投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:キタサンブラック、完全復活を果たし…3歳馬も海外馬もまとめて横綱競馬で面倒を見たい

日程:2017年11月26日(日)
第37回 ジャパンカップ(GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
ジャパンカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 晩秋最後の大一番、ジャパンカップの舞台に今年は連覇を目指してキタサンブラックと武豊のコンビが出走予定だ。雨中の府中で決戦となった天皇賞秋では出遅れながらも内からリカバーして抜け出しての勝利という完全復活を果たす。今度は海外からの刺客もやってくるが、ラストランに向けてのカウントダウン…先頭でゴール板を切って鮮やかに府中にサヨナラを告げられるか。


 名馬というのは単に強いだけでなく、いろいろな紆余曲折を経た中にドラマが生まれてそして結局大事なところで勝つというところにもあると思う。そして何よりコロコロ騎手を替えない。もちろん北村宏司から武豊への乗り替わりはあったが、武豊以降はずっと武豊。昭和の香りがするのはやはり人馬をセットで覚えられるからであり、やはりこちらの方が競馬ファンとしてはしっくりくる。少なくとも21世紀では不世出の名馬といっても過言ではないと思うが、強さだけでなく魅力があるというところ。最後まで無事に、そして強い競馬をし続けてほしいと願う。


ジャパンカップ(GI) 1着 17頭1枠1番
東京芝2400m良 2:25.8 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 まずは昨年のジャパンカップから振り返る。東京の2400m戦でこの時は良馬場ではあったが少し雨の影響があってやや高速馬場という程度だった。ペースバランスは3秒近い超スローでラップ推移的に3~4角からじわっと加速しつつのL3最速戦となっている。TS持続戦になっているので比較的脚を出し切りやすい展開ではあったはず。


 1番枠から好発を切ってすぐ外目に誘導しつつ逃げるにせよ行かせるにせよ、どっちでもいいよというような感じで入っていきながら最終的に誰も行かないので楽にハナを取り切った。そのまま少し離して進めていくが後続もなかなか突けずにキタサンの思うがままのスローのペース。しかし3~4角でじわっと仕掛けて後続の仕掛けを誘発しつつ最短距離で直線に入ってくると序盤で最速ラップを踏んでしぶとく粘り込む、L2では減速しているが2列目がしんどくなって後退、入れ替わって差し馬サウンズオブアースらの強襲もあったが最後は寄せ付けず完勝だった。


 3~4角でじわっと仕掛けていきながらL3最速、仕掛け自体は早いのだがある程度分散しながらになったし、結局前目から最後までほとんど寄せ付けていない様に全体のペースを超スローまで落としてその分を早めに仕掛けてしぶとく粘り込んだという形になる。TS持続力という観点で見ればやはりかなり高いレベルにあると。ただもちろんだがここまで完勝できたのは前半のウエイトの方が大きい。ポンと出る、豊も外に誘導して被せられない様に運んで、かつ行かせても良いし逃げても良い。自由度が非常に高い馬なので、逆に言えば他の馬もなかなか打つ手がない、という感じ。逃げ馬ってわけでもないし逃げられる、突こうと思っても控えてコントロールができる馬だからかえってこちらが行かされて番手で目標にされてしまうということもある。ハイでも多少なら問題ないし、他からみるとこれほど厄介な逃げ番手馬ってのはなかなかいない。安定して勝つってのはそれぐらいの強みがないとできない。


大阪杯(GI) 1着 14頭4枠5番
阪神芝内2000m良 1:58.9 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 今年初めてGIに昇格した大阪杯でも完勝だった。ここではペースは平均だったがマルターズアポジーが単騎で逃げてのもので、それを離れた2列目で見ながらという競馬ができていたと。こういう競馬ができているので崩れない。少なくとも展開を作るうえでの弱点がほとんどない。


 5番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと進めるが外の2頭が速いので行かせてから、というところに外からサクラアンプルールに絡まれて最序盤は包まれた状況。それでも途中で折り合って前にスペースがある状況をキープ、向こう正面でサクラアンプルールのマークを解いて3番手に上がって3角。3角では後続に対していつでもどうぞ、という状況で楽な手ごたえ、4角で仕掛けて一気に2番手まで上がって直線。序盤で堂々先頭、これに食らいついてくるステファノスにL1で若干詰められたが決定的では全くなく、完勝だった。


 行く馬がいれば2,3番手外で、という競馬がこの馬の本来のパターン。むしろAプランだと思っていて、逃げというのはあくまでBプランだと思う。行く馬を目標にしながら自身が外にいることで3~4角で競りかけてくればペースを引き上げて外から押し上げた馬に対してロスを与える。このキタサンブラックに外から押し上げていく、というのは難しいぞと思わせることで今回もだがなかなか後続の仕掛けが難しくなってしまうと。なのでキタサンマークに徹していたステファノスはついていけたが4角辺りで後続は少し置かれ気味になっている。コーナーでも加速ができる器用な馬だし、何より長くトップスピードを維持してくるのでなかなかバテ差しが難しい。これといって突き抜けたものはないんだが、全ての要素を非常にバランスよく持っていてなおかつ機動力があり馬の頭が良い。


宝塚記念(GI) 9着 11頭8枠10番
阪神芝内2200m稍 2:12.7(+1.3) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 ただ、そんな抜群の安定感を持つキタサンブラックが今年大きく崩れたのがこの宝塚記念である。この時は稍重で時計も幾らかかかっていたが、馬場自体はジャパンカップで強い競馬ができていたので問題ない。事後になるが秋天で更に証明している。このレースはちょっとまずい競馬にはなっていて、それでもここまで崩れるとは思わなかった…という感じ。最序盤はそこそこ早く1~2角で大きく緩んでからの超ロンスパ。コントロールが難しくなっていたところにミルコに外から煽られる形で行かざるを得ない競馬になっての6Fの超ロンスパ戦である。完全にポテンシャル特化の競馬に乗せられてしまった。


 10番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行策。内のシュヴァルグランとシャケトラが前々に行ったのでそれを行かせて2列目の外外で進めていく。ただ終始掛かり気味で2角過ぎになって前が息を入れたところでブレーキ、掛かっている状況下で外からミルコがスーッと並びかけてきたので抑えず進め、ここでペースを引き上げて行く役割になってしまい、ミルコには下げられる。3~4角でも先頭列の一番外で勝負をしていく形になってロスの多い展開。直線序盤で苦しくなって伸びあぐね、L1で失速した。


 まあもちろん状態面の問題もあった可能性が高い。京都3200での消耗戦でレコード勝ちを収めた天皇賞春からの反動は考えられる。ただ、レース展開としてみても武豊の騎乗はマズかった。スタートから掛かり気味でコントロールが難しかったのもあるが、2角過ぎでミルコに競りかけられてここまでのロンスパとなってしまうとキタサンブラックの持ち味である総合力の高さが活きてこない。極端なポテンシャル戦に特化してしまって、結果的にスローロンスパに強い馬に有利な展開に持ち込んでしまったと。多少ならポテンシャル戦でも問題ない馬だと思うが、流石に6Fで上がり切ってしまうと…である。それでもここまで崩れる馬では本来ないと思うので、状態面も結構なウエイトを占めていたかなと。


天皇賞秋(GI) 1着 18頭4枠7番
東京芝2000m不 2:08.3 64.2-64.1 M
13.2 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.7 - 14.0

 そこからの立て直しが問われる中で、これまでの競馬の歴史の中でもなかなか見られない、極端な極悪馬場という状況下で行われた天皇賞秋だ。そんなド不良でペースは平均、ラップ推移的にはL3最速で12.0。トップスピードは問われなかったものの上がり切ってないなかでのL3最速ポテンシャル戦。前半の基礎スピードと後半のポテンシャルのバランス、更に当然だがこの極悪馬場への対応力が問われた。


 7番枠からゲートに接触した時にゲートが開いて出負けし後方からの競馬となってしまう。しかしそこからすぐに内に入り込んでサトノクラウンの直後を取るという神リカバリー。そのままサトノクラウンの後ろでジッとマークしながら進めて内内を押し上げながら好位の内目で3角。3角でも内目からスーッと押し上げ2列目の内内でサトノクラウンの内に入り、4角で前にいたグレーターロンドンの内からするっと並びかけて直線。そのままスッと序盤で抜け出して馬場の良い外に誘導する。L2以降はサトノクラウンのポテンシャルが脅威となり2頭のマッチレースとなるが、何とかこれを退けた。


 出負けしてからの誘導の仕方は神がかり的だった。サトノクラウンの後ろにすぐにつけたし更にそれだけでなく3~4角でも最内を立ち回ってコーナーワークの差で一気に差を詰めてきたし、そのまま内目から馬場の良い中目でいい脚を使って抜け出し切ってしまう。抜け出し切ったことで馬場の良い外を選択すると同時にサトノクラウンに馬場の悪い内を選択、現在の進路から切り返さざるを得ない状況を作ると、いろいろな視点で見てもこれ以上ない完璧な競馬だった。出遅れを除けば、というところだが結果的に出負けしたからこそできた競馬ではあると思うし何とも。いずれにせよサトノクラウンの後ろからサトノを差すという競馬をしてきたのは相手にとっても脅威になる。


2017ジャパンカップに向けての展望

 元々菊花賞でも馬群の中で我慢しながらの競馬ができていたわけで、別に前に行くことに拘る馬ではないし前走でそれを証明したともいえる。ただし、当然だがレースメイクができるというのが最大の強みなので好位~中団で展開に関与できないというのは個人的にはあまり得策ではないだろうと思う。天皇賞秋の場合は馬場も非常に悪かったので当てになるサトノクラウンマークで噛み合った要素もあるし、基本は逃げないにせよ前目でレースを作っていく、というのが個人的には合っていると思う。究極的に切れるタイプでもないし、TS持続もかなり高いレベルにあるが前で受けていてリードがあってのもの。そしてコーナーで内目を立ち回って分散しながらのものなので、前走で中団に下げるのありきというのは違うと思う。いずれにせよまともな状態で前目での競馬なら崩れる心配がほとんどない馬で、3~4角である程度早めにうごいても最後まで踏ん張れるし、突かれても行かせればいいだけなので。宝塚記念の様に掛かり気味になってコントロールが難しくなるのがこの馬にとっては一番の不安ともいえるし、しっかりと直前まで良い状態をキープして進められれば。昨年ぐらいの馬場が理想だと思うので、あまり高速馬場でない方が良い。その点で今年は昨年のこの時期と比べると結構軽い馬場なのでそこがカギになるかな。3歳勢との力関係がカギにはなるが、もちろん重い印の候補になる。



PR【キタサンが来なくても的中できる三連単馬券公開!】


的中特化型競馬予想「コラボ指数」
ここ最近、的中が多すぎて怖いです。
 ↓ 単勝80%以上 三連単40%以上


予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!
18日は福島2Rで朝一から5万馬券を的中させたと思ったら、最終福島12Rでは10万馬券的中!簡単に稼げて怖い!

11月の大注目レース「ジャパンカップ(G1)」予想を無料提供決定!
さらに1~6Rまでも無料で見れるってもんだから、稼ぎたい人にも最高ですね!
この的中率が今すぐ無料で手に入る!
バンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/



さて、ジャパンカップでキタサンが来なくても的中させる三連単買い目ですね。
この組み立てはある条件が必要ですが、コラボ指数を使えば簡単です。予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!

まず「コラボ指数順位の上位6頭」を見てください。
2015年三連単53,920円 ちなみに上位5頭で三連単的中!


2016年は三連単36,260円 2着馬以外的中

上位6頭で的中しませんでしたが実はこの2着馬、
僕が今研究しているデータで簡単に的中させることができます!
ある条件とは?
==================
指数順位10位以下 単オッズ10倍台
==================
実はこのデータ、数ヶ月間、個人的に複勝で実践していて、かなり儲けたので強いデータだと思います!

ちなみに2015年は該当馬なし。だから見るのは上位6頭だけでOK!
コラボ指数の全レース過去結果がサイト内にあるので「どうやったら当たるのか?」その条件を調べていったら障害戦や新馬戦、特別戦も当たる共通の条件があります。全レース的中!なんてこともあり得る話です!

ここよりすごいサイトを知ってるなら見なくても大丈夫です!
ほしい人だけ見てバンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/

※PS.点数を絞りたい方へ参考データ
ジャパンカップ(G1)コラボ指数2位と5位は好走。4位は凡走。
もう一度、上のデータを見てみてください。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ジャパンカップ 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、内枠でキタサンの近くを狙えそう…上手く立ち回って出し切れれば逆転も
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠のラストは悪くないが…秋天が不良馬場でも失速が早過ぎで…
【ジャパンカップ2017】予想!新世代の台頭に期待
【ジャパンカップ2017】プレ予想 キタサンブラック今年もレースを支配するか
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:アイダホ、凱旋門賞・キングジョージは善戦も…軽いアメリカの上がり勝負で苦戦はマイナス材料
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、京都大賞典惨敗が…瞬間的な切れ味なら勝負に、スローで各馬が牽制しあえば怖さはあるが
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:マカヒキ、不良の天皇賞秋でもしぶとく伸びたが…まだ復活とは言い難く様子を見たい
ジャパンカップ 2017 予想:本命08ソウルスターリング
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:ディサイファ、幾らかは復調加減だが…流石に東京2400では難しいか
ジャパンカップ 2017 枠順・展開予想:キタサンブラックは2枠4番と内目の枠…さて、どう出るか
ジャパンカップ 2017 出走予定馬・外国馬:ギニョール、逃げてコントロールから早めの仕掛けで粘り込むタイプ…日本の高速馬場と多頭数で逃げられるかがまず焦点
ジャパンカップ 2017 速報・結果:シュヴァルグランが豪名手ボウマンがエスコート…これまでの鬱憤を全てぶつける悲願のGI勝利!
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:サトノクラウン、ミルコ・デムーロとの黄金コンビも東京2400をどう戦うか?キレ負けしない競馬ができるかが焦点
【ジャパンカップ2017】予想参考 キングマンボ系が好調!あの馬に追い風
ジャパンカップ 2017 出走予定馬:レインボーライン、前半から厳しい流れが望ましく…スローからの決め手勝負では分が悪い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP