投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ミルコ・デムーロとの黄金コンビも東京2400をどう戦うか?キレ負けしない競馬ができるかが焦点

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の香港ヴァーズで悲願のGI制覇、そして今年は宝塚記念で国内のGIも制覇し勢いに乗るサトノクラウンがミルコ・デムーロとのコンビでジャパンカップに出走予定だ。前走の天皇賞秋でも不良馬場の決戦の中でキタサンブラックに食らいつく2着は流石の走りだった。更に距離を延ばして東京2400m、昨年の覇者キタサンブラックと雌雄を決する一戦だ。


 結果的にミルコが乗ることになったので一安心といえば一安心。動かす意識を持てるミルコでないとなかなか府中の2400を乗りこなすのは難しい。それでもやっぱり最序盤から主導権を握りやすいキタサンブラックとの比較では簡単ではない。先週までの馬場を見ても軽い印象を受けるし、キレ負けが最大の敵なので。


宝塚記念(GI) 1着 11頭8枠11番
阪神芝内2200m稍 2:11.4 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 まずは今年の宝塚記念を見ていこう。ペース自体は1.5でかなりのスローに肉薄するレベル。ただ最序盤、前半3Fは35.2と速くここで温存しながら13.1と緩んだところで取り付けたというのは噛み合った。そこからの6Fのロンスパをけしかけて3~4角では我慢してというのも噛み合った。かなり上手い乗り方だったし、そのうえでサトノクラウンのポテンシャルを最大限に発揮できたと。


 11番枠からやや出負けして後方からの競馬にはなる。そこから序盤は無理せずじわっと追走して中団に取り付くという程度で脚を残す。1~2角で緩んだところで上手く取り付いてキタサンブラックの外まで押し上げて掛かり気味のキタサンを煽るとこれが見事にスイッチになり一気にロンスパとなる。その流れで3~4角でもキタサンより一つ内を通して仕掛けを我慢して直線で外。序盤で一気に抜け出して、そのまま突き抜けての完勝だった。


 スローロンスパの流れに持って行けたし、先行馬は前半で脚を使った面もあるしとかなり噛み合ったものの、やはり勝因はポテンシャル戦に持ち込んだことになると思う。元来ロンスパで速いラップを問われないレースに強い馬で、この宝塚記念の時は稍重でもそこまで時計も掛かってなかった。その中でしっかりと分散することができたので、ポテンシャルが最大の武器であるこの馬としては噛み合ったといえる。また前半にゆったり入ってけしかけることができたのはやはり大きかっただろう。


大阪杯(GI) 6着 14頭5枠7番
阪神芝内2000m良 1:59.3(+0.4) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 逆に大阪杯では伸び切れなかった。この字面のペース・ラップからではわかりにくいと思うが、このペースは単騎のマルターズアポジーが刻んでいたので、実際離れた位置にいたキタサンブラック辺りでは明確にスローである。そこから4角でキタサンが動く形になっている、マルターズも加速ラップを途中までは降んでいることを考えてもトップスピード戦になっているはずで、恐らくTS持続が問われた。


 7番枠から五分のスタートを切って押して先行策、最終的には好位の外でキタサンブラックを意識した位置取り。向こう正面でキタサンブラックが内から外に抜けて、前にサクラアンプルールを挟んで好位の外で進めて3角。3~4角では外目に持ち出して早めにスパートの意識を持つがここでキタサンが仕掛けて出し抜きにかかる、ここで差を詰められないまま直線。序盤で出し抜かれて勝負あり、L1でも内に切り込んでしぶとく伸びるが外差しの各馬にも屈した。


 この馬の場合トップスピードの持続力はさほどでもなくて、この大阪杯では結局スローからトップスピード面を要求されたことがこの馬としては痛かったと思う。キタサンを意識して入ってはいるんだけど、サクラアンプルールが前にいて、ステファノスがキタサンの後ろを取っていたのでなかなか押し上げていくのが難しかったのかなという感じ。2000は本質的に短いしこの競馬はある程度仕方ないけど、弱点としてはやっぱりトップスピード戦では並の馬になってしまうところにあると。


天皇賞秋(GI) 2着 18頭1枠2番
東京芝2000m不 2:08.3(+クビ差) 64.2-64.1 M
13.2 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.7 - 14.0

 秋初戦の天皇賞秋も強い競馬での2着だった。2000mではあったが流石にここまで極悪馬場になると質の高い基礎スピード、トップスピードを問われなかったのが良かったかなと。ペースは平均だが64秒台、ラップ推移的にも中盤少し息が入っての再加速でL3最速ポテンシャル戦。前後半のバランス、極悪馬場で脚が削がれないパワーも含めて求められた。


 2番枠から五分のスタートを切ったが少し狭くなる、それでも内枠を利して上手く中団の内を確保して進めていく。ただキタサンブラックに直後をマークされる形となって向こう正面へ。道中もじわっと押し上げながら2列目の内目で3角に入っていく。3~4角でも内目を立ち回って気が付けば先頭列、ここで仕掛けを待ちつつ少し手綱を引く。キタサンがその内からするっと上がってきて先に前に出られて直線。序盤でそこからキタサンに出し抜かれてしまうが何とか食らいつく。L2辺りで進路を内に切り替えてそこからもう一度伸び始めるがキタサンとの差を詰めるも届かず、2着惜敗だった。


 何かがもうちょっと噛み合っていたら勝っていても驚けなかったかなという内容。ただ、敢えて言うなら早い段階で押し上げたことで中弛みの地点でどうしても減速気味にならざるを得なかった。3~4角で少しコントロールしながらの競馬になっているうちにキタサンが内からスッと出し抜いてきた感じなので、この馬場だけど究極レベルで言えば12.0の地点での持って行き方が勝敗を分けた感はあるし、直線半ばで前に出切ったキタサンがそのうちに馬場の良い外に持って行ってかつこちらに進路を内に持って行かざるを得ない戦術をとってきたと。この辺りが噛み合っていたら逆転できた範囲だったかもしれない。ただ、やはりタフな馬場でトップスピードを問われないと強いな、というのは再認識できた。


2017ジャパンカップに向けての展望

 とにかく馬場と展開だろう。特にトップスピードが問われる展開になるとやはりパフォーマンスが低い。大阪杯だけでなく、過去を見ても今年を除いた過去2度の天皇賞秋では惨敗を喫しているし、少なくとも古馬との対戦以降では切れ味勝負では明らかに見劣っている。また宝塚記念でも昨年の様にハイペースになってしまうと後半要素を問われず、前半で脚を使って持ち味が削がれているというのもある。京都記念連覇もそうだが基本的に自身ではゆったり入って、そこから長く脚を使う。トップスピード戦に持ち込まずスローロンスパでポテンシャル特化に持ち込みたいというのが基本にある。今回は東京2400mなので、最序盤の運び方が重要だったが運よく12番枠と外目を引き当てた。そこまでゲートが上手い方でも二の足が速い方でもないので、外枠から勢いをつけられるというのは良い材料だろう。更に積極的にレースを作る、仕掛けていけるミルコを確保できたのは結果的に良かったと思う。高速馬場でのこの条件ではなかなか難しい馬だと思っているが、ミルコが乗るというだけで全然違ってくるので。今回もキタサンブラックを意識した乗り方になると思うが、当然豊もそこは計算の上で乗ってくる。この2頭がどういう戦い方をしてくるか?というのがこのジャパンカップの楽しみの中心にはなるだろう。向こう正面の遅い地点でまず押し上げる、3~4角でリスクを覚悟で5F戦ぐらいまで持って行く意識の勝負をミルコならやってきそうな気もする。そこに展開の紛れも生まれそうだが、この馬としてはそれでトップスピード勝負に極力持ち込まないことだろう。スローロンスパに持ち込めればチャンスはあるが、府中の2400で今の馬場だと簡単ではないかな。現時点では消したい馬なんだが、ミルコが怖すぎる。


――――――――――――――――――――――
5万馬券的中の天皇賞を見逃した人は必見!
――――――――――――――――――――――

【ジャパンカップ】
帯封獲得を狙う!絞りに絞った『1点馬券』

キタサンブラック?レイデオロ?サトクラウン?

≪≪勝つのはコレだ!≫≫

→→→無料で教えます!←←←

========================
この秋も絶好調!!
毎週とにかく当たっています!

========================
天皇賞・秋(GI)
5万5320円的中!
----------------------
カシオペアS
8万2060円的中!
----------------------
JBCクラシック(JpnI)
2万7570円的中!
----------------------
ファンタジーS(G3)
1万7980円的中!
---------------------
福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
京都1日目5R
3万1460円的中!
---------------------
東京2日目9R
3万0920円的中!
---------------------
福島4日目9R
2万9790円的中!
----------------------
東京4日目11R
2万8680円的中!
----------------------
福島3日目12R
2万6150円的中!
----------------------
東京3日目7R
2万3490円的中!
----------------------
その他的中多数!

ジャパンカップの1点馬券はコチラ
pngワールド:ジャパンカップ300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 敗因分析・結果:サトノクラウンは10着と完敗…天皇賞の反動もあっただろうが、速いラップを踏まされたのもあった
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ2走が物足りず、府中も相性悪いが…2400でゆったり入ってのバテ差しは警戒
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シャケトラ、前走大惨敗は流石に不満…外枠で折り合い重視の福永、できれば前半で前を取ってほしいが…
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・海外馬:ブームタイム、コーフィールドカップは上手く内目を立ち回っての勝利…ポジショニングの上手さは確か
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠のラストは悪くないが…秋天が不良馬場でも失速が早過ぎで…
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、内枠でキタサンの近くを狙えそう…上手く立ち回って出し切れれば逆転も
ジャパンカップ 2017 速報・結果:シュヴァルグランが豪名手ボウマンがエスコート…これまでの鬱憤を全てぶつける悲願のGI勝利!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:イキートス、昨年も内から鋭く一瞬の脚を見せ適性は不気味…最序盤後ろ過ぎるのが
ジャパンカップ 2017 追い切り・調教評価:抑え切れない手ごたえから直線抜群の反応と脚捌きの鋭さ!
ジャパンカップ2017前々日オッズ 1番人気はキタサンブラック
ジャパンカップ 2017 枠順・展開予想:キタサンブラックは2枠4番と内目の枠…さて、どう出るか
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ラストインパクト、JC2着の実績も…転厩後は結果を出せずここも苦戦か…
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:ギニョール、逃げてコントロールから早めの仕掛けで粘り込むタイプ…日本の高速馬場と多頭数で逃げられるかがまず焦点
ジャパンカップ 2017 予想用ラップデータ:スローから早めの仕掛け、という意識が強くなりやすい傾向
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、デムーロ弟が若き名牝とのコンビで兄の勢いを阻止できるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP