投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【ジャパンカップ】オブライエン管理馬「アイダホ」参戦へ

1

 今年G1・27勝で年間最多記録を更新したエイダン・オブライエン調教師(48=アイルランド)が、26日東京のジャパンC(G1、芝2400メートル)へ7年ぶりに管理馬を出走させることが濃厚になった。

 04年パワーズコート(10着)、10年ジョシュアツリー(10着)以来3頭目。英紙デーリーメール電子版によると「キングジョージ」3着馬のアイダホ(牡4)を出走させる意向という。G1は未勝利だが、昨年の英ダービー3着、愛ダービー2着などの実績があり、今年の凱旋門賞では8着だった。同馬の全兄でジャパンCに予備登録していたG16勝馬ハイランドリール(牡5)は香港ヴァーズ(G1、芝2400メートル、12月10日=シャティン)を最後に種牡馬入りする見通しだ。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00047549-nksports-horse
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】 ミシェル「メディアに出ることは騎手としての務め」 JRA担当記者「どこかの騎手に聞かせてやりたい」
アーモンドアイが正式にドバイターフ参戦 グローリーヴェイズはシーマCへ
noimage
noimage
【安田記念】ルメール「スタートのタックルで5馬身ロスをした」
落馬の蛯名さん、粉砕骨折
【2歳新馬】福永「ドナウデルタは桜花賞を目指せる」
【天皇賞・秋】6着ソウルスターリング ルメール「スムーズなら3着はあった」
noimage
【阪神大賞典】レインボーライン完勝!2年ぶり勝利で天皇賞春へ
noimage
noimage
メイショウテッコン秋は菊花賞へ
【新潟2歳S】フロンティア 追い比べを制し2戦2勝!重賞初制覇
【訃報】ラインミーティア 蹄葉炎で死亡
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP