペースも上がり切らなかったので1200で基礎スピード面を問われなかったし、自身で34.7-34.1とやや後傾でしっかりとTS持続を引き出せたというところ。なのでまだ1200が本当に合うかまでは分からないが、ひとまず後傾バランスなら通用すると思う。L3でロスを少なく立ち回れたのはあるが、流れても戦える総合力タイプでもあるし、今後もこの路線では侮れない。


3着イッテツ


 14番枠から出負けして後方からの競馬となる。道中も後方馬群の後ろで進めて中目を通しながら3角。4角でも中目から外目に誘導もまだ進路確保しきれず待たされて後方で直線。序盤でそこから追いだされるがまだ反応は地味。L1でのバテ差し顕著でここでは決定的な伸びを見せるが及ばずの3着だった。


 4角出口での進路どりができていたら多分勝っていたと思う。4角出口で蓋をされる形になっていて、外の馬に行かせてから直線外になったのでその分がL2地点での伸び始めの遅さに繋がっていると思うしこれはちょっともったいなかったかな。ただ1200でスローバランス、出負けしたことで末脚を引き出す形にシフトせざるを得なかったがこれで良い競馬になったので今後はこの競馬の方が良いと思う。基礎スピード戦でもある程度やれる馬だけど、オパールSでも少し勢いをつけるのに時間がかかっている感じで窮屈な競馬より外からトップスピードに乗せていく形の方が合っている感じはあった。距離もこの感じなら1400まではマイペースで進めて末脚を引き出す形で良さが出そうな感じはするけどね。マイルももしかしたら行けるかも。


4着フィドゥーシア


 11番枠から五分のスタート、そこから促していくがあまり行き脚が良くない。そのまま好位の外で進める形になってしまう。ペースをコントロールされ3角で外から動いていき、4角の最速地点で3頭分ぐらい外を回して直線。序盤でそこから伸びて有終の美を飾るか?と思わせたがL1で甘くなって内外から差し馬に来られて混戦の中の4着。


 とりあえずお疲れ様です。内容的には出脚が悪くてこれで主導権を取れなかったのが痛かったし、3角で緩んだのでここで取り付いたら4角で引き上げられるというレースメイクをされたのでいい手ごたえで上がって行ったけどここでのロスがL1の失速につながっていると考えるのが自然かな。まあ夏は良かったけど秋にかけて下降線、という過程でしっかりと立て直してきての4着なら悪くないラストランだったんじゃないかな。重賞を獲れなかったのは残念だし噛み合えばどこかで取れるかなと思っていたけど、アイビスが惜しかったね。


5着ダイシンサンダー


 12番枠からやや出負け、そこから無理はせずにじわっと促す程度で追走、後方馬群の内目で3角。3~4角でも後方の内目から中目に持って行って後方馬群の中で直線。4角出口から直線序盤で狭くなって伸び始めが遅く、L1でようやく伸びてきて最後は良い脚も5着まで。


 4角以降はちょっと反応面で遅れていたし、窮屈だったのも影響したのかなと。ただL1でのバテ差しは流石というところを見せたし捌き次第では着差からも圏内あったかも?という感じ。まあこの馬はずっとこういう競馬しかできていないから、スローバランスで入ってTS持続で食い込んでいいところを選べれば際どいところまで来れると思うし、ちょっとでも後手を踏むと届かない。難しいとこやね。


7着セイウンコウセイ


 10番枠からまずまずのスタート、そこから押しての先行策から2列目の外ぐらいで進めていく。道中もソルヴェイグを見ながら進めていくのだが3角で少しペースが落ちたところで並びかけていく。しかし4角でフィドゥーシアに一気に来られて交わされて直線となる。序盤でそこから追いだされてどうかというところ、今回も手前を換えずに伸びない。L1半ば付近で手前を換えたが伸びは地味、完敗だった。


 ん~…良い頃のスムーズさが無いんだよなあ。4角で動かそうって時に先にフィドゥーシアに来られたのもあるがいまいち伸びなかったし直線に入っても右手前のまましばらく走ってしまっていてこれは近走からも不安材料だった。追い切りは良く見せたんだけど、それでこれだからね…。正直全く印を打てないレベルまで来てしまっているね。ペースも良かった、L3最速で仕掛けは早かったけどそもそもそこで甘かったわけで、L1とかで甘くなるとかそういう次元じゃないからなあ。要所では動けないと。


9着ソルヴェイグ

 7番枠から好発を切って様子を見ながら逃げ馬を行かせたいという意識でネロに行かせる。そのまま番手でレースを進めて3~4角でも番手外から仕掛けを待ちたかったが先にネロが早めにペースを上げてきたのでここで脚を使わされて直線。序盤で出し抜く脚も見せられずに苦しい、L1で甘くなっての完敗だった。


 結局はコーナーで速い脚を使わされて早仕掛けになったのが痛かったと思う。オパールSはL2最速、直線前半地点で出し抜くところで脚を使えたんだが、タフな馬場でL3最速、つまり4角地点が丸々最速地点になるわけなのでここで脚を使わされて一気に甘くなったという感じ。この馬はこういうところがあるので多少ハイでも仕掛けを待った方が良い、スローでも鋭く脚を使えるが持続力は甘いのでこうやって抜け出す時でなく追走するときに脚を使ってしまうと難しい。前受けが基本だと思うんだよね。今回みたいに前が早めに仕掛けてコーナーで脚を使わされてしまうと…難しい。


10着ヒルノデイバロー


 5番枠からやや出負け、押して押しての追走だが好位列が凝縮する中で好位の中目で進めていくが、3角で狭くなって後退するロス。そのまま中団の内目で進めて直線。序盤でまえにスペースが空いている状況だが伸びがいまいち。そのままラストまで良いところなくの完敗だった。


 ん~ちょっと敗因というかここまでダメだったのが良く分からない。確かに3角で下げさせられたのは痛かったけど、これだけL1で落ちてきているならバテ差してこれたはず。ペースも前半は緩かった方だし、時計も掛かっていたわけでもうちょっと頑張って最後は詰めてくれないとというところ。勝ち負けまではともかくスワンSの比較でみてビップライブリーはやれているわけだから、ハイペースならともかくこの流れなら頑張ってほしかった。使ってきていたのでこの辺りでそろそろ下降線なのかもしれない。


11着アットザシーサイド


 15番枠から出負けして後方からの競馬。道中は後方内のスペースを拾って3角に。3~4角でも後方の内内からじわっと促しながら直線でも内を狙う。そのまま前のスペースを狙ってスッとさばいて伸びかけたがL1では伸び切れずの完敗だった。


 パトロール見るとラストは少し窮屈になったり進路もなくなったりしているからその辺りが影響したかなと。この展開・馬場なら3~4角で外から行った方が良かったかもしれないが。2走前の札幌線の様に外からじわっと勢いをつけてやった方が良いかも。ちょっと窮屈なところはあったからね。もう一戦様子を見たいけど本質は1400ぐらいが合っている気も。


2番人気のメラグラーナは競走中止で予後不良。
ご冥福をお祈りいたします。

PR【ダートは毎年荒れる!】チャンピオンズC、サウンドトゥルーは勝てない!?

チャンピオンズC(G1)
過去優勝馬の単勝オッズです。
2016年 6人気1,590円
2015年 12人気6,640円
2014年 2人気590円

近年のチャンピオンズCは荒れてます。
その分、単勝でも三連単でも配当はかなりでかく、大逆転を狙えるレース!
しっかり情報分析していきたい!
他人の買い目で簡単に当たるようなレースではない。

みなさんの予想に+αできるような情報があると予想の質、幅が広がって的中率があがります。
そこで指数が便利なんですが、指数の中でも「11月25日三連単的中率58.3%をだしたコラボ指数」で、チャンピオンズC含む今週の重賞を予想するのが効率よく勝てる方法だと思います。
的中率が高すぎる。

↓【コラボ指数】を見るにはコチラ↓
https://www.collabo-n.com



【3連単的中実績】

■チャンピオンズC(G1)中京11R
2016年 不的中(三連単85,980円)
2015年 不的中(三連単318,430円)
2014年 不的中(三連単70,890円)

■ステイヤーズS(G2)中山11R
2016年 的中(三連単2,710円)指数上位3頭で決着
2015年 的中(三連単23,390円)指数上位6頭で決着
2014年 的中(三連単13,910円)指数上位5頭で決着

■チャレンジC(G3)阪神11R
2016年 不的中(三連単470,230円)
2015年 不的中(三連単27,650円)
2014年 的中(三連単167,840円)

【結論】
■チャンピオンズC(G1)
的中率が高い情報源の予想を使っても3連単的中は難しいのだから、他のサイトはなおさら難しいだろう。
当たらない理由。それは馬券に穴馬が2頭絡むレースが多いから。

でもコラボ指数ならまだ望みがあって、2、3着は的中しています。
しかも去年は10人気の穴馬も的中させているんです。

毎年予想精度が上がってきている証拠なので、今年のデータはかなり期待できます。

■ステイヤーズS(G2)
見ての通りです。

■チャレンジC(G3)
近年、大穴が1頭入っています。
コラボ指数では1、2着は毎年的中しています。

以上の結果から、チャンピオンズCの三連単は「コラボ指数の上位6頭+穴馬1頭」で当たる。

この穴馬はレース前までの追い切り、騎手乗り換え、枠順他条件から選定していくしかない。
コラボ指数に自分の予想を+αして、数十万馬券の期待がある三連単を獲りたい!

↓【コラボ指数】を見るにはコチラ↓
https://www.collabo-n.com

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
noimage
noimage
ダービー卿チャレンジT 2017 レース回顧・結果:ロジチャリス、スローを番手でと理想的に進めて抜け出し完勝!
京都金杯2018 レース回顧・結果:ブラックムーン、武豊の仕掛けがズバリ…遅いラップの4角で早めに動いて出し切った!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
noimage
noimage
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
フローラステークス 2017 レース回顧・結果:モズカッチャン、中団内目から外に持ち出しラストにしぶとく差し切って波乱の主役に!
noimage
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
アルテミスステークス 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラック、現時点での完成度の高さを見せつけての完勝!
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP