投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず

日程:2017年11月11日(土)
第22回 武蔵野ステークス(GIII) 東京ダ1600m
予想用・出走予定馬一覧
武蔵野ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年のフェブラリーステークスでも強敵相手に2着とマイル路線の重鎮ぶりを見せたベストウォーリアが武蔵野ステークスに出走予定だ。ただ、かしわ記念以降はこれまでのこの馬のパフォーマンスを考えるとかなり物足りない内容でここ3戦を消化してしまった。ここから立て直して得意の東京マイルで復活を果たしたい。


 正直ちょっとなあ、という感じの負け方が多い。特に2走前のさきたま杯なんかはホワイトフーガ相手にあそこまでやられるか、というレベルの負け方だし1400のスピード勝負でも十分対応できる馬、1400の方が良いぐらいだと思っていたので。前走の南部杯はまだスローで決め手勝負に寄り過ぎたというのはあるがそれでも完敗だ。良くない内容が続いているので、少し評価を下げて入った方が良いかも。


フェブラリーS(GI) 2着 16頭5枠9番
東京ダ1600m良 1:35.1(+クビ差) 46.2-48.9 H^3
12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3

 まずは4走前、強かったフェブラリーSから振り返る。これまでも惜しい内容が続いていたこのフェブラリーSだが、ようやく強い競馬での2着を果たしたという感じ。それでも勝てないのがもどかしいところだが。ペースは2.7で超ハイ、ラップ推移的には4角で結構緩んでそこからの再加速、L3最速なので仕掛けどころは早い。脚を出し切りやすい展開にはなっているが、基礎スピードもかなり高いレベルで問われている。


 9番枠から五分のスタート、そこからじわっと追走も中団ぐらいでの競馬となる。道中も少し離れた中団うグループの中目でじわっと促しつつ追走して3角。3~4角で中弛みが起こる中で内目のスペースを拾いながら上手く押し上げて2列目で直線。序盤で流石に少し待たされるがL2で進路確保しきるとスッと反応して伸びてくる。L1では2番手に上がるもののゴールドドリームが手ごわく最後はクビ差見劣った。


 内容的に見ても基礎スピードを高いレベルで問われた中で中団でしっかりと追走、3~4角での緩みに巻き込まれて結果が出ないことが多かったこのレースだが、今回はしっかりとここで内内から押し上げてきたし詰まらなかったのが大きい。それにしても直線でしっかりと再加速する流れに入って行けたし機動力の高さは流石で、進路さえあれば動ける。その辺りが強みなのと、それをこれだけのハイペースでもしっかりと引き出せる。基礎スピードを持っていて機動力の高さ、ギアチェンジ面をペースが速くても引き出せるから東京マイルは本来適性が高い、という感じ。本質的には1400の方が合うと思うんだが、芝スタートの東京マイルだと基礎スピードが問われる、途中で緩みやすいというのがあると思う。もちろん、これまでのフェブラリーSのようにそもそも詰まってしまうと難しいんだが。


かしわ記念(JpnI) 4着 10頭7枠7番
船橋ダ1600m良 1:40.7(+0.8) 48.9-51.0 H^2
12.4 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.9 - 13.1

 船橋でのかしわ記念では4着と完敗を喫した。個人的にはマイルはあくまで守備範囲でワンターンで軽い盛岡や芝スタートの府中ならいいが、船橋の場合時計はかかるは1周コースだわスパイラルカーブでL3の3角が勝負だわ、とマイルでもかなりタフで中距離的な適性を問われる競馬なので、ここで完敗したのはある程度仕方ないかなと思っている。


 7番枠からまずまずのスタート、内のモーニンらを行かせて無理せずに好位で進めていく。向こう正面では徐々に押し上げつつ2列目の外で3角。3角で2頭分外から進めるがスパイラルカーブで外に振られながらでなかなか苦しく一気に外からコパノに合わせられて直線序盤で伸びを欠き、L1では立て直してそれなりには伸びてくるが4着までだった。


 ここでは基礎スピードを問われているのは確かだが、時計が掛かっていてかつ1周コースでもあり速い脚を要求されなかったし、この馬としてはそういった機動力を活かすことができなかった。しかも3~4角はスパイラルカーブで南関では比較的内からタイトに立ち回った方が良い部類のコースになる。4角で急になるのでどうしても外に張られてしまうので、いい脚をここで分散して良くないタイプの馬には厳しかったと思う。コパノリッキーの場合はコーナーで動くのが得意なのでこういったスパイラルカーブも合っていると思うが、この馬としては直線で鋭くというタイプだと思うのでその辺も痛かったかもしれない。


さきたま杯(JpnII) 3着 12頭6枠8番
浦和ダ1400m良 1:26.9(+1.2) 36.3-36.8 M
12.3 - 11.7 - 12.3 - 12.6 - 11.3 - 12.4 - 13.1

 ただ、2走前のさきたま杯は物足りなかった。1400m戦でペースもコントロールされていたがL3最速でかなり速いラップを踏んでいるわけで、トップスピード面を3角で要求されてそこからのTS持続戦という感じ。かなり極端な競馬だが、これならもうちょっと頑張ってくれないと困る、という内容。


 8番枠から五分のスタート、そこからある程度押していきつつ好位の外で進めていく。道中も好位の外目で入って2列目を見ながら3角。3~4角では2列目の外に並びかけるがホワイトフーガが一気に突き放す。その流れの中で良いところなく、モーニンにも交わされ何とか3着を確保したが、という低調なパフォーマンスだった。


 まあここまで3角で速いラップをホワイトフーガが刻んでくるとは思わなかったにせよ、それでも1400でモーニンに完敗しているのでこれは頂けない。もちろんモーニン自身元々は根岸Sを勝ち上がって一流馬の仲間入りを果たしているのである程度仕方ないが、この馬は1400路線ではトップレベルにいた馬だし、実際今年の根岸Sでも強い競馬の2着、タフな流れになったプロキオンSでもコーリンベリーやタガノトネールといった当時の強敵を撃破している。本来1400ぐらいが合っていると思っていたのでこの内容は物足りない。ちょっと下降線に入っているんじゃないかとすら感じた一戦だ。


2017武蔵野ステークスに向けての展望

 前走の南部杯はラップ推移が無いので何ともだが、恐らく3~4角でコパノが動いた(コパノは馬なりだが他はおっつけている)ところでペースが一気に上がっていると思う。2列目のポケットで少し離れて3角に入って上手くスペースを取っている状況、3~4角でそのスペースを詰めながらコパノの後ろに進路を取っていくがここで窮屈になるにせよ直線での伸びもなかった。この辺りからも正直良い頃のこの馬の良さが無くなってしまっている感はある。一応ここ3走は恐らくコーナーでの勝負、というのもこの馬には合わなかったかもだが、それでも庭としている盛岡のマイルでここまで崩れたのはかなり心配材料。今回は鞍上もルメールに乗り替わりでどう馬が変わってくるのか興味はあるし、府中ならコーナーで息が入りやすい分直線での機動力…緩い地点からのギアチェンジといったところは活かせる可能性は高くなる。それでも58kgを背負って、ここ3走の不満が残るパフォーマンスを考えると、評価を少し下げた方が良いと感じるかな。条件自体は良いと思うが、重く打っても連下まで、3着ヒモあたりで考えたい。


<PR>
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  エリザベス女王杯(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【10月は全週の重賞で万券】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

~~~~~~~
「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」
~~~~~~~

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近もオイシイ万券を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


▼人気上位をブッタ斬り!▼
━━━━━━━━━━━
10月29日 東京11R
『第156回天皇賞(秋)』
◎サトノクラウン
△キタサンブラック
△レインボーライン
(13人気・単勝59.6倍)
---------------------
3連複 1万5290円
━━━━━━━━━━━

▼故障→凡走→放牧でも◎▼
━━━━━━━━━━━
10月21日 東京11R
『第20回 富士S』
◎クルーガー
(11人気・単勝35.7倍)
△エアスピネル
(1人気・単勝3.9倍)
△イスラボニータ
(4人気・単勝5.0倍)
---------------------
3連複 1万2820円
━━━━━━━━━━━

▼1・2人気馬を徹底軽視!▼
━━━━━━━━━━━
10月15日 京都11R
『第22回 秋華賞』
◎モズカッチャン
(5人気・単勝8.6倍)
◯ディアドラ
(3人気・単勝6.3倍)
△リスグラシュー
(4人気・単勝7.0倍)
---------------------
3連単 1万4760円
3連複   3180円
━━━━━━━━━━━

▼ソウルの不調見抜いた!▼
━━━━━━━━━━━
10月8日 東京11R
『 第68回毎日王冠 』
◎グレーターロンドン
(4人気・単勝6.9倍)
◯リアルスティール(3人)
△サトノアラジン(5人)
----------------------
3連単 2万7280円
━━━━━━━━━━━


▼世間の軽視馬に断然◎▼
━━━━━━━━━━━
10月1日 中山11R
『第51回 スプリンターズS』
◎ワンスインナムーン
(7人気・単勝16.0倍)
◯レッドファルクス
△レッツゴードンキ(5人)
---------------------
3連単 3万1850円
3連複   7650円
━━━━━━━━━━━


▼11人気の激走を事前予告▼
━━━━━━━━━━━━
9月30日 阪神11R
『第21回シリウスS』
◎メイショウスミトモ
(11人気・単勝74.2倍)
△ドラゴンバローズ(5人)
▲ピオネロ(3人)
---------------------
馬 単 7万2370円
3連複 4万0000円
━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『エリザベス女王杯(GI)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
 【10月は全週の重賞で万券】
完全無料・エリザベス女王杯
png暴露王:エ女王杯300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ストーンウェア、長くいい脚を維持できるのは強み…54kgで台頭となるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、前走で厳しい流れでの中でのギアの上げ下げの上手さを見せて…
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノノブレス、得意の中京2000、流れれば要警戒だが…
阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ロンドンタウン、前走は厳しい流れで一定の目途…スローでポジションとれれば警戒
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、総合力を高めてきて抜群の安定感…内枠で五分に出れば
エルムステークス 2017 出走予定馬:コスモカナディアン、グレイトパールに善戦の実力も、2000前後でこその感はある
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:ベルーガ、前走は4角出口でグンと動いて好印象…軽い馬場で相手は強敵だが再現できるか?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭
CBC賞 2017 出走予定馬:メイソンジュニア、3歳短距離路線で底を見せない魅力…総合力の高さで古馬相手に力試しだ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP