投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:サンライズノヴァ、前走グリーンチャンネルCで古馬をなで斬り…東京マイル適性高く、真価を問う舞台

日程:2017年11月11日(土)
第22回 武蔵野ステークス(GIII) 東京ダ1600m
予想用・出走予定馬一覧
武蔵野ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 東京マイルのユニコーンステークスでは中団外から強烈な末脚で重賞制覇を成し遂げたサンライズノヴァが武蔵野ステークスに出走予定だ。秋初戦のグリーンチャンネルカップでは古馬相手に初対戦の中で鮮やかに大外一気を決め込んだ。今回はGI馬を含めて豪華メンバーずらり、3歳世代を代表する実力馬がこの壁を一気に貫く末脚を見せられるか。


 前走んぼグリーンチャンネルCに関しては結構意外なほどに強かったなという感じはした。ユニコーンSが結構嵌ったなという内容だったので半信半疑だったけど、ちょっと侮れないかも。


ユニコーンS(GIII) 1着 16頭4枠8番
東京ダ1600m良 1:35.9 46.4-49.5 H^3
12.0 - 10.6 - 11.5 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.1 - 11.9

 まずは3走前のユニコーンSから。このレースが結構トリッキーな流れになっていて、府中のマイルでは時たま起こる超ハイからの中弛み。前が飛ばし過ぎてどうしてもコーナーで意味なく息を入れてしまうパターン。結果L4-3で12.8-12.7と非常に遅くなって余力があってもここで内内包まれた馬は減速しないといけない。ここで外から上がってこれた馬がスムーズに末脚を引き出しやすいという感じ。それを加味してもL1の11.9はなかなか凄い。


 8番枠からやや出負け、そこからじわっと促してはいるが先行集団からは少し離れた中団で進めて無理のないペースで3角へ。3~4角で一気にペースダウンして好位列が凝縮する中でその外から前を向いて取り付いて直線。序盤で追い出されてしぶとく伸び、L2で一気にまとめて交わし去る。L1でもその足を維持して突き放しての完勝だった。


 まあ噛み合ったのは間違いない。前半は前にとってはまずオーバーペース、そして中盤で緩んだところで包まれた馬にとってはスムーズさを欠く展開。この馬はどちらもバランスよく乗ってきて前の減速地点で減速せずフラットに取り付いて直線に入ってきている。L2では推定だが11秒台後半はまず出しているわけで、そこから2Fで11秒台に入ってきた点は純粋に高く評価したい。実際雨の影響があって馬場が違ったと言っても同日の青梅特別よりも1.5も速いのはかなり優秀なのも確か。それでもこのレースの他の馬と比較すると、他が苦しい形になっていたからここまで突き抜けられたというのはある。


グリーンチャンネルC(OP) 1着 16頭7枠13番
東京ダ1400m良 1:22.2 35.0-35.4 M
12.3 - 11.1 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.2

 JDDは距離の関係もあったと思うが完敗、しかし秋初戦の前走グリーンチャンネルCが強かった。ペースは平均で収まっていて中盤は11秒台をキープ。そこからのL2最速11.5とかなり速いラップを踏んでのL1の減速。基礎スピードを問われているし、そのうえでL2でも速いラップに対応できたかどうか。


 13番枠から出負けして最後方からのスタートとなるが、そこからリカバーしつつ最終的には中団より少し後ろという辺りで3角に入っていく。3~4角でも緩まない中で中団の外目、4角で鞭が入って中団外から直線。序盤の伸びは地味、L2の地点でもジリジリと伸びてきて2列目、L1でしぶとく伸び切っての完勝だった。


 ラストまで脚色が衰えない感じ。もちろんラップ推移的に減速しているし、この馬のラップで見ても結構減速しているとは思うが、他と比較してそれをとどめてきているからL1まで差を広げているという形。この流れで追走に脚を使いつつも直線で加速していく段階、L2の最速とL1まで含めてどの地点でも一枚上だった。後半の総合力においては顕著にここが非凡、というところはないんだが、全てにおいて高いバランスを保っているという感じかな。基礎スピードを持っているうえで後半の総合力が高い。不安がゲート、というぐらいなのかもしれない。


鳳雛S(OP) 4着 10頭1枠1番
京都ダ1800m良 1:52.0(+0.1) 49.0-50.6 H^2
12.4 - 11.1 - 12.4 - 13.1 - 12.3 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 12.9

 個人的にはユニコーンSよりもこちらの方を評価していたんだが、この鳳雛Sは結構厳しい競馬になっている。1.6のハイだが、4F目の13.1が入ってもハイペースなわけで、前半3Fだけで見れば35.9と非常に速い。その流れに前目で乗って行って中弛みで取り付かれての5Fのロンスパ。前半無理せず中弛みで取り付いた方が楽だったのは確かだと思う。その中で粘っていたのは高く評価している。


 1番枠からここではまずまずのスタートを切って先行策、最終的にはメイショウラクーテが外からかなり競りかけてきたので控えて番手もほぼ同じような位置で入っていく。向こう正面すぐでメイショウが一気にペースを緩めてきたのでこちらも並びかけるが後ろとのリードがなくなり団子状態。3~4角では番手外で一つロスがある中でロンスパに乗っていく、直線序盤で抜け出すがL1で甘くなっての4着もそう差はない内容だった。


 この一戦はかなりしんどかったはずだが、後から考えると東京マイルで問われやすい適性を見せていたともいえる。後半のポテンシャル面も良いものを見せたが、個人的には入りが速い中で減速がきつい中でしっかりとコントロールして後半要素のポテンシャルまで繋げていたという点は評価したい。東京マイルは芝スタートなので入りが早くなりすぎて3~4角で減速というのが起こりやすい舞台でもある(ユニコーンSが実際そうだった)。そういうレースへの適性、ギアの上げ下げが上手い印象はあるかな。普通前半ここまで流れると脚を使って息を入れてもなかなか難しい。JDDが全然ダメ(出負けもあったが)でこの鳳雛Sでは強かったことを考えてもやっぱり距離だと思う。


2017武蔵野ステークスに向けての展望

 ユニコーンSはトリッキー過ぎる競馬になっているので額面通りとまではいわないが、それでも東京マイル適性は高いと思う。ペースが速い、中盤緩む、再加速の流れに噛み合ったとはいえ対応してきてL1で11秒台でまとめてくるのはなかなかできる芸当ではない。それと、そのうえで前走のグリーンチャンネルCの内容が良く、1400の淡々とした流れの中でしっかりと末脚を削がれず引き出してきた。個人的には掴みどころのない馬の印象だったけど、前走でもしかしたらこの馬が3歳世代中央最強かもしれないと。1800まではパフォーマンス的に不満がないが、伏竜Sはあまり評価していない、その中でペースが上がった鳳雛Sの内容(着順はこっちの方が悪いが)を考えると、多分だけどベストの距離は1600~1700ぐらいと感じる。1800で厳しい流れで基礎スピードを活かした方が良いタイプ、1400なら流れても末脚を引き出せるしマイルで緩んでも前半速くても対応できる。総合的な良さを一番引き出せるのはこの距離かなという感じはあるかな。もちろん人気の一角にはなると思うし、古馬の一線級とやり合うのは初。とはいえ、各馬に不安がないわけでもない。ここでどれだけやれるか楽しみな一頭。重い印も視野に入れつつかな。


 エリザベス女王杯予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「エリザベス女王杯は、実はあの超穴馬が大ヤリとの情報があって、、」とのこと↓↓


ルージュバック・ヴィブロスで大丈夫?
あの馬の情報が入っている
波乱の主役はこの馬↓↓

G1騎手大西直宏渾身
第42回エリザベス女王杯(G1)
大ヤリの超穴馬はコチラ
↑完全無料で教えます↑

(万が一馬券圏外なら次週も無料)

◆先週も!先々週も獲った!
◇情報通りの万券ラッシュ!
JBCクラシック(G1)
◎サウンドトゥルー
▲ケイティブレイブ
穴ミツバ
【2万7570円的中】

ファンタジーS(G3)
◎ベルーガ(5番人気)
1万7980円的中!

天皇賞秋(G1)
◎サトノクラウン
▲キタサンブラック
穴レインボーライン(13番人気)
1万2840円的中!

JBCレディスクラシック
◎ララベル
4290円的中!


今週は人気馬相手でも馬連想定20倍超!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:エ女王杯300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:サトノアラジン、昨年同様超高速馬場で坂の上りでの強烈な切れ味を引き出したい
AJCC2018 出走予定馬:ミッキースワロー、究極レベルのキレは魅力も…展開的に微妙か?
エルムステークス 2017 出走予定馬:コスモカナディアン、グレイトパールに善戦の実力も、2000前後でこその感はある
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、パワー型で1800への延長…楽に先行から早めの仕掛けなら不気味さアリり
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:アドミラブル、強烈な末脚は間違いなし…ここを勝ってダービーへとなるか、試金石の一戦だ
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノリュウガ、地味だが前走は強敵撃破…大きな不安なく超高速馬場が合えば
目黒記念 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、58kgも実績は最上位の古豪…早めに仕掛ける流れなら互角以上のはず
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、素材は面白いが要所の反応が鈍く4角で置かれないかがポイント
京成杯2018 出走予定馬:エイムアンドエンド、未勝利でしぶとく競り落とした内容は評価…中山で不気味さはあり
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
カペラステークス 2017 出走予定馬:ノボバカラ、JBCスプリントは包まれてコーナー減速…芝スタートでスピードを活かし押し切りたい
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ビッシュ、厳しい流れ、ロンスパでポテンシャルを発揮できれば怖さはあるが
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:カレンシリエージョ、前走は圧勝も楽な相手…今回は強敵が多く
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:アルバート、3連覇の偉業にムーアと挑む…動ける位置にいるかとフェイムゲームとの力関係がポイントか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP