投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

武蔵野ステークス 2017 予想:本命16カフジテイク

東京11R 武蔵野ステークス(GIII) ダ1600m 良、標準ダート想定
展開予想
 良馬場想定で、ひとまず馬場は標準とみておく。展開予想だが、確たる逃げ馬不在で大外に近いモーニンが芝スタートで一歩目はそこまで速くないが様子を見ながら内に切り込んでいく形。モーニンはもしかしたら揉まれない枠なので無理しないかもしれないし、逃げそうな馬もいないので行くかもと判断がちょっと難しいところ。アキトクレッセントやサンライズソア辺りもある程度前目を狙ってくる、アキトクレッセントはこの舞台で逃げの一手はあるかなと思っていて、その外からブラゾンドゥリスも競っての先行。ピオネロあたりも芝スタートなら前目を狙ってきそうかな。ただそんなにペースが上がってくる感じのメンバー構成ではないなというところで、一応幅を持たせつつ平均ペース前後としておく。


予想
◎16カフジテイク

〇14モーニン
[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、10位前後にあります)
△06サンライズノヴァ
△13インカンテーション
×03ロワジャルダン09サンライズソア
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎カフジテイク


 本命に押し上げた。理由としてはやはりそんなに前半のペースが上がってこないだろうというのと、府中なので直線が長いしエンジンの掛かりが悪い、コーナーであまり動けていないこの馬でもL2の坂の上りでは伸びてきてくれるので勝負に絡めるメンバー構成。そして外枠を引けたのが大きい。福永に替わってからはそこそこ良い位置を取れるようになったがその代わりに動きの意識が甘くなった感じなのでそこだけきっちりしてくれれば。一応ハイペースでもフェブラリーSでは46.2-48.9と2.7の超ハイ、12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3と中弛みで上手く取り付けたがそれでもしっかりと上がり最速の脚を繰り出し最後までジリジリ伸びてきた。ここでもL2の方がグンと来ていて坂の上りで鋭く伸びるのが武器。もっと顕著なのが根岸Sで、35.0-36.1とかなりのハイからの11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.2と淀みない流れを最高峰近くから大外を回してこれもL2の坂の上りでグンと伸びてきた。厳しい流れにもある程度対応できるが、プロキオンSみたいに基礎スピードタイプにゴリゴリにペースを上げられると追走で脚を使わされてしまう。1400は短いと思うし、前走の南部杯の場合はラップが無いのでわからないが、コパノが3~4角でじわっと動いたときに各馬が促している中でこちらは押しながらコーナーで内に内にと誘導させようとしつつも結局反応で遅れてL1ではジリッときたものの不発だった。直線地点で加速するのが合っている感じで恐らくノンコノユメの上位互換的なイメージでいいと思う。この枠ならまず外外から前を向いて入れると思うし、トップスピードに乗ってしまえば質はトップクラス。淡々と運ばれると微妙だがそれでもこの面子なら軸にしたいかな。


〇モーニン


 これも少し上方修正した。理由は同じでやはりそこまでペースが上がってこないだろうというところ。今回は外枠なのでこの馬自身揉まれるリスクが少なくなったので、わざわざ逃げに拘る必要がなくなったのが良い材料。もちろん無理なく逃げられるのが理想だが、ここ最近はマイルで流れると基礎スピード的にしんどいなと感じることが多くなった。強かったのが昨年日本テレビ盃でアウォーディーと接戦の2着。49.5-49.4と平均ペースからの13.1 - 12.3 - 12.0 - 12.2 - 12.9と4F戦で逃げて粘っての2着。今は前半無理せず早めに仕掛ける形が合っている感じではあるが、直線でトップスピードを引き出すこと自体は元々フェブラリーSを勝っているときにハイペースながら12.0 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 12.1とL2最速の流れで好位外からここでスッと伸びてきていることからも問題ない。今はマイルはちょっと短いかもと思うが、今年のメンツならゆったり入れそうだし、平均~ややハイペースで好位外ぐらいで入っていければ。もちろん楽に行けるなら逃げてくれても良いし、この枠なら自由度は高いと思う。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、10位前後にあります)

 単穴にはこれ。もともと中長距離路線で安定していた馬だが、パフォーマンスが高いときは全体のペースが上がってその中で一足を引き出すパターンの時。前走が2000mだが61.6-62.3とややハイ寄りにそこそこは流れた中で12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.5 - 13.2とL3最速の流れを3~4角で先頭列ウに並びかけ2頭分外から馬なりで入ってきてその手ごたえほどには伸びなかった3着。ただ基礎スピードの高さが武器になるのと、そこから瞬時に良い脚を引き出せるタイプなので、個人的には東京マイルへの距離短縮は面白いと思っている。ある程度の流れの中で前目につけて、そこからの一足は府中のマイルで求められやすいし、芝スタートの方がこの馬自身スタートが上手いのもある。また展開が読みにくい中である程度いい位置につけられて、前に壁を置いても問題ない、要所で動けると総合的に判断しても穴目としては面白い。


△サンライズノヴァ


 ソアとの比較で単純なトップスピード持続力という観点ならこの馬の方が上だと思う。ソアはどちらかというと前半の基礎スピードを含めて総合力で勝負したいタイプで、こちらは後半の末脚を出し切ってしまいたいタイプだろうと。ユニコーンSでは46.4-49.5と3秒の超ハイだが11.5 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.1 - 11.9と中弛みがあってここで中団外目から上手く取り付いて前を向いて入ってきた。ここまで千切れたのは前半で無理がたたった実力馬が多かったからだと思っているが、それでもL1の11.9はインパクトとしては大きい。この馬自身はL2で伸びてきているのでこの馬のラップで見ても恐らく原則だが、この時計で11.9でまとめてきたのは並ではない。前走のグリーンチャンネルCでも後半勝負に特化して外外から正攻法でまとめて撫でぎっている。後半勝負ではまだ底を見せていないので。


△インカンテーション


 少し悩ましいところだが連下では押さえたい。前走の白山大賞典は強かったが流石に金沢のコーナー6つの2100m戦が繋がってくるとはちょっと考えにくい。状態面の不安がないのは何よりだが。マイルでとなるとかしわ記念が48.9-51.0と2秒のハイペース、好位の内内から各馬が3~4角で勝負する中で上手く立ち回って直線でしぶとく伸びて2着を確保という形。コパノリッキーが外から動くタイミングで12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.9 - 13.1とL3最速の流れで上手くロスなく運べたがそれでも強かった。基礎スピード面は流石に今年のフェブラリーSみたいに前半急かして34.1で入るとかでなければ対応できると思うし、実際フェブラリーS2着の実績もある馬で東京マイル自体は問題ない。L2最速戦でもキレ負けしていないので、外枠から前を向いて要所で自由に動ける位置なら押さえておきたい。


×ロワジャルダン


 困った時の内枠ロワジャルダン。この馬の良いところは内内で我慢ができる所。キックバックを受けてもひるまないし、要所で割と反応できる方。3走前のアンタレスSでも48.8-48.7と平均からの12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.5とL2最速の流れで3列目の内内で包まれて進路も窮屈ながら置かれずに対応していてL1まで伸びてきた。器用なタイプだが出し切った方が良い馬ではあるのでこの辺りのバランスがカギで3着ヒモ穴までかな。


×サンライズソア


 展開次第ではノヴァより上になる可能性もある馬だけど、仮にペースが落ち着いてしまうと末脚の絶対量そのものでは見劣ると思う。前走のブラジルCでも結局流れる中で先行しての一足で3着を確保したイメージだし、JDDでも厳しい流れの中での内からの一足でヒガシウィルウィンには差し切られた。ペースが落ち着くと各馬が末脚を出す余裕が生まれるし、そのパターンはあまり良くないだろうと。今回読みにくいので何ともだが、平均ペース程度だと勝負まで絡んでくるのは難しいかも。押さえまで。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  エリザベス女王杯(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【10月は全週の重賞で万券】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

~~~~~~~
「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」
~~~~~~~

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近もオイシイ万券を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


▼人気上位をブッタ斬り!▼
━━━━━━━━━━━
10月29日 東京11R
『第156回天皇賞(秋)』
◎サトノクラウン
△キタサンブラック
△レインボーライン
(13人気・単勝59.6倍)
---------------------
3連複 1万5290円
━━━━━━━━━━━

▼故障→凡走→放牧でも◎▼
━━━━━━━━━━━
10月21日 東京11R
『第20回 富士S』
◎クルーガー
(11人気・単勝35.7倍)
△エアスピネル
(1人気・単勝3.9倍)
△イスラボニータ
(4人気・単勝5.0倍)
---------------------
3連複 1万2820円
━━━━━━━━━━━

▼1・2人気馬を徹底軽視!▼
━━━━━━━━━━━
10月15日 京都11R
『第22回 秋華賞』
◎モズカッチャン
(5人気・単勝8.6倍)
◯ディアドラ
(3人気・単勝6.3倍)
△リスグラシュー
(4人気・単勝7.0倍)
---------------------
3連単 1万4760円
3連複   3180円
━━━━━━━━━━━

▼ソウルの不調見抜いた!▼
━━━━━━━━━━━
10月8日 東京11R
『 第68回毎日王冠 』
◎グレーターロンドン
(4人気・単勝6.9倍)
◯リアルスティール(3人)
△サトノアラジン(5人)
----------------------
3連単 2万7280円
━━━━━━━━━━━


▼世間の軽視馬に断然◎▼
━━━━━━━━━━━
10月1日 中山11R
『第51回 スプリンターズS』
◎ワンスインナムーン
(7人気・単勝16.0倍)
◯レッドファルクス
△レッツゴードンキ(5人)
---------------------
3連単 3万1850円
3連複   7650円
━━━━━━━━━━━


▼11人気の激走を事前予告▼
━━━━━━━━━━━━
9月30日 阪神11R
『第21回シリウスS』
◎メイショウスミトモ
(11人気・単勝74.2倍)
△ドラゴンバローズ(5人)
▲ピオネロ(3人)
---------------------
馬 単 7万2370円
3連複 4万0000円
━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『エリザベス女王杯(GI)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
 【10月は全週の重賞で万券】
完全無料・エリザベス女王杯
png暴露王:エ女王杯300_250


━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都新聞杯の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
【PR】今すぐ試せる競馬指数!プロ予想家をラクラク超える予想が無料~エリザベス女王杯~
2018桜花賞予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
2017弥生賞予想(本命とヒモ候補記載)
中山牝馬ステークス 2017 予想:本命09デニムアンドルビー
noimage
フローラステークス 2017 予想:本命12ディーパワンサ
京都記念の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
noimage
ダイオライト記念 2017 予想:本命03クリソライト
今週の重賞データ分析まとめ(高松宮記念,日経賞,毎日杯,マーチS)
京王杯2歳Sの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP