投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

マイルチャンピオンシップ 2017 レース回顧・結果:ペルシアンナイト、悲願のGI制覇を狙う2頭の叩き合いを制してGI馬へ…ミルコまたまた神騎乗で年間GI6勝!

毎週日曜の22:00からツイキャスでのマイルチャンピオンシップ等重賞レース回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


 
2017 マイルチャンピオンシップ(GI) 京都芝外1600m稍
レース回顧・結果

1:33.8 46.7-47.1 M
12.2 - 10.8 - 11.6 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 12.1

 稍重で時計もそこそこ掛かっていたし、極端に緩ければ速いラップを踏むこともあるが、このマイルCSが示す通りでタフな馬場状態、平均で流れてもL3最速11.5しか出ず、L1は落ちている。パワー型の基礎スピードと、恐らくポテンシャルに近いレベルの脚を要求されている。L3最速なので4角での立ち回りはある程度問われていると思うが、直線では外差しばかりきていたなという印象。詳しく見ていきたいところかな。


1着ペルシアンナイト


 18番枠からまずまずのスタート、そこから促していくが追走に苦労して後方に下がっていく形になる。道中もある程度縦長、という中で後方馬群でクルーガーよりも後ろの位置でと苦しい展開。3~4角では我慢して内目を立ち回ってコーナーワークで押し上げて直線では中団。序盤でそこから外に誘導、エアスピネルの直後を取って進路確保。L1でサングレーザーも外に寄せてくるがこれを捌いて前のエアスピネルを捕えての勝利だった。


 なんか今年のミルコはミルコだけ買ってればいいんじゃないかと思わせるぐらいにとにかく神がかってるなあ…という感じ。今回にしても出足が良くない段階で結構難しい選択を強いられたと思うんだが、外を諦めて後方内でジッと我慢する選択。それが3角の下り以降でペースが上がっていく中で内目で前のスペースが取れるところでジッと我慢して直線では見事に前が開けていて中団にいるという。それと、もう一つ言えばペルシアンナイトとレッドファルクスでどういう経緯かは知らないが、ペルシアンナイトに乗っているというところ。ミルコは細かいところまで馬の能力や適性といったところを見抜けているんじゃないか?とすら思ってしまうぐらい馬の選択が正しいと思う。正直このレベルでペルシアンが大外枠から(まあここまで上手く立ち回ってくるとは想定外だが)きっちり差し込んでくるとは流石に思ってなかった。まあ、単純に3着サングレーザーという時点でマイル路線の力関係と古馬との把握を間違えていたと考えるしかないんだけど。今回は展開的にはほぼ想定通りだった中で予想的に大外れなので、いろいろ見直していかないといけないね。3歳勢の力関係も多少補正したつもりだけど、この感じだと自分が戦前思っていた数段ぐらい3歳勢のレベルが高いのか…というのが正直な感想かな。3歳勢のレベルどうこうより、今はマイル路線がハイレベルだと思っていたのもあるんだけど、ちょっと意外なほどに古馬勢がダメだった。ただ勝ち切れたのはミルコが完璧だったから。あの枠からあそこを選んで直線でフルスロットルに持って行ける、スペースができるところを通している。狙ってあれなら神がかり的だわ。1人だけ次元が違うところにいるんじゃないか。ハービンジャーもこれで後継馬ができたし、血統的な面でも今後が楽しみになったね。


2着エアスピネル


 11番枠からやや出負け、しかしイスラよりは前に出る選択を取って上手く中団を確保する。道中もじわっと押し上げていく意識でレーヌミノルの後ろぐらいで3角に入っていく。3~4角でも好位の内目で脚を残してレーヌの後ろ、直線でその外に出して直線。序盤でそこから追いだされて一気に反応して堂々突き抜ける。しかし、L1でその後ろから伸びてきたペルシアンナイトの奇襲を受けて勝利が掌から零れ落ちる2着惜敗となった。


 ムーアを心配していた立場としては、95点の競馬だったと思う。まず勝負として重要だったのがイスラより前を取ること。これに関してはゲートが甘くてちょっと怪しかったけどルメールがビビったこともあってイスラの前を獲れたのは大きかった。そのうえで3~4角では仕掛けを待ってレーヌの後ろから直線で一気に仕掛けてグンと突き抜ける一瞬の脚を使ってきたと。イスラは京都金杯でもそうだが厳しい流れの中でも鋭い脚を使えるのが強みで、他がL2でしんどくなった中で鋭くいい脚をここで使ってきた。ただこれを使うとL1は甘くなるのでペルシアンに差し込まれてしまった。結果的にはもうちょっと仕掛けを待てる形が理想ではあったと思う。ただ、この馬の競馬のスタンスとしては前半の進め方、中盤仕掛けを待つところに関してはベストだったと思うし、最後の最後の仕掛けに関しても1番強い馬という認識で勝負に出たなら仕方のないところ。今回に関してはエアスピネルの持っているバランスを最高レベルに近いところで引き出してきたと思う。まあ富士Sの豊が鮮やか過ぎたけど、今回は相手が強かったからね。比較はできない。今日のライアンはエアスピネルの適性にしっかりとマッチした競馬ができていて好騎乗だったと思う。馬もやっぱり力の要る馬場で全体で流れればそれだけ鋭さを増す、ということは相対的なキレであってやっぱりこういう流れの方が良いと思うね。そして、この感じなら更に短い距離を試す価値も出てきたと思う。トップスピードの持続力が結構高いし、折り合いは楽でなくてもコントロールして何とか距離は持つ。だけど、究極レベルで考えると厳しい中で鋭く脚を使える、スローで溜めても他に絶対量で見劣っていることを考えると1400辺りで噛み合いそうな感じはするんだよなあ。もちろんベストはマイルかもしれないし、これだけ強い競馬ができているのでね。とにかく前目につけること、ペースが上がっても問題ない馬だからね。そのうえで鋭く反応できるのである程度引っ張って仕掛けを待つぐらいの意識で良いと思う。今回はほぼ完璧だったけど敢えて言えば仕掛けがワンテンポ早かったかもなあ、という感じ。瞬時に動けるからできるだけ待ちたいね。


3着サングレーザー


 4番枠からやや出負け、そこから軽く促されつつも中団馬群の中目、という位置取りで落ち着く。道中も前にスペースを置きつつエアスピネルの後ろという選択肢も視野に入れるような運び方で3角。3~4角で少し外に出してエアスピネルの後ろから直線でスーッと外に出す。序盤で追い出されて反応ではエアスピネルに見劣るが徐々に伸びてくる。L1ではその内からペルシアンナイトに抜け出されるも、エアスピネルとの差は詰めての3着だった。


 いやこれ結構良い騎乗だったと思うけどなあ。少し不利を与えたのでそこはマズかったが。結局上位勢は3~4角では外過ぎない内目を立ち回ってはいる。その中で直線で外に誘導できた馬が上位を占めているのはそういう馬場状態だったという感じはあるね。ただ、前半のポジション取りに関しては中団でスワンSと同じような感じで内内で我慢。3~4角でエアスピネルの後ろを取ってから外に誘導してと3~4角でのロスを最小限に、そのうえで直線馬場の良いところへの誘導、まあ4角出口ではウインガニオンが下がり切るまでに外に持って行こうとして粗い騎乗になっているが、戦略としては正しかったと思う。馬自体はマイルへの延長そのものは問題ないとは思っていたんだけど、早めの仕掛けになりやすいからその流れの中で差し込めるか?という点でちょっと足りないと思っていた。ただ上手く乗られた面はあるにせよ最後までしぶとく伸びてきていたし、力をつけてきていると認めざるを得ないでしょう。イスラに先着できているわけだからね。甘いと言ってもイスラに先着するというのは簡単ではないから。


4着レーヌミノル


 9番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行争いに加わっていく。ただ最終的に下げて好位で進めていく形。道中は好位列の中目で我慢しながらの競馬で、3~4角でも2列目の一つ外で仕掛けをジッと我慢。直線で外に出して追い出されるがエアスピネルの反応が良くここで一気に並ばれてしまう。L1で踏ん張ろうとしていたがそれでも最後はちょっと甘くなっての4着だった。


 う~ん、まあ健闘ともいえるんだけど、やっぱり全体のペースかな。桜花賞の時は46.5-48.0とかなり速いペースの中で後続の脚を削いでいたと思うが、このレベルで平均ペース、この馬も好位で進めてとなると余力は確かに十分あっただろうが、他も同様に余力があったという感じ。全体のペースが上がり切らなかったことで末脚勝負のウエイトもそこそこあって、そこでポテンシャルで見劣ったと考えるべきかなと思う。基礎スピード面を活かして再序盤もうちょっと前目で引っ張っていたらどうだったかな?というのは感じるところやね。その点でもやっぱり本質的にマイルはちょっと長いとは思っている。少し渋った中でバランス的に平均、トップスピードも問われなかったので良かったけど、個人的には1400がベストになるんじゃないかなと思っている。


5着イスラボニータ


 12番枠からまずまずのスタートを切っていたが様子を見ながらポジションに対して強気の競馬ができず、結局下げてエアスピネルより後ろになってしまった。道中もかといって内に入れることもできずに正攻法で外から勝負に行かざるを得ない立ち位置に。3~4角でも後方列の中目で進めて直線。序盤で福永が外に出したときの不利の煽りを受けるが、そこからの伸びという点でもジリジリとした感じで決定的には食い込めずの5着完敗だった。


 ん~他が良かっただけに騎乗の粗が目立つかな。悪い時のルメールの負け方は大体こんな感じ。ムーアよりは信頼していたんだけどなあ。ムーアの方が上手く乗ってきた。最序盤スタートが良かったし早めに前目でという意識を持てていたらエアは出負けしていて前に入るというところもそこまで難しくなかったと思う。前走の富士Sの場合は枠の差があったし難しかったと思うが、流石にGIの舞台でそういうことをキッチリできないと序盤で勝負が決まってしまうわなあ、という感じ。イスラもエアスピネルもタイプとしては近いところがあって、使える脚はそんなに長くないけど瞬間的に反応、爆発できるしそれをある程度厳しい流れでも引き出せる。瞬間的な馬はできるだけ前目で進めてゴール板に近い位置で、後ろの馬が仕掛けてからの仕掛けにしたい。ただ今回あの位置での競馬だと3~4角で外目から脚を使って行かないといけないからこの馬の良さが出ない。そうならないように前半の位置取りが問われたんだけど、今回はそこで後手を踏んだので勝負の舞台に上がれなかったと思うね。ルメールがヘタレたのが最大の敗因だと思う。4角出口で少し振りがあったのでそこは可哀想だったが、それでも致命的ではなかったしL1も伸びてくる馬はいた中で伸び切れなかったのは結局3~4角で外目、後ろで分散して脚を使わされていたことが痛かった。まあ相手も手ごわかったとは思うが、その上位が神騎乗・好騎乗をしてきているわけで、こうやって平凡な騎乗をしてしまえば上位に食い込むのは難しい。


8着レッドファルクス


 7番枠からやや出負けかなという程度、そこから様子を見ながら中団馬群の中に入っていく。道中はエアスピネルの後ろを狙っていたと思うが追走に苦労して少し下がりながらで先にサングレーザーに前にはいられてしまう。3~4角では後方内内で終始追走気味、サングレーザーの内からアメリカズカップの直後を取って直線で中目。序盤で前が壁のところから外目に誘導しつつの競馬になる。L1では進路も盗れていたが伸びが地味で8着完敗だった。


 ん~…ミルコは凄いな、馬の取捨選択を間違えない…先約等の経緯があるだろうし結果的にかもしれんが。この馬の場合やはり高速馬場巧者の感はあって、トップギアに入れきって勢いに乗ってからの惰性で踏ん張る馬。今回のマイルCSだとタフな馬場で平均的な流れでそこからのポテンシャル戦。そもそも速い速度を問われていないし、だから勢いもそんなにつき切れなかった。ポテンシャル戦ではほぼ未知数ではあったと思うんだが、この馬の場合安田記念でも平均で流れたと言っても超高速馬場で11.0最速と早いラップを要求されているなかで外に誘導してからL1バテ差してきている。1200路線でも宮記念ではタフな馬場で分散しながらの中で前半そこそこ脚を使ったことで後半の持ち味であるTS持続を削いでいた感があった。難しいところだけど、恐らくトップスピードに乗ってこないといけないタイプだと思う。距離どうこうよりも前半で脚を削がれない、後傾バランスで入れる競馬が合っているんだろう。TS持続は安田でも高いレベルだったので、1800路線でも通用しそうな感はあるが…。今回はタフな馬場でフラットなペース、明確に速いラップも問われずでマイルの距離を使って割と単調な流れになったのも響いたかな。高速馬場なら違ったと思う。


12着サトノアラジン


 5番枠から出負けして外に誘導、早い段階で外を取り切る形で進めていく。道中も後方外目で促しながらだがなかなか反応が良くない。3角の下りを利して大外から押し上げながら後方外外で直線。序盤でそこから弾けたかったが伸びあぐねてジリジリ下がる。そのままなだれ込むレベルに至らずの完敗だった。


 ん~まあ外外を回す形にはなると思っていたけど、雨の影響は残っていて時計も掛かっていたので早いラップを要求されなかった。この馬もトップスピードに乗ってしまってそこからの持続力で勝負したいタイプではあるので高速馬場巧者は間違いないと思っている。多少渋ってもやれる馬なのでそれだけでなく、やっぱり3角からペースが上がって4角最速という中で上位はほとんど内内から直線で外という中で3~4角終始外外を回してしまうとロスとしては小さくなかったんじゃないかなと。後は極悪馬場の天皇賞を使った反動なんかも考えられるし、いろいろあるけどパンパンの良馬場になるまでは少し様子を見たいね。毎日王冠は良かったから秋初戦までは問題なかったはず。



PR【キタサンが来なくても的中できる三連単馬券公開!】


的中特化型競馬予想「コラボ指数」
ここ最近、的中が多すぎて怖いです。
 ↓ 単勝80%以上 三連単40%以上


予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!
18日は福島2Rで朝一から5万馬券を的中させたと思ったら、最終福島12Rでは10万馬券的中!簡単に稼げて怖い!

11月の大注目レース「ジャパンカップ(G1)」予想を無料提供決定!
さらに1~6Rまでも無料で見れるってもんだから、稼ぎたい人にも最高ですね!
この的中率が今すぐ無料で手に入る!
バンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/



さて、ジャパンカップでキタサンが来なくても的中させる三連単買い目ですね。
この組み立てはある条件が必要ですが、コラボ指数を使えば簡単です。予想は超簡単!初心者でも競馬のプロでも買い目はみんな同じ!

まず「コラボ指数順位の上位6頭」を見てください。
2015年三連単53,920円 ちなみに上位5頭で三連単的中!


2016年は三連単36,260円 2着馬以外的中

上位6頭で的中しませんでしたが実はこの2着馬、
僕が今研究しているデータで簡単に的中させることができます!
ある条件とは?
==================
指数順位10位以下 単オッズ10倍台
==================
実はこのデータ、数ヶ月間、個人的に複勝で実践していて、かなり儲けたので強いデータだと思います!

ちなみに2015年は該当馬なし。だから見るのは上位6頭だけでOK!
コラボ指数の全レース過去結果がサイト内にあるので「どうやったら当たるのか?」その条件を調べていったら障害戦や新馬戦、特別戦も当たる共通の条件があります。全レース的中!なんてこともあり得る話です!

ここよりすごいサイトを知ってるなら見なくても大丈夫です!
ほしい人だけ見てバンバン的中させてバンバン稼いでください!
■公式サイト(無料)↓
https://www.collabo-n.com/

※PS.点数を絞りたい方へ参考データ
ジャパンカップ(G1)コラボ指数2位と5位は好走。4位は凡走。
もう一度、上のデータを見てみてください。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【マイルチャンピオンシップ2017】予想参考 今の京都で活躍している血統
【マイルチャンピオンシップ2017】追い切り情報 栗東坂路と美浦ウッド組に注目
マイルチャンピオンシップ 2017 速報・結果:ペルシアンナイト、外から強襲でまたまたミルコ・デムーロがムーアを差してGI制覇!
【マイルチャンピオンシップ2017】予想!今年こそ勝ちたい本命馬
マイルチャンピオンシップ 2017 予想:本命08マルターズアポジー
【マイルチャンピオンシップ2017】枠順確定 エアスピネルとイスラボニータは揃って6枠
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP