投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ディサイファ、幾らかは復調加減だが…流石に東京2400では難しいか

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年冬のアメリカジョッキークラブカップでこの路線でも重賞を勝っている古豪ディサイファがジャパンカップに出走予定。ジャパンカップは過去に一度出て15着と大敗を喫した舞台で条件的にも決して楽ではない一戦。とはいえ出ることに意義がある。8歳馬ながらまだまだ元気、今のこの馬の全力を出して最善の結果を掴みたい。


 流石に…厳しいと思う。オールカマーが悪くはないんだけど、結局TS持続のパターンでも見劣っているし、現時点ではちょっと互角に戦えるだけの武器が無い。JCではエピファネイアの時に惨敗していて流れても苦しかったからね…。


オールカマー(GII) 6着 17頭4枠7番
中山芝外2200m良 2:14.1(+0.3) 63.1-58.2 S^5
12.8 - 11.7 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.3 - 11.2 - 11.6 - 12.0

 直近だとこのオールカマーになる。この時は極端に遅かったし、その分仕掛けが早く緩やかなコーナーの3角で一気にペースが上がってそのままコーナーで速いラップを連続するというミラノスタイル。この流れでTS持続とコーナリングを問われているんだが前目で競馬して結構頑張ったなという感じ…でもここでどうこうとまでは当然言えないが。


 7番枠からまずまずのスタートを切ってすぐに先行、楽にハナを取るか?というところまでいったがマイネルミラノが外から行き切ったので行かせて番手。そのままミラノから少し離れた単独の2番手で楽に入って3角。3角途中からミラノさん恒例の超早仕掛けとなってディサイファもこれについていく形。4角では最内を通して最短距離でトップスピードに乗っていくのだがこの時点で既にステファノスに交わされる。序盤からジリジリで、L1までばてはしないが切れずに6着という内容だった。


 ここまでドスローだと瞬間的な切れ味を要求されてしまうのでディサイファとしては難しかった。AJCCを勝った時は綺麗な平均ペースからのポテンシャル戦で、府中1800で結果を出しているときもスローでも極端ではない流れからのTS持続戦、というところでバテ差してくるイメージ。ここは流石に5秒近い超超々スローで、これは遅すぎたしルージュバックやステファノスといったところにキレ負けするのもやむを得ない。それでも良い展開だったとは思うし、これで0.3差に踏ん張れたのは展開の恩恵が大きいと思う。良い頃ならもうちょっとキレ負けしなかったと思うんだけどね。


天皇賞秋(GI) 7着 18頭3枠6番
東京芝2000m不 2:09.9(+1.6) 64.2-64.1 M
13.2 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.7 - 14.0

 天皇賞秋は不良馬場の中で健闘した、という内容。もともと道悪は得意な馬なので相対的に良さが出たとは思っているが、それでも上位との比較では流石に見劣った。ペースは平均で中盤少し息が入ってのL3最速。L1は消耗していてトップスピードも問われず前半のパワー型の基礎スピード面が問われてのポテンシャル戦という感じ。不良馬場なのだが前後半のバランスが良かったレースではある。


 6番枠から出遅れてしまって最後方からの競馬となってしまう。道中も後方馬群の内内でキタサンブラックが丁度前にいたのでこれを見ながら内内をリカバーしていく。3~4角では中団馬群の内目でレインボーラインの後ろで我慢、4角でも最内でロスを最小限に無くしながら直線で最内を突く。序盤でそこからしぶとく伸びて一旦は上位進出も?というところもあったがL2で甘くなって苦しい。L1ではそれでもしぶとく食い下がって掲示板圏内を窺うが、リアル・マカヒキの列からは少し見劣っての7着だった。


 結果的に内を立ち回ってリカバーできたのは良かったと思うし、道悪巧者で前半もそこそこ流れた。後半の末脚勝負になりきらなかったので良かったが、それでも完敗だったわけでやはりちょっと難しいかなという気はする。ただ春の頃に比べると持ち直してきている感じはするし、マイルCSの不利から陥っていたスランプから少し脱出しつつあるのかもしれない…といっても難しいが。


2017ジャパンカップに向けての展望

 ここでチャレンジカップとか、中日新聞杯とかに出るのであればまた話は違うんだが、今回はそもそも条件的に難しい東京2400のジャパンカップとなる。トップスピード戦では質、持続力ともにこの路線では足りないし、まだ復調途上。それに個人的には直前の追い切りはいまいちだった。今回狙うだけの材料というのは正直ないな、と。ただキタサンブラックの直後は獲れそうな枠の並びではあるので、展開を考えるうえでは重要な一頭になる。キタサンの直後に持って行って我慢してどこまでというのが現実的なベストの戦略だと思う。それで勝負所でついていけるかどうかは別問題だが、この形をとってくるとキタサンブラックの直後を取りたい馬には厄介な存在になってくる。この馬自身が馬券圏内まで好走するというのはちょっと考えにくいが、展開を考えるうえでこの馬がどこにつけるのかというのは重要なポイントになる。陣営のコメントをよくみておきたい。


PR) ターフビジョンで2週間競馬をしてみてください。

まずは無料情報の26日(日)東京7R ベゴニア賞で稼ぎましょう。
そして、ジャパンカップを取りましょう。
2頭、超危険馬がいます。
データ解析合致率94.8%の実力、見せます!

サイト内から各コンテンツを見てもいいですが、
サイト内に設置してあるメールBOXから
限定情報を拾うのが効率的な使い方です。
無料メルマガ登録はコチラ


競馬サイトに登録して
無料予想が外れたら、もう使いたくないですよね?
せっかく有料PLANまで購入し外れたらやめますよね?!
分かります。

でも!
その寂しさをターフビジョンが埋めてくれます。
中身のない競馬サイトはもう飽きましたよね。
もちろんターフビジョンも時に外れる事もあります。

が!
長年ターフビジョンが生き続けているのは、
長く使っている会員は回収できているから!
外れた理由を次のレースでしっかり生かせているから!
その恩恵を受けた1ユーザーが僕です。
老舗サイトは情報量が違います。
今、競馬シーズンなので正直で整合性のある情報が必ず必要!


なぜこの情報を入手しないのかわからない。
超が付くほどおすすめです!
サイト内から各コンテンツを見てもいいですが、
サイト内に設置してあるメールBOXから
限定情報を拾うのが効率的な使い方です。
無料メルマガ登録はコチラ

↑最近絶好調なので、今週僕が使う情報です。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レイデオロ、秋になって勝ちまくる3歳世代のダービー馬…強気の競馬で攻めてくれ
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:キタサンブラック、完全復活を果たし…3歳馬も海外馬もまとめて横綱競馬で面倒を見たい
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ミルコ・デムーロとの黄金コンビも東京2400をどう戦うか?キレ負けしない競馬ができるかが焦点
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半から厳しい流れが望ましく…スローからの決め手勝負では分が悪い
【ジャパンカップ2017】プレ予想 レイデオロは古馬に勝てるのか
【ジャパンカップ2017】追い切り情報 栗東CWラスト1ハロンに注目
ジャパンカップ 2017 枠順・展開予想:キタサンブラックは2枠4番と内目の枠…さて、どう出るか
ジャパンカップ 2017 予想:本命08ソウルスターリング
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:アイダホ、凱旋門賞・キングジョージは善戦も…軽いアメリカの上がり勝負で苦戦はマイナス材料
ジャパンカップ 2017 予想用ラップデータ:スローから早めの仕掛け、という意識が強くなりやすい傾向
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:ギニョール、逃げてコントロールから早めの仕掛けで粘り込むタイプ…日本の高速馬場と多頭数で逃げられるかがまず焦点
【ジャパンカップ2017】出走予定馬 主役はやはり王道血統
ジャパンカップ 2017 追い切り・調教評価:抑え切れない手ごたえから直線抜群の反応と脚捌きの鋭さ!
【ジャパンカップ2017】プレ予想 キタサンブラック今年もレースを支配するか
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、京都大賞典惨敗が…瞬間的な切れ味なら勝負に、スローで各馬が牽制しあえば怖さはあるが
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP