投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レイデオロ、秋になって勝ちまくる3歳世代のダービー馬…強気の競馬で攻めてくれ

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳時にホープフルステークスを制し、そして今年の日本ダービーを制したレイデオロがジャパンカップに出走予定だ。前走の神戸新聞杯ではフロックではないことを証明する強烈なパフォーマンスで後の菊花賞馬キセキに完勝。古馬に挑戦してくるだけのパフォーマンスは確かに見せている。勢いに乗る3歳世代のダービー馬が競馬界の中心に居座る横綱を追い落とせるか。


 正直な気持ちとしてはまだ強さが掴みかねる面はある。ただし、ダービーの場合はやはり後ろからになりながらポジションを押し上げるタイミングが絶妙だったこと、神戸新聞杯は前を取るという点では結構楽なメンバー構成だったということ。今回もポイントになるのは3角までのポジション取りにはなってくると思う。距離に関しては2400より長くてもよさそうな感じはしているし、今の馬場でキタサンブラック相手にどこまで戦えるのかは非常に興味がある。


日本ダービー(GI) 1着 18頭6枠12番
東京芝2400m良 2:26.9 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 まずは2走前の日本ダービーから振り返る。この時は極端なスローで4.1というのは流石にダービーとしては酷いレベル。ラップ推移的には途中でレイデオロが押し上げたことで中盤はそれなりに流れているがそれでも3~4角でまた息が入ってL2最速10.9と結局は3F勝負でトップスピード戦。ギアチェンジも問われているし、結局直線までのポジション取りのウエイトがかなり大きかった。


 12番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中は内に入れずに後方外で進めながら2角まではジッとしている。ただ2角過ぎですぐに外に出して動く意識を持って入っていて、前が一気にペースダウンしたところでスーッと馬なりで取り付いていく。ここで2番手まで押し上げてからは無理はせずにコントロールして、また前のマイスタイルもある程度ペースを引き上げてくれたので落ち着いて3角に入る。3~4角ではマイスタイルとともにペースをさらに落として息を入れて直線。序盤で中目から仕掛けを待ちつつ坂の手前で追い出して坂の上りで鞭が入ってしぶとく粘るがスワーヴリチャードの切れ味に並ばれかける。しかしL1でこれを振り切っての勝利となった。


 ここでは正直ルメールの神騎乗というのが大きく影響していると思っている。確かにその後の神戸新聞杯で強かったのはあるんだが、13.3とレース全体の中でも最も遅いところにかけて準備をしながらほぼ馬なりで馬の気持で押し上げることができたし、そこからのコントロールも利いていた。3~4角でしっかりと息を入れられたし後続のプレッシャーもない状況で直線までは理想的に入っていると思う。それでも坂の上りではスワーヴリチャードに並ばれて、そこからのL1の踏ん張りで優位性を作って勝ち切った。前受出来たのは大きいにせよ、後半要素で評価できるのはTS持続力だと思う。ただし、ここであの位置を獲れたのはルメールの手腕と判断に依るところが大きいとは思っているし、だから自分の中では非常に評価が難しい馬になっている。少なくともこの一戦はこの段階ではフロックである可能性が高いと思っていた。


神戸新聞杯(GII) 1着 14頭5枠8番
阪神芝外2400m良 2:24.6 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 前走の神戸新聞杯では前半の不安要素であるゲート、二の足といったところを大きく改善してきた。といってもメンバー構成的に先行しやすい状況ではあったが。ペースは2.8で超スローだし、テンの1Fも12.9と比較的遅い。そこからの後半4F戦に近い形で分散してL3最速のTS持続もそこまで速いラップを踏んではいない。


 8番枠から五分のスタート、そこからはコントロールしながらの競馬だったが楽に好位を確保する。道中は大きく淀みなく進んでいる中で単独4番手に近い位置で進めて3角。3~4角でも好位の外で様子を見ながら仕掛けを待つ。4角最速地点でも内目で我慢しながら仕掛けを待って直線。序盤で前のダンビュライトを目標にしながら追い出されるが反応は地味でまだここでは先頭列に並びかけるところまで。しかしL1の坂の上りでグンと突き抜け、最後はキセキの追撃を寄せ付けなかった。


 この神戸新聞杯は結構面白い競馬はしていて、レースの流れとしても超スローなんだが中盤以降はかなり流れているしそのうえで仕掛けも速い。なのでステイヤー色が結構強い競馬になったなと思っている。その中で前目を取って3~4角で前受して仕掛けを待てた、4角で内目を立ち回っての競馬と噛み合った面はあるが、しぶとく最後まで寄せ付けなかったので後半要素でも高いレベルのものを見せてきているということになる。分散することでTS持続で粘り通せた感じなのと、中盤以降はある程度ポテンシャルを要求されているという流れの中でこの脚を引き出してきた。菊花賞はズブズブの不良馬場なのであれだが、良の菊花賞に出ていたら面白かったなあと思っている。ただ、前半は楽だったし、ゲート自体は五分だったのである程度改善してきているけどこれで不安は解消というほどではない。少なくとも今回のメンバー構成で良い位置を獲れるかどうかは枠次第という感じはあるかな。


皐月賞(GI) 5着 18頭3枠5番
中山芝内2000m良 1:58.2(+0.4) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 皐月賞では5着に敗れているが、まあこれは休養明けというのもあったしそもそも2000mで高速馬場で基礎スピード面で?というのはあった。ペースは平均、ただ中弛みがあったので取り付くタイミングはあったし、3角途中でファンディーナが動いたことで4角で速いラップを踏んでいる。ここでタイトに立ち回れたのは展開のうえではプラスだったとみている。


 5番枠から出負けして後方からの競馬になってしまう。道中も後方馬群の外に出して進めていくが、向こう正面で凝縮して団子状態になる中で最後方の内目で我慢する。3~4角で最内でスペースも空いていてと理想的な感じで直線に入ってくるが序盤から前にスペースがあるのになかなか伸びてこない。L1ではそれなりに伸びてきたが5着までだった。


 結果的にはL1ではきていたので後半要素は速いラップの地点で足りなかったということになる。ただ4角~直線前半はタイトに立ち回って押し上げながら直線前半で伸びてこなかったし、速度的にちょっと足りなかった感はある。それと、超高速馬場の2000で流れたというのもあると思うが、中団での緩みで取り付けていたのはあるしロンスパ気味でそこまで速いラップは踏んでいないので、個人的にはこれは物足りない。休み明け初戦のハンデもあったと思うが、やはり2000はちょっと短いんじゃないかなと。


2017ジャパンカップに向けての展望

 スワーヴリチャードがアル共で完勝したし、福島記念でウインブライトも復活した。短距離路線での3歳馬の活躍は確かに目立つ。後はトップレベルでどうか。スワーヴのアル共に関しては正直アルバートが不発だったというのもあると思うが、それでも出色の勝ちっぷりだったしそれに対して前目で受けられたとはいえダービーで完勝したこの馬の株が上がるのも仕方ないし実際そうだと思う。この世代の強さというのが本当に読みにくくて、少なくとも1400~マイル路線は高いはず(ボンセルヴィーソ辺りが物足りなかったのが引っ掛かっていた)で、マイルCSも4着レーヌミノルまで含めて強い競馬。皐月賞2着のペルシアンナイトがマイルCSを勝っているように、牡馬クラシック路線の実力も相対的に評価しないといけなくなってきたと。なのでもう軽視は禁物だと思っている。後は個体の話で、やはりゲートがカギ。後ろからとなると仮にダービーのような向こう正面での動き、というのも今回はキタサンブラックがいるのでその外から動いていけばキタサンが簡単には譲ってくれないと思う。3~4角までにキタサンより後ろになるとその外から勝負に行く形になるし、内で我慢する形だとキタサンが動かなければギアチェンジを問われる可能性が高い。ダービーの時は前を向けていたのもあるし、馬群に包まれた状況で動けるかどうか。色々な不安もあるが、3歳馬の成長曲線もプラス材料として考えないといけない。実際神戸新聞杯ではダービーの時よりも明らかに上げてきたと思っているし、そこから更に2カ月ある中で万全に仕上げてくればもう一段上のパフォーマンスまで視野に入れる必要がある。キタサンブラックはタイプ的に見てもかなり厄介だが、前半遅い内にポジションさえ取れてしまえば…。後は春の神がかり的なルメールが秋以降は鳴りを潜めてしまっているのが不安かな。この馬の場合はやはり緩い地点でどう乗っていくかがポイントだと思う。仮に後ろからのポテンシャル戦でも神戸新聞杯から高いレベルでやれると思うが強敵も多い。最序盤のポジション取りは今回もシビアに考えたいし、キタサンブラックをある程度見て入れる位置が欲しい。この馬で初めて3歳世代の真の実力が分かると思う。そこを読み切りたい。現時点では連下候補だが、トップスピードの質はちょっと足りないと思っているので、ルメールが早めに勝負をしていく意識を持っているかどうかが重要。



PR【キタサンが来なくても的中できる三連単馬券公開!】


的中特化型競馬予想「コラボ指数」
ここ最近、的中が多すぎて怖いです。
 ↓ 単勝80%以上 三連単40%以上


予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!
18日は福島2Rで朝一から5万馬券を的中させたと思ったら、最終福島12Rでは10万馬券的中!簡単に稼げて怖い!

11月の大注目レース「ジャパンカップ(G1)」予想を無料提供決定!
さらに1~6Rまでも無料で見れるってもんだから、稼ぎたい人にも最高ですね!
この的中率が今すぐ無料で手に入る!
バンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/



さて、ジャパンカップでキタサンが来なくても的中させる三連単買い目ですね。
この組み立てはある条件が必要ですが、コラボ指数を使えば簡単です。予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!

まず「コラボ指数順位の上位6頭」を見てください。
2015年三連単53,920円 ちなみに上位5頭で三連単的中!


2016年は三連単36,260円 2着馬以外的中

上位6頭で的中しませんでしたが実はこの2着馬、
僕が今研究しているデータで簡単に的中させることができます!
ある条件とは?
==================
指数順位10位以下 単オッズ10倍台
==================
実はこのデータ、数ヶ月間、個人的に複勝で実践していて、かなり儲けたので強いデータだと思います!

ちなみに2015年は該当馬なし。だから見るのは上位6頭だけでOK!
コラボ指数の全レース過去結果がサイト内にあるので「どうやったら当たるのか?」その条件を調べていったら障害戦や新馬戦、特別戦も当たる共通の条件があります。全レース的中!なんてこともあり得る話です!

ここよりすごいサイトを知ってるなら見なくても大丈夫です!
ほしい人だけ見てバンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/

※PS.点数を絞りたい方へ参考データ
ジャパンカップ(G1)コラボ指数2位と5位は好走。4位は凡走。
もう一度、上のデータを見てみてください。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半から厳しい流れが望ましく…スローからの決め手勝負では分が悪い
ジャパンカップ 2017 枠順・展開予想:キタサンブラックは2枠4番と内目の枠…さて、どう出るか
【ジャパンカップ2017】出走予定馬 主役はやはり王道血統
【ジャパンカップ2017】追い切り情報 栗東CWラスト1ハロンに注目
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、デムーロ弟が若き名牝とのコンビで兄の勢いを阻止できるか?
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ディサイファ、幾らかは復調加減だが…流石に東京2400では難しいか
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・海外馬:ブームタイム、コーフィールドカップは上手く内目を立ち回っての勝利…ポジショニングの上手さは確か
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シャケトラ、前走大惨敗は流石に不満…外枠で折り合い重視の福永、できれば前半で前を取ってほしいが…
ジャパンカップ2017予想参考前日オッズ 1番人気は武豊騎手とキタサンブラック
【ジャパンカップ2017】予想参考 キングマンボ系が好調!あの馬に追い風
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:ギニョール、逃げてコントロールから早めの仕掛けで粘り込むタイプ…日本の高速馬場と多頭数で逃げられるかがまず焦点
ジャパンカップ2017前々日オッズ 1番人気はキタサンブラック
ジャパンカップ 2017 敗因分析・結果:サトノクラウンは10着と完敗…天皇賞の反動もあっただろうが、速いラップを踏まされたのもあった
ジャパンカップ 2017 速報・結果:シュヴァルグランが豪名手ボウマンがエスコート…これまでの鬱憤を全てぶつける悲願のGI勝利!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、ここ2走が物足りず、府中も相性悪いが…2400でゆったり入ってのバテ差しは警戒
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP