投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、内枠でキタサンの近くを狙えそう…上手く立ち回って出し切れれば逆転も

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年のジャパンカップで3着、そして今年の天皇賞春でキタサンブラックの2着に入っている実力馬シュヴァルグランが今年もジャパンカップに出走予定だ。力をつけてきているが、なかなか勝ち切るところまでいくにはキタサンブラックという壁が分厚い。この壁をぶち破って悲願のGIタイトルを奪取できるか、サブちゃん相手に大魔神も一矢を報いたい。


 勝つならこれしかないというぐらい条件自体は揃っていると思う。後は噛み合い切るかどうか。内枠を引けたこと、キタサンブラックを意識して早めの競馬を狙いそうなサトノクラウン、という構図の中で3~4角で内を立ち回ってTS持続で勝負ができる…という中ではレイデオロより前を獲れるかがカギになると思う。レイデオロより前で3~4角内内、噛み合い切れば勝機も見えてきそう。後はキタサンとの勝負になるかな…。


天皇賞(春) 2着 17頭3枠6番
京都芝3200m良 3:12.7(+0.2) 58.3-74.0(FA12.33)-60.2 H^2
12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 まずはベストバウト、サトノダイヤモンドを撃破して2着に食い込んだ天皇賞春を見ておきたい。まあ正直今回のジャパンカップにつながるかどうか?という意味ではちょっと距離が長いかなとは思うが。それでも面白い競馬だったしみておきたい。ペースは2秒近いかなりのハイでこれを単騎のヤマカツライデンが刻んでいった、それでも実質的にも平均ぐらいでは流れていたかなと。3角でキタサンブラックが動いていく中でこの馬もそれに合わせての押し上げてサトノダイヤモンドが4角で外を回す中でこちらは外過ぎない良いところを回せた。福永やるな、という競馬だったと思っている。


 6番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと好位を取って行ってキタサンをしっかりとマークする。キタサンが早めに前に行ったので流石にそれ以上は追撃しなかったがそれでも好位の外目で動く意識を持ちつつ向こう正面へ。向こう正面ではまだ動かずに好位で仕掛けを待ちながらだが3角でキタサンが勝負に行ったのを見てじわっと仕掛けつつ差を詰めてくる。4角ではサトノダイヤモンドより先に仕掛けて2列目の外に取り付いて直線。序盤でキタサンに出し抜かれるがそれでもしぶとく食らいつく。L1でサトノダイヤモンドにジリッと迫られるもののこれを封じての2着確保だった。


 まあ対キタサンでこの競馬では勝てないとは思うが、それでも勝負を意識できる好騎乗だったと思う。サトノに対して前受、サトノが上がってくるタイミングの4角で仕掛けることで外外を回させたことが結果としてサトノがL1で脚がなくなったことに繋がっていると思うし、これに関しては豊の乗り方も噛んではいるんだが祐一がビビらずにしっかりと仕掛けてくれたことで4角地点でのコース取りでサトノに対して優位に立てたし、ここで速い脚を使うことができたのも大きかった。ナイス騎乗だったと思う。この馬に関しては正直福永で良いと思うんだよなあ…。少なくともこのレースでは正攻法で乗ってくれたしその中では完璧に近い。それでもキタサンに対してこれだけの差があるのであれば、勝ち切るには福永的なロスのない競馬というのが必要になってくる面もある。宝塚ではその意識が結果的裏目に出たんだが…。


宝塚記念(GI) 8着 11頭5枠5番
阪神芝内2200m稍 2:12.0(+0.6) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 宝塚記念ではこれまでにない逃げの手を打っての完敗だった。展開的に言えば確かにむずかしかったと思う。シャケトラは頑張ったがキタサンも崩れた要因として考えられるのは前半3Fでは35.2とかなり流れていたということ。阪神2200はもろに下り坂スタートで、かつ1角までが長いのでどうしても前半が速くなりやすい。逃げたこと自体は何ともだが、ここで脚を使って逃げたのに2角過ぎで一気に緩めて息を入れたので結果後続が楽に取り付けてしまった、そしてそこでサトノが捲りのフェイクを見せてきてキタサンが掛かっての超ロンスパという流れに巻き込まれてしまった。逃げはギャンブル的には成立していると思うけど、レースメイクがまずかったのはある。


 5番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促しながらの先行策、確たる逃げ馬不在、キタサンも行き脚が微妙でここで果敢にハナを選択する。シャケトラとともにペースを作って前半はハイだが1~2角で13秒台を踏んで一気にペースダウン、ここで取り付いてきたサトノに狙われて一気にペースアップ。キタサンが絡んでの超ロンスパの流れで逃げて目標になり3角辺りでは手が動くが微妙な感じ。4角でも追い出されるが外から一気にシャケトラ、キタサンに交わされて後退。そのまま失速というほどではなく意外と抵抗していて序盤は一旦最高峰列まで下がるが、最後はばてた馬を交わす程度の脚は見せての8着だった。


 前述のとおりで、流れとして前半がハロン平均11.7というところ、しかしここで脚を使っているのに13.1と極端に落としてしまうと当然ここで取り付けてしまう。またそこでミルコにフェイクをかけられてキタサンが掛かっていた中で行かせてしまった。この流れを誘発したのはレースメイクの拙さにあったと思う。個人的に逃げること自体は良かった、少なくともキタサンに勝つにはどうすれば良いか…という戦略としては十分アリ、だったと思う。もちろんギャンブルにはなるし実際裏目になったが。


京都大賞典(GII) 3着 15頭2枠3番
京都芝外2400m良 2:23.1(+0.1) 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 どこまで本当かは分からないが、その宝塚記念が決定打となって福永は降ろされた。そこから秋初戦の京都大賞典では3着とまずまずの滑り出しペースは1.3でスロー、ラップ推移的にも大きく淀まずの4F戦で、極端にはトップスピードの質は問われなかったがコーナーで結構速いラップを踏んでいるのでここでのロスは響いている。


 3番枠からまずまずのスタートを切っていたがそこで挟まれて下げざるを得ない展開、後方に下がってしまう。道中も後方で進めていて外目に持ち出し動いていく意識を持ちながら3角。3角で大外からじわっと進出、4角でゴーサインから行為列に取り付いて直線。序盤でしぶとく伸びてはくるのだが流石にロスが多くなかなか詰められない。L1でも頑張って伸びてくるが内で脚を残していたスマートレイアーに抜け出されての3着だった。


 本来ならもう少し前目を獲れていて、内目で我慢できていたと思うんだが最序盤で不利を受けてしまったのでこれは仕方ない。3~4角で仕掛けていく中で11秒台半ばの地点でも4~5頭分外外になりながらでもしっかりと脚を使ってL1まで食らいつけていたのは流石でこの馬の能力はやはりTS持続力の高さとポテンシャル、いずれにしたって出し切らないとというところ。昨年のジャパンカップでもある程度外から出し切る意識を持てたのとL3最速で食い込めたのもあるだろう。


2017ジャパンカップに向けての展望

 昨年は大外枠で3~4角でも外外になったが、これ自体は良かったと思う。ただし、キタサンがいると早めの仕掛けになるので府中でも3~4角の立ち回りが結構重用になりやすい。その点でも今回内枠を引いたことはプラスに働きそうだし、枠の並び的にも結構労せずいいポジションを取れるんじゃないかなと思う。京都大賞典は後ろからになったがあれは不利によるものだしスタート自体は上手くできていた。今回の並びで上手く2列目ポケットを確保できれば、前半からペースが上がる可能性もこの面子だと高くないし無理なくいい位置をとなりそう。また3~4角でサトノクラウンがペースを引き上げない、という手はないと思っているのでそうなれば内のこの馬としては前にスペースが生まれやすくなるうえで全体の仕掛けも早くなりやすい。内から最短距離でかつしっかりとエンジンをかけられる、という条件が噛み合いやすいと思う。後はその過程で内で進路を獲れるかどうか。一番嫌なのが逃げ馬ギニョールをキタサンが遊ばせて、3~4角でサトノの動きに合わせて一気にキタサンが先頭に立ってギニョールが下がってくるケース。ここでスペースを無くしてしまうと難しいのでそこを意識して進められるかどうかかな。そこさえこなしてしまえばミルコが早めの仕掛けに噛み合うのはこの馬とレイデオロになる。レイデオロは厄介なので、スローに決め打って最序盤のポジショニングを意識できるかどうか。個人的には福永でこの条件なら本命でも良いかもと思っていたんだが、ボウマンがどう乗ってくるかかなあ。正直シュヴァルグランに関しては福永が一番だと思っているんだけどなあ。ヴィブロスのドバイの件もあるし、宝塚の前から色々あったんだとは思うんだけどね…。



最強の関西情報社チェックメイトは
この秋も【17万6530円】的中(4阪神4・7R)

秋のG1も!
秋華賞【1万4760円】的中



今週は古馬&3歳のG1馬が集結
第37回 ジャパンカップ (G1)

昨年は関西馬の上位独占で

3連単【3万6260円】的中


今年のジャパンカップも
人気薄関西馬が高配当を演出!


秋華賞も【1万4760円】的中

この秋も
【17万6530円】的中
(4阪神4・7R)

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

ジャパンカップ・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】




2015年も23万馬券(桜花賞)をブチ当てただけでなく、

15週連続重賞的中を達成するなど圧倒的な実績!!

2016年も予告の桜花賞【2万0330円的中】
天皇賞(春)【2万0160円的中】を筆頭に、

オーシャンS【14万6540円的中】
フラワーC【8万2600円的中】
ジャパンC【3万6260円的中】
阪急杯【1万8050円的中】
アンタレスS【1万0620円的中】
中山金杯【1万1190円的中】
など特大万馬券的中を連発!!

そして2017年も!

イキナリ京都金杯【1万1040円的中】を筆頭に

毎週のように重賞競走で的中馬券を連発!!

今秋も秋華賞で【1万4760円】的中をお届けしたほか、
重賞以外でも【17万6530円】的中
など、関西馬情報で万馬券的中を連発しています!!

※以下、一部の的中を抜粋
・11月12日(日)福島1R【1万3590円的中!】
・11月04日(土)福島5R【2万3440円的中!】
・11月04日(土)東京10R ノベンバーS【1万0570円的中!】
・10月29日(日)新潟9R 3歳以上500万下【1万0760円的中!】
・10月28日(土)京都2R 2歳未勝利【1万5950円的中!】
・10月22日(日)新潟8R 3歳以上500万下【2万1200円的中!】
・10月15日(日)京都11R 秋華賞【1万4760円的中!】
・10月14日(土)東京1R 2歳未勝利【2万9870円的中!】
・10月08日(日)東京10R テレビ静岡賞【1万8880円的中!】
・10月07日(土)京都7R 3歳以上500万下【1万3040円的中!】
・10月01日(日)阪神8R 3歳以上500万下【1万6940円的中!】
・09月30日(土)阪神9R ヤマボウシ賞【8万5460円的中!】
・09月30日(土)阪神9R ヤマボウシ賞【2万3210円的中!】
・09月30日(土)中山9R カンナS【1万7650円的中!】
・09月18日(月)阪神10R 吹田特別【1万0620円的中!】
・09月17日(日)阪神7R 3歳以上500万下【17万6530円的中!】
・09月17日(日)阪神7R 3歳以上500万下【2万7200円的中!】
・09月16日(土)阪神12R 3歳以上500万下【1万7510円的中!】
・09月16日(土)阪神7R 3歳以上500万下【2万3870円的中!】

的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】だからこそ入手できる大ヤリ関西情報さえあれば、ジャパンカップでも特大万馬券が狙える!!

一般の競馬ファンでは入手不可能な、オフレコ級の衝撃情報を入手しているチェックメイトに、2017年のジャパンカップもお任せください!

ジャパンカップ(G1)3連単勝負買い目!!
無料入手方法はコチラ!!
※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。
pngチェックメイト:ジャパンカップ300_250


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ミルコ・デムーロとの黄金コンビも東京2400をどう戦うか?キレ負けしない競馬ができるかが焦点
ジャパンカップ 2017 追い切り・調教評価:抑え切れない手ごたえから直線抜群の反応と脚捌きの鋭さ!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:マカヒキ、不良の天皇賞秋でもしぶとく伸びたが…まだ復活とは言い難く様子を見たい
【ジャパンカップ2017】枠順確定 3年連続好走中の1枠1番はシュヴァルグラン
【ジャパンカップ2017】予想!新世代の台頭に期待
ジャパンカップ 2017 敗因分析・結果:サトノクラウンは10着と完敗…天皇賞の反動もあっただろうが、速いラップを踏まされたのもあった
ジャパンカップ2017予想参考前日オッズ 1番人気は武豊騎手とキタサンブラック
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レイデオロ、秋になって勝ちまくる3歳世代のダービー馬…強気の競馬で攻めてくれ
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:イキートス、昨年も内から鋭く一瞬の脚を見せ適性は不気味…最序盤後ろ過ぎるのが
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:アイダホ、凱旋門賞・キングジョージは善戦も…軽いアメリカの上がり勝負で苦戦はマイナス材料
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ2走が物足りず、府中も相性悪いが…2400でゆったり入ってのバテ差しは警戒
【ジャパンカップ2017】出走予定馬 主役はやはり王道血統
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半から厳しい流れが望ましく…スローからの決め手勝負では分が悪い
ジャパンカップ 2017 速報・結果:シュヴァルグランが豪名手ボウマンがエスコート…これまでの鬱憤を全てぶつける悲願のGI勝利!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:キタサンブラック、完全復活を果たし…3歳馬も海外馬もまとめて横綱競馬で面倒を見たい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP