投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、5歳の秋に母が戴冠した舞台で母娘制覇となるか?

日程:2017年11月12日(日)
第42回 エリザベス女王杯(GI) 京都芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
エリザベス女王杯2017の予想用・出走予定馬

 今年は中山牝馬ステークスを制して重賞初制覇、クイーンステークス2着など牝馬中距離重賞戦線で活躍しているトーセンビクトリーがエリザベス女王杯に出走予定だ。前走の府中牝馬ステークスでは2列目からの競馬もラストで少し甘くなったが立ち回りの上手さは確か。母がトゥザヴィクトリーが5歳で制したこのエリザベス女王杯、娘も続くことができるか。


 馬券的に妙味はあるかなという感じはする。クイーンSは上手く立ち回ったところで2着を確保したともいえるけど、個人的には基礎スピード負け的な感覚なので、距離自体は2200に延びても面白そうな感覚。2000で崩れたマーメイドSでも直線入りでブレーキを踏まされた面がある。トゥザヴィクトリー産駒のイメージ的に少し時計がかかる馬場が合うと思うので楽に好位を確保、スローからの3~4F戦だと少し怖さはあるかな。


中山牝馬S(GIII) 1着 16頭2枠4番
中山芝内1800m良 1:49.4 50.2-47.0 S^3
12.9 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 11.8

 まずは5走前になるが重賞初制覇の舞台となった中山牝馬Sから。3.2で超スローからのL2最速戦でギアチェンジを要求される競馬になっている。少し時計が掛かっていたのもあって騎手の意識が下がっていたというところで、4角辺りからの要所での機動力が問われた。


 4番枠から坂スタートで好発を切り楽に先行争い、外の各馬を行かせて上手く2列目のポケットを確保する。ドスローの流れの中で少し掛かり気味だが前にスペースを置ける程度にはコントロールできていた。3角でも前にスペースを置きながら仕掛けのタイミングを待つ。4角でそのスペースをじわっと詰めながらスピードに乗せつつ2列目で直線に入ってくる。序盤でそこから少し外に誘導すると、L1でしっかりと伸び切って勝利をものにした。


 こういう展開が得意ではないとはいえ強敵マジックタイムを撃破できているように、要所でスッと動いてしっかりと反応、そこからのTS持続できっちりと捕えてきたという点は評価。TS持続だけならマジックタイムの方が上だが、この馬の場合はしっかりと前半の内に良い位置を確保して進められたし、3~4角で内内を立ち回りながらも要所での加速の流れにしっかりと対応できた。もちろん鞍上の好騎乗もあったとは思うが、総合力で勝ち切ったと言っていいだろう。


クイーンS(GIII) 2着 13頭1枠1番
札幌芝1800m良 1:46.1(+0.4) 46.8-47.4 M
12.2 - 11.2 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.5 - 11.9

 クイーンSではアエロリットの基礎スピードの高さに完敗を喫した。アエロリットが単騎で進めてややハイ寄りの平均、この馬は中団の内目で進めていたので恐らくこの馬自身のバランスで見てもスローではあったと思う。恐らくスローからのポテンシャル戦に近い中で内内を上手く立ち回って2着を確保した。


 1番枠から好発を切って外のアエロリットを行かせて控えて好位の内内で結構いい位置を取る。ただ、前の馬が下がってきたことで2角過ぎでは中団の内目で我慢という形。前にヤマカツグレースを置きながら3角。3~4角でアエロリットを捕まえに2列目勢が動く中で上手くポケットで最内を立ち回って我慢。そのまま3列目最内で直線。序盤で少し窮屈になってふらつくが外に出すとスッと伸びてくる。L1ではアエロリットとの差を詰めるでもないが後続に詰められるでもなく楽に2着は確保した。


 前半いいスタートを切りながらもすぐ隣にアエロリットがいたので早い段階で下げた、そこで好位を取れればよかったが流れの中で内に切り込んできた馬も多かったしその流れで中団内内となったが、結果的にそこまで無理なく前半をやり過ごせたのは良かったかもしれない。1800では前半の基礎スピードでアエロリットに圧倒されたが、2列目以降の中でしっかりと立ち回ってL1まで寄せ付けなかったのは意外と評価しても良いんじゃないかなと。まあ3着がこれまたL1で甘くなりやすいクインズミラーグロなので何ともだが、ポテンシャル戦にも目途を立ててきたと言えそう。


府中牝馬S(GIII) 5着 14頭4枠5番
東京芝1800m稍 1:48.4(+0.3) 49.5-46.2 S^3
12.9 - 11.6 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.5 - 11.2 - 11.0 - 11.5

 前走の府中牝馬Sでは極端な直線勝負になった。3秒以上で超スロー、ラップ推移的にも3F勝負でL4-3で12.5-11.2と非常に加速度が大きくギアチェンジの性能が必要だった。そこからの後半の総合力勝負となっている。


 5番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理せずじわっと進めながら最終的に2列目のポケットを確保する。道中も我慢しつつ3~4角でもペースが上がらないので少し掛かり気味。4角でもクロコスミアの直後で我慢して直線。序盤で2列目から外に出して狭いところをしっかりと確保しL2の坂の上りではクロコスミアに見劣らずに食らいつく。しかしL1で甘くなって最後は下がってしまっての5着完敗だった。


 中山牝馬Sの場合は4角からの加速でそこで上手く器用に立ち回ったし、コーナーワークの差もあったと思う。ただここでは直線だけの競馬になっているので、直線でスッと一脚を使ったけどここで外の馬との距離差を作れないコースなわけで、一瞬の抜け出す脚自体は良いものを持っているんだが、L1で甘くなってTS持続が物足りない、という競馬になったと思う。ポテンシャルは全く問われないトップスピード特化戦だったし、ギアチェンジの性能は高かったけどTS持続がネックかな。


2017エリザベス女王杯に向けての展望

 トゥザヴィクトリー産駒の傾向はどちらかというとトゥザワールド、グローリーもそうだが比較的ポテンシャル型が多いイメージ。この馬の場合は全兄2頭に比べると要所の機動力の高さが目立つ印象で、TS持続が甘いなというところの違いはある。一応血統的にはポテンシャル戦で上げてくる可能性もある馬だとは思っているが、この馬個体で見るとアンドロメダSで逃げて甘かったり、これまでの実績からトップスピード戦の方がパフォーマンスは高い。そこをどう判断するかが一つポイントかな。先週の馬場を考えれば昨年よりは時計がかかる状況。2200mへの延長もどう出るか?というところはあるが、前半ゆったりと楽に前目を確保したい、というのはこの馬の好走条件といえそうだしそこはプラスに働くと思う。血統的にはトゥザ兄弟から考えても時計が少し掛かる舞台は合うと思うし、距離も母・兄弟から本来これぐらいの方が合うんじゃないかとも。そういった血統面での怖さと、個体で見た時のトップスピード戦でのパフォーマンス、というのがちょっと悩ましいところかなと。少なくとも思い切って単穴とかそういう感じではないが、ヒモで押さえるか、切るかで悩んでいるところ。力関係で判断してもここは強敵が多いからなあ。追い切りが良かったし色々総合的に判断したい。


 エリザベス女王杯予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「エリザベス女王杯は、実はあの超穴馬が大ヤリとの情報があって、、」とのこと↓↓


ルージュバック・ヴィブロスで大丈夫?
あの馬の情報が入っている
波乱の主役はこの馬↓↓

G1騎手大西直宏渾身
第42回エリザベス女王杯(G1)
大ヤリの超穴馬はコチラ
↑完全無料で教えます↑

(万が一馬券圏外なら次週も無料)

◆先週も!先々週も獲った!
◇情報通りの万券ラッシュ!
JBCクラシック(G1)
◎サウンドトゥルー
▲ケイティブレイブ
穴ミツバ
【2万7570円的中】

ファンタジーS(G3)
◎ベルーガ(5番人気)
1万7980円的中!

天皇賞秋(G1)
◎サトノクラウン
▲キタサンブラック
穴レインボーライン(13番人気)
1万2840円的中!

JBCレディスクラシック
◎ララベル
4290円的中!


今週は人気馬相手でも馬連想定20倍超!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:エ女王杯300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:モズカッチャン、タフな競馬となった秋華賞でも強い3着…2200への延長はプラス、馬場不問で警戒したい
【エリザベス女王杯2017】プレ予想 ディアドラ前走完璧すぎただけに
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ディアドラ、3歳秋の女王に真価を問われる一戦…強敵古馬相手に後方からまとめて差し切れるか?
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、相手も手ごわいが前目につけられるようになったのは収穫…粘り込みでどこまで
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ルージュバック、ムーア騎乗で本気ムードも…エンジンの掛かりが遅く高速馬場向きなのが今の馬場でどうか…
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:エテルナミノル、八坂Sも圧巻の突き抜けだが…垂水Sもラストまでしぶとく伸びていて不気味
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ヴィブロス、ドバイターフはラスト1Fで加速するほどの末脚は底を見せず、期待が大きい一頭
【エリザベス女王杯2017】予想参考 今の京都で好調な血統
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、府中で見せた切れ味を今の淀で引き出すことができるのか?
【エリザベス女王杯2017】出走予定馬 ディープ産駒は5年連続好走中
エリザベス女王杯 2017 予想用ラップデータ:今年は馬場が重めで、ここ数年の傾向からは少しずれるかも
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、馬は強い…後は鞍上が強気に早めの勝負を仕掛けられるかだけ
【エリザベス女王杯2017】追い切り情報 好走馬の追い切りパターンは?
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ジュールポレール、瞬間の反応と切れ味は良いものを秘めるが…タフな馬場でさあどうか
【エリザベス女王杯2017】プレ予想 ルージュバックとムーア騎手の相性は?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP