投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京阪杯 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、末脚は魅力もゲートは下手…リカバーできる展開になるかどうかがポイント

日程:2017年11月26日(日)
第62回 京阪杯(GIII) 京都芝内1200m
予想用・出走予定馬一覧
京阪杯2017の予想用・出走予定馬一覧

 復調を狙う実力馬が多くいる中で、6歳にして充実一途の感…スワンステークス2着のヒルノデイバローが京阪杯に出走予定だ。今年は意外にもそこそこ安定して1200~1400の重賞戦線を渡り歩いてきた。といっても勝利の美酒は味わえておらず、昨年1月の羅生門ステークスまで振り返らないといけない。このレベルでも通用する馬、久々に気持ちよく先頭でゴール板を駆け抜けたい。


 前走のスワンSでも強敵相手に強い競馬、それよりも個人的には2走前のオパールSのインパクトが強くて、後傾の1200が噛み合っている感じはする。力の要る馬場は歓迎なので、後は噛み合えば勝機もというところ。


オパールS(OP) 2着 13頭7枠10番
京都芝内1200m良 1:07.5(+クビ差) 34.3-33.2 S^2
12.2 - 11.0 - 11.1 - 11.2 - 10.8 - 11.2

 2走前のオパールSから見ていきたい。この時の京都は開幕週で超高速馬場状態。ペースバランスは1.1で京都1200といえども1秒を超えるスローは流石に遅い。そこからコーナーではそこまで上がり切らずにL2最速、4角出口から直線前半が最速となってトップスピードの質が問われた。また1200としては11.2-10.8とそこそこの加速度が要求されていてギアチェンジも問われている。ポジションと質、ギアチェンジの性能を問われた一戦。


 10番枠から出負けして押して押しての追走、そこから中団でまずは入っていくのだが、スローの段階の前半でポジションを押し上げて好位外に近いところで3角。3~4角ではまだ上がり切ってはいないがそれでも2頭分外とロスはある程度ある状況から4角で2列目に並びかけて外に膨れて直線。序盤でのキレはジリジリだったが、L1のバテ差し地点でしぶとく差し込んでここでは一番いい脚、決定的に伸びてきての2着だった。


 4角出口で外に出したときにここで10秒台に入っているわけで遠心力が強く働いて外にかなり振られていた。ただ普通そこでのロスはかなり痛いのだが、そこからL1までトップスピードの持続力という観点では一番だったと思う。質的にも置かれずついていけていたし、この2点は高いレベルにある。ただ、あの位置で入れたのは最序盤からかなり積極的にリカバーしていったこともあるし、外枠でペースがスローだったというのも噛み合った要素。仮に内枠であれだけ後ろからになってしまうと前目につけるのは簡単ではなくなるし、その辺りは考慮に入れないといけない材料。


スワンS(GII) 2着 18頭2枠4番
京都芝外1400m重 1:22.4(+アタマ差) 34.9-35.8 H^1
12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.2

 前走スワンSも強い競馬での2着、もちろん上手く立ち回った面はあるにせよそれでも勝ち馬サングレーザーがマイルCSでもいい勝負ができていたことを考えると甘く見ることはできないのかなと。ペースは1秒程度でややハイ、ラップ推移的には淀みはなくタフな馬場でパワー型の基礎スピードを高いレベルで問われて、後半はポテンシャル戦。


 4番枠からやや出負け、そこから押して先行策でこの距離で時計も掛かっていたし結構楽に2列目まで押し上げる。3~4角でも2列目の最内を追走しながら直線でトウショウピストの内からしぶとく伸びて先頭列。しかしL1でサングレーザーが伸びてきて最後は2頭のマッチレース、わずかに見劣ったが3着以下は問題とせずの2着だった。


 力の要る馬場になっての1400なのでリカバーは楽だったという感じ。ただここでも一歩目が遅いのでこれはカギになる。タフな馬場の中でややハイを追走しながら最後までしぶとく伸びて食らいついていたというのは今年の阪急杯と同じ様な感じではある。阪急杯の場合は後方待機になったが、タフな馬場での1400m戦というのは京王杯SCでも逃げての4着があるように適性が高いんだと思う。


キーンランドC(GIII) 12着 13頭4枠4番
札幌芝1200m良 1:10.6(+1.6) 33.5-35.5 H^2 
12.0 - 10.5 - 11.0 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 不満なのが3走前のキーンランドCで、この時はタフな馬場だがペースは2.0と超ハイに肉薄するレベル。ラップ推移的にもL3の段階で11秒半ばと遅いラップから消耗している。1200でタフな馬場ではあるのだが前半の基礎スピードを高いレベルで問われたなという感じ。


 4番枠から出負けしておっつけながらになるが、今回は前もかなり飛ばしている中でリカバーができずに後方のままの競馬となってしまう。3~4角でも最後方に近い位置で最内を突いて直線。それでも序盤でスペースがありながら一切伸びるところが無かったし、最後は諦めていた。


 まあ窮屈な感じにはなっていたんだが、それでも前が減速している流れでラストまで良い脚を引き出せそうになかった。1200で上がり切ってしまうと基礎スピード的に足りないなというところで、1400でタフな馬場でなら平均~ハイになってもばてさせるというイメージ。本質的には1400がベストかなとは思っていて、オパールSの場合展開的には外から強いという感じもあったが、リカバーできた要因が前半のスローにあるということも考慮に入れないといけない。少なくとも1200の基礎スピード戦には不安がある。実際ハイペースの宮記念でも伸びあぐねている。


2017京阪杯に向けての展望

 ペースが上がりにくい京都1200の舞台は1200としては合っていると思う。ただし、ゲートは下手で安定して出負けしているし、好走しているのは1400で力の要る馬場、1200では前半スローとリカバーがしやすい条件が必要かなという感じ。後半のトップスピードの質、持続力は高いレベルにあるが、それをどの位置から出してくるのか?というのが一つポイントになる。オパールSみたいに入りがゆったりならば後半の質、持続力ともに同レースの中では1番だったし、スローで好位~中団までにつけられればチャンスも出てくる。ただし、良馬場に近い状況でハイペースとなると今の力の要る馬場となっている京都でも、追走に苦労して差し損ねるリスクは大きくなる。オパールSの様にスローで余力を持っていい位置で4角を迎えたいがそういう展開になるかどうかも枠順の並びを見て判断したいところ。噛み合えば突き抜けきるだけの武器を持っているので怖いし、重く狙うケースもあり得るがやはりゲートが下手なので…。枠を見ないと何ともだし、乗り慣れた四位から古川に替わるのをどう見るか、というのもある。

――――――――――――――――――――――
5万馬券的中の天皇賞を見逃した人は必見!
――――――――――――――――――――――

【ジャパンカップ】
帯封獲得を狙う!絞りに絞った『1点馬券』

キタサンブラック?レイデオロ?サトクラウン?

≪≪勝つのはコレだ!≫≫

→→→無料で教えます!←←←

========================
この秋も絶好調!!
毎週とにかく当たっています!

========================
天皇賞・秋(GI)
5万5320円的中!
----------------------
カシオペアS
8万2060円的中!
----------------------
JBCクラシック(JpnI)
2万7570円的中!
----------------------
ファンタジーS(G3)
1万7980円的中!
---------------------
福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
京都1日目5R
3万1460円的中!
---------------------
東京2日目9R
3万0920円的中!
---------------------
福島4日目9R
2万9790円的中!
----------------------
東京4日目11R
2万8680円的中!
----------------------
福島3日目12R
2万6150円的中!
----------------------
東京3日目7R
2万3490円的中!
----------------------
その他的中多数!

ジャパンカップの1点馬券はコチラ
pngワールド:ジャパンカップ300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

セントウルステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、母ビリーヴも勝ったこのレースで重賞初制覇を狙う
京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、唯一の重賞馬、競馬センスの良さ無傷の3連勝を狙う
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
東海ステークス2018 出走予定馬:アスカノロマン、中京で高いパフォーマンスも…今は昔、近走の内容を冷徹に判断したい
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:エイシンバッケン、ペースに左右されず最後は必ず突っ込む末脚が魅力
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ディアドラ、春の実績馬不在のここは譲れない一戦…成長を見せて淀に向かえるか?
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ルーカス、追い切りでの放馬でも回避せず…状態面の不安もあるが力で捻じ伏せられるか?
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ブラックスピネル、京都金杯2着は内容濃く…マイル路線でも上位の実力馬のはず
エルムステークス 2017 出走予定馬:オヤコダカ、久々に地方馬による中央重賞勝利となるか?この距離が噛み合えば不気味
北九州記念 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、良の1000では追走できず…小倉1200でラストのバテ差しに警戒
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:プロディガルサン、東京新聞杯はドスロー過ぎだが、鋭い末脚を引き出せるペース、枠なら
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:メイソンジュニア、マイルはカギ…瞬時の脚は不気味で流れてほしい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP