投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、京都大賞典惨敗が…瞬間的な切れ味なら勝負に、スローで各馬が牽制しあえば怖さはあるが

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年のジャパンカップをはじめ、重賞・GIでの2着は実に7度、現役屈指のシルバーコレクターとなっているサウンズオブアースが今年もジャパンカップに出走予定だ。ただ、シルバーコレクターからの脱却が現在はマイナスの方向…善戦も出来なくなってきていて今年はスランプに陥った感はある。昨年2着の舞台でまずは善戦、あわよくば初GIタイトルをと行きたいところ、果たしてどうか。


 ドバイや札幌記念が悪くはないが、前走の京都大賞典の負け方はちょっと不満が残る。もちろん外外でしんどかったにせよ、ちょっと崩れすぎ。今年はここまでの過程が内容的に良くないので、なかなか強調するのは難しいかな。昨年もキタサンブラックには完敗だったし。


ジャパンカップ(GI) 2着 17頭6枠12番
2400m良 2:26.2(+0.4) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 まずは昨年のジャパンカップから振り返る。この時は良馬場ではあったが雨が降っていたのし最終週でそこそこ時計はかかっていた。ペースバランスは3秒近い超スロー、ラップ推移的に見てL4で11秒台、そこからL3最速の11.2。TS持続特化とみて良いレベルだろう。


 12番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理なく好位を確保、ラストインパクトの後ろぐらいで進めていく。道中もラストインパクトの後ろで外目を追走、動ける体勢を保ちながら3角へ。3~4角で徐々に動いていきラストの後ろから手が動いて追走しながら3列目で直線。序盤でそこからジリジリと伸びてくるが地味、坂の上りで2列目に並びかけてくる。L1では更に冷たかったが最後は甘くなってキタサンを詰めるより外のシュヴァルグランに詰められての2着確保だった。


 内容的にはTS持続になってしまったのはあるが、それでもトップスピード戦での適性が高い馬なのでこの競馬自体は悪くない流れ。強いて言えば3~4角で加速していく中で外から勝ちに行く形にはなったし、この展開なら内で我慢したかった立場ではあるかなと。それでも強い競馬でシュヴァルグランの追撃は降り切ったし、少し時計がかかる中でキタサンブラックにこういう競馬で早めに仕掛けられてしまうと簡単ではなかったかな。好走するときは基本的に前半は顕著にスロー、ということが多くこのジャパンカップでも超スローだったからこそ末脚を引き出せたという印象だ。


ドバイシーマクラシック(GI) 6着 7頭4番枠
メイダン芝2410m稍 2:34.54(+2.15) 66.41-61.01 S^4
28.72-25.74-23.89-24.82-24.67-24.55(410mFA11.98)

 ドバイシーマクラシックの場合2410mなので色々と計算が面倒だが、まあ大体こんな感じになった。日本式で補正すれば65.41-61.01として超超スローに分類されるし、前半は緩かったと思うが向こう正面で少しペースが上がっていることと後半でも終始ハロン平均12秒を超えていることからもトップスピードは問われていない。スローロンスパのポテンシャル戦という感じでいいだろう。


 4番枠から五分のスタート、そこから馬群に包まれつつも中団の外目で進めていく。道中も4~5番手の外で進めて向こう正面でも折り合って進めて3角。3~4角でも淡々と進めていくという流れの中で外目から徐々に手ごたえが怪しくなってしまう。4角では鞭が入るが後方列に後退。そのまま直線でポストポンドの後ろから追いだされるが伸びない。最後まで伸びずにハイランドリールには辛うじて先着したもののブービーだった。


 スローロンスパなのでもうちょっとやれて欲しい面もあったが、この馬の場合はやはりトップスピードをある程度問われて何ぼではある。有馬記念2着時もロンスパ気味ではあるがL2である程度速いラップを問われての2段階加速。このドバイシーマクラシックでは全くそういった11秒台前半の脚を求められない展開、馬場状態だった。その流れの中ではかなり苦しい競馬になってしまったなというのが率直な感想。この一戦はある程度仕方ない感じはしているが…。


京都大賞典(GII) 13着 15頭2枠2番
京都芝外2400m良 2:24.6(+1.6) 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 ただ、前走の京都大賞典は流石にもうちょっと頑張ってくれんと…という感じ。超高速馬場でペースバランスは1.3でスロー、もちろん60秒を切っているので絶対的に速かったというのはあるにせよバランス的にはスローである。そこからの4F戦でトップスピード面も微妙ではあるがそれでもL2地点で鋭く脚を使えた馬はいる。


 2番枠からまずまずのスタートだったものの挟まれてしまって好位の中目に下げる。そこから折り合わせつつ好位の中目をキープして1~2角。向こう正面で外目、少しポジションを落とすような感じになって3角。3~4角では中団の外目で様子を見つつ、外からシュヴァルグランが蓋をするような形になって中団の中目で待たされつつもそこまで極端にそとではない位置を通して直線。序盤でそこから追いだされるが伸びる脚が無く、窮屈になったのはあるにせよ完敗だった。


 直線序盤で本来見せてほしかった反応面が乏しかった。この馬の良いところはトップスピードの質にあると思うし、トップスピードの持続力もそこそこ高い。ギアチェンジ面も高いレベルで持っているのでこのバランスが武器ではあるが、今回は要所での反応が全く無かったのは気がかり。今年に関して言えばそこで良さを見せられていないのをどう評価するべきか。一昨年ではラブリーデイに最速地点で迫ったように後半のポテンシャルを含めた4要素のバランスが良いと言えども、理想は瞬間的な切れ味を本来は引き出したいタイプのはずで、分散されたのもあるかもしれないがそれでもここまで崩れる馬ではないので物足りないのは間違いない。


2017ジャパンカップに向けての展望

 昨年の京都大賞典に関しては負けたと言えどもミルコが色々後手を踏んだのが大きいし、悪くない内容だった。ただ今年に関しては札幌記念は言うほど悪くないにせよ、京都大賞典の内容がかなり良くない。ここから立て直してジャパンカップまでに持ち直せているのかがまずポイントになる。それと、やはり本質的には超スローぐらいからトップスピードの質で勝負したいタイプ。キタサンブラックに対してでも恐らく瞬間的な切れ味だけなら勝負になると思う。ただし、元来そんなに前目で競馬ができる馬ではないし、キタサンより後ろからキタサンが早めに仕掛ける展開になってしまうと昨年より上の競馬を狙うのは簡単ではない…まして今年は状態面で不安がある。怖い要素を挙げるとすれば、今年は昨年よりは現時点で時計が出やすい。昨年は東スポ杯の週で標準ぐらいの馬場だったと思う(雨が少し残っていたので何ともだが)が、今年は先週の段階でもかなり速いラップを踏んでいて連続もしていた。昨年よりは少なくとも1段階は軽いと思うので、この馬としてはそうなってくれた方が瞬間最大の切れ味を引き出せるしチャンスもある。理想は好位の内目で立ち回って3~4角で我慢して鋭さを引き出したい。そういう意味で上位にあたるゴールドアクター不在なのはチャンスともいえる。キタサンが前走の天皇賞秋でレースメイクに対して消極的になり、スローからのトップスピード特化戦になれば意外とそういう適性が高い馬が前述のゴールドだけでなくリアルスティール辺りも今回不在なので、面白いと言えば面白い。いずれにせよ、まず自分の状態面を戻してくることが最優先課題だ。そのうえでスローからのL2最速戦、というような競馬になれば。トータルで判断したいが今年を見ると強く狙うところまでは難しいし、評価したとしても連下まででとどめておくべきだろうと思う。キタサンやソウル、レイデオロ辺りが近い適性の中で、瞬間的な切れ味を削がれる展開なら苦しいし、逆にスローで上位が牽制しあっての瞬時の反応でというところで勝負したい。スローでなければどう乗ってもなかなか難しいし、スローと決め打ってポジションを取り好位内から進めてほしいかな。


――――――――――――――――――――――
5万馬券的中の天皇賞を見逃した人は必見!
――――――――――――――――――――――

【ジャパンカップ】
帯封獲得を狙う!絞りに絞った『1点馬券』

キタサンブラック?レイデオロ?サトクラウン?

≪≪勝つのはコレだ!≫≫

→→→無料で教えます!←←←

========================
この秋も絶好調!!
毎週とにかく当たっています!

========================
天皇賞・秋(GI)
5万5320円的中!
----------------------
カシオペアS
8万2060円的中!
----------------------
JBCクラシック(JpnI)
2万7570円的中!
----------------------
ファンタジーS(G3)
1万7980円的中!
---------------------
福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
京都1日目5R
3万1460円的中!
---------------------
東京2日目9R
3万0920円的中!
---------------------
福島4日目9R
2万9790円的中!
----------------------
東京4日目11R
2万8680円的中!
----------------------
福島3日目12R
2万6150円的中!
----------------------
東京3日目7R
2万3490円的中!
----------------------
その他的中多数!

ジャパンカップの1点馬券はコチラ
pngワールド:ジャパンカップ300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、デムーロ弟が若き名牝とのコンビで兄の勢いを阻止できるか?
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ラストインパクト、JC2着の実績も…転厩後は結果を出せずここも苦戦か…
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シャケトラ、前走大惨敗は流石に不満…外枠で折り合い重視の福永、できれば前半で前を取ってほしいが…
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ディサイファ、幾らかは復調加減だが…流石に東京2400では難しいか
【ジャパンカップ2017】出走予定馬 主役はやはり王道血統
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半から厳しい流れが望ましく…スローからの決め手勝負では分が悪い
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:イキートス、昨年も内から鋭く一瞬の脚を見せ適性は不気味…最序盤後ろ過ぎるのが
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レイデオロ、秋になって勝ちまくる3歳世代のダービー馬…強気の競馬で攻めてくれ
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:アイダホ、凱旋門賞・キングジョージは善戦も…軽いアメリカの上がり勝負で苦戦はマイナス材料
ジャパンカップ 2017 予想:本命08ソウルスターリング
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・海外馬:ブームタイム、コーフィールドカップは上手く内目を立ち回っての勝利…ポジショニングの上手さは確か
ジャパンカップ 2017 レース回顧・結果:シュヴァルグラン、最内でジッと、直線でスッとキタサンの後ろ…ボウマン好騎乗に大魔神やった!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:マカヒキ、不良の天皇賞秋でもしぶとく伸びたが…まだ復活とは言い難く様子を見たい
ジャパンカップ 2017 枠順・展開予想:キタサンブラックは2枠4番と内目の枠…さて、どう出るか
【ジャパンカップ2017】追い切り情報 栗東CWラスト1ハロンに注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP